5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天文・気象板 初心者質問すれ。PART XXIIII

1 :名無しSUN:2006/10/11(水) 17:39:12 ID:QlQUW1wW
天文・気象の疑問質問を受け付けるスレです。
単発スレを立てずにここに書きましょう。
質問内容は、高度なものから初心者レベルまでご遠慮なくどうぞ。
この板は人が少ないので、回答は1日単位で待ってね。

質問の前に、ネット検索で下調べはしてね。
ヤフーhttp://www.yahoo.co.jp/ グーグルhttp://www.google.com/

天文・気象板 初心者質問すれ。PART XXIII
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1154681800/
天文・気象板 初心者質問すれ。PART XXII
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1149509459/

リンクやfaqは>>1-10あたりを見てね。
(無いとさびしいのでとりあえず立てました)


2 :名無しSUN:2006/10/11(水) 17:40:48 ID:QlQUW1wW
・2chスレッドリンク
望遠鏡購入相談は> 「望遠鏡がほしい! Part 8 」
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1115085525/l50
初心者の望遠鏡については>「初心者にお勧めの天体望遠鏡はなに?」
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1119338497/
相対性理論とか量子力学だとかは専門スレか物理板が望ましいかと。
物理板 http://science4.2ch.net/sci/
天文・気象板に関する質問・相談は>「○☆◎★天文・気象板出席簿3(雑談スレ)★◎☆○」
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1074714042/l50
ロケットなどの宇宙開発については>「★★ 宇宙開発総合スレッド <8号機> ★★」
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1149856787/
@@@@@@@ 台風情報2006 9号 @@@@@@@
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1154439007/
流星や流れ星については>「流星群統一スレ Part5」
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1136309978/

・各公共機関やその他のホームページリンク
気象庁> http://www.jma.go.jp/jma/index.html ……………気象・地震など
海上保安庁> http://www.kaiho.mlit.go.jp/ ……暦関係海底地形など
国立天文台> http://www.nao.ac.jp/ ……天文観測など
宇宙航空研究開発機構 JAXA> http://www.jaxa.jp/ ……実用衛星・科学衛星、国産ロケット等
宇宙情報センター> http://spaceinfo.jaxa.jp/ ……宇宙と宇宙開発のデータベース
JAXAメールサービス> http://www.jaxa.jp/pr/mail/index_j.html
ウィキペディア 気象 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E8%B1%A1
ウィキペディア 宇宙 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99

3 :名無しSUN:2006/10/11(水) 17:41:50 ID:QlQUW1wW
過去スレはこちら、
初代  ttp://mentai.2ch.net/sky/kako/964/964953746.html
PART II ttp://makimo.to/2ch/mentai_sky/1004/1004271440.html
PART III ttp://makimo.to/2ch/mentai_sky/1011/1011718968.html
PART IV ttp://makimo.to/2ch/science_sky/1021/1021325161.html
PART V ttp://makimo.to/2ch/science_sky/1028/1028405767.html
PART VI ttp://makimo.to/2ch/science_sky/1038/1038090624.html
Part VII   ttp://makimo.to/2ch/science_sky/1045/1045845189.html
Part VIII  ttp://makimo.to/2ch/science_sky/1055/1055848083.html
PART IX ttp://makimo.to/2ch/science2_sky/1061/1061974300.html
PART X   ttp://makimo.to/2ch/science2_sky/1070/1070036079.html
PART XI   ttp://science3.2ch.net/test/read.cgi/sky/1077609048/  (?)
PART XII ttp://makimo.to/2ch/science3_sky/1085/1085822005.html
PART XIII  ttp://makimo.to/2ch/science3_sky/1091/1091654867.html
PART XIV  ttp://makimo.to/2ch/science3_sky/1097/1097983452.html
PART XV ttp://makimo.to/2ch/science3_sky/1106/1106096753.html
PART XVI ttp://makimo.to/2ch/science3_sky/1114/1114402370.html
PART XVII ttp://makimo.to/2ch/science4_sky/1120/1120320597.html
PART XVIII ttp://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1125800135/  (?)
PART XIX  ttp://makimo.to/2ch/science4_sky/1131/1131243349.html
PART XX ttp://makimo.to/2ch/science4_sky/1137/1137931354.html
PART XXI ttp://makimo.to/2ch/science4_sky/1143/1143873483.html
PART XXII ttp://makimo.to/2ch/science4_sky/1149/1149509459.html
PART XXIII ttp://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1154681800/

4 :名無しSUN:2006/10/11(水) 18:07:46 ID:QlQUW1wW
Q:月がいつも同じ面を向けてるのはなぜ?
A:潮汐力により月の自転と公転が同期した為です。
月は潮汐力によりわずかに楕円体に変形します。
しかし地面には 粘性があるため、その変形は自転速度より遅くなります。
そのため、楕円体の長軸が常に地球に向くように
重力によるブレーキがかかり続け、 長い時間をかけて
常に同じ面を向けた所で安定するようになりました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E3%81%A8%E5%85%AC%E8%BB%A2%E3%81%AE%E5%90%8C%E6%9C%9F

Q:潮の満ち引きはなぜ月(または太陽)がある側の反対の海面も上昇するんですか?
A:月と地球は共通重心を中心として回転しています。
この回転による遠心力と月の重力は地球の重心で釣り合うので、
重心より月側では月の重力が、反対側では遠心力が強く、海面が引っ張られて上昇します。
共通重心は地球の中心から約4700kmの地点(地下1700Kmのマントルの中)です。
計算方法は→  http://www.moonsystem.to/comp/page01.htm

Q.月や星の所有権はどうなっていますか?
A.「月その他の天体を含む宇宙空間の探査及び利用における国家活動を律する原則に関する条約」
によって領有を禁止されています。
この条約では個人の所有については触れていないので、
それにつけこんで月や火星の土地を売る商売がありますが、
所有権を公式に認めてくれる機関(国家)がないので、資産としての意味はありません。
関連スレ→「月の土地買った人の数→ 」http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1022990827/l50
Q.では星に名前をつけることはできますか?
A.彗星には発見者の名前が付きます。
小惑星には発見者に名前を提案する権利が与えられます(ただし自分の名前は禁止)。
星に名前をつける権利を商品化して売るビジネスもありますが、買っても公式な権利はありません。
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0904.html

5 :名無しSUN:2006/10/11(水) 19:15:49 ID:Y+gTBfNg
>>1


なのだが・・・なんで「W」ではなく「IIII」なんだ?

6 :名無しSUN:2006/10/11(水) 19:44:34 ID:PVNWWd7S
まあ、VIと区別が付きやすくていいとも言える。

>>1
乙乙。

7 :名無しSUN:2006/10/11(水) 19:52:20 ID:4jLHUPSI
夏の気圧配置って何ですか?

8 :名無しSUN:2006/10/11(水) 20:41:21 ID:Bd9jKTJX
ttp://www.perseus.gr/Astro-Solar-Scenes-Aph-Perihelion.htm

一月と七月の太陽の見かけの大きさの違い
七月: 31.46 '
一月: 32.53 '


9 :名無しSUN:2006/10/11(水) 21:20:05 ID:IFHhu831
南半球の星図の載っているわかりやすいサイトがありましたら
教えていただけますでしょうか?
(うまく探せませんでした、、、)
今度オーストラリアに行ったときに星を見たいと思っています。
よろしくお願いします。


10 :名無しSUN:2006/10/11(水) 21:34:41 ID:QHqyCy4o
>>9
そんなあなたにステラナビ

11 :名無しSUN:2006/10/11(水) 21:41:02 ID:BY5jnfIY
ttp://www.vector.co.jp/soft/win95/edu/se365332.html
これでいいじゃん

12 :名無しSUN:2006/10/11(水) 22:03:45 ID:26mzuolP
・よくある質問(FAQ)をまとめました(天文関係)

Q.同じ日でも南の空高くに有るときに比べて夕日だと大きく見えるってあるのですか?
A.単なる目の錯覚です。ただその理由は諸説があり、はっきりとはしていなかったと思います。
でも写真に撮ると同じ大きさであることがはっきりと判ります。
(勿論共に太陽の光球の縁がわかるような最適な露出で撮影します)
ですから目の錯覚であることは確かです。
月(特に質問が出るのはやはり満月に関して)も同様な錯覚があります。
国立天文台 よくある質問 月や太陽が大きく見えるのはなぜ?
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0202.html

Q.月面にある海の名前の由来はなんですか?
A.国際天文連合が命名して、海の場合、元ネタはラテン語の言葉です。
JAXAのページに解説に解説があります。
http://moon.jaxa.jp/ja/qanda/faq/faq7/place_name.html

Q.星や銀河までの距離は、どうやって測るのですか?
A.年周視差、セファイド型変光星、赤方偏移のどれかを使って測ります。
詳しくは→ http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0601.html

13 :名無しSUN:2006/10/11(水) 22:21:31 ID:26mzuolP
・よくある質問(FAQ)をまとめました(天文関係)

Q.太陽系で円軌道をまわる仮想的な惑星の公転周期を求めるのはどうすればいい?
A. 「ケプラーの第三法則」を使えば簡単に答えが出ます。
ちなみにこのスレの常連回答者は、この質問をしてくる質問者の意図を
 よく知ってますからそのつもりで。

Q.SETIについて教えてください。
A.以下を参照してみてはいかがでしょう。
 SETI@home日本語訳のページ http://www.planetary.or.jp/setiathome/home_japanese.html
 SETI@home Team2ch http://team2ch.at.infoseek.co.jp/

Q.流星や火球を見たのですが、何か情報はありますか?
下記あたりを参照されてはどうでしょうか。
日本流星研究会 http://www.nms.gr.jp/
日本火球ネットワーク http://www3.cnet.ne.jp/c-shimo/index.html

・FAQサイト
国立天文台「よくある質問」 http://www.nao.ac.jp/QA/faq/index.html
美星町 星のデーターベース http://www.bao.go.jp/stardb/
JAXA 宇宙情報センター http://spaceinfo.jaxa.jp/

14 :名無しSUN:2006/10/11(水) 22:23:47 ID:26mzuolP
・よくある質問(FAQ)をまとめました(気象関係)

Q.雲の種類について
A. 国際的に決められているのには10種類の雲があります。
雲や大気現象(虹など)による現象については
http://www.asahi-net.or.jp/~cg1y-aytk/ao/index.html

Q.気象の観測の仕方を教えてください。
A. 国際的に決められている方法で観測して世界中のデータを相互に利用しています。

Q.太陽または月の周りに虹またはわっかが見えますがなんでしょうか?まためずらしいものでしょうか?
A.暈(かさ)です。太陽の周りにできるのが日暈(ひがさ)、月の周りにできるのが月暈(つきのかさ)です。
主に巻層雲(けんそううん)という雲が広がっている場合にみられる現象で、
温暖前線が近づいている場合にみられるのでめずらしいというわけではない。

Q. 台風につける名称について教えてください
A. 年初からの発生順につける通し番号と、英語名、アジア名があります。
詳しくは→  http://www.asahi-net.or.jp/~ns8m-hgc/typhoon-asia1.htm

15 :名無しSUN:2006/10/11(水) 22:26:36 ID:26mzuolP
・よくある質問(FAQ)をまとめました(気象関係)
Q.気象データを手に入れたいのですが?
A.気象データのうち、1980年以降の天気・気温・海面気圧・湿度・降水量などは
下記の気象庁関連のサイトで手に入ります。
最新のデータ      http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/index.html
昨日までのデータ    http://www.data.kishou.go.jp/etrn/index.html
最新の警報など  http://www.jma.go.jp/jp/warn/

あと、天気だけでも良いのなら次の民間気象事業者のサイトにもデータがあります。
CRC      http://www.weather-eye.com/weatherchart/index.html

Q.雷のデータとかありませんか?
A.雷については電力会社の内いくつかのところで公開しています。
東京電力 http://www0.thunder.ne.jp/
中部電力 http://www.chuden.co.jp/kisyo/index.html

Q.天気図を手に入れたいのですが、どこか良いところは無いでしょうか?
A.次のサイトに高層天気図を含めたものがあります。
気象庁 http://www.jma.go.jp/jmh/jmhmenu.html
国際気象海洋 http://www.imocwx.com/wxfax.htm
1日ごとの天気図と衛星画像(縮小版)
ウェザーマップ http://www.weathermap.co.jp/kishojin/index.php3 の気象ダイアリー

・FAQサイト
気象庁「基礎的な知識のページの一覧 」 http://www.jma.go.jp/jma/menu/knowledge.html

16 :名無しSUN:2006/10/11(水) 22:28:43 ID:26mzuolP
Q.月の近くにあるあの明るい星は何ですか?
8月2日頃  木星です
8月21日頃 (金星です)
8月26日頃 (火星です)
8月30日頃 木星です
9月18日頃 土星です
9月24日頃 (水星です)
9月27日頃 木星です
10月16日頃 土星です
10月23日頃 (木星か水星です)
11月12日頃 土星です
11月19日頃 水星です
12月10日頃 土星です
12月19日頃 (木星です)
12月22日頃 (金星です)
()付きは太陽近傍のためにおそらく見えないと思われ。

17 :9:2006/10/11(水) 22:43:53 ID:IFHhu831
ありがとうございます。ステラナビはちょっと高いので、
フリーソフトの方をダウンロードしようと思います。

18 :つっきー:2006/10/12(木) 02:44:02 ID:IEPtVCQ6
月の地球側のクレーターはどうやってできたんですか?
裏にあるクレーターはわかります。
月はできたときからずっとこっちを向いてるわけだから、おかしいと思うんですが。


19 :名無しSUN:2006/10/12(木) 02:58:27 ID:FCMwYkM+
別に普通にありえるだろ
地球にぶつかるから月にはいかない、とでも思ってんのか?

20 :名無しSUN:2006/10/12(木) 08:11:35 ID:/+wETLyf
>>18
月面上のある地点に立って空を見上げたところを想像してみましょう。
さて、そこに落ちてくる隕石を地球が妨げる確率はどのくらいでしょう。
月から見上げた地球の見かけの大きさはほぼ2度。全天に占める割合は
たかだか1/5000ほどにすぎません。よって、地球は月への隕石衝突を
ほとんど邪魔しないと思われます。

21 :名無しSUN:2006/10/12(木) 17:28:33 ID:Z3/k0fXq
宇宙が生まれる前はなんだったんですか?


22 :名無しSUN:2006/10/12(木) 17:30:33 ID:rgXy9sZm
なぜ月にスペースシャトルは着陸しないのですか?
せっかく近くまで行くのに。有人で降りたのは何回ですか?

23 :名無しSUN:2006/10/12(木) 18:57:29 ID:lM+ab8GG
スペースシャトルでは3回しか行っていない。

24 :名無しSUN:2006/10/12(木) 19:24:14 ID:NuLiKu/d
>>22
近くって。シャトルの高度はせいぜい数百km。月は38万kmのかなた

>>23
おいおい

25 :名無しSUN:2006/10/12(木) 20:22:07 ID:rgXy9sZm
いや、私が聞きたいのはなぜ月までいかないのか?
アポロは降りたのに、それ以降は降りて探索しないのかが不思議!


26 :名無しSUN:2006/10/12(木) 20:54:05 ID:RbAxE4Qi
1、費用がかかりすぎる
2、有人着陸を達成したのでもういい
3、世論が厳しい(星の石ころ拾ってどうする?)

などです

27 :名無しSUN:2006/10/12(木) 22:39:54 ID:vLOs3e79
今、外に出たら、半月ぐらいの月が30度ぐらいの高さの位置に
見えたのだけど、かなり北より(東北東)ぐらいの位置にあって
ビックリしました。夏至の日の出の太陽の位置見たいな感じです。

月って月齢によって昇る位置が違うのですか?
それとも、月齢には関係なく、昇る位置がずれるのですか?

28 :名無しSUN:2006/10/12(木) 23:14:57 ID:Ij/Bjz5r
>>18
「月はできたときからずっとこっちを向いてるわけだから」が、そもそもおかしいと思うんですが。

>>21
〔淮南子・斉俗訓〕 には、「往古來今、これを宙といふ。四方上下、これを于といふ」と書かれています。
宇=大+于 ですから、宇=広大無辺な空間、宙=開闢より終焉までの時間という意味で、
宇宙とはこの世の時空間そのものを表しているのですね。
つまり時間は宇宙の中に包含されているのですから、「宇宙が生まれる前」という概念自体がありません。
宇宙がなければ、即ち時間もないのです。 (参照:白川静「字統」 平凡社)

29 :名無しSUN:2006/10/12(木) 23:26:01 ID:F0hJP0wL
>>25
答えは、>>26の人の言ったとおり。

で、どうしてスペーシシャトルが月の近くまで行っていると思ったのか、それが謎。

30 :名無しSUN:2006/10/13(金) 00:01:49 ID:rgXy9sZm
月の探索は費用対効果があまりないので打ち切り、スペースシャトルで地球を見て帰るだけ? って事?
月に降りられない理由でも私はあるのかと思ってた。

31 :名無しSUN:2006/10/13(金) 00:09:53 ID:q1EdUnYz
>>27
「秋は」下弦のころが一番北よりになります。

32 :名無しSUN:2006/10/13(金) 00:26:46 ID:AN3XSTnI
>>30
>スペースシャトルで地球を見て帰るだけ?

地球を見るだけじゃなくて、合金や半導体を作るとか、生物学の実験とか、
通信衛星や観測衛星(軌道上に置いた望遠鏡)の修理とか、
やってます。

33 :名無しSUN:2006/10/13(金) 01:00:12 ID:JOHYpblV
質問じゃないですが(ニュースです)
木星の白い斑点が赤色化、低空域の硫化物が上昇か?
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200610120026.html
木星の水虫、斑点の写真あり

34 :名無しSUN:2006/10/13(金) 01:33:36 ID:IIBa0TkY
ガイシュツ過ぎるけど、いつ赤みが無くなるかは重要ですな

35 :名無しSUN:2006/10/13(金) 04:08:12 ID:2cverza2
月には冒険に行ったんだよ。東西冷戦の成り行きの結果として。
(おかげで膨大な科学的成果を得たけど)
それに対しスペースシャトルは実用目的で宇宙に行ってる。
(いろいろ予定外の事があって思惑通りにはいってないけど)
一応言っとくとスペースシャトルには月に行く能力も
着陸するための装備も持ってない。
>>27
月齢によって太陽に対する位置が変化するからね。
太陽との位置関係から月の高度もだいたい検討がつく。

36 :名無しSUN:2006/10/13(金) 09:13:53 ID:E8shHoek
11号が初めて着陸した時は世界的な熱狂があったけど、
12号の時点で既に殆どの人が(アメリカ人でさえも)大した関心を示さなくなり、
議会ではアポロ計画への膨大な予算への非難が集中。
13号の事故で関心が高まったものの、14号以降は人々の無関心のなか進められ、
当初20号まで計画されていたアポロ計画は17号で中断打ち切り。

世論の支持が無ければあんなバカ高い費用が必要なプロジェクトは成立しないでF.A.でオケ?

 だっておまいら日本が有人月着陸計画を実施するから一人当たり年間10万円
 増税しますって言ったら反対する奴出てくるだろ?
 民主党やら社民党やら共産党なんか絶対に大反対するよなー

37 :野崎:2006/10/13(金) 16:14:21 ID:4pEIbL5b
ちんこびんびん!ちんこびんびん!ちんこびんびんびぃ〜ん!♪(*^_^*)v

38 :名無しSUN:2006/10/13(金) 21:10:18 ID:OJsoTQm1
>>31
今ごろだと沖縄あたりでは、月は子午線の天頂より北側を通過すると思うのですが、
この場合も「南中」と言うのでしょうか?それとも「北中」なのでしょうか?

39 :名無しSUN:2006/10/13(金) 22:04:58 ID:wjo4XYMw
すみません、識者のみなさん、素人の変な質問ですがご教示ください。
1.地面水面が丸く(地球面のように)なくて、無限に水平
2.空気が限りなく透明(科学的な霞みがまったくない)、視力は人間で相当良好と思われるレベル
3.太陽がでている昼時、雲はまったくない、風はなく波は穏やか
4.太陽の光は無限の彼方まで同様に照らされているものとする
この条件で、埠頭に立って海の彼方の水平線をみたとき、水平線はどのようにみえると考えられるでしょうか。
小学校で疑問になり、頭が悪いながら高校にいって微分がでてきて、余計にわからなくなってついに30歳です。
球面だったら目の位置から地球の円面への接線が視線で、接点が水平線になると思っているのですが、だとすると、
地面が直線だと、どうなるのでしょうか・・・??。識者の方の仮定説をお聞かせ願えませんでしょうか。

40 :名無しSUN:2006/10/13(金) 22:14:06 ID:AAz6LhgJ
>>39
単にどこまでも続く平面が目の高さに見えるだけではないの?

41 :名無しSUN:2006/10/13(金) 22:22:39 ID:NcXoDhjl
>>39
球面上に立ったときと同じように、水平線が見える。

これを理解するには、こういうことを考えればいいと思う。
床が無限の広さを持った平面であるとして、
さらに天井もあり、無限の広さを持った床に平行な平面であるとする。
床と天井には一定の間隔がある。
この間隔は遠くほど小さく見える。
究極的には、床と天井はある線上で接しているように見える。
それが無限平面の場合の水平線。
天井を取ると、イメージしたかった風景がイメージできると思う。

42 :名無しSUN:2006/10/13(金) 22:44:39 ID:IIBa0TkY
普通に地球の地平線の景色と同じだよ
ショボイCGで再現してもすぐ理解できると思う

平面が消失点まで見えてるってだけだし

43 :名無しSUN:2006/10/13(金) 22:52:34 ID:rSQyUYSJ
少なくとも18年間いだいていた疑問は解けたかな?

44 :名無しSUN:2006/10/14(土) 00:52:01 ID:XUNCJScN
>>40-43
おお!なんとはやくレスが!。やはりくっきりした水平線を認めることができるんですね!
目の高さ、消失点まで平面が来る、なるほど!!!十数年どうしても思い描くことの出来なかった
景色が想像できるようになりました!小学校の先生にどうしても聞けなかった質問だったんですよ。
あの頃はコンピュータグラフィックもパソコンも周りにはなくて、記憶だけが今まで残ってました。
この歳になってこんな質問を飲み屋でしても、こいつわけわかんねwwまあ飲めよ?みたいな反応で、
まじめに聞いてくれるひとはいなかったんで、本当にたすかりましたありがとうございます!

すばらしい日だ!

45 :名無しSUN:2006/10/14(土) 01:57:06 ID:W0V/qqlq
>>44
おっ、レスを読んで納得しましたか。素晴らしい、目出度い目出度い!

そう、飲み屋でそんな話題を出しても「ハァ?なんだこの理系オタク」なんて
反応でしょうね。
2chは、理系オタクな話題をあつかうには( 板・スレにもよるが )良い所
かも知れませんね。

46 :宇宙人:2006/10/14(土) 08:47:44 ID:NzgGXgl/
質問者が納得してしまったのになんだが
少なくとも>41の1行目と>42の1行目は間違い
球面上・地球の水平線とは違って見える
あえて言うなら、これこそが真の水平線
我々が普段見慣れてる水平線より
遠くがせり上がって見える
土星の輪に立てば近い物が見れるよ


47 :名無しSUN:2006/10/14(土) 09:52:09 ID:2CBTvhD/
風の流れを読むことはできるの?
たとえば北から日本への風の動きとか

48 :名無しSUN:2006/10/14(土) 10:53:44 ID:OOY9DOI5
>>47
できる
しかし制約がある

ある一点からどの場所へ移動するかは大体予想できる。
しかしまだ点レベルの話しで、広がりを持った予想までは出来ていない状況。

火山の噴煙のルート予想が行われている。
噴煙中の微細な鉱物がジェットエンジンに吸い込まれると熱で溶けて
タービンの冷却孔にこびりついてエンジンがオーバーヒートをおこして
エンストを起すので危険だからね。


49 :名無しSUN:2006/10/14(土) 12:14:35 ID:Tf6CN9nt
オッパイもみもみ!ちんこびんびん!\(^O^)/

50 :名無しSUN:2006/10/14(土) 12:37:50 ID:wd6MpWni
>>46
ドラえもんでつか?

51 :名無しSUN:2006/10/14(土) 13:07:12 ID:wQDdmsEj
>球面上・地球の水平線とは違って見える

>我々が普段見慣れてる水平線より
>遠くがせり上がって見える

ほとんど差なんてねーよ
コイツこそ馬鹿
しかもせり上がってるって何?重力に対して完全な水平なのに上がって見える?
こういう回答者は本当スレから消えて欲しいよ

52 :名無しSUN:2006/10/14(土) 13:37:36 ID:OOY9DOI5
地上100kmより上を宇宙と呼ぶって話しがありますよね?
そこで疑問なんですけど大気が無い月面などでは月面上どれほど上がったら宇宙空間と呼ぶんだろ。
まさか月面上が既に宇宙空間なのか?それとも月面でジャンプすると宇宙空間を飛んだことになるのか?
何年も前からこれがずっと気になってるんです。
さらに地上101kmのタワーを作って頂上へ行ったら宇宙へ行ったことになるのかなってのも。

53 :名無しSUN:2006/10/14(土) 13:54:25 ID:rFqAa4Bl
関係ないけど事象の地平線上に立ったら自分の背中が見られるのか?しかも無限に連なって。

54 :名無しSUN:2006/10/14(土) 13:56:21 ID:wd6MpWni
>>51
1. 白い壁の目の高さに、真横に線を引く。
2. 最初の線の1.4mm下にもう一本線を引く。
3. 2m離れて壁を見る。

下の線が、地球での水平線の位置、上の線が無限平面での水平線の位置。
まあ、少しはせり上がって見えるかもしれん‥が、ほとんどわからないかも。

あと、何か勘違いがあるようだけど、普段見慣れている地球での水平線より上に
水平線が見えれば、せり上がって見えるというのは別に間違ってないぞ?
これも上の例だとほとんどわからんかもしれんが。

55 :名無しSUN:2006/10/14(土) 14:41:25 ID:TOCLmtdd
>>53
地平面上だと、頭上の一点を除いて地平面の別の部分が見えるだけだ。

中心から1.5倍の距離なら自分の背中が見える。
無限に連なるかどうかはお前の体の透明度による。

56 :名無しSUN:2006/10/14(土) 14:48:43 ID:TOCLmtdd
>>52
法解釈上は地球以外の天体は宇宙だ。

実用上は、人工衛星が回れる高度が宇宙。
月のばあい、最高峰よりは高いことが望ましいと思われ。

>地上101kmのタワーを作って頂上へ行ったら宇宙へ行ったことになるのかな

アンザリXプライズのような宇宙到達レースなら、その主張はじゅうぶん通用するだろう。
もちろん、科学的には99kmと101kmに差があるわけではない。

57 :名無しSUN:2006/10/14(土) 14:54:28 ID:9NuCg3rr
>>52
はっきりとした答えはない。

まずここを参照。
ttp://iss.sfo.jaxa.jp/iss_faq/faq_pys_07.html

こうも宇宙との境界の定義がずれるのは、
・明解な境界の基準になるようなものがない
・科学的な性質とか、各国の領土の問題とかで、
 境界とするのに都合のいい高さが違う
という理由があるから。

一般には大気がなくなったあたりから上を宇宙と言うが、
月には大気がないから、
そういう意味では少しでも地上を離れれば宇宙空間だが、
宇宙空間には宇宙船や人工衛星が活動するような
だだっ広いところというニュアンスもあるので、
ジャンプして飛び上がれる高さや月面にある山ぐらいの高さでは、
宇宙空間とは言わない気がする。

101kmの高さの建造物のてっぺんが宇宙空間と言えるかどうかも微妙。
観光目的なら、宇宙空間と言ってもいいとは思う。

58 :名無しSUN:2006/10/14(土) 17:59:02 ID:dglpQIp9
とても素朴な疑問で申し訳ないのですが、

宵の明星と明けの明星というのは、一日の内に両方見えるということですよね?
一日に見える、と思っていたものが娘に詳しく聞かれるうちになってしまいました・・・



59 :名無しSUN:2006/10/14(土) 17:59:13 ID:NbVjvYnP
>>52
宇宙空間をどう定義するかなんて恣意的なものなんだから、好き
なように考えていいんじゃない。月面=宇宙空間でも全然問題
ないし、タワーに上って宇宙空間に達してもかまわない。

海を越えたら海外旅行かっていうような、くだらない拘りだよ。


60 :名無しSUN:2006/10/14(土) 18:01:01 ID:NbVjvYnP
>>58
違うよ。どちらか一方だけ。金星と太陽の位置関係の変化に
伴って、どちらかになる。
娘に嘘教えちゃいかん。

61 :名無しSUN:2006/10/14(土) 18:03:15 ID:dglpQIp9
そうなのですか!
どうもありがとうございました。娘にも言っておきます・・・

62 :野崎:2006/10/14(土) 18:26:52 ID:uIlP9g7I
>>5
> 乙なのだが・・・なんで「W」ではなく「IIII」なんだ?
14世紀にフランス王シャルルX世が宮殿に時計台を建てさせました。
建設中の文字盤のWを見て自分のXからT引かれるのは縁起が悪いとIIIIに変更させました。
それからというもの時計のローマ数字にはIIIIを使うことになりました。
また腕時計の文字盤が逆さになっていてもこのお陰で間違いに気づく利点があるので。
時計がでてくるなんて天文板みたい。
今でも時計台は残っているというからこのうち見学に行きたいな。
時計のミステリーを巡る感動の旅。ぴッたん子さん泉ピン子のバスガイドの案内で。
ついでにかわいい娘をみつけたらお見合い。それ安住紳一郎のでてるくだらない番組だろ。

>>27
> 今、外に出たら、半月ぐらいの月が30度ぐらいの高さの位置に見えたのだけど、
どうせなら今人気の三日月にしてください。
それ絢香の歌だろ。カラオケでそんなの歌ってるのか。

63 :名無しSUN:2006/10/14(土) 18:36:40 ID:hHPKbPse
>>60
そうなの?金星はかなり明るいから、条件が非常に良い場合には、
日没前の西の空や日の出後の東の空にも太陽より低い高度に肉眼でもうっすら見えるんじゃないの?
もっともそういう日の出後・日没前に見える金星を、明けの明星や宵の明星と呼ばない決まりがあるなら別だけど。

昼間に金星をさがそう!
http://www.tsm.toyama.toyama.jp/tao/gallery/field/venus2005.htm

64 :名無しSUN:2006/10/14(土) 18:52:45 ID:NbVjvYnP
>>63
>明けの明星や宵の明星と呼ばない決まりがあるなら別だけど。
そんな決まりなどあるわけがないが、そう呼ぶ人はまずいない
だろうな。よほどの偏屈。

実際問題として、高度が低いと見にくいだろうから、むしろ
太陽の高度が高い時のほうが見える確率は高そう。明け方とか、
夕方は無理だろうな。まあ、見えたら報告してくれ。w


65 :名無しSUN:2006/10/14(土) 19:57:04 ID:DzDGSGbw
>>63
辞書引いてでてくる様な一般的な意味合いなら
 「宵の明星」日没後に西の空に見える金星
 「明の明星」日の出前に東の空に見える金星
と言う定義になってると考えるべきかと。

少なくても>>58に端を発する話についてなら上記の定義での話と考えるのが妥当と思う。
もちろん科学的興味などから、あなたの言うような事を検証してみる事自体は何も問題
ないけどね。
どういう土俵で話てるのかを無視しちゃいかんて事だわいな。

66 :名無しSUN:2006/10/14(土) 20:16:26 ID:DzDGSGbw
て言うか言葉の意味的考えてもやっぱ辞書的意味以外にはあり得ないか。

>日没前の西の空
はまだ宵じゃないから宵の明星と呼ぶには無理があるな。

>日の出後の東の空
これも既に明け方じゃないから明けの明星と呼ぶのは無理があるな。
(明けの明星は明け方の明星だろうからして)

67 :名無しSUN:2006/10/14(土) 21:47:36 ID:26awbcmk
つかぬことをお伺いしますが、雲と霧の違いは何なんでしょうか?

68 :63:2006/10/14(土) 21:55:59 ID:hHPKbPse
>>65-66
サンクスです。Wikipedia の「夜明け」「夕」を見たけど、
明け方:薄明から日の出まで、宵:日没から空が暗くなるまでなんだね。納得した。

>>64
例えば地震板にはこんな書き込みが。この日の東京の日没は17:13、金星の没は17:06なので、
見たのが本当に金星なら該当するかと。

地震 [臨時地震] 【宏観】そういえば?不思議な現象【場所必須】93
http://live22x.2ch.net/test/read.cgi/eq/1157983560/376

69 :名無しSUN:2006/10/14(土) 22:07:28 ID:NbVjvYnP
>>68

>前半は非常に明るい光の点のようなものが富士あたりに長い間停滞

「非常に明るい」という記述から考えて、金星でないことは確実だろう。
気球か飛行機、あるいは小さな雲の照り返しかなんかだろうね。
そんなに明るいのなら、誰にでも容易に日没前の金星が見えるはずだが、
そんな話は聞いたことない。

70 :63:2006/10/14(土) 22:21:31 ID:hHPKbPse
>>69
レスサンクスです。あれは金星じゃないのか。オイラあそこのレス番392でシッタカして金星だと答えちゃったな。
もう遅いかも知れないけど今から訂正しておく。

>>67
ここなんか参考になるかと。

霧 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%A7

71 :名無しSUN:2006/10/15(日) 00:18:54 ID:UTAH7fqm
金星って日没前には見えないの?
去年だったか木星が夕方スッゲー眩しく見えてたことがあったけどあれって日没前だったのか後だったのか
やっぱ薄暮の時間帯だったのかな。
なんか日常生活では薄暮の時間帯はまだ昼間の延長みたいな気がして日が沈んだなーっていう実感がないから、
どっちだったのか覚えてないよー
木星金星が日没前にキラキラ見えるものかどうだかだれかエロイ人教えて!

72 :名無しSUN:2006/10/15(日) 00:27:19 ID:OKLh887Y
その気になれば太陽が出ていても金星は見えます
日本で太陽の出ている午後の金星は何度も見ましたし
アリゾナ行った時日の出後も余裕で見えていたのはびびった

ただ木星は暗いので日中肉眼ではたぶん無理でしょう

73 :名無しSUN:2006/10/15(日) 02:52:04 ID:ovuvHoqx
いくら金星でもまだ太陽出てるときは、ポツンって感じじゃないか?  キラキラはしてないと思うが・・・

74 :名無しSUN:2006/10/15(日) 10:49:02 ID:BQI4r3vb
>>72
それは、金星のほうが高度が上で、しかも最大離角に近い時
なんでないの?金星のほうが高度が下で日の出後や日没前
に見えるとはどうにも考えにくい。


75 :名無しSUN:2006/10/15(日) 13:18:53 ID:oUFwbIpY
高度が高い星は天頂ミラーで見れば楽なのは分かるんですが、その星をファインダーで
導入する時に、ファインダーにはミラーが付けられないから、やっぱ一旦無理な姿勢にならなければ
ならないんですが、何かいい方法ないですかね?
自動導入の機材を買えと言われればそれまでですが・・・・

76 :名無しSUN:2006/10/15(日) 13:57:34 ID:lgQUe2HN
すいません。この間地球に帰ってきたスペースシャトルの名前は何でしたっけ?チャレンジャーでしたっけ?

77 :名無しSUN:2006/10/15(日) 14:17:28 ID:tkK0WV8c
>>76
先月のは「アトランティス」。
チャレンジャーは20年前に初の民間宇宙飛行士を
乗せたフライトで爆発四散しています。

78 :名無しSUN:2006/10/15(日) 15:15:53 ID:lgQUe2HN
>>77
レスありがとうございます
どうしても知っておきたかったので。

79 :名無しSUN:2006/10/15(日) 15:54:42 ID:4W7kljcO
>>75
自動導入の機材を買え。

ていうか、天頂プリズムがある理由は、
無理な姿勢になる労力を省くためというよりは、
安定した姿勢でじっくり観察したほうが、
より淡い天体とかが見えてくるためなので、
本来の用途をちょっと勘違いしているのではないかと。

80 :名無しSUN:2006/10/15(日) 16:06:21 ID:UTAH7fqm
>>78
ええぇーっ!

2chにしか繋がらないインターネットの方でつか?

81 :野崎:2006/10/15(日) 16:34:29 ID:8mkYmZfa
>>39
> この条件で、埠頭に立って海の彼方の水平線をみたとき、水平線はどのようにみえると考えられるでしょうか。
すでに回答がよせられていますが、モヤットでしょう。スッキリするには複素関数論のリーマン球を考えないと。リーマンといってもサラリーマンじゃないぞ。数学者の名。数学板で聞いてください。
無限に続いているとはスケールの大きい話だな。
ヒマラヤ程の消しゴム1つも真っ青だ。それアサヒ飲料のブラックコーヒーのCMだろ。

>>44
> 小学校の先生にどうしても聞けなかった質問だったんですよ。
理工系大学の数学でやる内容ですのでそんなこと聞いても答えが返ってこないでしょう。
そんな質問するやつと命を大切にしないやつは大嫌いだ。の答えが返ってくる。ゲド戦記の見すぎだ。


82 :名無しSUN:2006/10/15(日) 16:42:56 ID:GhqsKpGl
>>79
無理な姿勢になる労力を省くため、だよw

83 :名無しSUN:2006/10/16(月) 00:10:36 ID:Gnym4R4g
ファインダーに天頂プリズム付けたら導入し難いと思うんだが。

84 :名無しSUN:2006/10/16(月) 00:51:15 ID:YmR5g6Q8
児童購入って、おまえら犯罪者だらけだな。

85 :名無しSUN:2006/10/16(月) 12:56:51 ID:Y0CctcmI
何千億年とかの単位で考えるとやっぱり地球も
太陽に落ちつつあるか離れつつあるかなんですか?

太陽も銀河系中心に落ちつつあるか離れつつある?

あともひとつ、落ちてるか離れてるかわかりますか

86 :名無しSUN:2006/10/16(月) 12:58:40 ID:iUuqg6sK
後50億年もすると、太陽が赤色巨星となって地球の軌道を飲み込むから
何千億年も先の心配すんな。

87 :名無しSUN:2006/10/16(月) 13:04:16 ID:a8vclZof
>>86
50億年も先のことはわからん
他の星と遭遇して連星になり、
やせ細ったり、吸収合併されたりしてるかもしれないし

88 :野崎:2006/10/16(月) 13:33:00 ID:0natUa95
(*^_^*)ふふ

89 :名無しSUN:2006/10/16(月) 16:37:33 ID:wBh1XsGm
野崎ウザイのでコテハンでもつけてくれませんかね?偽者かどうかも判断できない
レス寒すぎ

90 :名無しSUN:2006/10/16(月) 22:12:54 ID:1x6L7V6n
とっくにNGNameにしてる。
はっきりいってうざい。
ちかくにこんな大人がいたら背後から蹴飛ばしてる。

91 :名無しSUN:2006/10/16(月) 22:32:08 ID:F5AW3Mfv
今度は野崎氏を叩き出したか(w

92 :名無しSUN:2006/10/16(月) 22:46:15 ID:YqmLdrPg
うざい、アニオタの話は止めろ

93 :名無しSUN:2006/10/16(月) 23:29:15 ID:64sa2wvZ
エバァ

94 :名無しSUN:2006/10/17(火) 06:04:44 ID:S5dY3d5R
>>91
結構前からウザがられてたと思うよ……

95 :名無しSUN:2006/10/17(火) 08:28:32 ID:0Vi3gPux
>>86-87
すみません
そういうことを聞いているのではありません


96 :野崎:2006/10/17(火) 12:41:55 ID:B9TeX5N4
じゃあ、どういうことを聞いてるんだ??
日本語で書いてね。

97 :名無しSUN:2006/10/17(火) 14:08:48 ID:2N1Q3fxv
>>95
ま、いずれにせよ、答えは「わからん」っちうことですわ。
いや、マジで。

カオスという言葉を調べてごらん。



98 :名無しSUN:2006/10/17(火) 14:38:32 ID:Qi9dWVuA
地球は太陽の末期の巨大化に飲まれるか飲まれないかの瀬戸際の位置だから
50億年後ですら地球の存在は予想不可能。

あと太陽が銀河系に落ちてるかとかも、回っている軌道が複雑な為なんとも言えない
それでも太陽誕生から銀河系を数十周はしてるので落ちてるって事はないだろう。

たかだか50億年の歴史の太陽系では、数千億年先のことなど予想できないってのが真実です。

99 :野崎:2006/10/17(火) 15:30:37 ID:B9TeX5N4
(*^_^*)るんるん〜♪

100 :名無しSUN:2006/10/17(火) 15:40:03 ID:l4j8JHl0
>>85が聞きたいのは、
月が地球から数cm/年で離れつつあるように、
地球も太陽から離れたりしてるのか、ということ
じゃないのか。
俺も知りたいので回答ぷりーず。

316 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)