5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

水星も格下げすべき

1 :名無しSUN:2006/08/25(金) 02:39:24 ID:qeoyCuJX
たかだか冥王星の三倍しかないゴミ星。
しかも衛星すら存在しないなんて冥王星以下だろ。

291 :名無しSUN:2006/11/06(月) 17:23:41 ID:mLRAG1HD
もし外すなら外す優先度
確定なので無視、冥王星
1位、水星(←こいつだけ別格)
2位、金星
3位、地球
4位、海王星(←こいつはせいぜいここ止まり)
5位、木星
6位、火星
7位、天王星
8位、土星

292 :名無しSUN:2006/11/07(火) 03:56:07 ID:JRvbbMxs
そもそも「惑星」というのは歴史的には肉眼で見えた5惑星につけられた名称だから
この5つのうちのどれかをはずすなら「惑星」という名前のほうを
替えるのが道理ってもんだ。

冥王星はたくさんあるEKBOの一つでしかないし、
セレスなども火星と木星の間にたくさんある小惑星の一つ、という立場。
水星はその軌道上で他に比類する存在が今のところ無い。
惑星からはずす理由は見当たらない。

293 :名無しSUN:2006/11/07(火) 20:48:25 ID:oLNxd5Gs
じゃあ水星以外を格ageすればイーンダヨ!

294 :名無しSUN:2006/11/07(火) 23:13:24 ID:gp39CviP
歴史的には地球も惑星じゃないんだな

295 :名無しSUN:2006/11/08(水) 06:42:57 ID:SSyFLNza
水星を肉眼で見れる人がうらやましい・・・

296 :名無しSUN:2006/11/08(水) 16:00:38 ID:6sLlOvTq
水星、あと何百年かしたら資源庫として金属を搾り取られてやたら質量が減りそう

297 :名無しSUN:2006/11/08(水) 16:07:51 ID:g6rtRYSN
地球も資源搾り取られて軽くなってるよね

298 :名無しSUN:2006/11/08(水) 16:10:26 ID:OeVZfJ8C
質量が目に見えて減るほどの採掘っていったいどれ程大規模なんだ?
たとえばコロニーが1万基作れるくらい金属を採掘したって、人間で
言えば毛を一本抜いたくらいの影響しかないと思うが。

299 :名無しSUN:2006/11/08(水) 16:39:40 ID:CJcrxKOB
さて日面通過だが、
遅刻覚悟で・・・


300 :名無しSUN:2006/11/08(水) 18:56:15 ID:wvOzn8i9
>298
>質量が目に見えて減るほどの採掘っていったいどれ程大規模なんだ?

つ【リングワールド、あるいはダイソン球の建造】

まぁこれだと水星まるまる1個潰しても足りないだろうがw

301 :名無しSUN:2006/11/10(金) 03:42:13 ID:e9azLb2E
しまった、日面通過の日付間違えてた…。

302 :名無しSUN:2006/11/10(金) 15:45:56 ID:L0HZXu1U
26年たてば、また見られるさ。

303 :名無しSUN:2006/11/12(日) 01:35:57 ID:0L6lzhip
>>294
そうさ。天動説から地動説への大転換があった時に
地球は惑星に仲間入りしたのさ。
>>297
地球で資源とって地球に捨ててたら質量変わらないよね。

…確か金星の日面通過がもう1回あったよな?

304 :名無しSUN:2006/11/12(日) 09:19:32 ID:uL1b0AQi
>>303
2012年だっけ?
その前に皆既日食があるぜ!

305 :名無しSUN:2006/11/14(火) 02:48:14 ID:qBrtDxk0
怪奇日食

306 :名無しSUN:2006/11/14(火) 06:05:34 ID:XWHfUBkD
日食は微妙に遠いんだよな。
そうとう気合が入ってないと見に行けん。

307 :名無しSUN:2006/11/15(水) 07:57:30 ID:1/1qeyoS
>>306
>日食は微妙に遠いんだよな。
金環食でよければ2012年を待て
太平洋側のかなりの地域で見える


308 :306:2006/11/15(水) 08:20:36 ID:Uq2Boarr
>307
家の近所では部分日食なんだな。orz

天体ショー目当てに遠出するのは、天候のリスクがあるから辛いねぇ。
2035年の皆既食が、かなり良いのだが生きてられるかな?

309 :名無しSUN:2006/11/15(水) 18:13:37 ID:2FCX2G35
>>297
地球上で消費されているんだから相殺されて別に減ってないと思われ

310 :名無しSUN:2006/11/15(水) 21:42:32 ID:Tonth5rm
>>308
スレ違いだが皆既はな、曇っても見るべきものはいろいろあるぞ。
俺みたいに「皆既がある」というイベント性だけでも充分楽しめる奴等は
海外にも何回も行くわけだが。

311 :名無しSUN:2006/11/16(木) 18:43:50 ID:YN9ZPKE/
元々日食には別に大した関心なかったが、
赤瀬川源平が書いた皆既日食ツアーのエッセイ読んで少し興味が湧いた。

312 :名無しSUN:2006/11/16(木) 23:06:00 ID:zqGFQfxZ
>>309
そだよな。
確実なのはロケットで地球外へ飛んでった質量の合計だろ。
それなら髪の毛どころか、毛先の分子ぐらいだろうけど。

313 :名無しSUN:2006/11/18(土) 10:12:33 ID:luyArZlV
多分それより、日々の大気や蒸発して宇宙へ拡散してゆく物質の方が多い

314 :名無しSUN:2006/11/18(土) 10:27:47 ID:LRs5GSyX
>>313
毎日降り注ぐ流星の分もあるから、案外増えているかも。

315 :名無しSUN:2006/11/18(土) 11:11:59 ID:gsGryBwE
そもそも蒸発しても大気圏外には拡散しないんじゃまいか?

316 :名無しSUN:2006/11/18(土) 15:17:14 ID:1OGXpqnh
はやぶさが無事帰還してイトカワの土を持ち帰れば若干増加。
ただし燃料等の分で差し引きは減少。
帰還しそこねて、宇宙空間を漂うことになれば、大きくマイナス。

317 :名無しSUN:2006/11/18(土) 18:47:51 ID:luyArZlV
>315
もちろん、大半は地球大気圏内に留まる。
でもごく一部は、宇宙へ拡散する。ごく一部といっても地球全体ではそれなりの量になるし
長い年月には、莫大な量になる。

318 :名無しSUN:2006/11/19(日) 03:08:40 ID:vm6i2l7O
>>317
逆に地球に捕らえられる物質も隕石以外に結構ある気もする。

319 :名無しSUN:2006/11/19(日) 05:37:08 ID:drcnFEmq
前になんかの資料見てラフに計算したとき
地球ができてからの降下物質の総量は
たかだか富士山1個分程度だったような…
どんな計算したか忘れたけど。

320 :名無しSUN:2006/11/20(月) 02:40:32 ID:3SKzKkj6
隕石は効果物質ではないわけか。それにしてもどういう計算なのやら。


321 :名無しSUN:2006/11/20(月) 06:51:22 ID:+fMznJ37
人類が初めて水星に降り立つ日はいつになるのか?

322 :名無しSUN:2006/11/20(月) 13:01:23 ID:3z3NtL8a
ものすごく先の話になりそうだな。

323 :名無しSUN:2006/11/20(月) 13:38:26 ID:ybCe9mrZ
どっかその辺の彗星の方が、先に着陸できそうだ

324 :名無しSUN:2006/11/20(月) 13:58:45 ID:qPaFuLmC
そもそも降り立とうという話になるのかなぁ?


325 :名無しSUN:2006/11/20(月) 15:27:31 ID:ELnUaPCk
地球人が削りきるのが先か、太陽に飲まれるのが先か

326 :名無しSUN:2006/11/20(月) 17:31:56 ID:fqLhNBZo
>>319
恐竜絶滅の原因になったと言われる6500万年前の隕石(直径10km)ひとつで
富士山1個分に匹敵しそうな希ガス

327 :名無しSUN:2006/11/20(月) 18:30:48 ID:VnSDDf2+
>326
富士山の裾野の直径が何十kmあると思ってる?
地下からの膨大な噴出物で、凄く緩やかに立ち上がってるんだぞ!?

328 :名無しSUN:2006/11/20(月) 20:33:27 ID:2Gfms3qv
富士山ばんざーい!

329 :名無しSUN:2006/11/21(火) 11:03:06 ID:JLWO3HEl
>>327
山頂から最寄の海までざっと25kmだから
富士山を半径25km、高さ3.8kmの円錐と近似すると2500km^3。
隕石を直径10kmの球と近似すると520km^3でおよそ1/5か。
おまいのいうとおり凄く緩やかに立ち上がってることを考えると
富士山を円錐で近似するのは明らかに過大評価なので、
そんなに悪い概算ではないと思うけど?





330 :名無しSUN:2006/11/21(火) 12:51:21 ID:BpHg1B4E
>>316
はやぶさの話をすれば帰還に成功したとしても戻ってくるのは
粉みたいなのを収集したカプセルのみだから減量のほうが圧倒的に多い。
(もしかして本体はその後大気圏突入するのかな?)
宇宙機の話をすれば宇宙から持ち帰ったのはアポロの月の石380kgほどと
ソ連の無人機の何百グラムぐらいで、出て行って帰ってこなかった宇宙機
の質量のほうが圧倒的に多い。
>>319
塵が集まってできた地球のどの時点が「地球ができた」時なんだろう?

331 :名無しSUN:2006/11/21(火) 17:52:03 ID:kz1AfaAf
>>316
というか
はやぶさにとっての「無事」とは、カプセルだけ帰還して自身は漂い続けることなんだが。
はやぶさ本体が帰還すると、それは「無駄死にではないぞ・・・」状態。。・゚・(ノД`)・゚・。


332 :名無しSUN:2006/11/21(火) 18:07:17 ID:kz1AfaAf
>>319
流星群でないときの流星頻度を1個/hourとして、
見える範囲を50km四方相当くらいと考えると、
地球の断面積では5万個/時くらい。
1つ1gとして51kg/hr、1日で1.2トン、1年で447トン。
ここ10億年だけとっても4.5e+14kg。
でかい隕石は希であると仮定して放置。

密度3くらいで計算すると149,000km^3の立方体相当。
富士山を円錐近似するなら裾野の半径が193km。
仮定だらけだけどいい線なのかも。

ただ、期間を30億年とか45億年にすると初期は流星や隕石多かったろうから
桁違いに増えると思われ。だから、「地球ができて以来の降下物総量」になると
富士山1個分ではすまないと思う。

月を作った原因を小天体衝突とするなら数桁上になるだろうし。



333 :名無しSUN:2006/11/21(火) 18:28:13 ID:JLWO3HEl
>月を作った原因を小天体衝突とするなら数桁上になるだろうし
火星サイズだから富士山と比較したら数桁どころじゃないでしょ


334 :名無しSUN:2006/11/21(火) 18:41:24 ID:JLWO3HEl
>密度3くらいで計算すると149,000km^3の立方体相当
149km^3じゃね?

ぐーぐる電卓の結果
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient-ff&ie=UTF-8&rls=GGGL,GGGL:2006-17,GGGL:ja&q=4.5*10%5E14kg%2F(3g%2Fcm%5E3)+in+km%5E3


335 :名無しSUN:2006/11/21(火) 18:49:24 ID:kz1AfaAf
>>334
あはは、密度の単位をまちがえた。
3kg/m^3で突っ込んじゃったよ・・・・・

となると見積もりが小さすぎるってことか。
でかいのを入れたり、流星雨時期のを足したり、
見えない程度の流星を入れたりすれば・・・かな。


336 :名無しSUN:2006/11/21(火) 18:56:32 ID:JLWO3HEl
>>335
>>332のような日常的に降ってるちっこいのはほとんど無視できて、
>>326のような巨大隕石でほとんど決まってて、
それはほぼ富士山に匹敵する体積で、
そんなのは歴史上数えるほどしかないから、
富士山1個分というのは実は悪くない見積もりだった、というオチ?

いつの時点で「地球ができた」とするかによるけど


337 :名無しSUN:2006/12/01(金) 16:25:43 ID:gMwSWvZi
いつの時点で「地球ができた」という定義は現在より富士山一個分地球が軽かった時とする。

そうすれば、丸くおさまる。

338 :名無しSUN:2006/12/01(金) 17:25:25 ID:KgQpDg0L
>>337
句読点をきちんと使ってくれないと日本語に見えない。

339 :名無しSUN:2006/12/01(金) 19:18:39 ID:D1dRb7gg
「地球ができた」とは
塵が集まり固まって丸くなったときと考えると
丸く収まる

340 :名無しSUN:2007/01/10(水) 00:48:50 ID:fAbm8r82
保守


81 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)