5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

再び大厳冬時代は訪れるのか?

1 :名無しSUN:2005/12/11(日) 03:55:29 ID:BoSLIT3V
最後の厳冬と言われた1985−1986年冬から既に20年…
昭和の厳冬を懐かしむ声が多いけど、今冬はもしや!?

地球温暖化の影響なのか、単に寒気の出口が変化している
だけなのか、色んな視点から考察してみませう。

902 :名無しSUN:2006/11/16(木) 22:05:35 ID:7YlRqNJl
2004年は?

903 :名無しSUN:2006/11/16(木) 22:07:40 ID:68nov1We
>>902
年平均で+0.99

904 :名無しSUN:2006/11/16(木) 22:10:05 ID:7YlRqNJl
サンクス。さすがの数字だな。

905 :名無しSUN:2006/11/16(木) 22:11:42 ID:68nov1We
ただし最高は1990年の+1.04だがな。

906 :名無しSUN:2006/11/16(木) 22:31:01 ID:7YlRqNJl
1990年スゴス…どんな年だったっけ。
オレには、オレのすんでる市が39.7度を記録した年が一番辛かったなあ…
14年くらい前か…
でも2004年って、足立区で42度とか出てたよな。

907 :名無しSUN:2006/11/16(木) 22:36:18 ID:HqdpITQn
年間の平均が高くてもいいからさ、12月〜2月の気温さえまともなら我慢できる。

908 :NNN:2006/11/16(木) 22:39:34 ID:XxFQgJDW
北極振動は10年周期で正(極渦強まり、寒気が南下しにくくなる局面)、
負(極渦が弱まり、寒気が南下しやすくなる局面)を繰り返すことが知られている。
1990年代には正の極値となり、温暖化すると北極振動は正となりやすいというモデル予想も出され、
地球温暖化の議論が加速した。ついその前(1980年代)までは地球は寒冷化に向かっていると主張されていた。
事後解析で、北極振動が負となっていたこと時代であった。
北極振動が北半球に卓越するテレコネクションの主要なモードであるとすると、現在は負の局面。
2010年以降、正の局面を迎えたときには、温暖化の真の姿(松野氏曰く「極端化現象」)が
いよいよその程度を増して露呈するかもしれない。


909 :名無しSUN:2006/11/16(木) 22:40:41 ID:4Og9LzLb
最高は98年じゃないの?あの年は4月5月10月と記録的高温月があってしかも冬は暖冬、夏も蒸し暑いと高温づくめだったような

910 :名無しSUN:2006/11/16(木) 22:52:09 ID:68nov1We
>>906
42℃は公式記録じゃないような気がするが。

1990年は2004年と似たようなパターンだな。
年間通して異常高温傾向継続の酷い年。

>>909
1位1990年+1.04、2位2004年.+0.99、3位1998年+0.98と続いてる。
ただ数値はあくまで都市化の小さい観測地点での総合値な訳で
北日本は1990年、東日本は2004年、西日本〜南西諸島は1998年と最高値は地域によって分かれる。

911 :名無しSUN:2006/11/17(金) 00:13:03 ID:e0Ve6JxM
去年はあの大雪で100億近い予算が出されたわけで。
国家財政がピンチなんだから、厳冬はまずいでしょ。
昭和の冬は懐かしいが、税金上がるのは嫌だからね。

912 :名無しSUN:2006/11/17(金) 06:45:10 ID:e7e1l6QH
北高型が冬の間ずっと続いて東京だけ寒ければ、週刊誌で「異常低温大厳冬」と
書かれる予感。小笠原諸島にずっと高気圧があるような冬なら、関東はずっと
前線の影響を受けて、北海道を寒気が通過するタイミングで、ハァハァできるのだ。

913 :名無しSUN:2006/11/17(金) 09:56:29 ID:G2Ln8nD8
雪対策で100億円掛かるなら、日本橋の首都高の地下化に掛かる5000億の金を回せば、厳冬が50年続いても大丈夫。

914 :名無しSUN:2006/11/17(金) 10:06:47 ID:0rrioFl3
>>908
北極振動指数って、1980年代までは正と負を行ったり来たりしていて
どちらかに極端に傾く顕著な傾向はなかったんじゃない?
1990年ごろから10年ぐらい極端に正に傾いていて、
2000年前後からやや負に傾く傾向が見られる程度で。
ただし、1945年以前は極端に負に傾いていたようだが。
単純な10年周期でもなさそうだ。

915 :名無しSUN:2006/11/17(金) 10:19:42 ID:0rrioFl3
ちなみに12月の初め(12/1-2あたり?)で本州中部あたりまで下がって来るやや強めの寒波を
示唆しているようだ。

916 :名無しSUN:2006/11/17(金) 13:07:28 ID:Hb7XwfsF
本州中部に0℃線ですか。

917 :名無しSUN:2006/11/17(金) 17:57:05 ID:6eVWKRLC
どうせ長期予報なんて当たらないよ。

918 :名無しSUN:2006/11/20(月) 10:12:38 ID:k75Dcob2
12/2あたりの気圧の谷通過後はしばらく強い冬型になりそうだ。
それ以降はやや低温傾向持続を示唆し始めている。これは今年も12月は寒くなる傾向か?

919 :名無しSUN:2006/11/20(月) 14:14:46 ID:uNrvWM3x
てか11月も超高温かぁ・・・

920 :名無しSUN:2006/11/20(月) 16:32:50 ID:qJf2iV8V
>918
ソースきぼんぬ

921 :名無しSUN:2006/11/20(月) 16:45:19 ID:xEqrtu/g
しかし、今週の週間予報の修正っぷりは酷かった。
ま、相変わらずだが。


922 :名無しSUN:2006/11/20(月) 16:48:21 ID:xEqrtu/g
さすがにここまで酷く修正されると、
長期予報などまったく意味がないことがわかる。


923 :名無しSUN:2006/11/20(月) 21:30:56 ID:Go8gCTiq
札幌や山形その他冬日をそろそろ
記録してもいい所で全く冬日が記録されてないところをみると
今年は無事に冬がくるのかって心配してしまうから
早く季節が進めっていいたい。明日からまたあったかくなりそうなので
いつもの年にもまして順調に平成連続暖冬へ無事に進んでるって感じだな。
毎年クソ化してるよ季節が。
クソって言葉以外思いつかない本当に、最近の気候をみてると。


924 :名無しSUN:2006/11/20(月) 22:59:07 ID:uNrvWM3x
どんなに修正されたの?
てか鹿児島は平年より低い日がない・・・。

925 :名無しSUN:2006/11/20(月) 23:08:29 ID:57iCdFAS
>>923
飛騨高山もまだ冬日がない。
あと4日間で冬日を記録しないと、冬日最遅の記録となってしまう。
そして今後の見通しからその可能性は限りなく高いときてる。

926 :名無しSUN:2006/11/21(火) 00:40:56 ID:4mqtBoN4
ここ最近は2004年を除けば12月に入ったとたん突然寒くなる傾向にある。
2004年だけが例外で、5日は東京では24.8℃を記録し(12月としては観
測史上最高)あわや夏日になりかけたから。この年だけは中旬まで暖かかった。
それ以外は12月は平年並みかそれ以下で、去年なんか昔の基準でも厳冬だっ
たから。

927 :名無しSUN:2006/11/21(火) 01:04:51 ID:yawwRvxR
>>926
2003年の12月も暖かかったよ、
中旬に一発強い寒波は来たけど。

928 :名無しSUN:2006/11/21(火) 04:04:03 ID:eeVkOsee
確かに少し前の猛暖秋と比べると順調に気温は下がってきてるね。安心。
今年も無事に平年並ぐらい冬は到来しそうだ。
これだけどこもかしこも都市化が進んだんだから俺は昔の寒い冬なんて期待しないよ。
自然の恵みに感謝しまつ。

929 :名無しSUN:2006/11/21(火) 07:19:19 ID:g2Ulkchs
>>928
楽観しすぎたお。
>>飛騨高山もまだ冬日がない。
都市化ですまされるかってーの。

930 :名無しSUN:2006/11/21(火) 08:16:02 ID:yawwRvxR
都市化が暖冬傾向が続く原因だとでもいいたいのかね>>928

931 :東京:2006/11/21(火) 08:35:24 ID:WKQIaMLn
東京の年間冬日数:  1931-1950 平均 58日
          1951-1970 平均 34日
          1971-1980 平均 16日
          1981-1990 平均 12日
          1990-2000 平均  4日
そして2004年にはついに0日。
来るところまできたのでもうどうでもいいや。


932 :名無しSUN:2006/11/21(火) 12:34:44 ID:2rryz5c3
>>929
悲観しすぎだお。
高山は11月に入って0度台何度も記録してるお。
高山も多少都市化してるだろうし、たまたま、たまたま。
冬に向けて気楽にいこお

933 :名無しSUN:2006/11/21(火) 12:49:44 ID:+q+S2Q7d
近年の異常高温連続は余りにも酷いよな。都市化・地球温暖化、いずれが原因でも人為が
大きく関与していることは疑う余地もない。例を挙げれば札幌の11月冬日0記録、
鹿児島の連続熱帯夜はもう亜熱帯と言ってもよいし、東京・大阪・津・鹿児島など、
主要都市部は冬日絶滅の危機に瀕している。高山のようなド田舎の都市化の無い地域でさえ、
氷点下が記録されにくくなったのも温暖化。それよりも初霜の記録が最近は酷いな。
各都市部の初霜は1980年代半ば頃までに比べて極端に遅くなっている、
かつての平年値では11/15頃が当たり前の地域でも、最近は12月にズレ込むのが普通で、
三重県の津など、1月にズレ込み初めているし、もう東京・大阪などの都市部や鹿児島などの南日本の都市部は
霜の観測自体が危ぶまれている。地表面付近の放射冷却による気温の低化が弱くなったことに加えて、
地表付近が都市化によって乾燥状態なことも要因。都市部は放射冷却よりも、寒気移流の効果のほうが卓越し、
初霜よりも初雪の方が先に観測されるようになった。これはもう亜熱帯海岸地方の気候だ。
今後ますます温暖化は酷くなることはあっても、解消されることはないし、
もう近い将来は霜どころか氷点下・雪も全く楽しめなくなるだろうな。
こりゃ、冬を楽しみにしている俺等にとっては死活問題!

934 :名無しSUN:2006/11/21(火) 12:54:47 ID:g2Ulkchs
雪を楽しみにしている地域は死活問題でも、雪が死活問題の地域では暖冬バンザイなんだよね。

935 :名無しSUN:2006/11/21(火) 13:00:58 ID:+q+S2Q7d
ただ、北海道東部や本州中部の標高の高い地域などは
温暖化によって大気中の水蒸気量が増えるからかえって降雪量はやや増える。
温暖化しても、もともと非常に低温な地域は0℃を下回っていることには変わりないから、
こういうことが起きるんだよね。
で、もともと0℃を少し下回る程度の地域は、温暖化によって壊滅的な影響を受ける。
北陸平地都市部なんかはその例だろう。

936 :名無しSUN:2006/11/21(火) 13:04:32 ID:g2Ulkchs
北陸平地都市部の人は、雪を楽しみには思ってないから、ちょうどいいんじゃない。

937 :名無しSUN:2006/11/21(火) 13:16:01 ID:+q+S2Q7d
10月の世界陸面平均気温の推移

http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/land/land_oct_wld.html
@2006年(+0.92℃)、A2005年(+0.78℃)、B2003年(+0.64℃)、C2004年(+0.63℃)、D1998年(+0.57℃)
高温記録が全て近年、しかも毎年のように記録を塗り替える10月。
しかしその中でも今年10月の異常高温記録は世界的にもダントツの異常高温だった。
確かアメリカで偏西風の蛇行による寒波があったらしいが、にもかかわらず世界平均するとこの異常な高温!!!
偏西風が大蛇行しても、それほどの低温にならないようになって来ている。
世界的に下りてくる寒波がほとんど無くなって来ているわけだから、
厳冬を望むのは無理な話か。しかもそれ+都市化だしな。絶望的だよ、このグラフ。

938 :名無しSUN:2006/11/21(火) 13:22:15 ID:T2q593El
>>936
こういう考え方ってすごく自然を馬鹿にしてるとしか思えない。
あまりに楽観視しすぎ。たいしたことないと思えるその神経に乾杯

939 :名無しSUN:2006/11/21(火) 13:28:08 ID:T2q593El
>>937
都市化の具合を含めてもそれだけではいいきれない
大規模な気候変動がおきてるのかもね。
これから秋に関わらず年中こういう傾向がでてきたら
いよいよデイ・アフター・トウモローの世界も架空話で
なくなるかも・・・。


940 :名無しSUN:2006/11/21(火) 13:34:37 ID:+q+S2Q7d
これが例えば太陽活動など、自然変動に起因するものが主因で今の高温化が起きているのならば、
いずれ大低温時代も出現する希望が見出せるけど、
もしも都市化+二酸化炭素がほぼ主因であれば、完全に未来は絶望だ。
しかし極めてその可能性が高いから憂うつ。

941 :名無しSUN:2006/11/21(火) 17:10:37 ID:2xH+38C5
そのうちデイアフタートゥモローみたいなことになるんじゃないか?
強烈な寒冷渦が強い寒気核と目を持つことは考えられるし
まぁさすがに−100℃はないとして−20〜−30℃は十分考えられる

942 :名無しSUN:2006/11/21(火) 17:19:38 ID:CLSNYway
太陽活動ねえ。
黒点とかフレアの状態をチェックしてみても
それらしい兆候はないんだよね。
アマ無線も、太陽活動が極期になると
五大陸にまで楽に電波が飛んでいくという話だけれど
いまはそうでもないらしい。
人間はこうして自分で自分の首を絞めて自滅するのか?

943 :名無しSUN:2006/11/21(火) 17:20:06 ID:2xH+38C5
あの寒冷渦は構造は台風

おれの考えでは 仮に赤道付近でも冬場には氷点下になる地球があるとして
はたして台風はなくなるのか?いやいや 今度は高緯度で発生する寒冷台風が冬に頻発すると考える

944 :名無しSUN:2006/11/21(火) 22:25:29 ID:BRE1v+aw
てか今は太陽活動は黒点でいうと極小期では。
太陽光は最近数年〜十数年間はもしかして減少してるの?
あと、地熱が大量放出だったりしてw


945 :名無しSUN:2006/11/21(火) 23:13:06 ID:BrOuXNzZ
富山県の立山連峰に雪が積もらなくなったら水不足でどうなるか。

946 :北極クマ:2006/11/22(水) 05:04:13 ID:H5m5zDOE
そりゃ、人類が死滅して地球は喜びますよぉ。
温暖化は人類の為に地球の為にある。
温暖化ばじゃーい

947 :名無しSUN:2006/11/22(水) 05:47:32 ID:yU9rK5NN
月〜金NHK総合朝5:40頃の「街で見かけたトレンド情報」後の、男性アナの
オヤジギャグが寒くて寒くて。苦笑する女子アナの顔に萌える。
温暖化防止にぜひ役立って欲しい。

948 :名無しSUN:2006/11/23(木) 09:53:21 ID:1vPm5Z5N
12月はかろうじて並、1月2月は超暖冬。1988年-1989年を覚悟しておいた
ほうがよいでしょう。

949 :名無しSUN:2006/11/23(木) 13:27:16 ID:SuSF2l4G
12月は猛烈寒波、1月も超厳冬、2月はかろうじて並の寒め、
1944-1945年を覚悟しておいたほうがよいでしょう。

950 :名無しSUN:2006/11/23(木) 13:41:50 ID:VIa6QinT
月末は寒くなりそうだな

951 :名無しSUN:2006/11/23(木) 19:34:21 ID:yOnUBP9l
>>949
1945年は2月も記録的低温が続いたことを忘れてはいけない。

952 :名無しSUN:2006/11/23(木) 19:36:57 ID:qKJUkQzb
>>949
それは1980-81年の冬

>>948
2004-2005年の冬は12月は超暖冬で1月2月はかろうじて平年並

953 :名無しSUN:2006/11/23(木) 19:49:05 ID:Yk+hVUQ8
>>948>>952
2004-2005は12月が超暖冬でクリスマスに雪がなかったのに、1月中旬には
1メートル近くになってしまったのでダメ。しかも3月になっても大雪くらったので
ぬくぬくと冬を過ごした印象がない。積雪期間を1ヶ月以内に抑えてくれるような
暖冬でないと萌えないよ。


954 :名無しSUN:2006/11/24(金) 00:24:39 ID:xkjc1r5c
いつになったらまともな寒気入るの?

955 :名無しSUN:2006/11/24(金) 02:03:04 ID:Nr+lrx2d
>>954
確かに。
寒気寒気騒いでるけど初雪は秋田どまりって・・・。

956 :名無しSUN:2006/11/24(金) 02:03:44 ID:sGve1/rz
11月としてはそこそこ強い寒気は何度も来てるだろ。

957 :名無しSUN:2006/11/24(金) 02:04:18 ID:Nr+lrx2d
あっ若松で降ったか。ミゾレだけど。

958 :名無しSUN:2006/11/24(金) 02:05:12 ID:sGve1/rz
信州や飛騨でも降ってるし西日本の山でも降ってる。

959 :名無しSUN:2006/11/24(金) 02:29:51 ID:oKYQ+XhF
近年へタレが当たり前の11月クンにあんまり重荷負わせるなよ…

960 :名無しSUN:2006/11/24(金) 03:39:14 ID:W40HBxXJ
>>956
きてないよ。11月としてそこそこ強いといったら本州中部で
500で−30℃、850で−6℃は必要。
2002年は11月初旬にそれを達成してる。
今季は500で−27℃、850で−3℃が今のところやっと。

961 :名無しSUN:2006/11/24(金) 03:54:12 ID:V+01+hBz
それは真冬並だろ、11月としてそこそこのはきてる。
近年の大暖秋の様相はなくなった。

962 :名無しSUN:2006/11/24(金) 05:37:01 ID:Xg+b5unW
平成当初の大暖冬の頃より、地球の平均気温があがっているのに、
大暖冬時代が終わったなどというのがおかしい。
今年あたり、史上最強の暖冬がくると思うほうが自然。
850hap−6℃が冬季を通して北陸に3日間だけしかかからないような冬。
どうです、まんざらでもないでしょう。

963 :名無しSUN:2006/11/24(金) 05:53:50 ID:V+01+hBz
残念だが暖冬時代はおわったんだ。

964 :名無しSUN:2006/11/24(金) 06:00:32 ID:ZUMK/tTo
史上最強の暖冬というからには、
1989年+1990年+2004年を超えてもらいたい
2月に夏日程度お茶の子さいさいで宜しく

965 :名無しSUN:2006/11/24(金) 06:19:28 ID:Xg+b5unW
>>964
2004年12月+1989年1月+1990年2月で史上最強コンボかな。
そこまでは無理にしろ、3ヶ月予報では2月に向かうほど暖冬なので、
2月単月で1990年2月の記録更新の可能性を期待できる。1990年は
日本海側で全く雪が降っていないので、冬型がなかったと思われる。

966 :名無しSUN:2006/11/24(金) 07:14:36 ID:e/gGstvk
>>961>>963
10月は東・西日本で戦後2〜3位の異常高温、
11月だって異常高温とまではいかなくても中クラスの高温になる可能性が高い。
2001、2002年辺りに一時落ち着きを見せてた秋の気温も、
2003年からは再び大暖秋傾向がぶり返した。このままだとその暖秋も4年連続となる訳だ。
根拠のない自分の主観なんかで「〜時代は終わった」なんて言ってんじゃねーよ。

967 :名無しSUN:2006/11/24(金) 07:24:26 ID:gHfO+up0
>>966言い方は乱暴ですが、スリランカ(正論)だ。

968 :名無しSUN:2006/11/24(金) 07:51:42 ID:xMTCFeDJ
今のところ大暖冬の予感はないなあ。
ちゃんと日本海で低気圧が発達するし。

969 :名無しSUN:2006/11/24(金) 07:53:13 ID:sGve1/rz
正論は正論だがそれ信じすぎる人が多いから次の日の気温も外すんだろうな。
この秋の高温予想がいかに多かったことか。
温暖化傾向が終わった可能性も0ではないのでまったく無視するのもどうかと。

970 :名無しSUN:2006/11/24(金) 10:31:49 ID:4fgBBXZZ
最新GFSでは定期的な北日本への寒気流入をこの2週間は示唆している。
その中でも特に12月上旬後半は強めの寒波。カマキリ予報の寒波第1弾と重なる時期でもあるため、
結構期待してもいいのでは?気象庁長期予報モデルは相変わらず高温を示唆しているけど・・。

971 :名無しSUN:2006/11/24(金) 10:35:13 ID:vKqWazC+
明日の天気も当てられない気象庁の長期予報なんて
細木の占いよりあてにならん

972 :名無しSUN:2006/11/24(金) 10:38:26 ID:4fgBBXZZ
まあ気象庁モデルよりはGFSは結構正確だ。今回の南岸低気圧の雨のスカも
GFSはしっかり表現していたが、気象庁は自信満々で23-24日を雨予報にしていた(アンサンブルも含めて)。

973 :名無しSUN:2006/11/24(金) 12:06:43 ID:xMTCFeDJ
まあ一長あれば一短ありだな。
定評あるGFSも台風にはいまいち使えない代物になってしまう。

974 :名無しSUN:2006/11/24(金) 15:27:10 ID:Unl6hhLt
>>966
2003〜2005年までの秋の全国平均気温は秋全体で平年比1度以上プラスの高温だったが、
今年はこのままいけば0.5度以下か、かろうじて0.5度を上回る程度に落ち着く公算が高い。

今年の秋を振り返ると9月はここ最近ではないくらいにとても順調な気温の低下であった、
10月も上旬はほぼ平年並であったが、
問題の10月中旬から11月上旬において寒気がまったく南下せず穏やかな気候がずっと続いた為、
この期間は数値的には高温に出ている。(感覚的には乾いた空気の穏やかな快適な秋の日々が続いた。)
そして、11月は初頭はやや高温だったが、
それからは寒暖の変化が増して平年並みに落ち着いてきて今に至っている。

秋を通じてみると一時的に平年より高い時期が続いた時期はあったものの、
近年のような秋全体を通じてプラス1度以上というような記録的大暖秋の様相もなく、
秋としては近年の大暖秋時代にやや落ち着きが出てきたように思えるが。

975 :974:2006/11/24(金) 15:48:25 ID:Unl6hhLt
失礼、03年は平年比+0.7度程度だった。スマソ。

976 :名無しSUN:2006/11/24(金) 17:15:39 ID:e/gGstvk
>>974
楽観視しすぎだろ。
10月上旬〜11月上旬の1ヶ月以上にわたって続いた大規模高温を
「一時的に平年より高い時期」で片付けるのはどうかと。
それに10月は高気圧に覆われ晴れる日が多かったのに冷え込む日はまるで無しで、
俺にとってはむしろ異様に感じた。
11月中旬だって結構騒がれた割には
結局は平年値を少し下回る程度の気温が何日間か続いたくらい。
今年はたまたま9月にほぼ平年程度だったから偏差がやや小さめだっただけで、
10月に記録的高温、11月も高温な事から考えれば近年の大暖秋傾向が落ち着きを見せているとは言えない。
それに、仮に今年が平年並の秋だったとしても、
たかが1シーズン平年並だったからという理由だけで
「大暖秋時代が終わった」と説明するのは全く説得力が無いし。


977 :名無しSUN:2006/11/24(金) 17:44:38 ID:Unl6hhLt
「大暖秋時代が終わった」なんてレスは誰もしてないが。
「大」暖秋というからにはさすがに平年比1度程度プラスでないといけないが、
今年は、そこまでの様相はない、ここ数年と比べると落ち着きが出ているとまで。

平年より高い気温が長めに続いた期間はあったが、大暖秋というには数値的におおげさ。
しかも世界の平均気温で10月は過去最高だったとか日本の暖秋とは直接関係ないことまで例にして、
ことさらおおげさに異常な秋であったかのように印象付けるのはいかがなものかと。

少なくとも今年の秋が大暖秋というには、やや感覚的に偏った見方で
客観的数値的には説得力に欠けると指摘させて頂きたい。

978 :名無しSUN:2006/11/24(金) 17:55:19 ID:e/gGstvk
>しかも世界の平均気温で10月は過去最高だったとか日本の暖秋とは直接関係ないことまで例にして、
ことさらおおげさに異常な秋であったかのように印象付けるのはいかがなものかと。

↑レス読めよw
俺が挙げたのは日本の10月の平均気温。
誰も世界の10月の平均気温なんか挙げてない訳だが。


979 :名無しSUN:2006/11/24(金) 18:13:02 ID:e/gGstvk
ちなみに平年差+1℃未満では大暖秋とはいえないかどうかはわからないが、
いずれにせよ今年ちょっと平年差が縮まったからといって、
暖秋又は大暖秋傾向が落ち着きを見せていると判断するには無理がある。
向こう何年間か平年並の秋が続くようになってからならわかるけど。


980 :名無しSUN:2006/11/24(金) 18:21:43 ID:F2lgLnL9
いっそ「平年」てのを
2000年以降の気温の平均に設定しちゃえば

981 :名無しSUN:2006/11/24(金) 19:48:23 ID:bbbN/LHY
大暖秋だと騒ぎたてる奴はおかしい
でもここ数年よりやや落ち着いてるぐらいで、暖秋時代は終わった、とか言う奴はもっとおかしい

982 :名無しSUN:2006/11/24(金) 20:03:09 ID:dnm4bsX6
この先も
北極寒気の放出とサブハイの強化のタイミングがバッチリ一致して
日本の南部を寒さから守ってくれているよ。

983 :名無しSUN:2006/11/24(金) 20:59:14 ID:V+01+hBz
近年より落ち着いた秋なのは確かだ。



残念だが暖冬時代は去年のひさしぶりの寒冬で一旦おわっているのは確かだ。

984 :名無しSUN:2006/11/24(金) 21:23:49 ID:e/gGstvk
>>983
そんなふうに気楽、単純に考えられるお前の性格が羨ましいよw

985 :名無しSUN:2006/11/24(金) 21:33:09 ID:/fVpD7a+
次スレ立てました

再び大厳冬時代は訪れるのか? 〜2冬目〜
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1164371531/
よろしゅう

986 :名無しSUN:2006/11/24(金) 21:47:31 ID:FBMDl8he
冬の異常高温時代は終わった気が。

987 :名無しSUN:2006/11/24(金) 21:52:50 ID:UIi1Caia
>>983はただの構ってちゃんだろ

988 :名無しSUN:2006/11/24(金) 21:54:12 ID:xMTCFeDJ
今年に関しては比較的落ち着いている。
去年や一昨年はもっと気温高くなかったっけ。記憶違いか?

989 :名無しSUN:2006/11/24(金) 21:57:58 ID:dnm4bsX6
昨冬のちょっとした低温と大雪は、猛暖冬という不治の病にかかった患者の、
最期の自宅外泊みたいなもの。

990 :名無しSUN:2006/11/24(金) 22:09:19 ID:sGve1/rz
今年は暖秋ってほどじゃないだろ。
10月中旬から11月上旬が一時的に高温だっただけ。
そこだけを強調する意味があるとは思えない。

991 :名無しSUN:2006/11/24(金) 22:13:35 ID:e/gGstvk
>>988
確かに3ヶ月平均にすれば去年、一昨年よりはマシだけど
あくまでここ数年の異常高温から比べれば少し落ち着いているだけで、
平年よりはずっと高温。

>>990
とりあえず12月初めに発表される秋の気候統計値を目にするといいよ。

992 :名無しSUN:2006/11/24(金) 22:28:01 ID:sGve1/rz
>平年よりはずっと高温

具体的じゃないな。

993 :名無しSUN:2006/11/24(金) 22:30:08 ID:e/gGstvk
>>990>>992
今秋の3ヶ月間の平均気温平年差↓
http://www.data.kishou.go.jp/climate/longfcst/tenkou/hensa_temp.html

9月末から11月上旬まで安定的に正偏差。
これを「一時的な高温」と捉えるのはあまりに不自然。
負偏差もあるがどれも一過性だな。

994 :名無しSUN:2006/11/24(金) 22:33:55 ID:UIi1Caia
10月の平均気温記録的だったもんな
しかも一部以外は真夏日無しで記録更新

995 :名無しSUN:2006/11/24(金) 22:40:56 ID:sGve1/rz
一時的だな。
前後では平年並みだ。

996 :名無しSUN:2006/11/24(金) 22:52:46 ID:e/gGstvk
>>995
どうしても一時的として捉えたいのならそうすればいいけど、
どっちにしろ
「前後の平年並」+「10月〜11月上旬の大高温」=「3ヶ月平均は暖秋」となってしまう。


997 :名無しSUN:2006/11/24(金) 22:57:10 ID:sGve1/rz
数字の上ではそうなるな。
ただ期間を通しての傾向でないから何の意味もないな。

998 :名無しSUN:2006/11/24(金) 23:08:16 ID:JZ4zU4mb
つか、どういう気象を見る目をしてんだろ。
統計資料を理解できないのか?>>990
数値上誰が見ても顕著に暖かい秋なんですけどね。
10月は記録上位の高温、11月もこれまで+1〜1.5℃もの正偏差。
9月のほぼ±0℃という平年並みを含めた今秋はやはりかなり高温。

999 :名無しSUN:2006/11/24(金) 23:09:39 ID:e/gGstvk
>>997
本当わかってないな。
期間を通しての傾向じゃないと何の意味もないだって??
なら2004年夏は8月中旬以降低温だったので記録的猛暑から外され、
1988-1989年冬も12月だけは低温時期も多かったから記録的暖冬から外される訳か?


1000 :名無しSUN:2006/11/24(金) 23:11:53 ID:JZ4zU4mb
ID:sGve1/rz

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

266 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)