5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

窪田登司様を神と崇めるスレッド 2拝目

120 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/26(火) 16:30:29 ID:???
>>113
まともな答えが期待できない気がしてきた。

 >>P=∫ρu(Ψ')^2dx,m=∫ρ(Ψ')^2dxと定義すると
 >そこから一般的にP=mvが求められるか、が今の問題だよ。
何言ってんの?
E=2Ek=P^2/m=Puになるだろうが。これからP=muは明らか。
というより整合がとれるように、運動量P=∫ρu(Ψ')^2dxと質量m=∫ρ(Ψ')^2dxを定義している。

お前の運動量の定義を示せ。


>光速不変を仮定している以上は、相対論と類似の結果が得られるのが当たり前のこと。
 粗雑な頭だな。P=h/λ,P'=αP,λ'=λ/α,ν'=α
お前の言う光速不変の仮定とは、c=λ'ν'=λνのことだな。
(もしかして、相対論理解してないのでは?)

 何がパラドクス的なことかわからないらしいので補足すると。
ドップラーシフトがsqrt(1-2βnx+β^2)と非相対論的な値であり、
相対論と違っているということ。
お前の理解の仕方だと、光速不変を仮定しているから、相対論と類似の結果にならないといけないはずだが、食い違いが生じている。
この食い違いの合理的な説明ができていないことを指して、パラドクスといっている。

ちなみに相対論的運動量合成を使うとちゃんと相対論のドップラー効果1/γ(1-βnx)が得られる。

光行差を考慮して、非相対論と相対論とによるドップラーシフトを
同じ系で比較できるようにしただけ。
たまたまnx=βで両者の値が一致しているに過ぎない。

164 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)