5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

相対性理論の大嘘って本読んだんだけど・・・

1 :ご冗談でしょう?名無しさん:2005/09/18(日) 16:38:16 ID:sWwm2img
なんかすごいタイトルだから買ったんだが、内容もすごいな。

「この100年の間、誰も相対論を理解できなかったのだ」
って定期文が100回くらい出たかと思うと、後半では独自の理論が展開された。
「光は対象物に対して瞬時に伝わるモノである」とか。
相対論がどーのとかじゃなくて古典物理さえ覆す一大理論だ。
その根拠とは・・・って思って一生懸命読んでいよいよ最後のページ。

「世界中の子供達は夜空の星々は過去では無く"今"輝いてる事を願っているのです。
天文学者と物理学者は子供達の”星への願い”を踏みにじっているのです」

ちょwwそれが理由と根拠かよwwwwwwwwww

396 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/24(金) 22:24:57 ID:2pRp1jhc
ニュートリノ、ミュー粒子、円型加速器実験、数多くある人工衛星では出てこなくて
GPS人工衛星だけ、なぜか一般相対論効果と特殊相対論効果という用語が出てくる。

アインシュタイの論文ではドップラー効果や光行差は近似式と書いてあるのに
相正たちは厳密な式とうそをいっている。

この光行差の式からE=mc^2をアインシュタインは出している
つまり、この式は近似式ということだ。
近似式から原爆や原発は成り立っているということ。
だから、原発で長年発電していると誤差が出てきて
設計どおりの耐用年数は持たないから必ず故障してくる。

光速近くで相対運動している実験を一回もしたことがない。
すべて計算上の話。

光の速さが不変のはずないだろ、ばか!

397 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/24(金) 22:44:59 ID:???
またお猿さんの独り言かよwww

GPSで一般相対論の効果を問題にするのは、GPSだからでは無く、移動衛星で
かつ(複数の)衛星と地上との時計の相互補正を必要とするからに過ぎない。

アインシュタイなんて人間は知らないがw、アインシュタイさんはどんな論文
を書いてるのかね? ついでに示してみてはくれないかね?www

E=Mc^2の導出なんて光行差なんか無関係に導出できる。
ドップラー効果にしても然り。実際に近似無しで解けるのは、工業高校中退の
おまい以外の人間には明らかだよ、教科書に書いてある通りで。
せめて教科書ぐらい読め・・・あ、馬鹿だから無理か?www

さて、以下の何処に近似があるのか、式の番号で示してみてはくれないかね?w
ttp://pubweb.cc.u-tokai.ac.jp/mhayashi/latexsprelver3.pdf
勿論、証明は付けろよ。オマイの得意の妄想は駄目だぜw

> 光の速さが不変のはずないだろ、ばか!
こういう、証明無しの思いこみを、人は妄想と呼ぶってのも知らないかな?www

398 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/24(金) 22:47:24 ID:???
>>396
工学的に使われてる中では、一般相対論の効果が
無視できないほど出てくるのはGPSくらいなもの。それがどうかしたのか?

物理では観測値はすべて近似値。
計算誤差が観測誤差より小さくなる限り、
近似しても問題ないと以前にも指摘したが反論は無かったな。

特殊相対論がどんな仮定から導かれたのか知らないのか?
光行差はどんな仮定をすればいいかを決めるためのヒントになっただけ。

399 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/24(金) 23:13:27 ID:???
> アインシュタイの論文ではドップラー効果や光行差は近似式と書いてあるのに
> 相正たちは厳密な式とうそをいっている。

具体的に例を示せ。できるのならw

> この光行差の式からE=mc^2をアインシュタインは出している

それはずっと後の「初等的証明」の話で、それだけが E=mc^2 の導出ではない。
さらに言えば「初等的証明」は近似ではない。


400 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/26(日) 18:46:15 ID:???
教祖アインシュタイン選集1より

ドップラーの原理と光行差の理論から
“それは座標の原点を含む空間の部分では、十分な度合いの近似で次のような方程式で表わされるとしてよい。”(近似1回め)

“もし観測者が、振動数νの無限に遠い光源に相対速度vで、”(無限に遠い光源???近似2回め)

V=−Cのとき、V’=∞であることがわかる。(V’=∞ ???)

初等的証明から
光行差の法則によれば第1近似でα=v/cである。(近似3回め)

“古典力学のよれば”(相対論の近似が古典論なので近似4回め)

2次の微小量を無視すれば同一である。(近似5回め)



401 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/26(日) 18:54:59 ID:???
相対性理論が嘘か本当かなんて意味がない。
科学はあくまで第一原理の仮説を立てて実際の現象が説明できるか
どうかでその正当性が立証されるだけで、嘘とか本当とかいうものではない。

402 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/26(日) 19:01:51 ID:???
>>400
物理の前に国語と数学から勉強しような

403 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/26(日) 20:25:08 ID:???
ドップラー効果・光行差については、平面波を前提としているというだけのこと。
非相対論的なドップラー効果や光行差でも同じだから、別に改めて言うほどのことでもない。

平面波を前提としない厳密な計算がしたいなら、相対論はそちらも用意している (電磁場の
変換公式) から、それを使えばいい。

「初等的証明」については v はいくら小さくてもかまわないのだから、二次以降の項を無視するのは
「近似」ではない。

はい、おしまい。

404 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/26(日) 21:45:44 ID:???
>>403
よく>>400の文章から、何が言いたいのか分かったな。エロイ。

ただどっちにしろ、別に光行差なんか使わなくて証明可能なんだから、
最初から論点ずれてるのは、相間のいつものパターンだがw

405 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/11/26(日) 21:46:43 ID:???
論点ずれない奴は相対論が間違ってるなんて言い出さないからなw

406 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 19:18:27 ID:KJdNAqu4
原点にコイルをおいて電流を流すと磁場ができる
30万キロメートル離れたコイルにこの磁場によって発生する誘導起電力はV=Φ/t

これを動いている信者が見ると磁束線の数は変わらないからΦ’=Φ
時間がt’=γ(t-v/c^2x)と変わるから誘導起電力はV’=Φ/t’
また、磁場のローレンツ変換はB’=γ(B-vE)となり、コイルの位置での磁束は
Φ’=B’Sとなるので誘導起電力はV’’=Φ’/t’
V’ ≠V’’だからこの現象を相対論では説明できない、よって相対論はマチガイ



407 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 19:42:51 ID:???
>>406
>30万キロメートル離れたコイル
わざわざそんなに離す意味がわからない

>動いている信者が見ると磁束線の数は変わらない
>...
>磁場のローレンツ変換はB’=γ(B-vE)
矛盾したこと書いてるのわかってる?


408 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 19:46:02 ID:KJdNAqu4
アハラノフボーム効果は物質波の位相差がπのときに干渉パターンが観測される
Δθ=(e/h)∫Ads=(e/h)・Φ=π

一方これを動いている信者が見るとベクトルポテンシャルがA’=γ(A-v/c^2φ)で
位相差は Δθ’=(e/h)∫A’ds’=(e/h)∫γ(A-v/c^2φ)ds’ ≠πとなって、
干渉パターンができない
2つの系で同じ現象が起こらないから相対性原理が成り立たないので相対論はウソ

電磁波のローレンツ変換はあっても物質波のローレンツ変換はないので
AB効果を特殊相対論から説明できない、よって特殊相対論は大嘘

409 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 20:01:16 ID:???
>電磁波のローレンツ変換はあっても物質波のローレンツ変換はないので

もはや日本語になっていない。

410 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 20:12:03 ID:???
>>406>>408
それは、相対性理論の問題ではなくて、マクスウェル電磁気学の問題だな。
マクスウェル電磁気学が完成した頃から指摘されている古い矛盾だ。

実は元々のマクスウェル方程式は厳密にはローレンツ共変ではなかった。
相対性理論を適用してマクスウェル方程式を修正し、厳密にローレンツ共変と
なるようにした「相対論的電磁気学」の成立により、この矛盾は解消された。

詳しいことは「相対論的電磁気学」でググるといいだろう。

411 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 21:04:25 ID:???
無駄だよ。
相対論が間違いなんだという信仰を持った相間に何を言っても、相対論が
間違いだという自分の信仰に合うようにしか見えないだろうよw

学問体系としての電磁気学の未解決問題も確かにある。例えば、点電荷に
Maxwellの理論を適用すると、自分自身の電磁界で独りでに暴走するという
解が得られる。だからといって、電磁気学が大嘘と言い出すバカはいない。
・・・相間以外にはw

412 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 22:48:39 ID:KJdNAqu4
>矛盾したこと書いてるのわかってる?
矛盾しているからいってるんだ

>もはや日本語になっていない。
物質波は相対運動でどうなるんだ?

>電磁気学が大嘘と言い出すバカはいない。
【アンタ】【バカぁ?】
相対論は相対性原理や光速不変の原理からできているから
その原理に反することがあれば間違っているといっていいんだよ
それに対してMaxwellの理論は現象を説明するための式だから
Maxwellの理論に反することがあってもいいんだよ




413 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 23:25:24 ID:???
>>412
結果の方に矛盾が出てくる、という話ならともかく、
前提の方に矛盾を入れてるのが問題。
一方で「磁束線の数は変わらない」と言いつつ
一方で「磁場のローレンツ変換はB’=γ(B-vE)となり」としてる。

414 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 23:26:14 ID:???
ここの人たちに物理を位置から教えて欲しい。
いつもどのスレにいるんですか?

415 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 23:34:45 ID:???
>>410
>実は元々のマクスウェル方程式は厳密にはローレンツ共変ではなかった。
え? 単に共変形で書かれていなかったと言いたいだけならわかるけど...
相対論を適用するときMaxwell方程式は全く修正していないよ


416 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 23:39:55 ID:???
>>415
元のにはローレンツ因子が入ってなかった。
項が新たに出てきたわけじゃないから修正は小さいけど。

417 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/09(土) 23:58:35 ID:???
>>408
>アハラノフボーム効果は物質波の位相差がπのときに干渉パターンが観測される
何で位相差がπ限定なんだよ。位相差がいくつだろうが干渉パターンは出る。
磁場を変化させたとき位相差が変化して干渉パターンが動く。これがAB効果。



418 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 00:05:34 ID:???
>>416
ローレンツ因子って?
普通はγ=1/√(1-(v/c)^2)をさすけど、ここでは関係ないし


419 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 01:27:47 ID:???
>>418
ん?座標変換に対する変換性は理論には含めない立場?

電荷密度と電流密度がガリレイ変換に従って変換されると考えて
マクスウェル方程式の変換性を導くと、
ローレンツ変換から>>418のγを省いた式が出てくるはず。

420 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 01:59:18 ID:???
>>412
>物質波は相対運動でどうなるんだ?
前期量子力学は非相対論的だから、相対論とは齟齬を生じる。
ディラックの相対論的量子力学で解決する。

>相対論は相対性原理や光速不変の原理からできているから
>その原理に反することがあれば間違っているといっていいんだよ
>それに対してMaxwellの理論は現象を説明するための式だから
>Maxwellの理論に反することがあってもいいんだよ
まあ、概ねその通りだな。
で、結局、光速不変の原理に反することは存在せず、
Maxwell方程式に僅かな修正を行うことによって、
問題は解決したわけだが、何か?
まさか、「反することがあってもいい」筈のMaxwell方程式を
絶対視して、光速不変の原理を否定しようなんていう間抜けな
ことを言い出すんじゃなかろうね?

421 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 03:02:08 ID:???
>>419
あのーたとえばディラック方程式のどこにローレンツ因子が?

422 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 03:04:49 ID:???
ああっ、ごめん
421は取り消す

423 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 06:28:13 ID:???
>>419
>電荷密度と電流密度がガリレイ変換に従って変換されると考えて
>マクスウェル方程式の変換性を導くと、
>ローレンツ変換から>>418のγを省いた式が出てくるはず。
それは単にMaxwell方程式はガリレイ共変ではない、と表現するのでは?
>>410のように「ローレンツ共変ではない」と表現しちゃ変だよ


424 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 06:30:22 ID:???
>>420
>Maxwell方程式に僅かな修正を行うことによって
だからMaxwell方程式はミジンコも修正してないってば

425 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 12:15:35 ID:???
>>424
Maxwell方程式の相対論的書き換えのことを言ってるんジャマイカ?

 E’=γE+(1−γ)v(v・E)/|v|^2+γ(v×B)
 B’=γB+(1−γ)v(v・B)/|v|^2−γ(v×E)/c^2

426 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 12:33:18 ID:???
>>425
それは書き換えじゃないってこと

427 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 13:17:36 ID:???
>【アンタ】【バカぁ?】
人の話の前提を勝手に書き換えて、自分の都合の良いように変えてしまう
のが相間クオリティって事でFA

428 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 13:27:03 ID:???
静磁場のベクトルポテンシャルは
Q(t)を演算子としてA(x,t)=Q(t)・e^-ikx
この式に座標変換の式を代入すると
A(x,t)=Q(γ(t'-v/c・x')・e^-ikγ(x'-ct')
Q(t)は演算子だから この式が
A(x',t')=Q'(t')・e^-ik'x'の形になるとは限らない
よって2つの系で同じ形式にあらわせないので
相対性原理は成り立っていない



429 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 13:46:33 ID:???
>>420
>ディラックの相対論的量子力学で解決する。

ディラック方程式の最も簡単な解を平面波として
ψ(x,t)=e^-i(kx-ωt)
この式に座標変換すると
ψ(x',t')=e^-i(k'x'-ω't')
この時のスピンは変換前とは同じように説明できない

エネルギーはE^2=(cp)^2+m^2c^4
どちらかの座標系は静止系になるからエネルギーはE^2=m^2c^4
この式からディラック方程式はできない

よって
ディラックの相対論的量子力学で解決しません。



430 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 15:32:34 ID:???
>>428 >>429
実に浅薄な間違いだ。

431 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/10(日) 21:50:47 ID:???
>>425
>>426だな。>>425はMaxwell方程式でさえない。ただのE,Bの座標変換の式


432 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/11(月) 20:24:03 ID:???
>>430
と言いつつテキストに答えがのってないので間違いが指摘できない相正

433 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/11(月) 23:14:09 ID:???
>間違いが指摘できない
そりゃそうだ。間違い云々以前の問題だもんな
出発点から明後日の方向を向いていて訂正のしようがない


434 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/11(月) 23:34:18 ID:???
明後日の方向ならまだしも、池沼としか感じられないw
428-429はマジで書いてるの? 実は、相間の側に立ったかのように見せかけて、
相間をたぶらかす為に、洒落で書いたんじゃ無いかと思えてきたんだが。
・・・要するに、釣りでは?

435 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/12(火) 01:57:40 ID:???
>>431
だから、当初のMaxwell方程式では、E,Bについて>>425
ような座標変換をしてなかった、ということジャマイカ?
ほら、当初のMaxwell方程式では、観測者の速度によって
ローレンツ力が静電気力になったりなんてしなかった訳で。
で、長らくMaxwell電磁気学のパラドックスだったじゃん。
それを解決したのが特殊相対性理論でしょ。

436 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/12(火) 07:00:24 ID:???
>>435
だからそれはE,Bに対する座標変換の修正であって
Maxwell方程式の修正ではないってば



437 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/12(火) 07:19:23 ID:???
>>435
>ローレンツ力が静電気力になったりなんてしなかった訳で
ん? 当初の座標変換がどういう形で書かれてたか知らないけど、
少なくとも>>425の非相対論近似では磁場が電場に変わるよ?

それはともかく、
>Maxwell電磁気学のパラドックス
(Maxwell方程式)+(E,Bのガリレイ変換)=(Maxwell電磁気学)
とするなら、Maxwell電磁気学がパラドックスを抱えていたことは同意するし、
特殊相対論による修正で解決したという主張も正しい。

しかし特殊相対論による修正とはガリレイ変換をローレンツ変換に
置き換えることであってMaxwell方程式は何も修正していない。

しかし繰り返し、Maxwell方程式が修正された、だの、Maxwell方程式は
ローレンツ共変でなかった、だのと主張するので、それは違うだろ、と
言っている

438 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/29(金) 19:43:47 ID:???
ベクトルポテンシャルをAx=sin(kx-ωt),Ay=0,Az=0
スカラーポテンシャルをφ=sin(kx-ωt)とおくと
電磁波はローレンツ共変形になるがこの波は横波とは違う.
横波でなくてもローレンツ共変になり、
時間の遅れも、長さの伸び縮みもドップラー効果も説明できる

だから光速不変の原理からなんて大嘘

439 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/29(金) 20:26:07 ID:???
おまい何をトチ狂ってるんだw
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sci/1166689959/l50
こっちで虐められたから、違うスレで同じ事やろうってのか?w

440 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/29(金) 21:17:38 ID:???
どこで虐められたのだろう
反証なんていくらでもあるし
A、φをかってにつくれば横波でなくても
ローレンツ変換ができるから大嘘ってこと

>>437
>とするなら、Maxwell電磁気学がパラドックスを抱えていたことは同意するし、
>特殊相対論による修正で解決したという主張も正しい。

解決方法がローレンツ条件とゲージ変換で
これは好き変えられるから、ここを無視すればうそがばれる









441 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/29(金) 23:14:28 ID:???
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sci/1166689959/l50
においてなされた指摘を転載します。

233 :ご冗談でしょう?名無しさん :2006/12/28(木) 15:34:08 ID:???
  >>203
  >今、話題にしてる知識で『相対論が間違いだ』と言ってる。
  おまいさんはある系で適当なゲージをとればその系でAが横波になる、
  としか言ってないと思うのだが、どのあたりが『相対論が間違いだ』と
  言ってるの?

253 :ご冗談でしょう?名無しさん :2006/12/28(木) 20:56:01 ID:???
  >>252
  何をどうするために必要ないと言うんだ?
  省略しすぎで伝わってない。

254 :ご冗談でしょう?名無しさん :2006/12/28(木) 21:00:10 ID:???
  >>252
  ある系だけでの話であれば、ローレンツ変換がいらないのはあたりまえ。
  ガリレイ変換もいらない。それが何か? それのどこが
  >今、話題にしてる知識で『相対論が間違いだ』と言ってる。
  ことになるわけ?

  ついでに言えば、ゲージをどうとろうが真空中の光は横波。
  ゲージ変換さえ不要。おまいが何を示したいのかさっぱりわからん。

442 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/29(金) 23:15:02 ID:???
>>438
電磁波が横波かどうかはE,Bとkの垂直性で定義されるもので
Aが横波かどうかで判断されるものではないと
何度ループさせれば気が済むのか

443 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/12/29(金) 23:16:03 ID:???
259 :ご冗談でしょう?名無しさん :2006/12/28(木) 21:17:56 ID:???
  >>257
  ある系だけでの話であれば、と断ってるのに何で座標変換の話が出るのか
  さっぱりわからん。

  逆に、ある系から別の系に移ったらどうなるかを論じたいのであれば
  ローレンツ変換は必須であって、おまいの主張と整合しない。

  よーするにおまいが何を前提に何を主張したいのかさっぱりわからん、
  と言いたい。

  >オレが前に挙げた式が座標変換すると成立しないって言いたいのか?
  前に挙げた式がどれを指すのかよくわからんが、
  正しく座標変換してるなら成立するだろうな。

260 :ご冗談でしょう?名無しさん :2006/12/28(木) 21:22:19 ID:???
  >>258
  >なんでガリレイ変換でダメと思ってる?
  >クーロンゲージの時の話に限定してだぞ?
  ゲージが自由に取れるからといって、ある系でゲージを固定してしまったら、
  別の系に移すときは(φ,A)も座標変換しないとダメだろ。で、そのとき
  ガリレイ変換してたら当然成り立つものも成り立たなくなる。

  別の系に移ってまたゲージを取り直すなどというトンチンカンなことをするなよ

444 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/06(土) 09:11:12 ID:8Jtk3tgy
研究してると、光は遅すぎる、いらいらしてくる。
待ち合わせに遅れてきて、私なりに急いだんだけどって言い訳する女のようだ。

445 :ご冗談でしょう?名無しさん:2007/01/10(水) 00:07:47 ID:???
科学は反証と再試で発展する

157 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)