5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

{教えて}小学生・中学生の理科{教え方}

1 :Nanashi_et_al.:2006/12/15(金) 21:33:45
小学生・中学生の理科を「教えて下さい」
小学生・中学生の理科の「教え方を教えて下さい」

生徒さんも先生も、みんなで一緒に考えましょう♪

2 :Nanashi_et_al.:2006/12/15(金) 22:01:58
ググレ

終了

3 :Nanashi_et_al.:2006/12/20(水) 22:04:34
中学生・理科の「音」について質問があります。

例えばピアノの構造のように、弦(ひも)が
・長い→音は低い
・短い→音は高い
また、仮に弦(ひも)が同じ長さだった場合、
・太い→音は低い
・細い→音は高い
というのは分かりました。
…でも。
なぜ「長い→音は低い」のか、なぜ「細い→音は高い」のか、といった音の高低の理由や原因の部分が分かりません……。

それから。

「弦(ひも)の"長さ"によって音の高低が変わる」こと自体はピアノとか楽器を想像すると何となく分かりました。
ですが、「弦(ひも)の"太さ"によって音の高低が変わる」ことを簡単に確かめる方法・道具はありますか?
どれか一つでも良いので教えて下さい!!

4 :Nanashi_et_al.:2006/12/20(水) 22:19:25
理科は苦手なので放置気味

5 :Nanashi_et_al.:2006/12/20(水) 23:22:26
「細い→音は高い」

音の高さは振動数(一秒間あたりの弦の振れる回数)によって決まるお。振動数(ヘルツ)が大きければ高い音、小さければ低い音になるのでつね。細くなると軽くなるお、軽いと動きが速くなるお。後は自分で考えてみるのだお( ´ω`)

なお、この事は、同じ材質の同じ状態(主に密度が)のものであれば、という前提の下でのみ成り立ちます。またスレタイに沿って厳密なことは抜きにしています。

6 :Nanashi_et_al.:2006/12/23(土) 16:45:32
簡単なようで難しいと感じてしまった……。
「水蒸気」って、一体ナニ??
具体的に何て、どうやって説明したらイイの?

7 :Nanashi_et_al.:2006/12/23(土) 17:03:55
水の気体。

8 :Nanashi_et_al.:2006/12/24(日) 10:18:09
水蒸気は>>7が言ったように水が気体化したもの。
まず>>6は水蒸気と空気の区別が付いてないように思われ。
では水蒸気と空気はどうすれば見分けられるのか。
簡単な方法は空気を集めた袋と水蒸気を集めた袋を冷やしてみること。
水蒸気はナベを沸騰させてその上で袋を構えてりゃすぐ集まる。

水蒸気を集めた袋は冷やせば多くの水が出てくるが
空気は冷やしても(ほとんど)水は出てこない。
「わからない」と感じたらとりあえず実験してみることが大事だな。

9 :Nanashi_et_al.:2006/12/24(日) 22:05:45
水の気体って言うとわかりにくい気がする。
気体状態のH2Oの方がいいんじゃないか?

10 :Nanashi_et_al.:2006/12/24(日) 22:38:54
>>9

 こ の ス レ は 中 学 生 向 け だ 

11 :Nanashi_et_al.:2006/12/25(月) 11:15:07
いや、自分が中学生以下レベルなのに、
中学生に教える立場だと思い込んでる親
向けのスレ

12 :Nanashi_et_al.:2006/12/25(月) 17:16:48
弦の振動数の高低は
弦の長さ、長さ当たりの重さ、張る強さ、弦の固さ、で決まる。
n倍音は省略。

基本:重い物は動かしにくい
1)同じ力でひっぱる時、重い物はゆっくり、軽い物は速く動く→時間当たりの振動数低い
2)長い弦は重く短い弦は軽い→(1
3)引っ張る力が強い→速く動く→振動数高い
4)弦が固い→伸ばしにくい(力が要る)→同じ力なら延び少ない→振幅小さい→振動速い

あーダイナミックなパラメータ変化は方程式使わな面倒だ。
強く弾いても弱く弾いても音程が変わらない説明が出来てないし。
高校でやるから中学生はホットケ


13 :Nanashi_et_al.:2006/12/30(土) 11:04:51
「理科嫌い」の原因って、何だと思う?

14 :Nanashi_et_al.:2006/12/30(土) 11:11:49
>>13
不死身のN依や宇宙人レオ等の著名な科学者のマズイ言動の数々が少なからず影響していると思う。

15 :Nanashi_et_al.:2006/12/30(土) 15:15:54
理科嫌いな人が理科教えてるから。

16 :Nanashi_et_al.:2006/12/30(土) 19:08:17
「理科は実験とかあって楽しそう」
ってイメージがあるだろ?
そのイメージをぶち壊されるから嫌いになるんだと思う。

実験よりも計算とか論理の学習を先にやるわけだから、実験をやる頃には皆理科嫌いになっちゃってる。
生物なんかでは実験をやらない風潮にあるみたいだし。

17 :Nanashi_et_al.:2006/12/30(土) 21:04:59
>>13>>15
現役理科教諭ですが、理科嫌いも含まれるけど「理科苦手」って
感じの小学校教諭の影響が大きいと思う。どう?
理科苦手教諭って理科室の使用頻度も低いし、児童の実験機会を
少なくしているよ。
一概に言えないだろうが、教育学部の小学校教諭の養成方法に
問題があると感じてます。理科実験を楽しくやってるのだろうか…。

18 :Nanashi_et_al.:2007/01/03(水) 01:20:59
小学校教師は全教科教えるっていうのをいい加減あきらめれ、と思う。
あるいは6・3・3制をやめる。
5年6年は中学にする。
高校以降も変えるべきだと思うがここでは省略。

19 :Nanashi_et_al.:2007/01/03(水) 01:47:46
小学校が教科担任制になっていない原因って何なのだろう
私は小2の2学期から教科担任の授業を受けたのだが・・
ただ、第2次ベビーブーム世代で児童数が多く(全校で1500人くらいはいた)
教師数も多かったからできただけ、なもかもしれない

20 :Nanashi_et_al.:2007/01/03(水) 12:14:14
実験が楽しいのは分かる。でも、先に原理を教えてから、それを確かめるために実験をしないと、実験が大好きな擬似科学者みたいになるんじゃない?。歪んだ科学哲学を面白く教えるよりも、正しい科学を教えて、理科は面白くないって思われた方がいいと思う。

21 :Nanashi_et_al.:2007/01/03(水) 22:22:20
こんなスレがあったのですね。
今日、光について小3の子に教えていたのですが、
白は光を全部反射するから、白、
黒は光を全部吸収するから、黒、
と教えていて、自分でよくわからなくなりました。
黒い光は吸収された後、どうなるのでしょうか?

22 :Nanashi_et_al.:2007/01/03(水) 23:18:26
熱になる(黒い物体が温かくなる)

23 :Nanashi_et_al.:2007/01/04(木) 22:19:41
>>22
ありがとうございます。
といっても、よくわからないのでちょっと勉強してみます。

24 :Nanashi_et_al.:2007/01/05(金) 00:57:48
>>23
大雑把な言い方ですが、白は全ての光を反射し、黒は全ての光を吸収してしまいます。
目に見える光はいろんな色を含んでいて、全部混ぜると白になります。
絵の具だと全部混ぜると黒っぽくなってしまいますが。

一方、光というのは、目に見える光以外に、目に見えない光も含んでいます。
紫外線とか赤外線は目に見えない光なのですが、この赤外線(遠赤外線)
という光は物を暖めるという性質が強いです。

白だと、この赤外線も反射してしまい、黒だと吸収します。
同じ系統の色でも、濃いほうが反射光が少ないので、濃い方が暖まり易いのです。

25 :Nanashi_et_al.:2007/01/06(土) 21:37:46
>>24
ありがとうございます。
吸収した光が熱になる過程は、吸収した物質の分子が動くと考えて良いのですよね?

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)