5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

時空操作(タイムマシン)と社会秩序混乱

1 :時空秩序を考える:2006/07/30(日) 20:16:02
カリフォルニア工科大学のキップ・ソーンらは、時空の異なる2点を結ぶトンネル
であるワームホールを利用する時空操作技術に関する学術論文を発表している。
最近、この技術が社会で急速に普及し始めている兆候が確認でき、今のままならば
当該技術を地下で使った者達のみが不正な利益をあげる事になりかねず、
株式市場秩序、知的財産権市場秩序双方が破壊的なダメージを受けかねない。
この点に関する国民論議が求められる。この時空操作技術をこれ以上機密にすべきではないのではないだろうか。

@知的財産秩序破壊(乾式メタン発酵、FT合成軽油、第二水俣病等に関する発明強奪等→研究者の意欲低下)
A歴史資料捏造(管江真澄、宮沢賢治、小林多喜二等→歴史捏造による地域モラル破壊)
B歴史そのものへの軍事介入(時空操作機能を持つイージス艦の戦国時代投入等→現代人子孫の大量死)
C現代社会における虐殺事件等(行政機関の予算確保のための治安の意図的な悪化→多大な殺害犠牲者)
D旧厚生省等による医薬人体実験(イタイイタイ病の副作用薬害等→イタイイタイ病カドミ原因説の捏造)
E現代マスコミによる記事操作等(大新聞、週刊誌、テレビ等で日常化→マスコミ虚報による信頼破壊)



2 :時空秩序を考える:2006/07/30(日) 20:16:41
基本的な原理

2つのワームホールを利用した時間旅行カリフォルニア工科大学のキップ・ソーンは、
時空の異なる2点を結ぶトンネルであるワームホールを利用するタイムマシンの仮説を
発表している。

この仮説の原理は、片方の穴を光速に近い速度で移動させると相対性理論により
時間の進行が静止している穴よりも遅延する現象を利用するものである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3


3 :時空秩序を考える:2006/07/30(日) 20:17:13
キップ・ソーン(Kip Stephen Thorne、1940年6月1日 - )はアメリカ合衆国の理論物理学者である。
ジョン・ホイーラーの弟子で重力の理論や、相対論的宇宙論の分野に貢献した。

重力理論、ブラックホール、宇宙論の歴史と理論を解説した一般向けの著書
『ブラックホールと時空の歪み―アインシュタインのとんでもない遺産』
(原題:Black Holes and Time Warps: Einstein's Outrageous Legacy)
によって有名になった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%B3


160 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★