5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

貴様等の中で「子供の科学」読んでたヤツ出て来い

1 :逝文堂新光社:04/09/12 10:25:55
こないだ、本屋へ行った。
「あ、この雑誌、まだあったんだ!」
ガキの頃、巻末の紙飛行機作ったな…
科学教材社の広告をヨダレ垂らしながら見ていた…
厨房の頃、学校図書館の雑誌コーナーにおいてあったけど、
超体育会系の厨学校だったから、読んでたのはオレ一人だった…
おまいらにもそんな経験の一つや二つあるべ
書け

2 :Nanashi_et_al.:04/09/12 11:30:48
3

3 :Nanashi_et_al.:04/09/12 12:04:46
4

4 :Nanashi_et_al.:04/09/12 15:26:45
今年で創刊80周年らしいね

5 :Nanashi_et_al.:04/09/12 15:31:18
あれって厨学生向けじゃないだろ

6 :東工大生:04/09/12 18:24:19
ガキの頃読んでた
それみて電子工作したり
なんとかアイディアコンテストに応募したら掲載された

先日本屋で数年ぶりに見た
なつかしいな

7 :Nanashi_et_al.:04/09/12 20:52:57
写真コンテスト、送るたびに賞もらった。
フィルムとアルバムありがとう。

8 :Nanashi_et_al.:04/09/13 22:19:23
あげ

9 :Nanashi_et_al.:04/09/14 02:55:29
関連スレ
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/denki/1072276297/l50

10 :Nanashi_et_al.:04/09/17 18:39:07
今月号で創刊80周年記念ですよ、漏れは20数年ぶりに買いました。
競技用紙飛行機の型紙がづっと続いていたことに懐かしさと驚きを
覚えた。

11 :Nanashi_et_al.:04/09/17 18:44:47
age忘れた。
子科、今月は日本のものづくりについて。
来月号も創刊80周年特集。

12 :Nanashi_et_al.:04/09/17 18:45:54
小学校高学年の頃読んでいた。
あのころに戻りたい

13 :Nanashi_et_al.:04/09/18 23:13:27
出版社のHP、雑誌のトップは子供の科学なんだな
ttp://www.seibundo.net/

14 :Nanashi_et_al.:04/09/19 04:05:34
科学教材社はここに
http://www.kagakukyozaisha.co.jp/

15 :Nanashi_et_al.:04/09/22 02:25:32
>>14
そうそう科学教材社、昔と変わらず今現在も子科に広告出してるよな

16 :Nanashi_et_al.:04/09/23 00:39:04
子科…懐かしい略称だ。忘れていたよ。

17 :Nanashi_et_al.:04/09/23 01:08:41
読んだ事無いな、つーか親父のNewton読んでた。

18 :Nanashi_et_al.:04/09/23 08:59:08
うん。俺もそうだった>>17

19 :Nanashi_et_al.:04/09/23 14:48:11
「子供の科学」、学研の「科学」、あぼーんされた「コペル21」…
一番読者が多かったのはどれなんだろう?

20 :Nanashi_et_al.:04/09/27 02:31:49
現在も発行されている?「科学」か
同じく今年で80周年まだまだ普通に本屋で買える
「子科」のどっちかでないか?通算の読者数であれば。

最近、子供達の理科離れが時々話題になるけど、
子供向け科学雑誌や漫画に恵まれていた世代は
幸せだったのかも。

自然の事柄について「なぜ、」とか「おもしろい」という
感情を沸き立たせてくれたなあ。

今の楽しいことは
ゲームやネットやアニメだろうけど、もう一歩すすんで
何でテレビは映るのだろうとか単純でいいから
好奇心を育てて欲しい、
といっても電気があるからとかスイッチ押したから
ぐらいの部分で興味失せるのかなあ。

21 :Nanashi_et_al.:04/09/27 20:23:22
工房ですが小中学生のとき読んでました。
ペットボトルロケットを作ったり、紙飛行機作ったりして充実してたなあ。
んで、巻末の広告に乗っていた電子工作キットを見て、実際に製作。おお、面白いじゃないか!
それで工学に目覚めて、今はトランジスタ技術を購読中。
夢は回路設計者!

22 :Nanashi_et_al.:04/09/29 17:48:07
厨房の頃UTAN読んでましたが、何か?

23 :Nanashi_et_al.:04/09/29 18:02:50
>厨房の頃UTAN読んでましたが、何か?

それ、あんまり人に言わないほうがいいぞ。

24 :Nanashi_et_al.:04/09/29 18:06:39
ねーよ。氏ね。

25 :Nanashi_et_al.:04/10/03 12:58:01
>>23
な、なーに、どうせ言ったって誰もわかりゃしないさ・・・・・・多分。

26 :Nanashi_et_al.:04/10/11 19:21:33
ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
宇宙ヤバイ。
まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。
広いとかっても
「東京ドーム20個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何?fとかを超越してる。無限だし超広い。
しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。
だって普通は地球とか膨張しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。
通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、三年のときは自転車で二時間とか泣くっしょ。
だから地球とか膨張しない。話のわかるヤツだ。
けど宇宙はヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。
無限っていたけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると
「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと−272℃。ヤバイ。寒すぎ。バナナで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。
それに超何も無い。超ガラガラ。それに超のんびり。億年とか平気で出てくる。億年て。小学生でも言わねぇよ、最近。
なんつっても宇宙は馬力が凄い。無限とか平気だし。
うちらなんて無限とかたかだか積分計算で出てきただけで上手く扱えないから有限にしたり、fと置いてみたり、演算子使ったりするのに、
宇宙は全然平気。無限を無限のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、宇宙のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ宇宙に出て行ったハッブルとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。


27 :Nanashi_et_al.:04/10/14 13:49:25
また古いコピペを・・・

28 :Nanashi_et_al.:2005/05/25(水) 17:50:04
あげ

29 :Nanashi_et_al.:2005/05/27(金) 00:17:26
コカ、よんどったぞ。

30 :Nanashi_et_al.:2005/06/06(月) 01:50:57
今、子供に買い与えると言う名目で、超ひさーしぶりに定期購読しています。
でも、1年生ではまだ面白みがわかんないので
暫くは父ちゃんが独占します。

31 :ハタハタ:2005/08/15(月) 02:01:33
なるほど。よか親父さんじゃ。儂も子科、買うとるよ。

32 :Nanashi_et_al.:2005/08/15(月) 02:15:01
電子工作楽しみだったな−。今もあるの?
当時はそのページだけ切りとってファイルしてたよ。




33 :ハタハタ:2005/08/15(月) 02:33:09
あるよ。この本、DIY板の人も読んでそう。

34 :Nanashi_et_al.:2005/08/15(月) 02:40:29
>>22
お前のオナネタ雑誌か...

35 :Nanashi_et_al.:2005/08/15(月) 23:47:42
工務店とか鉄工所の子供が羨ましいかったなー。

36 :Nanashi_et_al.:2005/08/16(火) 02:21:10
こどものとき、作文が採用されて載ったことがある。

37 :Nanashi_et_al.:2005/08/16(火) 13:37:23
工作の時間にハンダでメタルスライムとか骸骨
作って先生に怒鳴らてたヤツがいたが、ありゃ傑作だった。笑

38 :Nanashi_et_al.:2005/08/16(火) 16:20:00
【サッチャンのレス】
このレスを見た方は3日以内にサッチャンに異世界へ引きずり込まれます。
サッチャンの特徴は口が裂けていて内蔵が全て飛び出した女の子です。
死にたくない方は3日以内にこのコピペを10個別のスレッドに書き込んでください。僕の友達のY・T君もサッチャンに殺されました。

39 :Nanashi_et_al.:2005/08/18(木) 02:19:58
子供の科学…懐かしいな。紙ヒコーキ飛ばして遊んでたっけ。
俺も消防高学年の頃から工房の頃まで読んでた。定期購読で。
今はNewtonとNationalGeographicなんかを読んでる。大学付属図書館でw
そんな俺も現在大学4回。京都大学大学院に内定貰えた。

てか、英語の問題に昔のNewtonか子科か学研の科学かで読んだ
ニュートンの反射式望遠鏡の事がそのまんま出てた。
ホント、ラッキーだった。

40 :Nanashi_et_al.:2005/08/18(木) 23:57:44
この本、理科の教科書よりレベルが高いような。

41 :Nanashi_et_al.:2005/08/29(月) 00:32:07
最近は、無線の特集が多いのう。無線板
の住民も読んどるのじゃろうか。

42 :Nanashi_et_al.:2005/08/29(月) 03:29:18
>>18
うちはナショナル・ジオグラフィックみたいなの。

43 :Nanashi_et_al.:2005/08/30(火) 21:16:40

「誠文堂新光社」って 水戸黄門役の西村晃太郎のお父さんが
  作ったていうのは知っていましたか?

44 :Nanashi_et_al.:2005/08/30(火) 23:31:56
マジ?いや驚いた。たしか帝都物語で学天則というロボット
を作ってた老博士は西村晃氏の父親がモデルと聞いた事があるけど。
演じてたのも西村晃でした。

45 :Nanashi_et_al.:2005/09/03(土) 21:07:37
加藤保憲と対決して一瞬でやられてたなw


しかし西村真琴という人、本業は植物学者だったんだな。
昔の人は何でもできたんだねぇ。

いまピペットマンの操作をしているかなりの人間は
半田ごても録に使えないからな。漏れもだけど。

46 :Nanashi_et_al.:2005/10/15(土) 19:51:47
いまだにアマチュア無線の記事が載っているあたり、世間とずれているなw

47 :Nanashi_et_al.:2005/10/16(日) 17:00:00
子科読んでたよー!
つーか、母親が読むためにいまだに定期講読してて俺もパラパラ読んでる。
定期講読17年だ!

最近は研究者の顔がわかる記事があっていいね。
子科のせいにするつもりは無いけど、内容には興味があっても、それをやったのは
誰かということに興味が無いのが俺の欠点なんだ。
そういう人が減ればいいなと思う。

今月号には
「接近中の火星を楽しむなら…天体望遠鏡を買おう!」
という記事がある。
その本文の冒頭には「望遠鏡は倍率が高いほどエライ…って思っていませんか?」
とあって、倍率・焦点距離・口径・F値の関係とそれらが使用時の影響、屈折式と
反射式、色収差、経緯台と赤道儀なんかの説明がイラストつきで載ってる。
そして紹介されている望遠鏡の値段は、49350円、199500円、276150円。
裏表紙にはビクセンの広告(俺の頃はタカハシだったなぁ)。
実際に買えないとしても(俺はそうだった)、倍率が強調された学研の科学の
ちゃちな付録でちょっと遊んで飽きるよりはるかに有益だと思う。


あいかわらずな学研の科学

「倍率は18倍!月も観察できる!」
http://shop.gakken.co.jp/kg/kagaku/4g.html


48 :Nanashi_et_al.:2005/10/16(日) 23:09:16
ああ、夜空に赤い星がよく見えるなあと思ったら火星か。

49 :Nanashi_et_al.:2005/10/17(月) 02:39:32
>>7
毎回C賞、1回だけB賞だった。

けっさく写真、発明と工夫、クロスワード、読者の声、科学の質問箱、
当時あった全コーナーに名前が載った。
あまりにも簡単に載るので、読者いるのか?と厨房ながら心配した。(w

50 :Nanashi_et_al.:2005/10/18(火) 01:07:27
Q&Aコーナーの質問している子供の問いに答えられる大人がどれだけいるのやら。
正直、儂は自信が無し。

51 :Nanashi_et_al.:2005/10/26(水) 01:34:24
理科と工作を足した本ですね。
内容はすごく面白いけど
今時の子は工作ってあまりしないのかな。

52 :Nanashi_et_al.:2005/10/26(水) 10:58:01
>>51
写真もあるな。科学的な題材の写真が載りやすい気はするけど。
カメラってのは面白い機械なんだよな。

昔は推理小説もあった。
あれだけは全然読まなかった。

53 :Nanashi_et_al.:2005/10/29(土) 13:17:25
何気なし取った写真を送ったら、いつもフィルムやアルバムもらったなぁ
一回写真掲載されたこともある。科学の質問箱(確かこんな名前)にも
何回か乗せてもらった。良心的な雑誌だ

54 :Nanashi_et_al.:2005/10/29(土) 13:18:26
あと子供ながらに、TVゲームソフトの採点は甘すぎだろ
と思ったよ

55 :Nanashi_et_al.:2005/10/30(日) 00:46:43
「けっさく写真」の応募票、律儀に見本のサイズを正確に書き写してたが、
「写真の説明」の欄が小さくて大変だった。(笑)


学校に持ってきていたのだが、体育祭のチーム名か何かを決めるとき、まわりの奴に
「誠文堂新光社」と「科学教材社」というのを侯補にされてしまった。
なんか、カッコよく見えたらしい。
正直、やめてくれよと思ったが、その名前を一番気に入ってくれたのが当時好きだった子で、
ちょっと複雑な気持ちだった。

結局採用されずホッとした。

56 :Nanashi_et_al.:2005/10/31(月) 01:10:22
この本は、分野が偏ってないトコが良いです。
また大人が読んでも十分に読み応えがあると思う。
あと、大人の工作読本という同社が販売している
工作本も面白いですよ。

57 :Nanashi_et_al.:2005/10/31(月) 23:00:09
藻前らのなかで『コペル21』読んでたやついない?

58 :Nanashi_et_al.:2005/11/01(火) 01:42:24
懐かしい〜
コぺルは創刊からラストまでずっと読んでたよ。

59 :Nanashi_et_al.:2005/11/01(火) 02:27:47
公文出版のやつだっけ?>コペル21

60 :Nanashi_et_al.:2005/11/01(火) 19:12:23
公文の道楽。
購読すると走るカニとかくれてたなw

61 :Nanashi_et_al.:2005/11/02(水) 16:26:47
読んでたけど…
スレタイ見ると、なんか怒られるのかなーと…(ビクビク

62 :Nanashi_et_al.:2005/11/02(水) 21:28:57
いや別に怒らんだろ。

63 :Nanashi_et_al.:2005/11/02(水) 23:04:27
藻前らのなかで『Quark』読んでたやついない?

64 :Nanashi_et_al.:2005/11/04(金) 17:59:38
>>63
図書館で見て、派手な雑誌だなぁと思ったような…
ポピュラーサイエンスみたいな感じ?


65 :Nanashi_et_al.:2005/11/05(土) 00:01:20
子供の科学は、地味な本だからね。良い意味でだけど。


66 :Nanashi_et_al.:2005/11/14(月) 00:20:38
今月号は生体認証の特集をしてたな。
誰か詳しいヤシいるかい?

67 :Nanashi_et_al.:2005/11/14(月) 00:45:26
子供の科学って1924年創刊なのか。スゴスギ。

68 :Nanashi_et_al.:2005/11/16(水) 00:33:59
1924年って・・・。
じーさんの方が若い。



69 :Nanashi_et_al.:2005/11/16(水) 01:47:12
そいや創刊60周年でバッヂもらった(歳がバレル)。創刊当時の記事とか紹介されてたな。

戦時中のやつ見てみたいな。
原爆情報なんかも一般人は落とされて初めて知ったのが多かったが、
子科読者には可能性としてとっくに話題になってた様だし。


70 :Nanashi_et_al.:2005/11/16(水) 13:51:40
>>69
戦時中って、休刊して「少年の科学」とかになってたんじゃなかったっけ?


71 :Nanashi_et_al.:2005/11/18(金) 01:06:31
>>69
それ、俺も見た気がする。
記念号の表紙に、昔の子供の科学の表紙が載ってなかった?
「學科の供子」ってなってて、子供心に不思議だった記憶が。

72 :Nanashi_et_al.:2005/11/18(金) 09:47:40
70周年の時は、昔の記事を紹介した1ページくらいの連載が1年くらいあった気がする。

創刊号は月をバックに男の子が笛を吹いてる絵だっけ?

73 :Nanashi_et_al.:2005/11/19(土) 00:08:55
>>72
そうそう。笛吹いてた気がする。
なおかつ、なんか青っぽい絵柄だった気がする。

74 :Nanashi_et_al.:2005/11/20(日) 22:00:17
創刊号
http://hps.sci.hokudai.ac.jp/hsci/hokudai/1924a.htm

しかし、昔からタイトルロゴは変わってないね。
旧字体から新字体になったくらい。
賞品が送られてくるときなんかについている手紙の本文中でも
しっかりあの字体で「子供の科学」と書かれていた。
ずっと変えないで欲しいな。

俺にとっての子供の科学は、赤い背景に白い文字なのだけど、
子科の長い歴史から見ればほんの一時期だったんだろうね。

75 :Nanashi_et_al.:2005/11/20(日) 23:05:37
 自分とかけ離れた分野の事の内容だったり
したら知らなかった事ってないすか?
2速歩行ロボットに取り付けてあるサーボ
のデータ入力とか。そんなデータどこから
録ってきたんだよう。
今の子供ってスゲ。

76 :Nanashi_et_al.:2005/11/21(月) 23:24:59
懐かしい〜
その後は「初歩のラジオ」とか「ラジオの製作」とか読んでた。
「トランジスタ技術」は広告ばかりで変な雑誌だと思っていた。
「エレクトロニクスライフ」もよく読んでたなぁ。
トラ技以外は廃刊になっちゃたけれど。

77 :Nanashi_et_al.:2005/11/21(月) 23:53:16
学研が大人の科学であからさまに装丁を真似しているのが萎える。
付録おもちゃがメインなんだから大人のおもちゃというタイトルにすればよかったのに。

78 :Nanashi_et_al.:2005/11/24(木) 22:29:14
大人の科学なんぞ読んどる香具師おるんかい?

79 :Nanashi_et_al.:2005/11/25(金) 01:55:15
文系一般人が関心を持てる科学(っぽい物)とはなにか、が分かってとても参考になるぞ。

科学者たる者、文明の一員であろうとするならば啓蒙活動に無関心であってはならん。
大衆のレベルを知る事も重要。

80 :Nanashi_et_al.:2005/11/30(水) 00:18:42
はやぶさの特集組まんのかね?。
右往左往しながらも結構イイトコまで
往ってるし。
だいたい年1回くらい宇宙関連の特集
組んでるみたいだし。


81 :Nanashi_et_al.:2005/12/26(月) 23:56:13
 正月休みに何か作りたいな。
凧でもつくるか、ひさびさに徹夜で
飲みながら星空でも観るか。



82 :Nanashi_et_al.:2006/01/05(木) 02:15:10
そういえば、GoGoミルボの、はやのんが単行本を出してた。
どっかで見た事がある絵だなぁと思ったら某ゲーム雑誌に

出てた。知らんかったなー。

83 :Nanashi_et_al.:2006/01/05(木) 03:23:27
ぼくの家はお金がなかったので、
近所のお兄ちさんからもらった
古い「子供の科学」が一冊あるだけでした.
学研の「かがく」もほしかったけど、
お母さんに「いらないよね」と諭されたら、
どうしてもほしいとは言えませんでした。
ぼくは、研究者として、根性の無い子供でした。

84 :Nanashi_et_al.:2006/01/09(月) 16:33:18
もれは初歩のラジオですた.
結局,電気電子系には逝かず化学やって挫折してIT土方やってます

orz

85 :1:2006/01/21(土) 02:22:38
このスレ、まだあったのか…

86 :Nanashi_et_al.:2006/01/21(土) 15:31:29
>>85
責任とって1000までageなさい

87 :名無死:2006/01/21(土) 19:57:35
小ガッコのとき
ブルーバックスの「もうひとつの宇宙」(平行宇宙論のほん)
読んでたら。電波だと思われた(´・ω・`)
ごめんよ。みんな。
へんなことして。

88 :Nanashi_et_al.:2006/01/21(土) 21:58:45
学研の科学→子供の科学→高専→大学・大学院→アカポスげと

89 :X:2006/03/23(木) 17:12:02
itiou moremo kodomonokagaku yondoru

90 :Nanashi_et_al.:2006/03/29(水) 01:10:05
十数年前は毎月子供の科学買って読んで、
日曜日の午前には青少年科学館に通って、理科や電子工作の実験をして
なんて楽しそうな世界なんだろうと思っていたが

毎日生活のために実験台に向かっているとなんだか虚しくなってくる

91 :Nanashi_et_al.:2006/06/20(火) 06:42:04
わからんでもないな。。

92 :Nanashi_et_al.:2006/07/02(日) 01:29:01
懐かしい、ってか部屋の物品の粛清をしない漏れの部屋にはまだ子科が置いてあるw
たしか毛利さんも読者だったような

93 :Nanashi_et_al.:2006/09/25(月) 05:44:28
ほう

94 :Nanashi_et_al.:2006/09/27(水) 19:00:31
初ラを読んでた俺が来ましたよ

95 :Nanashi_et_al.:2006/09/27(水) 19:08:17
子供の科学は、巻頭の方にあった、三角顔の人のエッセイが面白かったね。
初ラは読んだことはありませんが、何やらヒワイなイメージを持って居ました

96 :Nanashi_et_al.:2006/11/09(木) 17:45:35
小中高卒(子科の存在すら知らない)→1浪目(定期購読開始、今此処)→n浪目(nは2以上の自然数)
→国立K大学工学部物理工学科→同大大学院修士、博士課程卒→オーバードクタをn年間
→地方国立大学の助手に採用される→15年後私立大学助教授に(女っ気の無い生活から、周囲に同性愛者ではないかと囁かれる)
→2年後にある教授の仲介でその娘と結婚。コネで教授に昇格→材料力学の分野で世紀の大発見!おいらの論文、Newtonに載った!
→その研究実績と甘いマスクから、周囲に持て囃され、厭世的な性格のおいらは半隠居生活に陥る
→自主退官後、子科の特別研究員として雇用される→1年後、表紙のモデルの少女に手を出し、契約解除
→実は、おいらは大学の教官だった時代にミステリィ小説で一稼ぎしていたのら。その才能を存分に発揮して、作家生活を送る
→現在の森博嗣の様な生活なのら!
せっかく浪人して時間もあることだし、頭をフルに使って考えてみたよ。これが僕の人生計画なんだ。

もし此処に研究者の方がいらっしゃるなら、何でもいいのでアドバイスが欲しいです><
僕は材料物性の分野で研究者になるんだ!ご飯を食べるのも忘れて研究に没頭するんだ!
その為に、手遅れかも知れないが、今年の四月から子科や科学書を読み始めました。お陰で、受験に於いては捲土重来とはいかないでしょうが…

97 :Nanashi_et_al.:2006/11/09(木) 18:00:31
自分が子供に科学を教えれる手本だといばっている竜二氏の行動について
http://kamihan.at.webry.info/200611/article_2.html

98 :Nanashi_et_al.:2006/12/25(月) 15:29:55
森博嗣いい暮らしだよなあ。
若干オタクっ気があるのがいやだが。

99 :1:2007/01/08(月) 15:49:47
一年ぶりに来たが…
まだあったのか…
とか思ったら、ちょうど同じくらいの頃に、同じようなレスしてたんだな、オレ。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)