5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

農学部のいらない学科・研究室ランキング

1 :農NAME:03/09/03 14:09
★★★★★ あまりにも馬鹿馬鹿しい。私費でもやめろ
★★★★  無駄の極致。税金の投入は許されないぞ
★★★   無駄
★★    本当に役に立つの?
★     今の時代にはいらないんじゃないの?

って具合でいらない学科・研究室のランキングをしましょう。
これは今後大学に進学する中高生や、進路振り分け前の
教養学部生に対して情報を提供することが目的です。

で、まず、
★★★★★ 東京大学農学部国際開発農学専修
ただの寄せ集め。「国際」は名前だけで中身なし。
他の学科に寄生して迷惑がられているだけ。
どうやら教官のポストを増やすために作られたらしい。
卒論がないことを目当てに来る奴も多く、学生の質も低い。
はっきりいって大学の恥。

2 :2:03/09/03 14:19
やったー!
 これから変わるんじゃないかな。国際開発農学

3 :農NAME:03/09/03 17:23
そろそろペテンがばれて潰れるかもね

4 :農NAME:03/09/03 17:26
そうやったんか。
最近の東大って学部や大学院にいろんな制度やコースが増設されているけど、
そんなことやったんか。
あほくさいね。

5 :農NAME:03/09/03 18:26
東大にはほかにもアジア生物資源環境研究センターとかあるけど、
国際開発農学とにたような感じ?

6 :農NAME:03/09/03 18:36
ブラをはずさずに乳首だけ出しての本番です。
よく関西系の裏ビデオで見かけるのですが
撮影者も裏ビデオの見すぎなのでしょうか?
可愛らしい少女の艶かしいオマンコ描写はさすがというよりありません。
騎上位での下からのアングルがいい!
素人援交の無料モロ動画をチェック!
http://66.40.59.73/index.html

7 :農NAME:03/09/03 20:17
>>5
だいたい、アジアなんてつくあたりで怪しいな。
いまさら大東亜共栄圏でもあるまいし(W

8 :農NAME:03/09/03 22:51
 もともと全国の国立大学の任期制を推し進めたのだって、
東大大学院でドクター取った香具師があふれ出したための
措置。地方大学でクビになる助手が出れば、東大生が入り
込めるだろうという発想。
 東大の大学院が大きくなる一方、その就職先が問題化。
そこで、こうした指摘をおそれた文科省が考え出したわざ
だな。

9 :農NAME:03/09/04 00:05
それは怪しいな
だいたい東大の院出たからって特に優秀なわけではあるまい

10 :農NAME:03/09/04 01:22
不要ではないが定数削減、縮小統廃合が望ましい学科
農業土木、無駄な公共事業の温床
森林科学、駅弁では1/3位しか専門を活かさないので1/3でいい
農業経済、森林科学同様、農業政策は法卒でもできる
農学、  普及削減より定数も削減、

で、削減した定数はハイテクなどにまわして国力の回復をはかる
くどいですが、必要ですが定数が多すぎます。

11 :農NAME:03/09/04 01:44
>>5
東大がいまさらアジア農業研究やて?アホちゃいますか?
京大のパチもん研究室作ってなにしてますのん?いややわ。

12 :農NAME:03/09/04 02:17
>>11は女?

13 :農NAME:03/09/04 07:48
>>10
それらの分野の規模見直しには大賛成だが、
その行き先が「ハイテク」という発想はちょっと貧困だね。

「これからはハイテク、いまはハイテク」みたいな言説に
乗せられていたら,二十年後には「いらない学科・研究室」を大量に
抱え込むことになる。日本の理工系学部がやった失敗、いま農学部に
ある問題の多くはそういう付和雷同の結果なんだよ。

バイオはもうすでにそうなってきたよな。

14 :農NAME:03/09/04 14:06
社会の動きに速やかに対応するには大学という象牙の塔だけで
決めるのではなく現場を知っている行政による立案が必要だな
文部省の監督強化が望まれる


15 :農NAME:03/09/04 16:35
>>14
文科省は現場なんかぜんぜん知らないよ。農水も同様。
役所は象牙の塔よりもっと社会の動きとは縁遠いものだぞ。

16 :農NAME:03/09/04 17:03
>>11
「生物資源環境研究」というとアジアの農業研究とは限らないで。
アジアの生物資源環境研究だから、結局農業なんだろうがな。
教官も農学部のよせあつめだろ、どうせ。
やっぱ「農」なんてつく名前だと「時代遅れ」→「いらん」という
ことになってまうから、カッチョよさそうなネーミングしたんやろな。

17 :農NAME:03/09/04 17:07
スレ違いの様相

18 :農NAME:03/09/04 17:14
>>1
★★★★★のラボや学科も必要だろ。
窓際教官や無気力学生の居場所として。
優秀な学生が被害を受けないために前もって情報収集するのは大切だけどね。


19 :農NAME:03/09/04 17:16

そういう連中は土方でもしろよ

20 :農NAME:03/09/04 17:17
>>15
大学よりまし。
役所は農業を監督する立場にあるからね。
林業なんか国営でやってるくらいだし。

21 :農NAME:03/09/04 17:22
>>20
農水(今は独立行政法人っていうの)の研究機関ってどうよ?
3流大学なみの仕事しかしてないのが現実よ。
こっちも★★★★★ばっかりやん。

22 :農NAME:03/09/04 17:27
文科省と農水省からまず解体しなければ農学はよくならんよ。

23 :農NAME:03/09/04 17:41
>>19
それは土方さんに対する差別発言
土方さんの方がよっぽどまじめに働いてるよ
生活かかってるから

24 :農NAME:03/09/04 18:32
>>21
研究は別として、研究員は比較的のびのびやれるから、
まっとうな人間はよりまともに、
ゆがんだ人間はさらにゆがんで人間性が欠落した人間になる。
ある意味恐ろしい。

25 :農NAME:03/09/04 18:54
今更だが環境・国際・情報ってつく学科の胡散臭いこと。

26 :農NAME:03/09/04 19:07
>>24
おれの見方はちょっとちがう。
ほとんどの研究員は自分の仕事を低賃金で
肩代わりさせているパートさんから「大先生」といったふうに
尊敬の目で見られている。自分で努力して成果を出す必要もないので
「のびのび」やっている。研究について研究員たちが討論したり、
議論を白熱させることなどほとんどない。
競争に晒されることもない。
したがって、表向きは社会性のある「立派な人」ということになる。

27 :農NAME:03/09/04 19:23
>>24
ま わ り に ま と も な 人 お ら ん
平 均 的 な 大 学 院 生 以 下
    5 時 に あ ぼ ー ん
研 究 能 力 零
税 金 泥


28 :農NAME:03/09/04 19:50
研究所によってもかなり違うし、その中の部によってもかなり違う。
俺が前いたところは最悪で、ろくな研究もしないで雑用はパートさんに任せて
朝は9時すぎ、3時のお茶の時間はたっぷりおしゃべり、おしゃべり終了
のころにチャイムが鳴ってお先にって感じ。研究費に窮することも
あまりないし、いい仕事ですよ。今いる大学の大変さと比べれば彼らは
税金泥棒そのもの

29 :農NAME:03/09/04 20:15
なんか、話が農学部でなくて農水の方にいってるな。

30 :農NAME:03/09/04 20:25
恐ろしいことに
インパクト・ファクター
コレスポンディング・オーサー
ポスト・ドクター
イン・プレス
などの言葉を知らない
会話が成立しません
当然まともな論文0
他人の仕事にはずうずうしく共著者として登場
自分の分野の国際誌の雑誌名さえ
知ってるのは日本の学会の英文誌のみ
それすら読ま(め)ない
こんなんで30年以上給料もらい続け

31 :農NAME:03/09/04 20:33
お茶飲んで世間話して、ときどき研究のまねごとをやって
どうしようもないデータとって、聞いたこともないような
報告書に「研究成果」として発表する。ふつうのパートさんは
いい加減気づき始めている。
 低レベルだと
 税金泥棒だと
 うちの息子の方が努力していると
 旦那よりも帰るのが早いと
 もうすぐこの研究所が潰れるのではないかと
 

32 :農NAME:03/09/04 20:34
>>23
だから、土方という生産性のある仕事をしろといってるんだよ!
農学部なら体力あるから出来るだろ?

33 :農NAME:03/09/04 20:53
>>19>>32
「土方でも」の「でも」に「土方ならだれにでもやれる」という蔑視が感じられる

34 :農NAME:03/09/04 20:59
研究に疲れて、のんびりしたくなったらまた研究所に行きたいな
それまで残っていればの話だけど

35 :農NAME:03/09/04 21:00
誰でもやれる仕事=卑しい仕事 なのか?
そうでもないだろ
逆に誰でもやれるわけでない仕事=貴い仕事
でもない。
例えば農学部林学科の教官という仕事は誰でも出来るわけでもないが
卑しいだろ

36 :農NAME:03/09/04 21:10
>>35
>33は「土方が卑しい」「だれでもできる仕事=卑しい仕事」とはいっとらんで。
「だれでもやれる」と決めつけていることが問題だといいたいんや。
農学部林学科の教官ははっきりいってだれでもやれる。
大学に来てボーっとしてりゃええんやさかい。
ただ学歴だけは必要やけどね。

37 :農NAME:03/09/04 23:36
>>26
おれっちの知ってる研究室長さんはパートさんに向かって、
「私を先生と呼びなさい!」、ていっている。爆笑!
パートさんだって一人の人間だから、そういう奴の人間性は完璧に読みきってるな。
また、たの研究室長さんは、○○はいい人だといった。なんでかとうと・・・
「私を△△先生と呼ぶ」だって。結局、相手を人と見ていず自分の体裁を整えてくれるから
いい奴だという理屈らしい。この時点で、人を人と見ていず、人間的に欠落している。
50過ぎてこんな人格にはなりたくないと思ったな。



38 :農NAME:03/09/04 23:38

「罪と罰 W 」のゲームが、遂に登場!
トップページ↓
http://gekiya77.jp/cgi/#.2ch.net
本日から、新規登録者に 300 万ゼニーの
ボーナスが支給される様になりました。
新規登録は以下から↓
http://gekiya77.jp/cgi/ore_reg.cgi#.2ch.net

<注>私は管理人ではなく、ただの利用者です。

39 :農NAME:03/09/05 00:22
>>36
いや、そうでもないよ。
例えば統計的処理ができないと論文を出せないからなれない。

農学部林学科の教官が卑しいのはそういう理由ではないんだよね。
社会の役に立たないから卑しんだよ。

>「だれでもやれる」と決めつけていることが問題だといいたいんや。

誰でもとはいわんが、まともな日本男児なら誰でもできる。
もちろん、現場監督とかになるにはそれなりの経験が必要だが。


40 :農NAME:03/09/05 00:35
>>39
「農学部林学科の教官が社会の役に立たない」とは、どういう意味だい。
いろんなスレで、灯台農学部林学科をボロクソ書いている香具師がいるようだが。

41 :農NAME:03/09/05 00:40
いろんなスレで書いている奴がいるんじゃなくて、林学科に批判的な
やつがいろんなスレにいるだけだろ。
同一スレにも複数人いるだろうし。

42 :農NAME:03/09/05 00:49
粘着か…

43 :農NAME:03/09/05 00:52
林学科は教官も学生もひっくるめてそんなに悪くないよ。
まともな研究やっている教官や院生の割合だって、他学科とかわらんよ。
研究業績調べてみ。
「農学部林学科の教官が社会の役に立たない」って何?



44 :農NAME:03/09/05 00:56
>>43
すくなくとも灯台に限ればな。
日本林学会誌に2〜3年に1報のペースで
コンスタントに出している教官だっているんだから。

45 :農NAME:03/09/05 01:03
>44
その程度の雑誌に2〜3年に1報っていうのはひどすぎるんじゃ…
それともその程度で許されるのか?そうならやっぱり不要

46 :農NAME:03/09/05 01:06
>>44
禿同
灯台の林学も水産も捨てたもんじゃないよ
優秀なポスドクもいたしな

47 :農NAME:03/09/05 01:11
研究者しか読まない雑誌に載ったからと言ってそれで社会の役に立っているとは
いえないわけだが。

48 :農NAME:03/09/05 01:13
>45
その程度の雑誌とはなんだ?
日本の林学界で最も権威のあるジャーナルだ。
失礼な!

49 :農NAME:03/09/05 01:15
>>48
意味もなく権威に反抗する奴はアナーキスト=獣
だが、
意味もなく権威を振りかざす奴は役立たずの可能性が高い

50 :農NAME:03/09/05 01:17
水産だって日本水産学会誌に
投稿したことのある香具師だっているんだからな

51 :農NAME:03/09/05 01:18
で、学会誌に載ったら社会の役に立つの?
あるいは金になって自分の役に立つの?
どちらの役にも立たないなら無意味だぞ

52 :農NAME:03/09/05 01:23
林学はもう教員より、予算とか実際に体を動かす人間の方が必要だろう。
これからいうことは農学部の教授に限らないが、成果を出せない教員は
減給、リストラを積極的に行うべきだろうね。

53 :農NAME:03/09/05 01:24
「社会の役に立つ」という意味がわからん
林学科が社会の役に立たなくて他学科が社会の役に立っていると言いたいのなら、
どういう点でなのかはっきりさせてくれ。

54 :農NAME:03/09/05 01:26
林学科で技術職公務員以外に就職する人はどんなところに行くの?

55 :農NAME:03/09/05 01:28
じゃあ、例えば純粋なサイエンスってのはどうだい。
例えば、それ自体現状ではどのように人間社会に役立つかわからないが
学術的価値は高いもの。
これは否定されますか?

56 :農NAME:03/09/05 01:29
>54
民間企業に決まってるだろ

57 :農NAME:03/09/05 01:30
林学ってこれ以上発展した理論とかでる可能性はあるの?
純粋なサイエンスは可能性ありそうだが。

58 :農NAME:03/09/05 01:31
民間企業って製紙企業とかか?

59 :農NAME:03/09/05 01:31
就職先が何であろうと、そんなこと他人の知ったこっちゃない。
社会の要請がないことしかやってないからろくな就職もできない、
とでもいいたいんだろうがな。

60 :農NAME:03/09/05 01:31
>>53
・産業的意義(法学部・経済学部・工学部など)
・人道的意義(医学部・薬学部など)
などの意義があれば社会的に意義がある。
林学なんてただのお遊びだろ?

61 :農NAME:03/09/05 01:32
林学はいらんよ。ただ国が林を守る必要があるとは思うが。

62 :農NAME:03/09/05 01:33
税金使ってて結果が出ないというのはどういうものか。
個人レベルで研究するのは構わんよ。

63 :農NAME:03/09/05 01:34
>60
では、農学部の他学科はどうかな
どこも似たりよったりだと思うが

64 :農NAME:03/09/05 01:34
だれか>>57に答えて。

65 :農NAME:03/09/05 01:35
>62
結果は出ていないわけではない
なぜ林学科だけを責める

66 :農NAME:03/09/05 01:37
まぁ農学の研究者をほとんど首にしても産業にマイナスが生まれるとは思えないなぁ。

67 :農NAME:03/09/05 01:37
国は森林を守らなくてはいけない
そこに住む動植物ともども
それらを研究して何が悪い?
いくらだって新しい理論は出るよ。

68 :農NAME:03/09/05 01:40
農学の研究者って経済活動に関係なくてもいいと思ってるのかね。
まだ文系の教授の方が自分で評論家とかの仕事みつけそうだな。

69 :農NAME:03/09/05 01:41
今の社会事情では少なくとも金にならないとダメじゃないかな。

70 :農NAME:03/09/05 01:49
農学全学科は工学部の傘下に入れ。
眠くなるような研究するんじゃねぇ。

71 :農NAME:03/09/05 01:49
これからの時代は少なくとも研究者が自分の存在意義を証明できないものには予算を
つけないほうがいい。税金の無駄遣い。

72 :農NAME:03/09/05 01:49
おれ1人では太刀打ちできないので、今日はこのへんで許してやる
だがな、自分たちのことを棚にあげるなよ
何学科の香具師かしらんが
もう寝る

73 :農NAME:03/09/05 01:51
栽培や林学の学会誌なんて、産業の担い手であるはずの百姓が読まない。
この点ではコミケ同人誌と言ってもいいだろうな。

74 :農NAME:03/09/05 01:55
俺は別に林学だけ叩く気もないが。自分の専門が林学だから意見を出せるだけのこと。
どんな学部学科研究室に関しても基本的には>>71の立場。

75 :農NAME:03/09/05 02:01
>>61
国が森林を管理した結果が今の惨状じゃねーか。
まだまだ、研究する価値はある。

76 :農NAME:03/09/05 02:18
>>69
農業自体本来は金の追求の対象にはならない(なりにくい)はずだ。
しかし大学や国の予算をもらう仕組みが金の追求だからやっかいだな。

77 :農NAME:03/09/05 02:40
林学の場合、農学部の中でも独立した感じで、教官が自分の趣味研究を
していました。
多くの林学出身者は役人になりますが、緑化、自然保護はいいとして、
林道課とか林政課とかその存在意義がわからん部署がたくさんあります。
外郭団体に林業基金とかの融資する部門もありますが、林業を金を借りて
までするアホはいないので、役人の天下り用の組織としか思えない。
林業関係には途方もない無駄な税金が使われております。

78 :農NAME:03/09/05 03:40
林政課がコーチ、林家が選手としたらコーチが多すぎます。
コーチは日報や植樹際などに時間をかけます。
山道を走る道でも土木課担当なのに、林がついたら林道課。
林だけの特殊な工法はたまにしかないのに、独立の課があります。
このような事実が明るみに出ないように会議してます。


79 :どひゃどや:03/09/05 04:38
トラクターの研究とやらで農業機械学
ダムをつくるとか灌漑とやらで農業土木
もっとわからん農業経済
なんだか、二番煎じの学問ですな、農学って。
農学部全体が崩壊したところで世界はなんにもかわらないじゃない。
よって農学自体がいらない。

80 :農NAME:03/09/05 07:22
だいたい林学なんて何やってるのよ?つまらないことをつまらない
同人誌みたいな雑誌に発表して満足してるだけ?国際誌に投稿したり
しないの?

81 :農NAME:03/09/05 07:54
>>80
ま、地理的条件が全く違うドイツやらヨーロッパの林業をマネした時点で、
つまりスギの人工林を作ってしまったという意味では林学は失敗してしまった学問だ。
それらの幻想をまだ信じている関係雑誌を同人誌といわれても仕方がないと思う。
人工林による木材生産を第一に掲げている限り林学はデタラメな学問だわ。
デタラメさ加減は林業白書を一読してもわかる。林野庁自体今の形で存在する必要はない。
それらを修正する意味で林学はどのような形であれ存在するべきじゃないかな。

82 :農NAME:03/09/05 07:57
>81
林学では生理とかMoecularをやったりしないのかい?
それは林学じゃ無いか。

83 :農NAME:03/09/05 08:27
Moecularって何だ?ググるとスペリング修正候補がでるわけだが

84 :農NAME:03/09/05 08:39
>83
揚げ足取りはいいから実際どうなのよ。やってんのかい?
でも萌えcularというのもいいな

85 :農NAME:03/09/05 08:54
>>83
Molecular や Ecology でまともな成果出してる香具師もいるって。
調べてみろ。

86 :農NAME:03/09/05 09:18
林学ってひとくくりにできない分野もあるからな
林学のどの分野が有用で、どれが無用かわける必要があるな。
無用ってのは乱暴かもしれんが、今より規模を縮小していい分野はあるはずだ

87 :農NAME:03/09/05 09:25
林学科に通報しますた

88 :農NAME:03/09/05 11:20
>>67
その理論がどう役に立つかが問題だろ


89 :農NAME:03/09/05 12:13
>>85
そのまともな成果を出した人物名と、よければ代表的な著書も教えてください。

90 :農NAME:03/09/05 12:53
だいたいな、林学の研究は森林という大地を相手にしてるんだ。
他学科のモレキュラーやってるのとはスケールがちがう。
樹木が育つのは、10〜100年というオーダーでものを考えないといけない。
縄文杉なんて樹齢数千年だぞ。
数時間で数万倍に増殖する大腸菌とはわけが違う。
林学がネイチャーに1つ論文書いたら、大腸菌やってるやつらは
同レベルの論文100〜1000報出さなければいけないんだぞ。
わかったか。

91 :農NAME:03/09/05 13:32
農業経済もいらんとちがうか。
農業経済でてもなんも専門性がないもんな。
全国で3校くらいでいいと思う。

92 :農NAME:03/09/05 13:58
>>89
東京大学のHPの「研究者紹介」ところから閲覧できます
みんな目標をもって努力していることが一目瞭然でしょう

93 :農NAME:03/09/05 14:57
>>92
みんな?このスレの1に国際なんたらがいらねーとかあるんだが。。
一目瞭然とか冷たいこと言わないで、ファイルがないところやHP自体ないところもあるし、
東大なら東大の学生でしかわからんこともあるだろ。
別に無理して教えろとはいわんが、おまいさんの素晴らしいと思う研究室や教授を紹介してくれよ

94 :農NAME:03/09/05 15:33
林学は環境系のところと統合して無くしてもいいんじゃないか
面白い研究もあると思うが、分野としてはもう必要ないのでは

95 :農NAME:03/09/05 15:46
>>93
2ちゃんに来れるんなら、アクセスできるでがす。
素晴らしくない研究室なんてないでがす。
どういう基準で素晴らしくないというのか、そっちを聞かせてほしいでがす。

96 :農NAME:03/09/05 17:42
農学板が学校に関するスレで埋まっているのも、さみしい。
いらない、役に立たないことをやっているのも一因かと思った。

97 :農NAME:03/09/05 18:33
>>90
IFのある雑誌に出すのは研究者みよりにつきるし結構なでしょう。
だけど、農学者であるからには自国の農業に目を向けれないと失格だと思う。
農学が一流ジャーナルの投稿マニアのためのおかずであってはならない。
一見低く見られている国内紙にだってちゃんと投稿するべき。
国内の農業技術者に啓蒙できるだけ無い農学者は所詮にせものだよ。
それと、産業や業界と結びついた地域に根ざした仕事をするべき。
農学者はどの分野でも、そういうバランスのとれた仕事の仕方が大事じゃない?

98 :農NAME:03/09/05 18:57
>>97
激しく同意
農学って目立ちにくいから、いい研究をしてもしられないことがしばしばだと思う。
このスレでいらん学科や研究室も知りたいが逆に今の時代に合った考えをもっ
て研究しているところも知りたいな。

99 :農NAME:03/09/05 19:04
あと農学者に限らず実は農家(百姓)のほうも目立たないけどモノスゴイのがいたりするんだよな
(まぁ農業の実践者なわけだから当然といえば当然だけど。)
目立たない原因としてはしっかり地域に根ざしたことをやっているから、逆に全国的には通用せず、
しられようがないんだと思う。

100 :農NAME:03/09/05 20:44
>>94
環境系も就職なし。

101 :農NAME:03/09/05 21:26
>>98
役に立つのは東大林学科だと砂防と利用。

砂防は防災のために不可欠。
まだ今の科学は土石流やトンネル崩壊で犠牲者が出るようなレベルでしかない
のだから、研究を進めて防災を強化することは不可欠。

利用は林業機械化を推進している。
生産性向上と労働者の負担軽減のために不可欠だ。

ただ、これらの研究室の現状に問題がないかどうかは知らん。
でも、砂防の先生は霞ヶ関とも人脈が強く、現場とも近い感じはするね。

102 :農NAME:03/09/05 21:33
??利用??

103 :農NAME:03/09/05 21:42
海外に行けば、先進国、途上国、本当に禿げ山が多い。
見渡す限り全ての山に森がない状況を経験したこと有りますか?
森林を造ったり、守ったり、経営したり、そんな学問体系は必要だと思ふ。

たまたま日本は降水量が多いから、森林が荒れても元に戻りやすかった。
だから現状の日本を見ると、林学が必要ないと思うのかもしれない。
でも、今の日本の森だっていろんな問題を抱えていますよ。

また、人間の活動に木質原料は必ず必要。
住宅、紙、燃料。思っている以上に生活で使っています。
今は外材が安いですが、森の少ない中国の発展や、
自然保護の流れを考えると、外材に頼り続けることは不可能。
(それまでに日本の林業は滅びるかもしれないが)
その時に、どの森をどう利用するか考える学問はやっぱり必要。

ただ、現状の林学が膿を抱えているのも事実です。

104 :農NAME:03/09/05 21:52
例えばエネルギーに関していえば、石炭→石油→クリーン?と時代とともに発展しているように
おもうが、林学に関してはある時代からそんなに直面している問題も解決策に関する議論が
発展しているように思えない、ということはこれ以上理論を発展させるのに金を使うのでなく
一種の公共事業として労働者の雇用につかうべきでは?

105 :農NAME:03/09/05 21:58
>>101
林業機械って・・
一年に何回使うんだよ・・日本のどこで使うんだよ・・
労働者の負担軽減って、、労働者の数が減るだけじゃねーか・・
露ヶ関との人脈が現場に近いって・・あんた・・・・・・・・・・・・
ネタ?

106 :農NAME:03/09/05 23:14
「持続可能な発展」がなんとかっていう世界会議で掲げられたな。
高度経済成長でものすごい変化をした今の農林業は持続可能かな?
このテーマと逆のことをしている研究室は不必要といえるんじゃないかな

107 :農NAME:03/09/05 23:15
林学・林業ネタが多いのはなぜ?
私怨?

108 :農NAME:03/09/05 23:16
ああ、今日の朝日新聞にODAで緑化事業をやっていたところの不正
(実際にやっていることと計画がずれていた。つまりズルしていた)
が発覚して、どっかの教授がタイーホされてた。こういうバカはいらんな。

109 :農NAME:03/09/05 23:20
>>107
林学が一番くさってて、今にもアボーンしてしまいそうだからかな

110 :農NAME:03/09/05 23:21
また君か。まったり行こうよ


111 :農NAME:03/09/05 23:25
結局このスレって、>1が国際なんとかかんたらって学科をダシにして
林学をバカにするためのものだったんだな。
異論があるなら>1よ、出てこい。

112 :農NAME:03/09/05 23:27
林業職の公務員はイラネ

113 :農NAME:03/09/05 23:30
今の林学は批判の対象になるよ。
よって問題なし。>>1の国際なんたらはしらん。

114 :農NAME:03/09/05 23:32
>>113
東京大学農学部林学科(森林科学)もですか?

115 :農NAME:03/09/05 23:34
森林組合もいらなくない?法律によってできた組合なぞ解体してしまえ
組合に属しているだけのやつ何人いるんだよ

116 :農NAME:03/09/05 23:36
>>105
あんんたこそネタか?
林業機械を1年に数回しかつかわないって(W
場所を移動して高い稼働率を保っているよ、国有林では。

それに、チェーンソーより乗車式機械の方が楽なの!

防災の分野は公的なものだから主役は役所と、発注を受けた
建設業者でしょ。発注する役所に近いということは現場に近いと
いうことだ。霞ヶ関は、大学のような象牙の塔とはわけが違う。


117 :農NAME:03/09/05 23:40
まあ、俺も林学の大半の分野が役に立たないことは認めるが

118 :農NAME:03/09/05 23:41
>>116
霞ヶ関に近いことでいいことばかりかな。
なんか、学生の研究テーマに悪い意味で政治的になったりせんかな。
うまく言えんけど、そうやって育った研究者の発想って貧困だと思うけど。

119 :農NAME:03/09/05 23:42
役に立たないだけならいいが、税金使ってるからねぇ。

120 :農NAME:03/09/05 23:44
>>118
それはおかしいよ。
むしろ、現場を知らずに象牙の塔の中で育った研究者って
実際には役に立たないのに単に新発見だというだけで
熱中したり・・

121 :農NAME:03/09/05 23:50
>>116
もちつけ。国有林では、って国有林野事業が自滅しそうなのを知ってていっているのか?
国有林で木材を生産すればするほど赤字になることは承知だろう。
それとも乗車式機械で間伐するのか?そんなんで採算とれねえと思うがなあ
第一乗車式機械で日本の山のぼれるのか?傾斜に生えていても切れるのか?
その辺はどうなんですかと。。ダメダメだろ。

現場ってのはその地域を利用している住民と、その地域の環境のことじゃないのか?

122 :農NAME:03/09/05 23:53
はっきりいって林業なんか経済活動にのせられない以上文化財保護と似たようなものだ。
そしたら人足雇うのに金を重点的に集約させたらいい。
役人(技術職、公務員としての研究者)はいらないのでは?

123 :農NAME:03/09/06 00:00
しかしながら今の地産地消の動きは興味深い。

124 :農NAME:03/09/06 00:18
利益を生まないもの飯を食うべからず。

125 :農NAME:03/09/06 00:24
少なくとも農学では当たり前だ
そして利益を生んでいないのは農水省と林野庁だわ
改革がもっとも必要だとおもうんだがなー

126 :農NAME:03/09/06 01:10
>>121
その住民の生活も国有林から出る木材に依存している地区もある。
あるいは、営林署の職員がいなくなったら地方はますます寂れる。
林業の場合、少なくとも面積では半分近くが国営・公営なんだよ。

127 :農NAME:03/09/06 01:23
126のいうことはそういう農山村では正論です。
しかし、見えないほどに小さい分野を保護することで、より多くの
本来救わなければならない福祉、介護の方にまわる金が少なくなる
方がよほど問題ではないでしょうか。
林業経済の人は、そういう微細なところがどうなるかばかり
研究しており、全体的観点が欠如しております。
林業従事者が高齢化している問題は、それらの方が引退したら
自然廃業すればいいだけで、別段家法のように承継する必要も
ありますまい。

128 :農NAME:03/09/06 01:27
>>127
確かに昭和30年ごろの山の状況ならほうっておけば
よかったんですけどね・・

広葉樹をスギやヒノキに植え替えるという馬鹿なことをしたので、
人の手入れがないと災害が起きるような山になってしまって
いるんですよ

129 :農NAME:03/09/06 01:29
林学以外にないんかい
あぼーんなラボ

130 :農NAME:03/09/06 01:32
そういえばいつのまにか林学不要論になってるな

131 :農NAME:03/09/06 01:34
シオンですが、
林学であることでたいていの会社は門前払いでスタ。
理系は工学部ということで。
尚、役人はきらいなので受けていません。
来年以降は資格の勉強をバイトしながらします。


132 :農NAME:03/09/06 01:35
脳学部ならあるやろ
DQNなラボ

133 :農NAME:03/09/06 01:37
ホントに林学だってことのせいかな?

134 :農NAME:03/09/06 01:40
>>131
役人嫌い=妬み・僻み主義者

135 :農NAME:03/09/06 01:40
多分妬み・僻みの塊である歪んだ性格がわざわいしたんだよ

136 :農NAME:03/09/06 01:42
こんことやってると林学に優秀な学生来なくなっちゃうよ
もし、留年スレスレのどうしようもない学生しか来なくなったら
どうするんだ。

137 :農NAME:03/09/06 01:43
>林業の場合、少なくとも面積では半分近くが国営・公営なんだよ。
その半分のうち
>その住民の生活も国有林から出る木材に依存している地区もある。
この木材生産に依存している地区とやらがいくらあるんよ。。
>あるいは、営林署の職員がいなくなったら地方はますます寂れる。
営林署の職員がいらないなんていってないが。そもそもおもいさんのいう機械化をしちゃったら
それこそ営林署の職員が少なくならないか?

そうじゃなくて、国有林野で産業として工業的林業を進めてしまったのが今の惨状だろう?
もうものさしがかわってきてるんだよ。明治から昭和、特に戦後は
国が一元的に林業を管理して、予算獲得と林業の発展を狙っていたわけだろう。
しかし、日本でも亜寒帯から亜熱帯まであるように気候的条件が違うのに国策で
画一的に人工林を植えたために失敗&外材との競争に負けてしまった。
少なくとも90年代でこの問題に対応した政策を打ち出すべきだったが、
今を持って人工林による木材生産を第一に考えていやがる
それにだまされて工業化しちゃったらますます失敗するにきまってるだろ。林業や農業を工業化したら失敗するんだよ

138 :農NAME:03/09/06 01:45
>>1
収拾つけてくれ

139 :農NAME:03/09/06 01:45
仮に林学専攻してても学部生なら文系就職したら問題ないが
院まで行ったらどこに就職する?

140 :農NAME:03/09/06 01:47
<<139
役人

141 :農NAME:03/09/06 01:47
林業に関しては、その構造体系が悪いと言っても、針路変更に
最低50年はかかりますから、安楽死を待つ斜陽産業ということで。

次に、よく意味のわからん農業経済系なんかどうでしょう。

142 :農NAME:03/09/06 01:47
造園もいらない。

143 :農NAME:03/09/06 01:49
部外者だが、農学部国際開発のなかに林学の勢力ってあるの?

144 :農NAME:03/09/06 01:52
ttp://www.asahi.com/national/update/0904/041.html

145 :農NAME:03/09/06 01:59
>林業に関しては、その構造体系が悪いと言っても、針路変更に
>最低50年はかかりますから、安楽死を待つ斜陽産業ということで。

安楽死するのは林野庁とそいつらがやる木材生産だけ。
なんで林業を木材生産だけでとらえるかなー?
次、農業経済か?

146 :農NAME:03/09/06 09:54
農経は農書の研究でもしてろ

147 :農NAME:03/09/06 10:46
>>137
機械化しても仕事は減るだけ
なくなるわけではない
ワークシェアリングすればいいだろ

148 :農NAME:03/09/06 11:45
>>147
仕事が減るのにそれをわけるって、、生活していけると思ってるのかよ
彼らの給料はごくごくふつーだぞ。おまいもつまりは林業では食っていけないと思っているのか?

だからな、今のように木材生産だけで林業を捉えたら経済性が少なくなって当たり前なんだよ
機械化するってのはそういうことだろ。木材生産の目的以外に使える機械なんてあるかよ。
そして機械化は少ない経済性をますます少なくするだけだ。
歴史を見てみると、木材生産以外にもいろいろやってきたから採算が取れ、
さらに森林の維持管理ができていたわけだ。昔から学ぶべきことはたくさんある。温故知新が肝要。
おまいもワークシェアなんていうからにはこーゆーのも考えているだろ?
木材生産で食っていけたのは3大美林を代表するごくごく一部。
林野庁のバカ役人に騙されて機械化なんてするな。

149 :農NAME:03/09/06 12:07
1もいねえことだし林学については俺がのっとった。

★★★★★東大林学科森林利用学研究室

東京に機械を有効に使える森林なぞない。
わざわざ出かけていくのか?それとも机の上で勉強か?非合理的だ。
機械は実践的なことであるはずのに、ここでやっていることは実践的な林業とはほど遠い。

木材生産で食っている地域の大学にまかせるのが本来の形。

150 :農NAME:03/09/06 12:56
というか

151 :農NAME:03/09/06 12:58
おまいらスレの趣旨がずれてますよ!

152 :農NAME:03/09/06 13:10
★★★★★東大林学科森林利用学研究室

153 :農NAME:03/09/06 13:11
★★★★★ 東京大学農学部国際開発農学専修

154 :農NAME:03/09/06 13:21
このままでは林学だけが不用になって不公平じゃ。
農業土木もいらんのじゃないか。

155 :農NAME:03/09/06 13:58
森林風致は?

156 :農NAME:03/09/06 14:06
スーフリ香具師はどうよ

157 :農NAME:03/09/06 14:13
>>152
森林利用学研究室に対する禿げしい憤りを感じますね。
でも彼らも彼らなりに頑張っているんじゃないんの?
大学は直接社会の役に立つことをやらなければいけないとは思わないけど。

158 :農NAME:03/09/06 14:16
>大学は直接社会の役に立つことをやらなければいけないとは思わないけど。
といっても学生のほとんどは民間に就職するんだがねぇ。

159 :農NAME:03/09/06 14:16
どうよとか聞くのもいいけどまず自分のやってる学問を
批判的な視点で見てみたらどうか。農業土木にしろ森林風致にしろ
水理計画にしろ、砂防、林政、農経、etc・・・現段階での問題は山とあるだろ。
ただ、一概に不要なものとは言い切れないものが多い。
今の形がおかしいだけのものがな。どんどん批判してデタラメな学問を修正していこう

160 :農NAME:03/09/06 14:21
>>157
明らかに間違った方向でがんばられても困るんだが

161 :農NAME:03/09/06 15:18
需要と供給と言う面において、農業土木は多すぎる。
これには異論はあるまい。

162 :農NAME:03/09/06 15:25
ない。縮小すべきだな。

ただし、現段階での農業土木だ。
それを打破する農業土木は必要だ。

163 :農NAME:03/09/06 16:45
農業土木とかより本当にいらないのは生物系の研究室だよ。

★★★★★東大林学科森林動物学研究室

だと思うな。
あの研究室で役に立つことやってるのは林業害虫を
研究している、教授と1人か2人の学生だけ。
他は全部無駄だよ。

164 :農NAME:03/09/06 16:56
農学において実験室でできる研究以外は東大にはいらない。

165 :農NAME:03/09/06 16:56
>>149
あほ!
東大は本来は東京帝国大学
GHQケンポーなんか無効だからな。

帝国大学なら広く全国を見て研究を決めるのが当然だ。

166 :農NAME:03/09/06 16:58
>>148
機械化で減る仕事というのはつまり労働量が減るだけで成果は変わらないんだよ。
だから、仕事が減るという表現は正しくない。

167 :農NAME:03/09/06 17:11
>>165
>帝国大学なら広く全国を見て研究を決めるのが当然だ。
戦後から現在までこーゆー考えのやつらが音頭をとった結果、今にいたりました。
で、あなたはこの結果を受けてこれからどうしますか?

ま、仮に広く全国をみているとしましょう。
その結果、林業機械の研究をしているわけ?
だったらこれまであった批判にまともに反論してみろよ。

帝国大学がどうとかいう時代はとっくに過ぎ去ってるんだよ。。
「当然だ」とかいわないでいい加減幻想から目をさましてみろ。
帝国大学の成り立ちや大学への予算配分、地域々々の現状など調べればわかる

168 :農NAME:03/09/06 17:15
>>166
だからな、労働量が減ったら賃金がへるじゃねえか。それでいいのかよ

169 :農NAME:03/09/06 17:48
もう林業の話はよそうぜ。
衰退産業、後継者より普及役人の方が多い業界。


170 :農NAME:03/09/06 18:01
>>163
あ な た は 実 験 系 の 研 究 し た こ と な い ね
研 究 テ ー マ や と 研 究 の 価 値 は 違 い ま す

171 :農NAME:03/09/06 19:44
林業は批判に明確な反論がないからもうおわりかな?
次は何分野をやる?あといらない、だけじゃなくて、
どういらなくてこれからどうすればいいか言わないと説得力がないぜ

172 :農NAME:03/09/06 20:12
>>163
HP上で研究室紹介や卒業論文を見たが、いい研究してると感じたよ
社会科学と自然科学を分離していないところがいいと思う。
また、演習林や東京にある自然環境についての研究は大変有用だと思う。
具体的に何がおまいのいう「役に立たない」、なんだ?

173 :農NAME:03/09/06 20:17
東大の森林風致は何やってんの?
HPが404なわけだが。

174 :農NAME:03/09/06 20:22
>>167
予算は相変わらず7帝大重視でしょ。
しかも東大・京大重視。
昔と変わらない。
確かに京城・台北は離れたけどね。

175 :農NAME:03/09/06 20:23
>>172
具体的にそれらの論文が同役にたつの?

176 :農NAME:03/09/06 20:26
戦後から現在までこーゆー考えのやつらが音頭をとった結果、今にいたりました。
で、あなたはこの結果を受けてこれからどうしますか?

明治以降それで発展してきました。
ただ、早稲田・慶應といったDQN大学の奴等が威張りはじめてから日本は
おかしくなった。ここ10年間の総理はほとんど彼らじゃないか。
やっぱり総理大臣は帝大卒じゃないと駄目なんだよ。
亀井総理が東大・京大卒の官僚を統率して強力な挙国一致体制を
創れば必ず経済は再生する。


177 :農NAME:03/09/06 22:53
>>158
大学の研究が直接社会の役に立つことを念頭に置くとしたら、
大学と国の研究機関(独法人)はどこがちがうのかってことになるよ。
まあ独法人の研究者って名の付く香具師の8割くらいは
のうのうサラリーマンだから、どっちみち社会の役に立つことなんてできないけどな。
その穴埋めを大学にしろっていうのかい。

178 :農NAME:03/09/06 23:08
役に立たない分野の学生の存在意義はなんだろう?
研究者に(仮に)なりたくてもなれないしなぁ。
研究者以外の民間はないしなぁ。

179 :農NAME:03/09/06 23:11
>>178
分野によるんじゃない?大学を一くくりして社会に役立つ事を年頭に
しなくても良いというのは間違い。
応用科学は役になることに結びついてなんぼのもんだよな。
農学部に限らず、医学部でも生命の探求とか言って
医学の応用に結びつかない研究やられたらかなわんだろ?
農学部だって同じよ。
好きな研究やるにもその分野の使命っていう制約があるんだよ。

180 :農NAME:03/09/06 23:11
>>163 >>170 >>172
客観的な研究の善し悪しや要・不要などの評価って難しいんですよ。
害虫の研究をしているから、それでいいのか?
害虫を研究材料にするにしてもピンきりまでレベルの差ってあるでしょ。
この場合、研究の評価ってやはり成果(論文の質)ってことになるんじゃないの。
社会に役立つかどうか、それは人目に付くところに成果を発表した後でついてくるもので、
そこに人や金が集まるかどうかに現れる。
こんなところでどうかな。
少なくとも言えることは「人目に出せるものがない」や「専門外から見てもくだらないことしかやっていない」
研究室・研究者は淘汰されなければいけないのでしょう。





181 :農NAME:03/09/06 23:13
>>179>>178に答えていない気が・・

182 :農NAME:03/09/06 23:16
>>179
「その分野の使命」ってなんやねん。
具体的に、その使命とやからそんなに離れたことしかやってないところってどこや?
やっぱり、林学不要論になるんか?

183 :農NAME:03/09/06 23:39
177>>
>大学の研究が直接社会の役に立つことを念頭に置くとしたら、
>大学と国の研究機関(独法人)はどこがちがうのかってことになるよ
教育の業務があるかどうかが大きく違う。
研究の業務は同じ。あたりまえだが。

184 :農NAME:03/09/07 00:46
>>180
論文が出ることは必要条件だが、それは十分条件ではない。
研究者しか読まない論文では無意味だよ。

185 :農NAME:03/09/07 02:23
必要条件すら満たしていなかったらどうする?

186 :農NAME:03/09/07 03:03
>>184
同意!
論文を書くためにだけ農学を利用する奴の研究は
応用を見据えた研究をできるだけの器が無いことが多い。
ちゃんと農業関連の組織と共に社会参加しながら研究をしないと
駄目なんだよ。いくら帝大でも社会から相手にされてない学科や
研究室は山ほどある。そうなると、社会からは蚊帳の外へ追いやられ
大学に胡坐をかいてふんぞり返る奴にしかなれない。
そういう研究者の存在は釈迦にとっては非常に不幸だよな。
本人はどうか知らんが。

187 :農NAME:03/09/07 05:16
>>184 >>186
君ら、理系?文系?
なんか流ちょうなこと言ってるね。
実際に研究費を取るときに申請書に書く文章なんてでっち上げさ。
社会に役に立つようなことは書くよ、そりゃ。
でもな、そんなこと考えてアイディア練ってるやつなんて
ほとんどいないってのが実態なんじゃないのかな。
理想論を言えば、そりゃ君らの言うことが正しいことくらいわかるけどな。

188 :農NAME:03/09/07 05:26
>>186
「農業関連の組織」って具体的になんだろう?
それが農水だとしたら、
大学よりもっと問題の多い組織ということにならないかな。

189 :農NAME:03/09/07 05:39
>>184 >>185
話の展開からすると、必要条件は論文がでることではなくて、
研究を始める前に研究の目的や意義をはっきりさせることと思われ
論文が出ることが十分条件

190 :農NAME:03/09/07 06:07
日本じゃ農学は研究する甲斐があんまりないんだよなー。
日本の基幹農業である稲作の第一の目的は
食料生産じゃなくて農村部の失業対策なんだもの。

191 :農NAME:03/09/07 06:47
はっきりいって、研究室野学生をその専門の就職(役人はのぞく)に送り出すことが出来ない
分野は少なくとも税金を出してまで研究させることもなかろう。

192 :農NAME:03/09/07 07:51
>>191
だったら法学部や文学部がいちばんいらないじゃないか。
でも実際に世の中を支配しているのはそういう学部出身の連中。
「専門の就職」なんてのがいかに下らないかの証明。

193 :農NAME:03/09/07 07:58
>>192
文学部とか行く香具師はそもそも就職に役立つなんて思って文学部にこないだろう。
(特に院にはいかない)
理系の場合は専門就職しようと思って院にまで入ってなかったら何のために院にきたんだろう?



というか
>だったら法学部や文学部がいちばんいらないじゃないか。
ここまでは分かる

> でも実際に世の中を支配しているのはそういう学部出身の連中。
>「専門の就職」なんてのがいかに下らないかの証明。
急にどっからこんな話に飛ぶんだ??


194 :農NAME:03/09/07 08:52
★★★★★東京大学農学部地域経済・資源科学課程 地域農業・経済学専修

HPを見て判断した。オーストラリアの研究をしたかったらあっちの大学にいけや。
東京の研究はこれっぽっちもやってない。やれないのか?よって不要、つぶれたほうが世のため

195 :農NAME:03/09/07 08:56
>>194
昔、ソ連の体制について研究している専門家が崩壊とともに失職した、という話をふと思い出した。


196 :農NAME:03/09/07 09:18
>>193
大学がどうのこうのじゃなくて高校の進路指導が間違ってるんじゃないだろうか。
就職ってことからしか大学を選ばせないから、学生も就職以外に大学の意義を
感じられなくなってるよねえ。

197 :農NAME:03/09/07 09:20
>>195
少なくとも大学ではそういうことは起きていない。
それが大学の悪いところでもあり、良いところでもある。

198 :農NAME:03/09/07 10:02
>>196
違う。教育の前提自体が間違ったものへとなっている。
ずーっと昔から言われていることだが東大を頂点とすることが
デタラメなんだよ。
どこの大学も東大を含む帝大のまねごとをしたら、
東大に入りたくなるだろう?それが今の受験戦争だ。

そうじゃなくて、農学ってのは地域ごとの学問ではないか?
日本のどこでも同じ作物を作り、同じ木が生えているわけではないだろう。
川だって山だってぜんぜん違うはずだ。
それを各大学が同じようなことをやってしまったら、ダメだろう。
今の予算の仕組みからして、同じようなことをやれ、といっているようなものだがな。
もっと地方に予算が自由にいきわたる仕組みが必要だ。
地方分権では教育も考えられえているが、まぁ今の受験戦争がますます激化すれば
自然と国民もきづきはじめるだろー。

という考えのもと、俺は東大の農学は格好の批判の対象だと思う。
しかし、本当の研究をしているところもある。それを振り分けてみるのも面白い

199 :農NAME:03/09/07 11:29
★★★東京大学大学院 農学生命科学研究科 
生物環境工学専攻 農地環境工学研究室

持続可能な農業に目を向けているところはいい。
これからの重要なテーマであると思う。
しかし、そう考えたときどうしても地域地域に目をむけなければならない。
農業とは、ここの研究室に特化するなら農地は、その地域の自然環境に左右されるからだ。
実際、調査地も全国にちりぢりになっている。しかも東京がぬけていた。
東京でも農業があるだろ?近郊都市ではなくなぜ全国各地や海外にちらばる必要があるんだ?
ここの研究室は本来ならば、東京または近郊都市で調査をしたほうが合理的である。

200 :農NAME:03/09/07 11:38
★★★★★東大生物機械工学研究室

実際的にこれらの機械が農業で使われることは不可能。
農家のための研究ではなく、研究者のための研究。

201 :農NAME:03/09/07 15:46
>>198
>どこの大学も東大を含む帝大のまねごとをしたら、
東大に入りたくなるだろう?それが今の受験戦争だ。

これはGHQが始めたことなんだよね。
戦前は各分野の高等専門学校はその分野では東大より権威があったそうだぞ。
秋田鉱物専門学校とか。
今では駅弁大学と言われているが

202 :農NAME:03/09/07 16:57
戦前は大学は学問をやるところで、職業教育をするところは
別の名前だった。今の医学部は医学専門学校だったし,教育学部は
高等師範学校ね。一橋大は高等商業専門学校だったし高等獣医専門学校
だった大学や高等商船だった大学もあるね。

職業教育は大学なんて呼ぶのをやめて戦前のように高等専門学校に
戻せばいいんだよ。もちろん農学部は高等農学校。

203 :農NAME:03/09/07 16:59
それは東京高等農林学校のことか?
農工大だろ?
東大農学部は昔から農学部だよ

204 :農NAME:03/09/07 17:00
GHQが決めたことをひっくりかえすには先ず日本が独立しないといけない。
石原総統で憲法破棄、でもすれば出来るだろうけど、今の情勢では無理。
平等意識が強いから戦後民主体制のままではどの学校も同じく大学を
名乗って同じ格を要求するだろう

205 :農NAME:03/09/07 17:06
どうやら、実学のための研究か、研究者のための研究か・・・
意見が二分化してきた感じがするな。

206 :農NAME:03/09/07 17:22
実学でないのにさも実学のようにいう教授とかは死ね!
ある意味詐欺にあったようなものだ。

207 :農NAME:03/09/07 18:28
>>206
実学(やって)ないのにさも実学(をやっている)ようにいう教授とかは死ね!
という意味なら 禿げしく同意!


208 :野熊:03/09/07 21:21
そりゃレイプ研究室とロリコン研究室を生み出した宇都宮の森林科学でしょう・

209 :農NAME:03/09/07 21:45
>>204
人まかせじゃなくって、まず学生が目を覚ますことでは。
たとえば普段食ってるものからも学問はできる。
たとえば中国産シイタケだ。昔は北の方で作っていたので虫がつかず農薬はいらなかった。
しかし、今は福建省だか南のほうで作っているため、虫がつく。
おわかりの通り、大量の農薬が使われる。中国から帰ってきた技術者があれだけは食わんほうが
いい、といってた。なんでも青酸カリが使われているとか。
農作物は何でも安ければいいってもんじゃない。
では、シイタケはどうすればいいか?自国産のを食うのが結局は経済的じゃないか。
こういうことをもっと詳しく調べていけば、何かわかってくるように、身近なところから、
そして自分の研究から、自立していくのがいいんじゃないかな

>実学(やって)ないのにさも実学(をやっている)ようにいう教授とかは死ね!

210 :農NAME:03/09/07 21:48
>実学(やって)ないのにさも実学(をやっている)ようにいう教授とかは死ね!
禿道

211 :農NAME:03/09/07 21:51
研究は現場でやるべき
企業の研究所はそういう意味で役に立っている。
単に利益が上がらないと潰されるから否応無しに役に立つことやってるという
だけではなく、生産の現場に近いからこそ企業の研究所は役に立っているんだよ。
大学院なんか廃止して研究は企業の研究所に絞るべき。
国営研究所は社会主義にして国営産業をつくるなら、それに附属して
あってもよい。

212 :農NAME:03/09/07 22:08
>実学(やって)ないのにさも実学(をやっている)ようにいう教授とかは死ね!
こんなこと平然と言っているのは、どこの大学の教授だよ?まったくアホかよ!

213 :農NAME:03/09/07 22:11
トマトは農村で食うのがうまい。スーパーのはマズー
農家は貧しいのではなく現金収入がすくないだけ
特産物を全国的に販売すると特産物ではなくなる
村おこしをしたとき村が崩壊する
工業的農林業はその土地と人を破壊する

以上は百姓の家に数日泊まった体験から。メシ・酒がうまくて桃源郷のようであった
腹を減らしておいしくメシを食うために山登りや農作業をした。

物をつくること(農業はもちろん工業含む)と、文化を切り離すと失敗する
国内・海外旅行の体験から。アジア、中近東は面白い。
国内は京都しか面白いところが見つけられなかった。
各地の特産品はぼったくり産業と化している。
(そこの地域の住民は土産やにならぶ特産物を日常的にくっていない!)
東京は最低。電車にのっているやつの目が死んでいる。

最近身近なものからわかったことだ。スレ違いだがこの中からも
深く追求すればおもしろい研究ができそうだと思う。。

214 :農NAME:03/09/07 22:16
>>212
こういうこと言うのは学生だろ。教授が言ってたらすごい教授だと思うが。
なんでも教授の言うことハイハイ聞いていたらそれ以上発展しねえじゃないか
あたりまえだろ。学生は精神的に自立しろよ
教授がなんでも正しいこといってりゃ苦労しねえつうの
まず学問は疑ってなんぼだろ?

215 :農NAME:03/09/07 22:38
就職の話を教授としてたら、さも自分は企業にコネがあるように言うひとっているよね。
突っ込んで聞いたら話をぼかす。実学でないくせにさも実学っぽく振舞うw

216 :農NAME:03/09/07 22:54
>>215
どの大学の何学部?
東大農学部だと最初から教官に就職の相談なんかしないぞ

217 :農NAME:03/09/07 22:55
>>216
相談ではない、雑談として。
東大農学部でも専門に就職する人って少ないでしょ。(分野によると思うが)

218 :農NAME:03/09/07 22:57
東大生、カモン。おまいのような東大生が出てくるたびに、
東大という幻想が晴れてゆく。。
悪く思うな、時代の流れだ。

219 :農NAME:03/09/07 22:59
>>218
意味不明

220 :農NAME:03/09/07 23:01
>>217
最近は一般の会社にインターネットでエントリーシートを送って、というのが多い。
コネはほとんど聞かないね。

221 :農NAME:03/09/07 23:07
学問と実業を分離しているいい証拠だ。

222 :農NAME:03/09/07 23:09
農学部がいらないとは思わないが定員300人は多すぎ。
そんなにいらんだろ?

223 :農NAME:03/09/07 23:12
だからな、今の農学部が300人もいらないんだろ
まずこれはスレ違いだがな。いらん研究を捨てて
新たな研究を見出してから人数を考えるのが先決だ

224 :農NAME:03/09/07 23:16
まず林学で生物系が植物・造林・動物と三つもあるのは過剰だから
3個を統合したら良いでしょう。

225 :農NAME:03/09/07 23:18
農芸化学は結構役に立ちそうだな

226 :農NAME:03/09/07 23:23
農学ってたとえば、農地、水理、林学、物理、化学、生物、経済、etc
といろんなものが関わり合いをもっているだろ?
これらを総合的に学ぶ分野ってあるか?
なかったら俺は必要だと思う。
どの分野を学んでも結局ほとんどの分野を学ぶはめになるから。

227 :農NAME:03/09/07 23:25
民間の就職先がなければその研究の社会的意義は問われて当然だろう。

228 :農NAME:03/09/07 23:29
自営業を忘れるな。
企業に属することだけが食っていく手段ではない
農学部で農家になるやつがどれほどいるのか。。
これを考えただけで今の農学部はとんでもない方向に向かっていることがわかる

229 :農NAME:03/09/07 23:30
農家でなくとも、関連することろに就職していない現状を見ると・・

230 :農NAME:03/09/07 23:34
企業なら社会事情により淘汰されるが、公務員は淘汰されない上、大学組織で全権を握っている
のでやっかいだな。なんとか評価制度をつくれないのかね。

231 :農NAME:03/09/07 23:36
HPでも作るか?
農水省・林野庁・環境省を科学的に批判するHP

232 :農NAME:03/09/08 00:01
正しい農学を知ったやつが役人になればいいんだがな。

233 :農NAME:03/09/08 23:41
>>231
あと、東大農学部の批判も忘れるなよ

234 :農NAME:03/09/08 23:52
東大農学部だがなにか?

235 :農NAME:03/09/09 00:38
まず、どこを修正すれば、今の農学が良い方向へ向かうかということだな。

また、批判HPに需要はあるのか。どんな形で作るのか。
しかしまず俺はHPよりも、まず2chで各省庁を批判するスレを立ててはどうかと思う。
農学板住民で、どれだけ各省庁を学問的に批判できる力をもっているのか。
その力がなければHPなど作っても無駄だと思う。

大学についてはこのスレでもいいと思う。ちなみに今までの研究室批判で
まともな反論が出ていないんだがな。

236 :農NAME:03/09/09 01:12
省庁批判なんて大半は僻み・妬みだよ。
マスゴミは総計の連中が多い。
官僚は昔は大半が東大卒だった。
だから攻撃しただけ。
本当に日本を駄目にしたのは総計卒の政治屋とマスゴミ。

237 :農NAME:03/09/09 01:29
省庁の正誤を根拠も述べずにいってもしょうがないんだがな。
ここはいらん研究室を批判するスレッドだし。
235のいうようにまずそれらに関するスレが立って、まともな議論がされるかだ

238 :農NAME:03/09/09 01:44
★★★★★ 東大国際の研究室全部
どうせ他の学科に寄生してるんだから、いらないだろ。
重なった分野で研究室だけ増やすのはおかしい。

239 :農NAME:03/09/09 02:30
公園とかやってる緑地系だな。要らないのは。
ニーズもないし、日本の風土に欧米の思想と技術を
強引に取り入れようとしただけ。でかい顔してる佐々木葉二なんて
ダン・カイリーのコピーじゃん。
カタカナ言葉で気取ってるだけの、アフォ生産研究室は要らん。

240 :農NAME:03/09/09 02:33
>>239
公園とかはなんだかんだいって公共事業だからねぇ。

241 :農NAME:03/09/09 02:35
公共事業は真の公共事業じゃないってこと?

242 :農NAME:03/09/09 02:38
緑地系に知り合いがいるが、関係民間に就職している香具師は非常に少ない。
そういう意味でも緑地系は不要なんだろうね。

243 :農NAME:03/09/09 02:40
そう考えると就職は一種の基準になるな

244 :農NAME:03/09/09 02:42
というか理系なんだから民間就職の有無以外に存在意義を証明できる要素はあるのだろうか?

245 :農NAME:03/09/09 02:46
林学で言うと、林野庁など公務員や森林組合が関連したところだな。
しかし、どっちも赤字経営で必ずしも優良な就職先とはいえない。

今の林学は不要ではないが改正すべきだな。

246 :農NAME:03/09/09 02:49
就職だけで考えるのもどうかと思うから、
研究のことを中心にやったほうがいいのでは

247 :農NAME:03/09/09 02:53
だから研究そのもの自体の存在意義を証明するものは就職先しかないのでは?

248 :農NAME:03/09/09 03:06
まぁ研究自体も就職先もどっちもあったほうがいいじゃないか

249 :農NAME:03/09/09 10:25
公共事業でも必要なものなら良いだろ
私尊公卑の風潮には困ったものだ

250 :農NAME:03/09/09 12:14
>私尊公卑の風潮には困ったものだ
地方の役人と話をすると、「公共の財産」を「我々のもの」
或いは「税金」を「我々の金」という話し方をする連中が多い。
本質的には、やつらの態度から、「公共」に関することへの
不信感がでてきてるのではないか。

251 :農NAME:03/09/09 12:23
根本的に役人にとってはどんな公共事業も必要なものだからその地域住民にしか
公共事業の存在意義は判断出来ないものだろう。吉野川河口堰しかり。

252 :農NAME:03/09/09 13:39
地域住民と言っても河川だって上流から下流まである
道路なんて全国的ネットワークの中でこそ生きてくるものだ
経済活動が広域化した現在、地域主義は偏狭すぎる

253 :農NAME:03/09/09 13:42
>>250
それは君の妬み・僻みであろう。
実際の役人は税金を使っているという意識が強い。


254 :農NAME:03/09/09 14:36
有名どころで諫早湾干拓事業はどうだ?
知名度は低いかもしれんがアイヌの二風谷ダム問題は?
日本各地のダムはすべて必要なのか?
農業用水路をコンクリ化してよかったのか?
確実に失敗したのは国有林の一斉人工造林。
しかも、まだその体質を変えようとしない態度が法律や白書に伺えるのは
もはや公害であるといえる
公共事業も必要なもの、改善すべきものに分ける必要がある。
公益と省益にだんだんズレが出てきている分野もあるよな。

255 :農NAME:03/09/09 15:19
研究室を批判すること 学問→学問
より
公共事業を批判する  学問→実践
ほうが効果的かもな

256 :農NAME:03/09/09 17:58
役所にも無駄はあるかもしれないが民間の方が実は無駄が多い

257 :農NAME:03/09/09 19:26
民間の無駄ってたとえば?

258 :農NAME:03/09/09 21:31
無駄の塊だろ
似たような商品をあまりにも多くの企業で作っている
だから開発・生産・販売の各過程で重複が生じる
一社もしくは数社に統合すれば遥かに効率的
自動車業界では最近は統合の方向にあるが
多くの業界ではまだまだ無駄が多い
政府が統制すればいいのにね

259 :農NAME:03/09/09 21:41
共産主義みたいなやつがいるね

260 :農NAME:03/09/09 22:03
まぁ買うやつがいるから重複があるんだろ。
民間は無駄だったら自然淘汰されてゆく。
でも公的機関はそうはいかないな。
だから俺は省庁、大学批判はするべきだと思う。

261 :農NAME:03/09/09 23:45
で、今までの研究室批判にまともな反論がないわけだが。

262 :農NAME:03/09/09 23:55
age

263 :農NAME:03/09/10 00:03
反論してあげてもいいけど、いつも決まった流れの議論になるからなー
疲れるよ。体制批判につきあうのは。

264 :農NAME:03/09/10 00:08
その通り
もう来んなよ

265 :農NAME:03/09/10 00:09
やはり何度か言ってるが専門民間に教え子を送り込むことが出来ない分野は社会的には
意味が無いので、それなりの扱い(予算縮小、教官の給与削減および将来的な廃止)は必要であろう。
教官の自慰行為に税金出してたまるか!


266 :農NAME:03/09/10 00:13
民間就職に困ることのないうちの学科は
ほかの学科から妬まれてるね。学生は
もとより、教官連中にも。

267 :農NAME:03/09/10 00:14
>>266
農業土木?

268 :農NAME:03/09/10 00:15
>267
農化。今は名前変わっちゃったけど

269 :農NAME:03/09/10 00:40
>>259
統制経済=共産主義じゃないよ
国営企業が多いフランスは共産国か?

270 :農NAME:03/09/10 00:44
>>260
>まぁ買うやつがいるから重複があるんだろ。

買う方からみれば不必要なサービスも多いよ。
自動車や家電製品だってあれほど種類はいらないし、
家電製品に至っては競争のために無駄な機能が多くて
消費者が戸惑うありさま。

>民間は無駄だったら自然淘汰されてゆく

過当競争による無駄は労働者を絞り取れる限界まで続き、
自由経済である限り永久に続く。
民間は常に無駄な状態。

>でも公的機関はそうはいかないな。

国鉄も赤地線廃止を勧めた結果昭和60年には旅客部門単年度黒字化。
実は国営のままでも黒字化は達成出来ていたという事実を
知らないのか?

271 :農NAME:03/09/10 00:51
>>265
禿同。林学と造園学。そして環境●●学は間違いなく要らない。
「環境」というキーワードつけりゃ学生は集まるが、中身が無い。
砂防もいらねぇか、山や川のそばに住むのがアフォなのだから。
ほかに、実世界で不必要な分野はないか?

272 :農NAME:03/09/10 01:02
>>270
>買う方からみれば不必要なサービスも多いよ。
必要だと思われる技術力をつける動機づけになると思うが。

>民間は常に無駄な状態。
官と民を対立概念として捉えるのではなく、民間主導が良い場合と
官主導の方が適していると、状況に応じて判断したらいいじゃない。
行政のスリム化とは、要は官の仕事の一部をアウトソーシングする
話でしょ。

>国鉄も赤地線廃止を勧めた結果昭和60年には旅客部門単年度黒字化。
当たり前だろ。無駄な人間や物を捨てまくったのだから。
別段、驚くに値しない。捨てた物のツケが山村に来てるのだが。
別にいいが。

273 :農NAME:03/09/10 01:02
環境○○学というのはホント怪しい。
学部生は間違っても行くな!

274 :農NAME:03/09/10 01:03
官主導がいい業界なんてあるのか??

275 :農NAME:03/09/10 11:16
>>271
>砂防もいらねぇか、山や川のそばに住むのがアフォなのだから。

日本の国土の狭さを知らないアホ発見

276 :農NAME:03/09/10 11:17
>>272
>必要だと思われる技術力をつける動機づけになると思うが。

それにしても無駄が多すぎる。
その無駄は無賃残業強制という形で労働者に跳ね返ってくるんだよ。

>当たり前だろ。無駄な人間や物を捨てまくったのだから。

人を捨てたのは民営化と同時だよ。

277 :●のテストカキコ中:03/09/10 11:19
http://ula2ch.muvc.net/ (このカキコは削除しても良いです)

278 :農NAME:03/09/10 11:22
民間が無駄とか書いてるアホがいるが、役人?教官?
どう考えても役人の方が淘汰されない以上無駄な存在だろう。

279 :農NAME:03/09/10 11:24
とりあえず、国鉄についてはスレ違いではないか?
もうJRになっているわけだし、国鉄じゃなくて
今もって赤字構造をかかえる林野事業を語ってくれないか?

280 :農NAME:03/09/10 11:26
役人のどこが無能なのか。
学問的に批判しない限り堂々巡りが続くだけだ

281 :農NAME:03/09/10 11:36
>>278
何を言っているんだ。
役人になるためには厳しい競争があるし、なった後も競争がある。
だから質が高い人しか偉くなれない。
民間なんで誰でもなれるから、馬鹿も多い。

282 :農NAME:03/09/10 11:37
>>278
民間は全体を統合する人がいないから重複が多くて無駄が多いんだよ。
政府による統制がしっかりしている経済でなら民間も無駄とは思わないよ。
もちろん、生産や流通は必要だからね。ただ、今は無駄が多すぎる。
だから労働環境が悪いんだよ。

283 :農NAME:03/09/10 11:38
役人が無能というより不要、つまり社会的に不要(つまり民間が少ない)な産業。
そんな研究に学問的存在すらあるのか?

もちろん、森林管理は必要だ(ただし林業として勝負出来ない)

284 :農NAME:03/09/10 11:38
>>278
>民間が無駄とか書いてるアホがいるが、役人?教官?

ひどく発想が貧困だな。
むしろ、民間企業に勤めて民間のあほらしさがわかった人が民間批判を
しているのが普通だろ。

285 :農NAME:03/09/10 11:40
おまいらもちつけ(;´Д`)

286 :農NAME:03/09/10 11:40
民間の無駄って何をさしているのか分からない。
民間は経済的にダメなら淘汰されるから無駄な会社はないのでは?

287 :農NAME:03/09/10 11:44
まず、民間なら農学部に関係するところをあげてくれ。
農学部に関係するところで無駄があるところをあげないと、
いくらなんでもスレ違いすぎる。そして明確な根拠を挙げないと
堂々巡りが続くだけだ

288 :農NAME:03/09/10 11:45
>>281
は農業職の役人だろ!
単純に倍率だけ考えれば民間の方が上だろう。
あと民間でも役人でも入ってからは競争はある。
役人は世間との競争がない(身分が安定している)分楽だろう?
入ったら楽だと思うから公務員試験の倍率が高いのだろう?
リストラ導入したら確実に人気は下がるだろ。

289 :農NAME:03/09/10 11:48
役人の財源は税金で、日本がつぶれない限り淘汰されようがない。
無駄があっても役人は損しにくい構造になるからな。
例を挙げれば国有林野事業だ。赤字構造をずっと前から今まで変えない林野庁は
無駄の塊では。

290 :農NAME:03/09/10 11:48
だからぁ〜自分の大学の研究室で専門に就職するところが多いのは、
まだその分野も存在意義があると思う。
就職先が関係ない民間、もしくは役人が多いところは存在意義が無いと考えるのが
一番分かりやすい根拠だろう。
学問的にどうこうという視点で切れば専門以外の人にはさっぱり分からないしそもそも
学問的という意味が漠然とし過ぎている。

291 :農NAME:03/09/10 11:55
就職にしたって教授のコネやら農学関連が活発な地域とか
いろんな要素があって漠然とするわけだが。
どれを批判するのが的確なんだ?

292 :農NAME:03/09/10 11:59
農学板なんだから学生が多いと思う。
学生の共通事項は学問をしているということだ。
専門以外わからないとかいうのは実力がないからだ。
ネットで検索したり、疑問点をあげるとかできるはず。
だから、研究室もしくは研究を基本に批判するのがいいと思う
そこから就職や役人に発展してもいいとは思う

293 :●のテストカキコ中:03/09/10 11:59
http://ula2ch.muvc.net/ (このカキコは削除しても良いです)

294 :農NAME:03/09/10 11:59
教授のコネというのは見方を変えれば教授の優秀性を示すものかもしれんな。
うちの教授はコネ持ってないよ。使えねぇ〜。

295 :農NAME:03/09/10 12:00
>>292
自分の専門以外に関してはわからないのが普通だろう。

296 :農NAME:03/09/10 12:10
鹿児島にある農業物理って何ですか?

297 :農NAME:03/09/10 12:17
本当に>>281のようなDQN役人っているんだな。
たかだか公務員試験(東大兄弟入試よりは楽だろう)に受かったくらいで偉そうに。

298 :農NAME:03/09/10 13:39
>>297
みたいな僻み野郎が反公務員運動やってるんだろな。
役所批判なんて妬み・僻みにすぎないから不毛だよ。
あるいは民間独特の責任逃れか。

299 :農NAME:03/09/10 13:40
>>286
同じような商品を多くの会社が作っていること自体無駄の極致だろ。
少しは考えろ世。

300 :農NAME:03/09/10 13:42
>>288
頭大丈夫?
民間の被害にあっていない役人がなんで民間批判をする必要があるの?
お前こそ民間擁護するなんて役人か?
民間に勤めたことがあればDQN会社勤務の馬鹿馬鹿しさがわかるはずだ