5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

農業を軽んじるべからず!!

1 :おうせい:03/04/03 16:02
今に農業の時代がまた来る. 行け農学部!!

2 :農NAME:03/04/03 16:03
2

3 :おうせい:03/04/03 16:05
なにが2??

4 :侵入生:03/04/03 16:53
若いヤシで就農している数より
農学部に居る人数の方が多いのは如何なものか?


5 :農NAME:03/04/03 17:34
農業は定年退職後でもできるから。

6 :おうせい:03/04/03 17:37
農学部と言うといかにも土いじりばかりしているように見えるが実際には、
は農学は総合的な学問でありそこには化学、生物学、地質学などの多様な
知識、技術が要求される。そのため、農学部の進路があいまいに見え、農g
学部のイメージを悪くしているとすると、非常に残念である。

7 :おうせい:03/04/03 17:48
>5 この農業=野良仕事  というイメージこそ払拭されるべきだ。
これからの農業とは林業や土木業などを含んだ総体的な事業のことである。
人類が抱える温暖化、人口増加、水不足などといった諸問題こそ農学の対象
となる。

8 :農NAME:03/04/03 17:49
>>4
如何なものかって・・・・

現状で若い者が収納しようと想うと、農家の子弟でないと非常にコスト高。
それ以外では農家に婿か嫁に逝くのが最も早道なんだな。
収納希望を表明している人は10万人単位で居るけど、実際収納できるのはその1%程度に過ぎない。

これは農地法の問題でもあるし、農村社会の問題でもある。
なのに学生の数と就農者数を比べるところが既に間違い。

9 :おうせい:03/04/03 17:57
日本の経済体制こそが農業の停滞の原因だ。輸入止めろ国内需要増やせ。今一度鎖国しよう。




10 :農NAME:03/04/03 18:07
>>9
輸入を止めなくても、
消費者が賢くなれば済むこと。

11 :農NAME:03/04/03 18:12
>人類が抱える温暖化、人口増加、水不足などといった諸問題こそ農学の対象
>となる。

地球規模で取り組めと言うのはわかるが、
日本についてはどうだい?
これから、人口はピークの半分になる予測があるよ?
農業は、現状維持で充分では?

12 :農NAME:03/04/03 18:17
そりゃそーだ!

13 :農NAME:03/04/03 18:30
>>11
現状維持も何も毎年4万HA程度農地が減少してるよ。

ちなみに米が過剰に採れてるからといって減反の方向性はかなりまずいな。
もし日本人全員が米を食うようになったら明らかに自給率100%は無理。
もちろん野菜も肉類も無理。

まぁ、せいぜいアメリカやオーストラリア等に媚びて生きるしかないね。日本は。

14 :農NAME:03/04/03 18:33
百姓って、ある意味最も世間に誇れるお家柄じゃあない?
各々の時代で権力者に利用された歴史はあっても、生きかたとしては人としてピュア。
基本的に誰にも迷惑をかけていない。

少なくとも成り上がりの商人や人殺しの武士よりはまっとうだと思う。

15 :おうせい:03/04/03 20:08
最近の農家は我利我利の金の亡者である。彼らが行う今の日本農業に未来はない。
では如何に変えるか。その答えこそこれからの農学が模索するものである。

16 :農NAME:03/04/03 20:43
>もし日本人全員が米を食うようになったら

まずないと思う。

17 :農NAME:03/04/03 20:45
将来農業をやりたい。
でもまずは仕事。
その仕事を見つけられないのが農学部。

18 :農NAME:03/04/03 20:49
耕作放棄地は大量にあるのに何故?
何が問題なの?
具体的に教えて下さい。

19 :農NAME:03/04/03 20:57
↓↓ ちょっとエッチなDVDが今ならなんと!一枚900円! ↓↓
    http://www.net-de-dvd.com/
↓↓ 特売品は、なんと一枚600円!! ↓↓
    http://www.net-de-dvd.com/
↓↓ 数に限りあり!今だけ!早いもの勝ち!急げ ↓ ↓
    http://www.net-de-dvd.com/

20 :農NAME:03/04/03 22:11
>>15
>最近の農家は我利我利の金の亡者である。
というか、生活がかかってる以上、それは仕方ないだろ?
サラリーマンだろうが自営業だろうが、仕事=ボランティアじゃあないんだから。
それに最近の農家は随分大卒経営者も増えたから、金の亡者ではなく、金の使い方がシビアになってきただけだと思うけど。
>>16
そうゆう事態になった時は、日本は終わってるね。
アメ公を敵にまわして戦争といったところか。
>>17
農業を本当にしたいなら、見習関係の募集はかなりあるけど?
特に北海道や静岡・長野・九州あたり。
問題は賃金が安いという事だが。
>>18
中山間地域+後継者がいないからだろ。
それと放棄地扱いしてるのはあくまでも税金対策。


21 :農NAME:03/04/03 23:04
>>10
消費者が賢くなると、逆に国産農作物の売上が落ち込む可能性もあるね。
生協なんかが国産品の差別化のためにポストハーベスト農薬や遺伝子組み換えを悪くいう運動してるけど、
そのでたらめぶりにみんなが気付くとまずくない?

22 :農NAME:03/04/04 00:07
>>21
消費者が賢くなる?
農産物で?
そりゃあ無理ってもんだ。
一般の主婦のオツムは数円単位で野菜の値段の変動を把握した程度で一喜一憂してる程度。
ちょっと裕福な家庭の主婦は「こだわり=健康志向」の農産物という事で、有機無農薬のブランドに飛びついてる現状。
実態も知らないからいいんじゃあないの?
というか、日本の場合食料品は何だかんだ言っても一方的に買うしかないから、自分で選んだつもりでも所詮企業に騙されてるんだよ。

23 :農NAME:03/04/04 00:25
ある意味、日本の農業は消費者が適度にアホでこそ成り立つのかもね。

24 :農NAME:03/04/04 11:07
>>14
前時代までは。
今(戦後以降)は、迷惑かけまくり。

25 :農NAME:03/04/04 12:50
>中山間地域+後継者がいないからだろ。
>それと放棄地扱いしてるのはあくまでも税金対策。

後継者がいないところに、
新規就農希望者が行けばいいのでは?と言いたかったんだが。
実際、役所なんかが斡旋しているだろ?
それとも、中山間地域は、
新規就農希望者は受け入れるより、耕作放棄している方が、
メリットが大きい仕組みになっているのか?

26 :農NAME:03/04/04 12:50
新設しました。
競馬掲示板.COM
http://jbbs.shitaraba.com/sports/6593/dreamin.html

*まずければ、削除して下さい。



27 :農NAME:03/04/04 12:51
>消費者が賢くなると、逆に国産農作物の売上が落ち込む可能性もあるね。

国内の農産物って、海外のものに比べて質が悪いの?
素人発言でスマソ。

28 :農NAME:03/04/04 14:03
>>27
質が悪いわけではないが、質がいいという話に結構嘘が多い。
そしてなにより高い。

29 :農NAME:03/04/04 14:31
>>28
国内産も輸入品も質は同等。
しかし、値段は大違いだから、
消費者が賢くなれば、国内産は負けるという認識でOK?

30 :農NAME:03/04/04 14:51
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

31 :農NAME:03/04/04 15:12
アダルト激安DVD一枚900円!
http://www.net-de-dvd.com/
アダルト激安DVD一枚900円!
http://www.net-de-dvd.com/
アダルト激安DVD一枚900円!
http://www.net-de-dvd.com/
アダルト激安DVD一枚900円!
http://www.net-de-dvd.com/
アダルト激安DVD一枚900円!
http://www.net-de-dvd.com/
アダルト激安DVD一枚900円!
http://www.net-de-dvd.com/


32 :農NAME:03/04/04 15:32
>というか、日本の場合食料品は何だかんだ言っても一方的に買うしかないから、自分で選んだつもりでも所詮企業に騙されてるんだよ。

一般家庭でも、農家から直接買い取る動きがあるが、
この場合は、農家に騙されるってことになるのだろうか。

33 :28:03/04/04 15:40
>>29
同等とまでは言わない。
ものによりけりで、国産がよいのもあれば輸入の方がよい場合もある。

ただ、個人的には値段とのバランスから考えて、
たとえば大豆や小麦などはあえて国産を選択する意味が無い気がする。
畜産も、飼料にまで国産にこだわるのはバカだと思う。

34 :農NAME:03/04/04 17:07
>>33
確かに。
長期保存が利く食材は、輸入の方が
値段的にも労働的にもメリットが大きそうだ。
保存用の農薬と言っても、もともと日持ちするものだから
大した量にもなるまい。
国内の農業は、生鮮類を中心にした方がいいのかもな。


なお、畜産用飼料の国内生産は、
耕作放棄地解消というメリットもある。

もちろん、飼料よりも人間様用を作って欲しいものだが。

35 :農NAME:03/04/04 17:11
食料安保・・・

36 :農NAME:03/04/04 19:29
食糧危機に関しては、
いつでもキチンと芋の生産地として機能する田畑があれば良いんだよ。
当面、そこで何を作っていても良いのだ。
問題は、大豆や小麦の自給率が下がることではなく、
農地自体が減ること。
何を作るかは問題ではない。

37 :農NAME:03/04/05 00:04
というか、日本が食糧危機になる事事態終わってると思うが。

資源のない国
食料自給の概念を捨て去った国
アメリカにひたすら媚びてプライドを捨てた国

そもそも食料を国民に供給する崇高な産業=農業が馬鹿にされてる国家に農地が減ろうがなくなろうが関係ないだろ。
食うものがなくなったら、潔く滅びの美学を堪能しようではないか。


38 :農NAME:03/04/05 00:08
>>34
>国内の農業は、生鮮類を中心にした方がいいのかもな。
甘い!
中国からどんどん輸入されてきてるよ。
国内農業を保護する目的もなんのその、高い関税すらかけようとしない日本の弱腰外交にそんな理想論はないと思われ。

39 :農NAME:03/04/05 00:42
>>38
なぜ保護べきなのか、誰のために?
そのあたりをはっきりさせないと。

今の世の中、外貨がさえあればそう簡単には食糧危機にはならない。
それでも、極めて低い可能性ながら食糧危機が来た時のために国内農家はあるのか?

40 :農NAME:03/04/05 01:25
こんなスレを待っていた…。

41 :農NAME:03/04/05 05:34
>>39
他にも、山崩れ防止や日本の伝統の保全、生態系保護のためね。
中山間地域を特に国がかばうのはこの辺でしょう?

42 :天道虫:03/04/05 13:22
面白そうなスレなので飛び入り。

>>39
>なぜ保護べきなのか、誰のために?
勿論他国に依存する事無く国民の食生活を安定供給する為に、国内農業を保護する名目でしょ?

>今の世の中、外貨がさえあればそう簡単には食糧危機にはならない。」
うーん、確かにそうだろうけど、第二次世界大戦が終わってたかだか60年も経過してないからなぁ。
日本は先人の努力で高度成長を遂げたのは確かに立派だけど、それが未来永劫保障されてる訳でもないでしょ?
どの国でもそうだけど、普通国内の食料生産基盤を確固たるものにして、他産業を徐々に伸ばしてゆくのが理想だと思うけど。
そうゆう意味では、フランスあたりが一番バランスが良いんじゃあないかな。
日本の場合、水資源や風土にに恵まれ、食料を生産する基盤はかなり恵まれている。(ドイツやイギリスあたりからすれば贅沢な話なんだよ。)
特に日本の「水田」の評価は世界的にも評価高いしね。
ただ、その様な理想的で、せっかく今まで築き上げてきた「農地」が安易に減ってる現状はさすがにまずいでしょ?
それに技術者(=農家)もある程度継承者がいないと、そこで生産力も大いに低下するし、未熟な技術者程安易な作業効率を優先しがちなので、滅茶な栽培→商品の安全性度外視路線の方が心配だ。

ただ国の方針に関しては、2点ほど気に入らない点がある。
・無意味な減反計画「奨励」(区画整備及び農地集積化の考えもあるんだろうが)
・農作物に関する外交力の弱さ
特に後者の場合、国内農業を保護する政策を前面に出しながら、一方で安易に他国から大量輸入するなと言いたい。

長文失礼しました。



43 :天道虫:03/04/05 13:31
追加。
一応このスレタイに突っ込んでおくけど、日本の農家は栽培技術面では世界的にTOPクラスだよ。
篤農家が普通に海外で技術指導してるし、育種的な面においても画期的な品種を出し続けてきた。
本来ならすごい事なんだけど、なぜか国内では「農家」のイメージが悪い。
これはこの国のお国柄なんだろうけどね。


44 :農NAME:03/04/05 13:42
>>41
山崩れ防止や生態系保護に農地が役に立つの?
雑木林にしとくほうがいいんじゃない?
たかがン千年前までは日本の国土はほとんどそうだったんだし。

45 :天道虫:03/04/05 13:51
>>44
水田のもつ環境保全的機能等について述べてるんじゃあないかな。
確か・・・洪水防止(もしくは水資源確保)機能や土壌浄化(侵食や地盤沈下防止も含む)機能、更には大気浄化機能や生物保全機能等々。

>たかがン千年前までは日本の国土はほとんどそうだったんだし。
その頃は人類が自然破壊なんてしてなかったからねぇ。
災害が起きてもなりゆきにまかせ、放浪してただろうし。


46 :44:03/04/05 13:57
>>45
いや、言ってることはわかるんだけど、
その辺にどれくらいの有効性があるのかが疑問なんだよ。
水田は基本的にはイネを育てるための場所で、
そこにそれ以外の有効性に過度の期待をしてもしょうがないんじゃないのかなって話。
農家にしてみれば、迷惑なだけじゃない?

47 :天道虫:03/04/05 17:49
>>46
遅レスで申し訳ないが・・・有効性に関しては農業白書あたりに具体的な数値で示されてるよ。
ただピンとこないのは事実だけどね。

>水田は基本的にはイネを育てるための場所で・・・
それはその通り。
ただ日本の「水田」は何世紀もかけて培われてきたものだから、稲を作る環境は他国の比じゃあないらしいよ。
ある意味国のお