5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人間のクローン・遺伝子操作と倫理

1 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/20(火) 22:04:25
クローンや生命操作に人権を重ねるのは間違ってる
実際、一卵性の双子はいるし、身体障害者もいる。
なにより科学の発展に大きく貢献するし
クローンや生命操作して何が悪い?

2 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/20(火) 22:13:42
2だお

3 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/20(火) 23:03:09
動物や植物などの一連の存在のことを総称して生物(せいぶつ、organism)と呼ぶ。

最も明確に生物を定義する特徴は、それが細胞から成り立っているということである。その他に無生物から区別される一般的な特徴として、生物は、自己増殖能力、エネルギー変換能力、恒常性(ホメオスタシス)維持能力という3つの能力をもっている。



4 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/20(火) 23:04:19


生物の個体は何らかの形の自己複製によりその祖先(親)から誕生し、そのほとんどは恒常性の破綻とともに死を迎える。その間のエネルギーを変換しながら活動している状態が生きているということであり、
そのことから生き物とも呼ばれる(生命)。生物と非生物の境界領域にウイルスやリケッチアがある。慣習的に自己増殖能力を持たないウイルスは生物ではなく、細胞からなるリケッチアは生物に入れられる例が多いが、
リケッチアも自己増殖能力がないため、境界領域においてはこの3つの能力を基準にした厳密な線引きは難しい。



5 :名無しゲノムのクローンさん:2005/12/22(木) 01:04:39
で、私はどこまでなんですか?

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)