5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

   ■長野式鍼灸治療法■   

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 22:05:06 ID:Sg6iY9jl
長野式について専門家が語るスレです。
質疑応答や臨床例の報告も歓迎。
基礎的な質問が来ても親切に答えましょう。
2ちゃんねるらしくない良スレになりますよう。

2 :漂泊の2ゲッター:2006/06/21(水) 22:09:42 ID:TB5oA2A3
 2ゲット
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      .∩∧,,∧           (´´
    ,,,,,,,,,,ミ゚Д゚,,彡        (´⌒(´
  ど,,,,      ,,,,,二⊃≡≡(´⌒;;;≡≡≡
     ~''(,,,,,づ゙゙  (´⌒(´⌒;;
   ズザーーーーーッ!!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 12:05:26 ID:IuEMYyDl
下垂処置age
良スレの予感。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 15:39:38 ID:Vprzy1Lz
age

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 15:53:39 ID:2LhjUDY+
ん?
長野県の鍼灸がどした

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 03:16:17 ID:IwBhqelp
内科系疾患には著効があるが整形外科分野には少々弱い。
急性の腰痛を長野式で治した先生の臨床報告キボン。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 16:17:22 ID:g4uvL+ha
>>6
「わが30年の軌跡」では、「ありふれた腰痛などの症状は割愛した」と記述がありますね。
腰痛に対処できれば鍼灸で食っていけるのだから、その点は言及してほしかったですよ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 17:43:34 ID:xnLzYL4t
>6 内科疾患は全般的にですか?
著効があるのはどういう種類の疾患でしょうか?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 15:52:43 ID:mhztTBmD
分泌系じゃないのか。
本書を読めば判る。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 23:24:11 ID:Yu4oeMhq
>>7
長野式では腰痛の場合、筋の起始停止部にも治療点をとることがあります。
急性腰痛も高確率で効きます。
基本は脈と腹診とツボ探しがキモです。ツボにあたらないと利きが悪い。



11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 00:14:35 ID:6X8ttlcb
>>10
弟子だった松○さんがイヒコンどうのと言っているが
長野先生自身は言及していないね。
[心に残るカルテ]ではすくなくともそういう記述が見当たらないし
[30年の軌跡]ではそのものに触れていない。


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 00:36:19 ID:wB5VOQAC
>>11
長野先生の著書をよ〜く読むと、ツボ名ではなくて絵で腰痛の治療エリアが
記載されていたんですよ。それって起始停止だなあと。
長野先生の著書は穴が開くように読んでます。
だって、亡くなっているから質問ができない。
一行の意味をものすごく考えながら大切に読んでます。俺のバイブル。

長野先生はイヒコンは脳底動脈血流促進処置として使ってる。
でも、実際にイヒコンは腰痛にも効く。
それは長野式以外の流派でもやってる人が多いみたい。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/14(金) 11:50:55 ID:0aVrBRsB
長野先生の御子息が引き継いでいますね。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 01:25:14 ID:AZ7JWEvb
長野式は現在2つの流派に別れているよね。
御子息と松本氏の二つに。
皆はどっちで勉強してるの?


15 :シュワッち:2006/07/15(土) 02:25:40 ID:OfYsU1p4
両方!

自分は長野先生の打ち方=手技は難しいので、松本さんの手技でする事多い。
診断法は折衷。
圧診で処置法の見当つけた後に脈を診ると、脈診の勉強できる!

確に運動器系はちょっと弱い様に見えるけど、回数重ねたら普通の鍼法より
予後がいいし、元々手技療法を専門にしてて成り行きで、今鍼打ってるなんちゃって
鍼灸師の自分でも、何十年来治らずに治療所巡りしてた運動器系疾患の患者さん
数人を長野使って治せた。患者さんびっくりしてたよ。
経絡テストや長尾の新鍼法も使ったけどね。

で腰痛!
自分はまず
1)胃の気→T11・12V鍼
2)腹部於血・※重要(必要なら頭部も)
3)帯脈・※重要
4)水毒+腎強化(場合よったら片寄り?処置)
5)屈伸

だいたいこれで腰痛治るよ。



16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 14:13:50 ID:/lqj2teF
>>14
ですね。
やはり康司先生(御子息)のほうが
どっちかというと大先生の流儀を継いでいますね。
松本先生の方は自分で「松本風長野式」と書いていますし。

17 ::名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 16:02:03 ID:JHlfiKFc
屈伸とメマイ点の取り方を教えて欲しいんですがどなたかお願いします

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/31(月) 22:05:01 ID:Zok0r9Ko
水毒+腎強化ってどうやるのか是非教えてください!

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/31(月) 23:12:19 ID:WVpReDPX
>>1乙!

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 16:45:43 ID:lB0pz6ul
「片寄り」じゃなくて「カスイ処置」でちた・・・

実は!自分は講習会にでた訳じゃなくて、
友人に初歩を習って後はビデオや書籍での独学の初学者だから!
もっとエロイ人に答えてもらおうと思ってたんだけどね。

その程度の知識で良ければ!

先ず屈伸
1)後腸骨棘付近の外方骨際の圧痛点
もしくは
2)仙腸関節の外方(腸骨の際)で1)付近〜下方3,4寸内の筋硬直部3点

1,2とも寸6-3で帯脈方向に刺入して骨膜に当てる。
長野先生は1)を使ったもっと難しい手技だった、こっちの方が正確に取穴出来れば
良く効くけど。

水毒+腎強化
水毒
@水分を圧して、圧痛有れば適用
A左右の気穴付近を圧して、圧痛側(両方なら両側)の
上太白、漏谷、箕門、金門
に寸3-2で置鍼10分
腎強化
水毒後、水分の圧痛がとれて無ければ
B側臥位になってもらい、寸6-3で
志室(脊椎方向に1寸程硬結溶く様に雀啄)、→腎兪(大腸兪方向に水平鍼で鍼柄迄入れる)→大腸兪(肛門方向に1寸程志室の要領で)の順に刺鍼。

*必ず側臥位で両側行う事。

腎強化は、遅脈のカスイ処置でも可(両側)


詳しくはビデオ視てくれりゃ!

21 ::名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 20:36:25 ID:ZM3xEoyR
20さん ありがとうございました

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 22:33:28 ID:Xj+JWfOE
すばらしい、長野式。
下垂処置とはなんですか?また、どうやるのですかぃ?

23 :ACCA1Aao132.tky.mesh.ad.jp:2006/08/02(水) 00:34:59 ID:la/Mhp+B
中気下陥を治すってことでしょう?

24 :シュワっち=20:2006/08/02(水) 01:51:07 ID:lK9ALYWD
下垂処置っすか?

意味としては内蔵下垂により発生する諸疾患を治す処置法
長野を中医に置き換えようとすると、間違えるよ!

@脈が尺落(尺中が落ち込んだような脈)で下腹部が虚の状態で適用。
A股関節を圧して痛い側+鎖骨下(気戸付近)の盛り上がっている側に行う。
B数脈なら、寸3-2で内陰(陰谷より上5寸、補)+伏兎(補)+風市(直刺)+
ゲキ門(長野式=曲沢のした3寸程の処。補)+尺沢(直刺)+気戸(付近硬結に当てて
数_外方に水平刺)
置鍼10分

B遅脈なら、志室+生辺(大腸兪外方、肩甲骨内側線と腸骨棘との交点)+
大腸兪の硬結に寸6-3で、肛門方向に硬結を溶く様に雀啄しつつ1
寸程刺入だ。

25 :シュワッチ:2006/08/05(土) 03:04:37 ID:9jA/7RL0
下垂は帯脈処置でも応用可能!

こら、書いたんだから教えて君リアクション頂戴!

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/05(土) 15:16:16 ID:s0WkyE7M
>>15
シュわっちさん >経絡テストと長野式の併用
これおもしろいですね。 所見はどんなかんじになりました?

27 :ととろ:2006/08/05(土) 17:37:15 ID:U1GvmwyF
やっと見つけた!長野式のbbs!みなさんよろしくお願いします。
私は独学で長野先生の本2冊、ビデオ、医道の○本の症例を参考に臨床をしています。

シュワッチさん、帯脈処置は座位でされますか?仰臥位でされますか?
私は今のところ仰臥位でしています。患者さんの心理的不安があるかと思いそうしています。
御意見お聞かせ下さい。

28 :シュワッチ:2006/08/05(土) 18:28:57 ID:9jA/7RL0
オイラがスレの中心になってしまった・・・怖ぇ〜
ちゃんと長野式の勉強会に出てる人頼むよ〜

自分の場合、先ず長野で元を整えてみて(それで8,割は取れる)、
もう少し緩和したい場合に補助手段として経絡テストや長尾の新鍼法、奇経治療、
深谷灸を使います。
ちゃんと勉強会で習えば、どれもそれだけで臨床に間に合う技術
なんですが、全て独学なので長野以外は使えるとこどりしてます。

例えば50肩の患者がきたら、先ず長野式で治療してみます。
その後腕を挙げてもらい患者さんが納得いってなければ、経絡テストで
皮内鍼(だいたいゲキ穴1,2穴でこと足ります)を固定して効果を高めて帰って
貰います。

このやり方は自分に最初に長野式を教えてくれた先輩がやっていた方法です。
先輩は奇経と経絡テストを併用してました。

帯脈処置はベットの配置の都合上、仰臥位よりも側臥位で行う事が多いです。
何と無くスジに当たらず効果の薄い場合は、座位で行います。
座位の方が刺激が強くなるようなので、深鍼に恐怖感のある人には側臥位か
仰臥位、それでも駄目な人には奇経治療の帯脈を灸で行って代用しています。

独学者の方、多分私以上に長野式を研究されていると思いますが、
私は常々、長野式は修得が比較的簡単でしかも効果が高い分長野先生や松本先生
がそうである様に、本当に使いこなす為には古典系の勉強をしっかりと行う必要が
あると思いますが、どう思われますか?
私は長野式の為に今は藤本蓮風先生の臟腑経絡学と神戸中医学研究会の
中医学基礎を勉強しています。


29 :ととろ:2006/08/05(土) 23:28:03 ID:Q8ZuXgk1
シュワッチ様、お答え有難うございます。私は今、自己流ですが毎日先生の本を読み、何故その処置をしたのか、どこがその症状の原因なのか考えながらしています。
以前はパルスをしたり経絡治療をしたり、シラクをしたりetcです。
古典系はあまり勉強してません。長野式を自分なりにやっています。
できれば、長野式の症例研究をお互いの経験のもとに深めたいんですが・・・
最近思うのは、反省も含めて症状の根本原因、特にヘントウ処置をしっかりすることだと思いました。
自分の娘(10歳)の体験、突然頭痛、オウ吐,ホルモンバランスが完全ではなく、もともと扁桃腺肥大もあるため
自律神経の乱れが起きたと思い、脈、細、沈、胃の気なし、ヘントウ処置、ショウ海、手三里、、支溝、20分置針
脈少し膨らみが出る。背部、大椎、命門、足裏代3足し横紋へ置針してすぐに頭痛がないと言ったので驚く。
実はこの症状先月もあり、ヘントウ、お血、胃の気3点と次りょう、上りょうに置針等いろいろやって少し楽になったけど、またすぐに痛み出して結局、頭痛薬をのませたのです。
今回は、ヘントウにしぼり、あと足裏代3足しがすごく効きました。







30 :ほね:2006/08/05(土) 23:56:54 ID:U/qP/Hlx
帯脈を座位で行ったら脳貧血を起こさないですか?

31 :シュワッチ:2006/08/06(日) 02:18:10 ID:nMOmd7Y7
>>30
場合によっては。
なので座位で行う時には、患者さんの耳をみながら
白くなってきたら注意して、おっかなびっくりしています。

>>29
ととろ様、レスの内容を読むと私より経験豊富な方の様ですね。
私の様な成り行き上鍼灸をしているなんちゃって(私の本門は手技なので)
では失礼な気がしてなんだか恐縮致します。

以前先輩から習った際に処置をかける順番があると教わりました。
@胃の気処置→効果薄ければ血糖値調整それでも出なければ帯脈
A偏桃処置→効果薄ければ帯脈や章門を加える。
B於血処置(頭部、腹部)
でCその他の処置に移る!
この@〜Bの処置は必ず診てこの順番で処置しろ!と言われました。

私の場合@のみ先ず行い、高齢者の福祉施設で働いてますので帯脈処置をしてから
ABCを同時に行う様にしています。
ですので天枢に出ていなくても偏桃処置は結果的に必ず行う形になります。

今患者さんの中に耳鳴りを伴うメマイやフラツキを主訴とする方がおられる
のですが、乳様突起付近の硬化を緩ませることを目的にして
偏桃処置と帯脈処置、頭部於血処置を中心に腎経の気水処置と筋緊張緩和処置で
大分良い効果が得られました。



32 :シュワッチ:2006/08/06(日) 04:53:06 ID:nMOmd7Y7
つづき

若い頃旦那さんが酒乱で良く左耳を殴打されていたのがどうも耳鳴りやメマイ
の原因らしく、私の本門を加えて言うと

顎関節のズレ→頚椎4番のズレ→慢性的な耳鳴り→頭部於血
→フラツキ
また
顎関節のズレ→股関節のズレ→体の捻れ=帯脈→偏桃腺付近の腫れ→偏桃腺炎
(見事に本の通り膝痛、腰痛も併発しています。)

大分ハショってますがこういう経路で主訴が出現したと思われます。

ですので適せんに副腎処置を加えて顎関節の治療も
併せて行ってますが、ほとんど主眼は偏桃処置とその仲間達!の処置を徹底的に
行うばかりで、これだけでかなり緩解しました。

ととろ様の仰る通り、偏桃処置はとても大切ですし実に応用が広いですね。


33 :ととろ:2006/08/06(日) 08:01:29 ID:+fIlk+GS
シュワッチ様!有難うございます!。今私は、扁桃処置と同時に、ユ府もいれています。
ほとんどの痛みに対して、ステロイドを使用していることを考えると、大勢の方に副腎機能低下があるとおもいます。
それと、炎症の際、好酸球が増えるそうで、これを抑えるのにステロイドを使用するようです。
なので、扁桃処置+副腎処置はこの全身が炎症を起きやすい状態にする好酸球を抑えるのではないかと勝手に思っています。
ちなみに、私の5年来の捻挫の痛みに、毎日扁桃点へ温灸をしていると痛みが楽になってきました。
関節周辺の治療では返って痛くなり困っていましたが、改めて長野先生が残されたものの素晴らしさに感動です。

それと私も20数年、何度針をやめようと思ったか・・・でも自分を必要としてくれる患者様に助けられました。
それに、長野式に出会い臨床が好きになりました。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 10:12:37 ID:p+rmOpck
>>32 >>33
扁桃処置って曲池か尺沢だけでいいのかな?と
ビデオなどから勝手に解釈してるんですけど
お二人はどのようにされてますか?


35 :ととろ:2006/08/06(日) 13:51:43 ID:rAyNjRlD
34さん、是非永野先生の本2冊手元に置いて臨床のつど読んでみて下さい。
扁桃処置ですが、本、30年の軌跡の中で扁桃7点として出てきます。
天ユウ、手三里、照海、大椎です。私の症例29で書き落としていますが、天ユウにも置針しています。
この扁桃点の置針、温灸で天ユウの圧痛の変化を見ます。処置がうまくいくと治療終了時に天ユウの痛みがとれ
主訴も良くなっています。それと、脈は分からないなりに診ておくとよいです。
力のない弱い脈が、丸みを帯び力が出る変化を覚える積み重ねが大事です。
あと、腰痛も糖尿性神経痛の症例が本にもありましたが、先日そのような患者さんが来られました。
脂肪肝、痛風、糖尿の気がある人、去年も腰痛で来院。
前回は脈、細、やや沈、緊でしたが、今回細、緊、数100(1分間)
右扁桃の圧痛強、腹部お血、(左天枢、左大巨)運転5時間した後から痛む。会社経営
ストレスによる交感神経の緊張、脂肪肝による腹部の血液循環の鬱滞、過労による免疫低下、
のからまった糖尿性の神経痛と判断。
免疫強化、お血、ユ府の置針をしながら、胃の気3点、右関門雀啄、関門の雀啄中にお腹がぐーと鳴って動く。
腹部お血の圧痛を見ると取れている。扁桃点に温灸。
背部は数のため避け、C7、T11、L4の椎間刺鍼。そこに温灸をのせ、左会陽に雀啄、温灸が終わった時点で抜刺
あー楽になった!と一言。局所をせずとも治るんだと感動!
3日後来院された時は脈72(1分)に落ち着いていたので、前回の処置に背部局所追加。
痛みは前回治療後楽だったが、今日は50%痛みあり。
扁桃、お血と血糖処置に重点を置き治療。いろいろ持病があるので自宅での温灸をするよう説明し1週間後に来院するようお話しする。
あー日記みたいですが、腰痛にもいろいろ原因があるという一つの症例でした!


36 :ほね:2006/08/06(日) 19:43:04 ID:z/H98fpG
左会陽を取穴する時どの方向に刺入すれば良いのでしょうか?

37 :ととろ:2006/08/06(日) 21:20:59 ID:+fIlk+GS
ほんとーにどなたか講習会受けた方おられませんかー?
えーとまず、ほね様は今臨床に長野式を使われていますか?私はまず自分の体に自分で打ちます。なので時に千手観音様のような手が背中についてるとどんなにいいかと思います。(まじで)
最初少しずつ試して、今は長野先生の本を頼りに臨床の積み重ねです。
ほね様は、先生の本2冊、ビデオ2本でしたかね?持っておられますか?
私は地方のど田舎暮らしですので、これらの物で試行錯誤なんで、正しい答えではないことを頭に入れておいて下さい。
左会陽付近を押して圧痛のあるところに取穴します。本では肛門へ向けてとありますが、あまりひびかせないようにしています。
私の患者は針灸初心者ばかりなので、終わった後気持ち良かったと思わせるよう心がけています。
必ずそういう患者様はリピートして下さいます。
それと病態の把握を頭の中で描きながら、腹部の血液がここらへんで滞こうっているとかイメージしながらするといいと思います。
あっ、35の症例は>今日は50%痛みあり。→2回目来院時のことです。


38 :ほね:2006/08/06(日) 22:18:36 ID:Msyzcavw
ととろ様
ありがとうございます。
本もビデオも持っています。あと松元岐子先生のビデオも。
しかし難かしくて苦労しています。

39 :ととろ:2006/08/06(日) 23:04:27 ID:+fIlk+GS
ほね様、お互い頑張りましょう!私の地域の人は、まだまだ針灸経験者が少ない地域です。
カイロ,整体、テルミーが一般的です。針の患者様の方が良さがわかればリピートがいいです。

私も一時松本先生に傾倒しましたが、もう一度長野先生の患者のとらえ方、病態把握の考え方を読み直し
長野先生の基本に添うようにしています。あれやこれや処置を変えるより、中心になる病態をの原因を見極めることだと思います。
新治療の探求は、患者様が帰られた後、関係する症例を読み直します。
脈の変化や、腹部お血の取れる変化、あれほど固い天ユウが柔らかくなる変化、本当に感動で不思議でおもしろいです。
長野先生が歩まれた道を、はるかずーと後から歩かせて頂けることに感謝です。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/06(日) 23:22:13 ID:frsA7cFd
>>35 
ととろさん、丁寧なレスをありがとうございました。
私も皆さんと同じで本とビデオで独習です。まだ始めて一ヶ月弱ぐらいです。
松本先生の処置が扁桃は曲池だけっぽい印象だったのでお尋ねしてみました。
 (他の処置で照海などは重複するような場合もあるようでしたが)
確かいずれかでお血があれば必ず扁桃があるような発言があった記憶がありましたので
あきらかな扁桃適応でない場合などは尺沢で表裏ふまえて済ませてるのかな?という
疑問もかんじていたのです。

2chみてるかぎり、鍼灸師による書き込み自体が少ないようなかんじですよね。


41 :シュワッち:2006/08/07(月) 00:21:18 ID:D+2f75mZ
>>32
扁桃処置は私の場合、右天枢の圧痛の有無をみて行うか否かを
判断します。後は脈診で肺・大腸の脈に変動のある時ですね。
どうゆう変動かは本を読んでもいまいち分かりづらいので、研究中です。

で、私の場合は多くは他の処置との併用ですので天ユウ反応側の
尺沢を天枢の反応が消えるまで雀沢します。

これで反応が薄い場合は
1)反応側の
 照海、手三里、天ユウに刺鍼して、手三里雀沢
 (魚際に圧痛があれば、手三里の変わりに尺沢)
2)帯脈処置
エイ明に圧痛があれば、
3)圧痛側の章門に刺鍼、雀沢
1、2、3のどれかを行い、右天枢の反応を診ます。
それでも消失していなければ、扁桃7点に8分灸を7壮づつ
します。
 私の数少ない経験上お灸まで行くのは、風邪をひいて・・・等余程の時
ぐらいですが鍼だけより、お灸を併用した方が効果は高いようです。
ととろ様のように温灸をするとゆうのは、良いですね。
やってみます。

ととろ様がイメージの話をされていましたが、
長野式で補鍼の雀沢をする際、雀沢を呼吸に合わせながら経絡上を通って
気をその穴に引き寄せるイメージを持ちつつ中の硬結を緩める様に行うと
感じが良いです。

>>36
私は、左会陽から陽関穴に向かい2寸-4で水平刺しています。
中々難しいですが、うまくすると1寸6、7分程入ります。

ほね様、
私ここで偉そうな事を書いておりますが免許取得して6年、鍼を
本格的に初めて2年程の初学者です。
ととろ様のような豊富な見識と臨床経験に裏打ちされた方からみれば、
まだまだ勉強不足の青二才です。
ですが、長野式はそんな私でもとても高い臨床効果を得られる大変優れた
治療体系を持っています。そして独学でも多くを身につけることができ、
鍼の臨床の面白さを教えてくれます。
(学生に鍼の面白さを教えるのに最適と思い私の母校の教務主任に
卒業後紹介したところ、私が紹介したからだけではありませんが数年後
カリキュラムに入っていました。晩年の長野先生に師事された講師が教える
とのこと、ちょっと悔しかったです。)

手技は少しづつ少しづつおっかなびっくりしながら、習得してみて下さい。
長野式ならば数ヶ月もあれば大体間に合うぐらいの手技は身につきます。
手先の不器用な私でもすぐに使えるようになりましたから。
また同じ処置でも今回の様に何種類かあることがあります。私の場合は
一番自分が理解し易い手技を選択して研究しています。
全て正解ですので、色々と自分にあった物を見つけてみて下さい。

頑張って下さいね!



頑張って下さいね!

42 :ほね:2006/08/07(月) 00:38:33 ID:wskAlaJw
シュワッち 様
大変分かりやすく説明して頂いてありがとうございました。
がんばります。

43 :シュワッち:2006/08/07(月) 00:41:18 ID:D+2f75mZ
>>20
済みません、訂正です。
志室でわなく、京門でした。

私個人の感想として、松本先生の方法だけでは松本先生に直接師事
されている方はともかく私のような鍼灸初学者はパターン療法になってしまう
恐れがあるように思います。
長野先生の方法は初学者の独学者には大変難しいですが、長野式を
融通無碍に使いこなすには、やはりととろ様の仰るように長野先生
のやりかた考え方を理解できるように挑戦する必要があるのではないでしょうか?

まづ、松本先生の方法を身につけて少しづつ長野先生の方法を身に
つけるのが早道かな〜と、鍼灸初学者は思います。


44 :ととろ:2006/08/07(月) 07:50:11 ID:r2XI7L0N
皆様の貴重な御意見とても参考になります。
扁桃処置ですが、ビデオ入門編で、長野先生が手三里に雀啄しながら天ユウがゆるむか見ておられたようなので、私はまず天ユウの圧痛で扁桃処置を決めています。
右天枢も肺状態の参考にしますが、圧痛がある場合お血として、同側の陰陵泉、中封を取ります。
尺沢は魚際の圧痛(肺の炎症がある、またはあった)と見て、単独または気水穴で取ります。
先生は腎系を内分泌、あるいは副腎機能としてもみておられ、これは免疫機能も含まると思います。
なので、免疫処置は照海(フクリュウ)も入れています。

私の使っている温灸は中国式とかで穴が狭く熱が1点に集中し、めちゃ熱いです!
でも時間短縮になり助かります。

私などは年月だけ過ぎているだけで、長野式は6年ぐらい前からやっています。
まあ、死ぬまで体が動けばできる仕事なので気長頑張ろうと思ってます!

2ちゃんねる初めてなのでレスのつけかたわかりませーん


45 :ととろ:2006/08/08(火) 14:05:32 ID:ININaVwR
内臓下垂による急性腰痛の症例
60代女性、3年前に膀胱炎気味、肩こり、腰痛で来院
2−3日前より痛み出す。ウエスト辺り、右<左が痛い、腹部軟弱、帝王切開2回ケロイド状になっている。
脈、細、沈特に左<右(ほとんど左は触れない)腎虚、左半身は以前から右より冷たい。
夜中トイレに3回起きる。トイレがとても近い、残尿管はない。内臓下垂のための腰痛と思う。
天枢に圧痛、お血(左)
扁桃処置、お血処置(左)置針しながら胃の気3点、下垂処置(帯脈、気戸)、側臥位で左京門、志室、大腸ユに補針し温灸。
起きる時楽になったと言われる。自宅で温灸指導。
2回目、2日後、肩、背中、右ひざ内側の痛みあり。腰はだいぶ良い。
上記の処置に背部椎間刺針、仙骨部、等処置を追加し5回目に夜中のトイレが3回から1回になり頻尿がなくなる。
腹部も初診時、ぽっこり飛び出したような感じがなくなる。
更年期以降、下腹部を手術経験のある人に多い腰痛だと思います。
長野式の下垂処置がよく効いた症例でした。







46 :ととろ:2006/08/08(火) 22:40:11 ID:ajr02Jvm
>6さん、読んでますか?腰痛といって来る方も様々です。
も一つ、これは卵巣性座骨神経痛かなぁ?
50代、女性、1カ月半ぐらい前に来院、左殿部痛、腹診すると下腹部全体が固い、特に左はそけい部付近まである。
左卵巣肥大4・7cm、生理は毎月来る、病院では様子をみるとのことで、特に処置なし。
子宮筋腫による骨盤内を圧迫されての腰痛と推測。
脈、細、緊、やや数、反応するところに基本処置。扁桃、お血、卵巣肥大、子宮筋腫にれい溝、ソケイ部の反応点に補針、帯脈。
仙骨部反応点補針etc自宅で温灸指導。2回の治療で良くなっていたので来なかったそうですが、8月に入りまた痛む。
今回顔が蒼白、脈が表面が固く中が空洞のように力がなく、血管が拡張しているようだ。
貧血ですか?と聞くと、貧血の数値(ヘモグロビン多分)6!通常の半分で貧血の注射と飲み薬服用。よく動ける!
これがこう脈(ネギの茎を押さえたときのように、中が空虚に感ずる脈、大出血の後にみられる)
かなと思う。足りない赤血球を血管がなんとか全身に送ろうとしているようだ。
今日は前回の生理日から10日目とのこと、多分はい卵前のはい卵痛のようなものがひどくなっているのかと思う。
前回同様の処置に内関、三陰交に補針と温灸。脈は普通の幅にもどり力のある脈になる。
顔色も赤みがさし、腰も楽になったとのこと。自宅施灸を指導。次回1週間後ちゃんと来てね!
本当に臨床例を書くのは大変!ではまた!




47 :ととろ:2006/08/08(火) 22:42:20 ID:ajr02Jvm
>6さん、読んでますか?腰痛といって来る方も様々です。
も一つ、これは卵巣性座骨神経痛かなぁ?
50代、女性、1カ月半ぐらい前に来院、左殿部痛、腹診すると下腹部全体が固い、特に左はそけい部付近まである。
左卵巣肥大4・7cm、生理は毎月来る、病院では様子をみるとのことで、特に処置なし。
子宮筋腫による骨盤内を圧迫されての腰痛と推測。
脈、細、緊、やや数、反応するところに基本処置。扁桃、お血、卵巣肥大、子宮筋腫にれい溝、ソケイ部の反応点に補針、帯脈。
仙骨部反応点補針etc自宅で温灸指導。2回の治療で良くなっていたので来なかったそうですが、8月に入りまた痛む。
今回顔が蒼白、脈が表面が固く中が空洞のように力がなく、血管が拡張しているようだ。
貧血ですか?と聞くと、貧血の数値(ヘモグロビン多分)6!通常の半分で貧血の注射と飲み薬服用。よく動ける!
これがこう脈(ネギの茎を押さえたときのように、中が空虚に感ずる脈、大出血の後にみられる)
かなと思う。足りない赤血球を血管がなんとか全身に送ろうとしているようだ。
今日は前回の生理日から10日目とのこと、多分はい卵前のはい卵痛のようなものがひどくなっているのかと思う。
前回同様の処置に内関、三陰交に補針と温灸。脈は普通の幅にもどり力のある脈になる。
顔色も赤みがさし、腰も楽になったとのこと。自宅施灸を指導。次回1週間後ちゃんと来てね!
本当に臨床例を書くのは大変!ではまた!




48 :ととろ:2006/08/08(火) 22:59:14 ID:ajr02Jvm
↑すみません!2重投稿してしまいました。消し方がわかりません!

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/08(火) 23:11:21 ID:9Y04M3Mc
>>48
こんばんわ ととろさん。 >40です。
2chは書き込んだら消せませんよーw

レスのつけかた覚えられたようですね。
ちなみにご存じかもしれませんが2ch専用ブラウザ使うと楽ですよ。
個人的なお薦めはjane doe view もしくはjane doe style です。
view>http://www.geocities.jp/jview2000/


50 :ととろ:2006/08/09(水) 08:10:03 ID:aJ4LBZPr
げっ!!知らんかった・・・>40さんありがとう

こんな臨床例書いてもつまらんのかなぁ・・・他のbbsみたいなバトルがいいんかいなぁ

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 15:08:09 ID:FrXWymWO
つまらなくはないです。むしろ興味持ってみてますよ。
ただ会話に繋げられるような知識がないだけで・・orz

あ。 すごく初心の質問なのですが、レイコウやケイキョとかは
どういうふうに刺針するのでしょうか?

52 :ととろ:2006/08/09(水) 16:18:12 ID:SzilSBL+
>51さん、もう書くのやめようかと思ったけど・・・反応ないし
私も長野先生やいろんな先生の症例報告がすごくためになったから・・
生きた臨床の記録はすごく勉強になるので、他の方のも知りたいです。
でも漢字が大変で・・・

ツボは補法で刺しています。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 17:35:27 ID:FrXWymWO
>>52
すいません。症例報告出来るほどの事がまだありませんので・・
ととろさんはネットのみでなくPCに関しては浅いようなので
そちらなら手助け出来ますがー。
ちなみに無料で公開されてる東洋医学辞書で
http://www.vector.co.jp/soft/data/writing/se293778.html
こういうのがあります。少しは漢字変換が楽になるのではないでしょうか。
他にも無料辞書ではhttp://aeam.umin.ac.jp/siryouko/unicodedic/unicodeimedic-ver2.htm

臨床経験が少なく長野式とはいえないので
こうしたら腹部所見が寛解したという生情報程度のことならば。
アトピーで来院の女性に長野式を試してみる。腹部所見からオケツなどの処置を施した
後、腹部をみる。左悸肋部から中カンにかけての気持ち悪さはとれてない。
自分の覚えてる範囲ではこれに対応する処置がないorz・・ので、左太衝を試して寛解をみた。 
長野式じゃなくってすいませんw 後、刺絡と背部穴反応をみて、築賓肩ぐうに灸を指示して終了。

54 :ととろ:2006/08/09(水) 18:09:03 ID:SzilSBL+
>53さん、ありがとう!臨床は孤独な作業です。できればいろいろな臨床のことを語り合いたかったんです。
できれば長野式をしている方と・・・
また夜に書きます!

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 18:26:52 ID:Y1E/aJX9
作家の宮島鏡
前代未聞の衝撃作、オンパレード!!
少女への愛、人を殺す呪いに関することならおまかせください!!
宮島の本は日本図書館協会が大絶賛!!

http://www5a.biglobe.ne.jp/~kongen/


56 :ととろ:2006/08/09(水) 21:26:03 ID:aJ4LBZPr
>53さん、うちのはなんちゃってPC(PCじゃないのだ)だからりようできません(リンクが)
ガンバッテ書こう!

お血は肝と関係が深いと、新治療の探求の中であります。
ちなみに私のお血処置(扁桃、ユ府も一緒にします)
尺沢ー中封(お血のある側)
上腹部痛(右関門ー中カンー左関門)−照海+ユ府(緩脈)
中カン圧痛ありー内関+三陰交
右悸肋部強めに押して、固さ、圧痛あるとき(肝実)−右フク留+ろう谷+ゲキ門+少海
あとお血のある側の帯脈、右関門もいいと思います。
T7、左会陽、お血の周りに補針も大事!

私は中医も、古法も知りません、大昔、弟子入りした脈診の先生に鈍くて見限られたやつですが
こんな私でも、患者さんに喜ばれ、リピートして頂けるのは長野先生始めいろんな方の症例報告のおかげです。






57 :ととろ:2006/08/09(水) 22:12:03 ID:aJ4LBZPr
>47の症例の続き 忘れて気ずいたこと
1週間後、左殿部の痛みあまりない、左そけい部が痛む。
前回、その日は少し疲れが出て寝ていた。翌日は大丈夫。
脈、細、緊。腹部、左そけい部まであった固さが2−3cm内側まで引いている(あらー卵巣が小さくなった?)
天ユウ+→扁桃処置
魚際+→肺気水
細、緊→ふく留+ユ府
子宮筋腫→商丘+陰リョウ泉、れい溝
これで胃の気をして手三里の雀啄して脈を診ると緊が残ってる?!ありゃ?と思いながらも抜刺。
えっ!ユ府忘れてた!もう1度、ふく留ユ府に置針、気海、サン竹に軽く切皮で微弱な雀啄
脈を診ると緊が取れていた。
細、緊、数は交換神経の緊張、更年期のホルモンのバランスが崩れるときにみられると本にあったが
女性ホルモンが減少すると拮抗的に甲状腺ホルモンがこう進するので、ユ府は忘れてはならないツボだと実感しました。
以上、ど忘れから学びました!






58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 22:48:38 ID:Kfun8kh6
いたいのは苦手です

59 :シュワっち:2006/08/10(木) 00:21:54 ID:h/VLfU0E
ととろ様
遅レスで申し訳ありません、中々書き込み出来ませんで。
症例報告、とても参考になり有りがたく読ませて頂いております。
私もととろ様の様に長野式を使いこなせると良いのですが。
まだまだ勉強不足です。

で最近、処置法の適用の仕方で2,3つ疑問が出てきております。
本に書いてあることだとは思うのですが。
又、疑問がまとまってきたらレス致します。

>>31>>32
耳鳴りからふらつきの患者さん
今日また施術致しました。
途中まで施術して「尺落」が取れず悩んだのですが、まあ先ずは
腎経の気水穴をしてから考えようと施術したところ左の尺落が消失!!!!
ウォ〜スゲ〜なんて一人で馬鹿騒ぎしていたのですが、検脈すると
右は尺落のまま・・・

よく考えてみれば、左尺落=腎虚?なんだから腎経の水穴に補鍼すりゃ
当たり前に戻って来ますわいな〜と
まぁ私のレベルなんてこんなものです。

良いスレになって来ましたね。
バトルは勘弁ですが、
皆様、私の処置の方法等に間違いがありましたらご指摘下さいませ。

宜しくお願い致します。

60 :ととろ:2006/08/10(木) 07:35:30 ID:bPEbDugh
いやーひとりぼっちになるかと思ってました!

>シュワっちさん、ありがとう!
尺沈(細)は目の疲労等で心臓の疲労と共に、内径動脈の末枝の循環障害を現すそうです。
左のみの尺沈は腎虚とみて腎強化処置や、左げき門の補針で脈が出ることを体験しています。
ちなみに気、水穴を使うときは、その経の火穴の反応をみて、圧痛がある場合、その経のどこかに炎症があるので気水穴を使うことにしています。
あと、手足のむくみ等のあるときに気穴水穴を補します。
それと脈全体に力のないときは胃の気をしっかり補針して、それでも弱いと温灸をします。
昼間はなかなか書き込めないので、取り急ぎ要点を書きました。
どーか長野式講習を受けた方、アドバイス待ってま〜す!


61 :ととろ:2006/08/10(木) 08:19:46 ID:bPEbDugh
>60の内径動脈のけいは頚のほうです!ごめんちゃい

62 :ととろ:2006/08/10(木) 08:23:10 ID:bPEbDugh
↑これもちがう!!ようするに首の血管です(意味わかってもらえたかな?)

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 11:00:46 ID:iBSq0dvw
ちょっと嬉しい症例がでたので書き込みます。

主訴:左膝痛。女性、54歳。歩くのが困難で支えられて来院。
  フィットネスクラブで自転車を毎日1時間こぎ続けること3ヶ月。
  徐々に左膝上部(膝蓋骨上縁から上5センチ)が痛むように
  なったが律儀な性格のため自転車を継続。
  2週間前から左膝が腫れ上がり歩行困難に。
  整形では骨に異常はなく、毎日電気をかける治療をしたが改善されず
  知人の紹介で来院した。
  
  膝関節を30度屈曲できない。熱感あり、右大腿部と比べて1.5倍に腫れている。
  自発痛もある。 
  大腿四頭筋腱のオーバーユーズと見るが、出来る限り遠隔配穴で腫れを取ろうと
  試みる。
  既往歴は3年前に肝炎(ABC型でない)に罹患、現在もGOT,GPTが高く、
  薬を飲んで経過観察をしている。
  女手一つで3人子供を育てぬいた。(仕事、家事、介護全てしている)
  小太りな体型で、腹が前にせり出している。
  脈は数でも遅でもない。バンバン強く打っていることから
  痛みの程度の激しさを知る。(それ以上はわからんかったorz)

腹診は右キロク部、心窩部、臍周囲全部(特に水分穴)、左右大巨圧痛。
  左右ソケイ部も多少圧痛アリ。
  左右胸鎖乳突筋、右斜角筋に圧痛アリ。C3は出っ張っていて強圧痛。(続く)

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 11:33:29 ID:iBSq0dvw
(続き)
 火穴反応は左右魚際、左右ショウフ(心経)、左行間、左右然谷、左右陽輔に圧痛。

 まず胃の気からはじめた。大腿部に触れ、痛みの引く胃の気ポイントを
 探し出して丁寧に雀啄。左右行う。
 その後、オ血、副腎(復溜-ユフ)、肝実処置(漏谷、ゲキ門、少海)、曲池に刺針。
 肝実処置と曲池は灸7壮を加えた。

 置針15分して抜針、足を動かしてもらうと、60度まで曲がるが
 その時点で激痛が走る。
 
 ふと、(この人疲労がひどいんだから三カン治療したらどうだろう)
 思いたって、中カン下カン上カンを左斜め下方向に向けて指で
 引っ掛けるようにしてグッと押し込んでみた。
 「あら、足が痛くない」膝がサクサク曲がるようになった!
 「本当に痛くないですか?」ときいても「平気よ」といって目いっぱいまで
 曲げて見せてくれる。

 キター!と思って中カンから斜め下方向に向けて刺針。
 雀啄して灸7壮。下カン上カンも同様に行ってみた。
 
 立ち上がってもらい足踏みをしてもらったところ、
 「全然痛くないよ!」といって腿上げまでしてくれた…(ヤメテくれーと思ったが)
 三カンに置針して施術を終えました。
 後日、お礼の電話が来てホッとしました。全然痛まないって。
  
 本当に長野式をやっててよかったなあと思いました。
 長くてすみません

65 :ととろ:2006/08/10(木) 13:11:56 ID:vFtfiM+z
>63さん!感動しながら読んでます!!
ちゃんと勉強されたんですか?(答えたくなければ無視してちょ!)
今時間ないんですけど、ちょっと質問。
私ようりょうが悪いので、胃の気に10分ぐらいかかるため、他の処置と同時進行なんですけど別々がいいのでしょうか?


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/10(木) 22:40:52 ID:oLsT/MKd
>>65
長野先生の二冊の本から入って、ビデオみて医道の日本の連載を読んで、
やっと一昨年に長野式の講座を受けることが出来ました。
できれば講座を受けに行かれたほうが良いですよ。
ツボのとり方が教科書とは違う、臨床的な場所なのです。
ポイントを正しく捉えられれば治療の効果が格段に上がります。
効果が出ると、自分も嬉しいけど何より患者さんが喜んでくれます。

胃の気は、同時進行で大丈夫ですよ。
微量な雀啄を加えていくと、脈が滑らかになってきます。それが
鍼がきいてる証拠です。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 01:05:43 ID:w3PZcEnR
都内でどこ行けば診てもらえますか?
ご自分のところでもOKです。教えてください。

68 :シュワっち:2006/08/11(金) 01:19:53 ID:wdxOdM1D
>>60
ととろ様、有難うございます。早速研究してみます。
とすると攅竹の刺鍼を加えても有効でしょうか?確か眼精疲労に有効だと
読んだのですが。

ととろ様は、胃の気処置をどのようにされていますか?
私は習った際、下腿の脛骨骨際の溝の膨隆している3点を寸3−1で1,2cm程
刺入して微量雀啄、吸気で右に回旋しつつ抜鍼と教わりました。
脈は寸関尺と流動性(波動状?)が無い脈が該当し、これで胃の気が出てこなければ
脊中の椎間V字鍼(私はだいたい数呼吸雀啄して、右回旋の吸気抜鍼)を施せと。
それでもまだ出てこなければ、帯脈をしてそれでも・・・なら
飴でも舐めて貰って10分程待ってもらいなさいと教わりました。
長くても5、6分程なのと脊中に打てないので、私は必ず先に行ってます。

>>63
羨ましいですね!何時か私も受けたいです。

三カン処置ですか?以前医道の日本に載っていたのを覚えておりますが
どう使うのかあまり良く分かりませんでした。
もし宜しければ、独学者の為にご教授願えませんでしょうか?
それと、胃の気の出し方に大腿部と書かれてましたが、そこらへんの詳細もお願いできればと

私が習ったのは大分古いやり方のようで、文献を読むといろいろ混乱してしまいます。
それでも効果が出るのだから長野式は凄いの一言ですね。


69 :シュワっち:2006/08/11(金) 02:04:23 ID:wdxOdM1D
拙い症例報告を

84歳女性
10年ほど前より腰痛で手術を数回受けるも治らず、
結局右のR12を腰椎(何番かは分からず)の横突起に移植して現在にいたる。
右下肢の知覚鈍磨と右上肢の痺れと挙上制限(医者には頚椎から来ているといわれた。)
狭心症、高血圧
3年前より週2〜4回治療して腰痛は改善、現在は上下肢の治療中心に継続中

今回は数日前より痺れがひどくなり、体全体がだるく力が無いとのこと。

脈状・沈数でなんとなくしまりが無い
腹部・以前あった左大巨、水分の圧痛消失。今回は右大巨の圧痛と両下腹部(気穴より鼠経部
    にかけて)に圧痛あり。
頚部・右天ユウ、翳明に圧痛
下腿部の冷え

上下肢は今度にしてもらって、今回はだるみ感に対しての治療

1)胃の気-3点+解谿に温灸
2)腹部5点処置-いまいち使い方の分からない処置、沈数+下腹部の反応で使ってみた。
 右の腹部お血-中封+尺沢
3)副腎処置-兪府、照海、尺沢+右天ユウ(ついでに扁桃処置)に置鍼25分程
4)次膠、大腸兪に単刺+温灸(三陰交、懸鐘も加える)

3)の時点で脈のしまりの無さのみ改善せず。4)でしまりが出てきたので今回は終了。

恐らく一晩中クーラーを点けっぱなしで就寝とのことだったので、腰椎の手術による
血行障害に加えて下肢の冷えで夏ばて様になっていると思い、施術してみました。
施術後はしばらくしてから何となく調子が良いとのこと。



70 :ととろ:2006/08/11(金) 07:43:02 ID:PyQNuvZM
>63さん、ありがとうございます!いろいろ教えて頂けるとうれしです!
ちょっとずうずうしいかな・・・私はあと10年ぐらいしないと自由の身になれない状況でして(子育て中)
皆さんの症例を参考にいろいろ試してみます。

>シュワっちさん!症例報告ありがとうございます!全部目をとうしていないのですが、胃の気はビデオを見ていると、ぷくぷくした力のないところと言っていたようなので、そこを探してやっています。
細い、力のない脈が、だんだん気血が流れ力強くなることを目安にしています。
針は、寸3の2番です。あまり痛み、響きを感じさせないようにしています。
以前の患者さんで、胃の気のところがぷくぷく、ふかふかした感じの人が、自宅での温灸でそこが引き締まったようになってきたので、胃の気のあたりのぷくぷく感も一つの判断材料にしています。
あー時間がないのでまた後で!みなさんありがとうございます。

71 :ととろ:2006/08/11(金) 07:49:38 ID:PyQNuvZM
追伸。さん竹は自律神経の調節、あるいはホルモンバランス(生理不順)、心か部の痛みなどいろいろ使います。
げん脈のときにも脈のびんびんした感じが気海と共に使って取れました。
がんばって!

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 10:42:36 ID:kGvzdoqx
>>67
長野式が業界で注目されてから20年近くになりますから
勉強された所はそれなりにあるとおもいますよ。
「うちは〜〜流でやってます」と表に出して宣伝してる所のほうが
少ない業界ですので(逆に言うとそれぞれの先生ごとにいろんな技術
を混ぜてされてるとおもいます)、電話で問い合わせしてみるしかないとおもいます。

73 :シュワッち:2006/08/11(金) 14:57:03 ID:h+3gyoC1
やっぱり長野式の性質上2ちゃんで処置を教えて貰うのはズウズウ
しぃんでしょうねぇ〜?
私は独学者なので幾等でもお答えできますが。しかし・・・

70代後半女性
4年前に悪性リンパ腫。その治療で(放射線)歯が全部抜け、自律神経障害
その少し前に腰椎骨折で半年寝たきり、17`肥える。
現在下肢全体の痺れで治療。

普段は長野式を使わずに治療しているが、
今回、数日前より初めて上肢にも痺れ、体のダルミ、食欲不振

脈・沈遅で捉えづらい、胃の気無し、前浮後沈
腹部・右天枢、右期門の圧痛
肩部・右秉風の圧痛
頚部・右天ユウに反応

1)胃の気処置
2)復溜・尺沢・兪府+右の復溜・漏谷・少海・ゲキ門・尺沢
に置鍼10分
3)右帯脈処置

右寸口の脈が触れないので、
4)解渓、照海、尺沢に温灸

で脈がはっきりしてきたので終了。
治療後「なんやウソみたいに楽やん〜、魔法やで〜」と喜んでいた。

この方も常に冷房、飲食も冷たいものばかりとのこと、
そんな生活が続いて、自律神経障害が悪化したものと思われる。

74 :ととろ:2006/08/11(金) 16:08:34 ID:MhytRiBa
>シュワっちさん!そうですねー、でもお互いの臨床例はとても勉強になるのでありがたいです。
自己流長野式ではありますが、それまでの自分の治療より良い結果が出ているので、これからも長野式の研究を深めたいです!

75 :ととろ:2006/08/11(金) 17:21:15 ID:MhytRiBa
ところでシュワっちさん、イ・ヒ・コンのこんロンの雀啄して抜刺は、穴を閉じます?開いたままにします?
ビデオの説明には開くとありましたが、ちょっと気になることがあったので・・・


76 :63:2006/08/11(金) 20:16:45 ID:5TGRVfJ5
仕事が忙しくてなかなかスレに来れませんでした。
お盆休み前は鍼灸院が混みすぎます。今お昼ごはん食べてます。
まだあと二人みます・・・orz

長野式をしている鍼灸院は都市部に多くありますよ(あと大分)
自分のHPさらしちゃうと怖いので、長野式の鍼灸を受けたい
方は以下の研究会に連絡してみると良いと思います。
自宅周辺のいい先生を紹介してくれますよ。
自分もそうやって施術を受けに行きましたから…。

【長野式鍼灸臨床研究会】
長野先生のご子息が代表をしていらっしゃいます。
長野先生の施術に忠実なのがこちらだと思います。
脈診を学べるのが魅力。
でも、行ったこと無いんですよ。勉強会。一度行ってみたいです。        


【長野式研究会】
長野式をベースにした松本先生流の鍼灸を学べます。
自分はここで勉強しました。効果の高い新治療法も学べるのが魅力。
ただ基礎講座の勉強会の申し込みがあっという間に埋まってしまうのが
難点。 

私もまだ勉強中なので、誤解無くお伝えできるかわかりません。
出来る範囲でお答えしたいと思っています。
三カン処置については16日以降に書き込みします(旅行にでますので…)

77 :ととろ:2006/08/11(金) 23:24:07 ID:PyQNuvZM
>63さん!いろいろお忙しいのにありがとうございます。
私はちゃんと勉強会に出ていない独学者で、お返しするほどのものはありませんが、拙い臨床の中で気ずいたことがありましたらまた書きます。
私もお盆休みは親戚の治療が待っていますー!

78 :シュワっち:2006/08/12(土) 02:27:58 ID:P3avXBj9
私もようやくPCの前に座れました。

63様、済みません・・・何だか申し訳ないです。
ぜひぜひ宜しくお願い致します。

ととろ様
イヒコンですか?崑崙は私も閉じません。
吸気で刺入して、呼吸に反して雀啄して呼気で抜鍼します。

正確に書くと、

雀啄の際に吸気で深く刺して雀啄、
呼気で穴に集まった邪気を引き上げて来るイメージで浅めにして
又呼気で深く刺入、雀啄
これを数呼吸
最後に集まった邪気を左回旋で巻き込みつつ
呼気に合わせて、引き抜く様に抜鍼
口は閉じない

こんなイメージでしています。
ルアーのバス釣りゲームをしていて出てきたイメージです。

ちなみに補法だと、呼吸は反対で、
引き上げてくるときのイメージをその経絡の遠くからその穴に正気を
引き寄せてくるイメージに変えています。
特にイヒコンでは委中、飛陽の補法は斜刺で経絡に沿って行っています。

胃の気ですが、
そうですね言い方を変えれば、脛骨骨際の溝の中の力の無い
より窪んだ部分で中が膨らんでいる処=骨にへばりついている処を
骨から「剥がすように」・・・狙うといった方が当たっているかな?
2番だと私の技術では当たりが少し強くなるので、1番を使う様にしています。

79 :ととろ:2006/08/12(土) 08:34:08 ID:jeug8uet
>シュワっちさん、詳しく書いてくださってありがとうございます。
私はそこまでやってなかったです。ただ、最近食欲不振、肩こり、足のだるさ、首の付け根が痛いという同じような症状の方が来院されました。
脈も細、沈んでいて、力がなく、胃の気がない脈でした。
扁桃の+、左天枢+、中カンは圧痛なし、胃の気の流れのところはふかふかした感じ、扁桃、お血と、胃の気を雀啄しながら次に3カンを補針してみました。
以前3カンは手足の疾患にいいと読んだことがあり、他の患者さんで、主訴が足のだるさの人が3カンのところがぽわーんとふくらんで力がなかったのですが、3カンを補したらぺこんとヘコンデすっきりし、足も楽になられました。
皆さん天宗にしこりがあり(ストレスのせい?)そこも置針、温灸でこり消失。
そして、イ・ヒ・コンをしてコンロンを雀啄し吸気・右に廻しながら抜針、穴は開いたまま・このと時、ちょっと気を抜きすぎたような気がしたんです。
で最後脈を診ると、始めほどではないが、脈がふくらみがない感じになっていて、長野先生も胃の気の出具合で、治りやすいかどうか予後がわかると書いておられたようなので、患者さんにはまだ力がしっかりでてきていないようなので何回か続けて来るようにお話しました。
3日後来院され、やはり当日は少しふわーとした感じで疲れたが後頭部から首の痛みは取れたそうです。
もう一人同じような症状の人には、コンロンは閉じて抜針してみました。最初の人のような終わった後のふわーとした感じはないようですが、次の来院時に様子を聞こうと思います。
今、思案中なのは胃の気の弱い人にシャになるような刺法は避けたほうがいいのかどうかとない頭で考えています。やっぱり穴を開けないと後けい部の鬱血は取れないのかなぁ?

80 :ととろ:2006/08/13(日) 22:17:45 ID:LR7LyqIY
皆さんお休み中ですか?実はおもしろい症例があったのですが、さっき2度ほど書いたのが消えてしまって・・・がーん
省略して書きます。肩こり、精神的ストレスの多い患者さんで、扁桃、お血、胃の気処置をし、背面を見ると異常に天宗付近のコウケツがあり、ひどく痛がる。
右志室あたりに圧痛あり。まず天宗のこりを4方からかこむように置針、雀啄、次に温灸で圧痛が取れたか確認。普通これで痛みが取れるのだが、まだまだ痛がる
糸状灸で直灸を圧痛点3カ所に施灸。これでやっと圧痛が取れ、腰の治療をしようと志室あたりを押さえてみると、なんと!柔らかくなっていて痛みが取れていました!
本人も「あれー痛くない!」と驚く。私も心の中ですごーい!長野式!と感動でした!!!

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 07:49:31 ID:WkFZdzfZ
身体のツボについての質問なのですが、ツボというのは筋肉の下のあるのですか??たくさんあるみたいですけど、本当に効果があるのですか??以前、肩こりに効くツボに針を鍼灸院でしてもらいましたけど、きかなかったので、気になって質問させていただいてます。


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 09:14:53 ID:NoBc+2Zn
>81さん、あなたが納得されるように言葉で説明することは私にはできませんが
長野式治療では肩こりに効くツボで治療はしません。同じ肩こりでもその原因がどこにあるかで全然選ぶ処置が違います。それとこの質問ほかのスレでも拝見しましたが針灸治療に興味がおありなんですか?
もしどこかお身体の調子が悪いのでしたら、1日も早く御自分に合う治療院が見つかるといいですね!
以上質問のお答えにはなりませんでしたが、これで終わりにさせて頂きます。

83 :シュワっち:2006/08/15(火) 18:43:02 ID:BSGJeDgX
>>79
左天宗の凝り、心臓疾患の患者さんに多いとも書いて有りましたね。
循環器に関係が有るようでしたがそれで志室のこりが取れるとは!
面白いですね。

胃の気の方は、どなたかお答え出来ませんかね?
私も興味があります。
確か本ネタが北辰会の藤本蓮風先生の
「簡明・胃の気の脈診法」
だったと思いますが、何度かよんで見たものの分かりませんでした。
北辰会系の方でも結構ですので、お願い致します。

私も皆様に質問です。
今私の患者さんで、圧痛を感じない方(喘息、肉体労働等で鈍い)
がおられます。
何とか脈診などで類推して施術しているのですが、何処を押さえても
反応が乏しいのでとても困ります。
皆様はこういった患者さんに出会った際にどう対処されていますか?

また、気水穴はやはり火穴の反応で見るしか手はないのでしょうか?
脈診、例えば脈状で気穴の適用を判断して六部定位で施術する
経絡を絞り込む事はできませんでしょうか?
長野先生が気水穴を行った基準が分かれば良いのですが?

84 :ととろ:2006/08/15(火) 21:13:01 ID:NoBc+2Zn
シュワっち様!お久しぶりです。私は休み中も治療してました。
その圧痛を(腹部とか?反応点の圧痛ですか?)感じない人の主訴はなんですか?
できれば詳しく所見がわかると私も推理してみます。
実は私も頭の中で何人かの脈状と主訴、そして今まで自分がした処置での脈の変化を考えつつまた先生の本を、特に脈状所見、それと探求の本の先生の各ケイラクについての臨床からみた所見を何度も読み返しているところです。


85 :ととろ:2006/08/15(火) 22:01:51 ID:NoBc+2Zn
>シュワっち様、左天宗は循環器だけではなく、ストレスの多い人、それから腰痛の人によくある所見です。
以前、医道の○本に松本先生の3カン治療のところで、天宗と腰痛(腎)のことが書いてありました、多分・・・
それとイ・ヒ・コンのことですがビデオを見直したら、やっぱり開いて(シャ法)おられました。
私の症例の方も、開いた人の方が、終わってすぐの感じはふわーとしておられましたが、開かなかった人はあまり
そんな感じがなく、後頭部の重痛は切ってすてたほどすっきりしてないけどと言われていました。
また休み明けに来院されますので試してみます。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 22:45:58 ID:wBl5/BxF
簡単にお金稼ぎ!!!

以下の手順でやれば、無料でお金稼ぎができます。
企業も広告の宣伝になるから、お金をくれるわけです。
最初の1日目で 2000 円〜3000 円 は確実に稼げます。
実際の作業は数十分程度、1時間はかかりません。

@ http://www.gendama.jp/invitation.php?frid=469323
    ↑このアドレスからサイトに行く。
Aそこのサイトで無料会員登録(応募)します。
 (その時点で 500 ポイントが貰えます。)
 ※事前に新規でヤフーなどのフリーメールアドレス
 を取っておくといいですね。
Bポイントを稼ぎます。
 懸賞の応募や無料会員登録をすればするほど、
 ポイントが貰えます。
 他にも沢山種類があるので、1日目で
 約 20000 ポイントは GET できます。
C 3000 ポイントから、現金や WEB マネーに交換できます。
Dトップの右上に「交換」という所がありますので、
 そこから交換をしましょう。

これで現金や WEB マネーを稼ぐといいですよ!!!

87 :63:2006/08/16(水) 00:15:26 ID:K0Zto52K
>>83
旅から帰ってまいりました。お盆に旅行してはいけないと痛感(^^;)

さて、胃の気処置。私も講座に出るまではかなり間違っていました。
「気」という漢字のつくツボは、浅刺が基本のようです。
気戸なども横刺で深く入れません。
胃の気は浅刺のほうが良いと思います。
横刺に近い斜刺で5mm〜1cmほど刺入。わずかに動かすような雀啄がよいですよ。
ちなみに膝痛の時は、膝の圧痛部位を探しその圧痛が減弱する胃の気ライン上の
硬結を探して刺針します。

胃の気の脈は(長野式では)生命力、即ち栄養の消化吸収能力と生殖能力をみる
ものだと私は勝手に理解しています。

あと、極度の肉体疲労がある方は圧痛がでにくいことがあります。
その場合は、腹診で触知する堅さ、頚部の筋肉の緊張状態、全身の筋肉の状態、
体型、食事内容、性格から類推して配穴します。

反対に、極度の精神疲労の方はどこを押しても痛いという方が多いです。

88 :ととろ:2006/08/16(水) 06:50:56 ID:kQiOSczp
>63様、お帰りなさい!お待ちしておりました!!
胃の気さっそく参考にさせていただきます。ありがとうございました。

89 :81:2006/08/16(水) 07:49:39 ID:/reLpRPb
そうなんです。鍼には興味があるのですがイマイチ本当に効果があるのかがしんようできなくて・・・・・。
すいません。調べたりきいてみたりすると色々な治療法があるんですよね?
以前に行った鍼灸院はこのツボを刺激するとすぐ治るとか・・・・・。
素人の私が言うのもなんですがそんなはすが・・・・・。
ツボって、人によって場所がちがうのですか?
よろしくお願いします。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 10:56:15 ID:2q9OOLy2
>>89
すぐ治る、一回で治るといっていい病態もあればそうでない病態もあります。
肩こりの場合はこのようには言い切れません。理由が様々だから。
ツボは経過によって場所が移動するのでかわっていきますよ。

91 :ととろ:2006/08/16(水) 11:34:41 ID:hBOptC/5
>シュワっちさん!やっぱり腰痛に天宗の圧痛コウケツを取ることは大事だと思います。
今日の患者さんも右の志室に痛みがあり、それを処置する前に天宗に置針、温灸をしてそれでも取れなかったので紫雲膏+灸でやっと取り腰がゆるんでました!
ではまた後ほど!胃の気の自己体験も書きますね!


92 :63:2006/08/16(水) 13:07:28 ID:kEzR113c
>>89
肩こりの原因別で効くツボは違いますよ。
体質や姿勢によってもツボの位置自体が異なってくることもあります。
きっと>>89の行った鍼灸院は『肩こりならこのツボ』と決めて打つ
『決め針』をする所だったのだろうと考えられます。
大多数の方はそれで筋肉のコリがとれるけど>>89には効かなかった。
そういうことだと思います。
病院と同じで、合う合わないがあるものです。
>>89は是非きめ細かな施術をしてくれる鍼灸院に行って欲しいです。
肩だけでなく体が軽く、楽になりますから。

93 :ととろ:2006/08/16(水) 13:28:51 ID:hBOptC/5
>91左天宗の硬結について松本先生の宗気考(医道の・・2004・3月号)にありました。


94 :ととろ:2006/08/16(水) 22:47:12 ID:kQiOSczp
たいしたことではないかもしれませんが・・・
胃の気自己体験談
ものすごーく緊張する会議に一日中坐っていて、家に帰ったとたん胃のあたりが痙攣するように痛みだし、脈を診ると細、沈で胃の気がまるでない脈。
日ごろ自分の脈を診ているので、すぐに胃の気3点(圧痛点はなく、ぷくぷくしたところ)へ雀啄(左から)
きりきりした痛みがしだいに取れていき、脈を診ると胃の気が出ておりました。
本当にこのときは長野式を自己流ではありますが勉強していて助かったと思いました。
症例を公表してくださる先生方に感謝です!!


95 :シュワっち:2006/08/18(金) 00:14:18 ID:Vo7Z+A8H
皆様、お久しぶりです。
ととろ様、お忙しくて何よりです。63様旅行は大変だったようですね?
私は、夏バテの出だした高齢者相手にてんてこ舞の毎日です。
長野式を知っていなければ病院送りを何人か出していたところです。
「知ってて良かった長野式!」

>>85
左天宗の反応にはそう言う意味があったのですね!
実は医道の日本の連載はあまり読めずにいます。
現役復帰してから、出身学校でバックナンバーを集めようと試みたのですが
歯抜けが多く、断念いたしました。
潔先生、松本先生、浩司先生、他長野式に関した記事を一つにまとめて本に
していただけないかな〜と密かに期待しています。
少なくとも、潔先生の論文全集、松本先生の論文集、この二つだけでも
出ませんかね?

96 :シュワっち:2006/08/18(金) 01:30:35 ID:Vo7Z+A8H
>>87
胃の気処置、とても参考になりました。
ビデオを観ますと随分あっさりした手技に見えますものね!

やはり極度の肉体疲労があると圧痛が見つけにくいのですね。
件の患者さんも最初は気水の反応が全く出ず途方にくれたのですが、
施術を開始して半年、先日久しぶりに駄目元で診てみたところ反応が
出ていました。

では症例を
 75歳男性、木工所経営の木工職人
*18歳で喘息、(数年前にある材木の使用を止めたところ少し楽になる。)
*20代で左拇指切断事故、くっつくも感覚、動作とも不可、
 障害者認定を受けている。

*10年前より左後頚部の凝り+極度の肩こり
 (中医系の鍼灸師に胃熱から来ると言われた。)
*半年前に仕事中転倒して右肩強打、肩関節靱帯の部分断裂により右上肢
 挙上困難。
*数ヶ月前に仕事中に左手関節橈骨動脈付近を切り数鍼縫う。
 (お蔭で脈診がしづらい)

西式健康法を実践している。(柿茶、黒酢、金魚運動等。)



97 :シュワっち:2006/08/18(金) 01:31:07 ID:Vo7Z+A8H
所見
 脈診・胃の気無し
    沈滑数(浮位はポコポコ、沈位もしっかり打っている。)、
    たまに前浮後沈で小腸部が実
 腹診・心下ヒ、中カンの膨隆、
    一応としては、水分、右天枢、左大巨の硬化
    たまに左帯脈の硬化
 望診・胸部より上の肌が赤くアトピー様で痒い
     皮膚がガサガサ
 頚部診・左天ユウ、、翳明、肩井、秉風の硬化
     右胸鎖乳突筋の硬化
     頚椎のC4より上は右転移、下は左転移
 背候診・胸椎4・5間のくっつき、3・4間5・6間の離れ
     右風門〜心兪までの膨隆
     胸椎7まで右側湾
     左大腸兪の硬化

処置
1)胃の気+血糖値、あれば左帯脈
2)喘息=太谿、尺沢、ネーブル4点
 頭部オ血(三陰交、陰陵泉、労宮、尺沢)
 副腎、
 左扁桃(口蓋=章門も含む)
 右側湾
3)胸椎4、8、腰椎1、5にV鍼、胸椎3・4、5・6、に温灸
  遅脈なら、両腸骨周囲の結合組織の単刺
  イヒコン
4)症状に従い、局所鍼+施灸
5)筋緊張緩和処置 

喘息に起因する後頚部の緊張に仕事による腕の疲労
から肩首の極度の凝りになったと思われる。
よって主眼は疲労、喘息、右上肢、に対しての治療

後頚部の凝りに関しては10年来鍼灸院に通い回ったが取れず。
私の長野式でも取りきれず、最終的に長尾の1ッ本鍼と経絡テスト
で劇的にとれたが(経絡テストは心、肺、小腸、に反応)、長野の
本治法でかなり効き易い状況が出来ていたから起きた現象だと 

98 :63:2006/08/18(金) 02:25:15 ID:FGAp1ejX
>>94>>95 こんばんは!
今日は大変でした。飛び込みの急患がやけに多かったです。
テニス肘の患者さんで、著効を出せて嬉しかったので報告します。

【右テニス肘】
42才 女性 主婦 テニス暦約半年
テニスを始めて半年、内輪のテニス大会のために練習しすぎて
半月ほど前から肘が痛くなる。安静にしていても痛むが、肘を伸展していって
どうみても過伸展の状態で「肘から前腕がひどく痛くなる」とのこと。
湿布を貼り続けていたため皮膚がかぶれている。テニスは12日から休んでいる。

大腸経、三焦経上が特に痛む。やや尺沢にも痛みがある。
予約の関係で、20分以内で施術を終えなくてはならない。(続く)

99 :63=98:2006/08/18(金) 02:49:53 ID:FGAp1ejX
(続き)
【施術】
@左曲泉(靭帯に対して)刺針後灸21壮(右陽リョウ泉は肘に変化なしなので使わず)
A左右陽リョウ泉(筋会だから)刺針後7壮
B右陰リョウ泉(甘いものの常食、糖代謝=筋肉状態の改善、)

以上の治療を終えた時点で安静時痛消失。
過伸展時に大腸・三焦経に痛みが出る。

C右手魚際の圧痛を取るため右経渠に刺針したところ、肘から前腕にかけての
 過伸展時痛、運動時痛がほぼ消失。残るは三焦経上の過伸展時痛のみ。
D右侠白、右消レキを母指と中指で掴んで圧し、過伸展時痛の消失を確認。2穴に円皮針。
 (長野式じゃないけどこれは使えます)
E曲泉と経渠に置き針を加えて終了。
運動するとまだ痛みがでるから、練習は控えめにすることを約束。
3日後にもう一度来るように指示しました。
純粋な長野式ではないけど、長野式のエッセンスを抜き取って
効果を出せたことが嬉しかったんです。
すべての施術点は肘を動かしてもらい、痛みの減弱するポイントのみ使いました。
時間があれば、扁桃処置や胃の気などもやって元気の底上げをしてあげたかった。

100 :63:2006/08/18(金) 02:54:19 ID:FGAp1ejX
>>99
>@左曲泉(靭帯に対して)刺針後灸21壮(右陽リョウ泉は肘に変化なしなので使わず)
誤:右陽リョウ泉は肘に変化なしなので使わず

正:右曲泉は肘に変化なしなので使わず

間違えました。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 04:48:31 ID:tim5izmr
民主党は“全て中国の言う通り”がモットー。
公明党は創価学会とともに日本を朝鮮のものにしようとしてる。
創価学会は日本の大手メディアを間接支配していて、 社民党は朝鮮総連とともに拉致の存在を否定し、被害者の活動を妨害した。
共産党は北朝鮮に関して社民党と同じ。それに加えて反自衛隊・反米である。
朝鮮総連と民潭は日本を解体して朝鮮にしようと参政権を狙っているし、
統一教会は売国政党の社民党を支援している。
☆朝日新聞などは中国と朝鮮の代弁者、つまり日本最大手の売国新聞だし、
日教組は基本理念のレベルから反資本主義・反体制であり、残る自民党にも中国の顔色ばかり窺っている者が潜んでいるのである。
今後は『人権擁護法案』成立を契機に公明党は民主党に鞍替えして連立し、 実質外国人与党が誕生して第二期工作の完結となるのが彼らの筋書きである。 (今、実際にそのように動きつつある)
そうすればあっという間に外国人参政権を成立させて日本の国政は全て
朝鮮人が牛耳り、朝鮮に歯向かう日本人の政治介入する隙間を残さない
新たな制度が完成することだろう。
そしてこれらの売国組織に必ず関与し、彼らの侵略行為の結果において
最も利益を享受する立場にあるのが『在日朝鮮人』である。
http://hisazin-up.dyndns.org/up/src/14540.wmv 在日特権の真相にせまる21.68MiB

102 :ととろ:2006/08/18(金) 07:35:28 ID:y4ekHwaz
>63さま、シュワっち様!お忙しい中、お疲れのところすごく丁寧に書き込んで下さって感謝いたします。
また、何回も読み直し、どのように処置が作用したか考え、自分の臨床に役立てたいと思います。
ほんとうにありがとうございます。

>シュワっち様、医道の・・はこの会社でバックナンバーが取り寄せられるとおもいますが・・・
松本先生の長野先生の治療の解釈は(古典も含めて)私にとって分かりやすく、難解な漢字を読むと脳細胞が止まってしまう私には助かります。
特にこの3カン(宗気考)はおすすめです!
より良い治療、患者さんに喜んでいただける自分になるようがんばろう!!


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/18(金) 11:04:38 ID:j0arQLCO
宗気考というのはなんでしょうか?

104 :ととろ:2006/08/18(金) 12:45:48 ID:NmZ8C8kr
>103様、はじめまして。
宗気考は松本先生の宗気の体内循環について書かれたものです。
2004.3月号(医道・・・)にあります。とても臨床に役立つもので
実際の患者さんを目の前にした時、この考え方を使い効果を上げさせてもらっています。
臨床家の言葉はありがたいです。また夜にでもゆっくりと・・・



105 :ととろ:2006/08/18(金) 12:52:18 ID:NmZ8C8kr
>63様!99の元気の底上げ!!まさに長野式はこんな感じですねー!!




106 :ととろ:2006/08/18(金) 21:57:53 ID:y4ekHwaz
>103さん!読んでおられますか?私の単細胞の脳のフィルターをとうして理解しているので、あまりあてにしないでください。
あとは御自分で是非読んでください。
では簡単に・・・宗気の体内循環
>胃の気から上行し、これが宗気となる。気は水の母である。気があつまることにより水が生まれる(肺金が水を生む。)肺気が下って腎水が生まれる。肺気が下がらねば腎水が乾く、腎虚?になる=腰痛など
この宗気が漏れる、宗気漏れの反応点が左天宗で、治療点でもあるそうです。
左右の天宗を押して比べて、ここに痛みのあるときは必ずその圧痛を取ること!
たまたま先日、右志室の痛みを触る前にこの左圧痛がなかなか取れず、いろいろやって取れた後に同時に右志室が緩んでいることに気ずいたのです。
宗気の循環を実感しました。宗気が漏れていることは胃の気の流れも悪く、お血もあるということだと思います。

107 :103:2006/08/18(金) 23:26:22 ID:uW/5Ygmo
>>106
こんばんは、丁寧にありがとうございました! ●●はり灸院さんのサイトをみて興味をもったのですが、
上にありました「三カン治療」と、もしごぞんじでしたら「大迎」、「座骨結節」、「肩部小腸経処置」というのも
ご説明いただけるとうれしいです。
医道〜は持ってないのですが、問い合わせてみたいとおもいます。

108 :ととろ:2006/08/19(土) 07:31:11 ID:7vRuyTC2
>103様、まずは長野潔先生の2冊の本から読まれたらどうでしょうか・・・
私も本2冊、特に新治療の探求はとても臨床の助けになっています。
臨床の中から先生が考えだされた処置法なので、結果が出せます。
3カンは上・中・下カンを使った処置法ですが(松本先生)手足の疾患に使うようです。
私も手探りで63様が詳しく結果を出されています。上のほうで読んでみて下さい。
他の処置についてはこれは長野式ですか?結合組織活性化処置のことですか?
まずは一つ一つ御自分の治療スタイルの中に取り入れて試してみて下さい。
私も最初、寝違いで首が回らなくなった患者さんに筋緊張緩和処置で回るようになったのがスタートでした。
頑張って下さい。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 10:01:49 ID:aKqyW0eZ
>>108
説明不足でした。本は持っているのですが、雑誌上で発表されたものや、講習会で披露されたりしているものは手がかりが無いもので、
ここにご存じのかたがいらっしゃると助かるなとおもっての書き込みでした。

110 :ととろ:2006/08/19(土) 11:41:58 ID:5Ry3zAp6
>103様、私も独学です。ここは講習会参加の方はあまり書き込みされないようです。
63様が参加されています。本当に御自分の症例を書いてくださることに感謝しています。
その代わりと言ってはおこがましいのですか、私のつたない体験を書いております。

111 :63:2006/08/20(日) 01:26:10 ID:+XIFOuQm
>>107
三カン処置は
>>104>>106を読んで、あとは医道の○本を是非お読みください。
症例報告なども見逃せません。
2006年8月号の松本先生の発表も大変参考になりますよ。
どんなことが知りたいのか良かったら教えて下さい。
自分でわかる範囲でお答えしたいです。

大迎は、上背部(私の追試ではとくに肩甲挙筋)をゆるめる作用があります。
残りやすい上背部や肩の凝りがよくとれます。
私は大迎をまず面に対して90度で押した後に下顎に向けて押し、肩の筋の
状態や肩関節の可動域を確認します。
効果があるのを確認してから私は浅めに刺針しています。
大迎は皮下出血しやすいので前揉後揉はしっかり行います。
五十肩の患者さんの症状を一気に軽くさせるケースもある、素敵な特効穴です。

実際にビデオをみて勉強すると良いですよ。
長野式研究会では講演会のビデオも販売しているはずです。
パワフルな講演はクオリティが高いのでマジオススメ!連絡をとってみて下さいね。

112 :63:2006/08/20(日) 01:42:35 ID:+XIFOuQm
>>91
宗気治療は腰痛に本当によく効きますよね。
左天宗付近のの膨隆がきつい人に宗気をすると、すごく体がラクになると喜ばれます。
やっぱりお灸は手でひねる方が効きがよいと感じます。
ところでお灸する時、灸痕をつけない為に紫雲膏ぬるんですが。
ととろさんはお灸の大きさはどうしてます?半米粒大?米粒大?

>>97
私も長尾の一本針を併用してます。あれ、効きますよね。
胃の気を通す際に、長尾っぽく針柄を持って気を通すことがあります。
よく効くんだがこちらの気の消耗も激しいような…。

113 :ととろ:2006/08/20(日) 09:28:55 ID:xBsAfE0C
>63様、どんどんいろんな処置法が開発され進化してるんですね!すばらしい!
教えていただき感謝です!ところで、長野式研究会とは息子さんの主催されている会のほうでしょうか?

>お灸も、これまた自分の身体に試しての試行錯誤で思いついたものです。
だいたい台つき温灸(針灸初心者へ)でします。これで自宅施灸を指導します。
紫雲膏+灸の組み合わせは、後がつくのが嫌な人、じっくり熱を入れたい時に使います。
例えば、コウコウとか、肝虚のときに右キモンにします。
やり方は、たっぷり紫雲膏をぬり、薄いとすぐ熱さを感じるため、大きさは米粒大(少し大きめかも)
何そうも重ねて熱さを感じたら、消毒綿でまとめてふき取ります。最初は熱くないようですが、だんだん熱くなり
熱い!!と感じる時は紫雲膏から煙が少し出るのでわかります。コリが深い時に使うと良いようです。欠盆にもおすすめです!
やはり一番効くのは、糸状灸でも直灸が一番効果があると思います。
皆様の多くの情報に感謝です。

114 :ととろ:2006/08/20(日) 09:31:21 ID:xBsAfE0C
>63様、2006年、8月号の分の追試で面白い体験が出そうです。
また今度書きます!

115 :ととろ:2006/08/20(日) 10:01:42 ID:xBsAfE0C
>63様、講演ビデオの件わかりましたのでレスされなくても大丈夫です!すみません

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 23:07:39 ID:9Y1GEfG8
>>107
座骨結節は、おそらく月需会(ジュエ)を使って座骨結節付近の
筋緊張を取り除くやつだとおもいます。もしかしたら違ってるかも…

117 :63:2006/08/20(日) 23:16:03 ID:9Y1GEfG8
8年ほど前にMS(多発性硬化症)の患者さんが来た時、
座骨神経痛様の症状が出てたんだ。
長野式も知らない時で、神経傍刺をやって大変なことになった。

あの患者さんに三カン処置と腰ユを使っていたら…と本当に悔やまれて
ならないです。

118 :シュワっち:2006/08/22(火) 02:00:47 ID:zF3kOF/Y
皆様お久しぶりです!
パソコンの方が金曜から規制かかって(2ちゃん側の手違いなんですが)書き込み
出来ません。
携帯からの長文はツラい!

63様
63様の臨床例を参考にして気水処置を最近見直して使ってますが痛み系には
滅茶苦茶効きますね〜!臨床が楽になってます。
良く効かせるコツとしては扁桃処置をしっかりして
おくと良いようですね!経絡テストを使わずに済む様になりました。でも長尾
はまだ使ってます。
鍼柄持つのは消耗やっぱり激しいですよね!
やたら持って行かれるのでするの止めとこう〜

ととろ様
宗気考、まだ読んでませんが左天宗の反応と凝りへの刺鍼は試しています。
上記の反応の出ない指物師の患者さん、しつこい後頚部の凝り、エェ感じにとれました!

何故、宗気を天宗?って思ったのですが
『天(部)の宗(気)』
なんですね〜!
目からウロコです。
医道の日本、PDFが2004年はあるはずなので探してみます。

さて、教えて君なのもなんなので私の本門で役に立つ情報を!
私は下肢の冷えを、
『次リョウ+大腸兪の刺鍼・温灸(+三陰交+懸鐘)』
で良い効果を上げてますが、皆さんは下肢の冷えを見抜くのをどうされて
ますか?(長野式ではどうしてるんでしょうか?)
私は下肢の3・4趾骨間がせばまって詰まっているかどうかで判定しています。
両下肢のより詰まっている方が患側ですが、両下肢に施術してます。(我が本門では患側のみ対象です)
皆様使ってみて下さい!


119 :ととろ:2006/08/22(火) 07:36:07 ID:QWquA9xK
>シュワっちさん携帯からの書き込み大変なのに有難うございます。
また参考にさせて頂きます。私一度リタイアしてたので(育児で・・・)皆さんのアドバイスに感謝です!

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 13:50:41 ID:JnPEGJHU
長野式のスレを見つけました!!
>>107>>116
坐骨結節と左会陽はほぼ同じ部位に取穴し、鍼先の向ける方向が違うだけと習いましたよ。
坐骨結節は坐骨結節に向ける。
左会陽は内上方に向けて斜刺。
たったこれだけで効果がはっきり出ますよ。



121 :ととろ:2006/08/22(火) 21:44:04 ID:QWquA9xK
>63様、今日、急性肩関節周囲炎で痛みで腕が動かない患者さん、明日から旅行に行くのでなんとかしてと来院。
中府、大迎(患側)に強圧痛があり、胸鎖乳突筋(患側)が張っていて押すととても痛がり、急性なので患部は触らず処置。
腎、肺気水穴。お血。中府、大迎に浅刺。フクリュウ、尺沢に雀啄して頚部を触診すると患側側がすーっと緩んでいました。
治療後腕も痛みなく普通に動かせるようになりました。腎の気水処置も非常に重要ですね。
アドバイス有難うございました。

>63様、シュワっち様、これは私のおまじないみたいなものですが、昔、患者さんの邪気?にやられ疲れていましたが、治療する際、心の中で「私の手をとうして大いなる力(エネルギー)が入りますように」とイメージするようになってからは変な疲れはなくなりました。
アドバイスにはならにかもしれませんが・・・おまじないです・・・



122 :シュワっち:2006/08/23(水) 01:18:01 ID:6Nto72hu
規制の解除まで一週間程かかる様なので、当分携帯です!

見つかられました〜o(^-^)o講座に参加されている方かな?

ほぼ自己流の私めも恥じを承知で書かせて頂いております!
ここに集う皆様、せっかくの公開掲示板ですから、どちらの研究会の方も
そうでない方も関係無しで『2ちゃん派』長野式なんて出来てしまうくらい
盛り上がると良いですね!

ととろ様
気水処置で、私が習った際のコツを!
*火穴は3g程の圧で診る。
*反応が多い場合はまず、腎を調整してから再び反応をみる(大分減ります。)
*陰経を先に確実に調整して、さいど反応を診る(陽経が消える事が多い)
*陽経は痛いので極力水穴で調整してみる!
の3点です。

私は気の入れ方は、出来る限り自分を干渉させないで患者さんの自身の正気を
呼び寄せたり邪気を抜いたりするようにしています。
自分を干渉させると未熟な私ですととても疲れます。

手技の私の本門には愉気という手法があります。
掌で相手の気を動かすのですが、絶対してはいけないのが自分の気を使うこと!
無心になって掌で呼吸しているイメージでいると相手が感応を起こして
詰まりが通った感じがでてきます。
与えるのではなく相手の気を外の気で呼び起こしているだけなので何時間して
も全然くたびれませんが(最長4時間したことがあります。)、これを鍼で
しようとすると鍼尖は掌よりはるかに細いので、呼吸するイメージをかなり細く
しないと自分の気が腕で詰まります。
そして姿勢が少しでも崩れるとやはり詰まります!

ととろ様の使うイメージは実は大周天のイメージで大変良いものです!
自分の気を使う小周天は間違えると寿命が縮みます。
極力、ご家族の為にも自分の気を使わない様にして下さいね!



123 :63:2006/08/23(水) 02:01:40 ID:t4DebddD
>>120
坐骨結節はそうやって打つのですね…。レス感謝です。
自分のノートを見ても解らなかったので質問です。
坐骨結節に針先を向ける場合、主治は何ですか?レスあると嬉しいです。

>>116は自分が書き込んだのでもう恥ずかしいやら情けないやら。
しかも内容も間違ってるし。
正しくは月需兪(ジュユ)で同側梨状筋を緩めて坐骨神経痛を緩和する処置。

>>シュワッチさん きっと長文だと規制されてしまうのだと思うのです。

>>ととろさん >>121 オステの第一人者の女性もそんなことをおっしゃってました。
 アドバイスありがとうです。

124 :ととろ:2006/08/23(水) 07:29:10 ID:ZupbLUVG
皆さんおはようございます!
>シュワっち様、いろいろと勉強されてるんですね!有難うございます。
毎日私ごときを頼って来てくださる患者さんたちに少しでも良くなって頂きたい。元気になって頂きたい。
それに答えられる自分になりたい、それだけで針を続けられてきたようなものです。
また、シュワっちさんのアドバイス参考にさせていただきます。ただ圧は3kgではないですか?

>63様、こちらこそ感謝です!あのように患部の緊張が取れるのは初めてでした。
勉強は終わりがない道ですね!ビデオわかりましたので!

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 09:07:34 ID:TzOasco2
ツボを診るのに「3kg」の圧なんて考えられません。
本気でしょうか?

126 :ととろ:2006/08/23(水) 10:38:03 ID:GOPQXrpq
>125様、普通のツボを押す時はこのような圧は加えませんが、火穴、お血の反応をみるのにこれぐらいで押すとビデオでみた記憶があるのですが、125様が長野式での診かたを正しく御存知ならば教えて頂けると有難いですが・・・

127 :63:2006/08/23(水) 11:56:49 ID:Ew8GL3GF
>>125
3kgの圧でみると圧痛の取り逃がしがありません。
腹診なども、指が深く沈みこんでいるのをビデオで確認できます。
かなりの強圧のため患者によっては悶絶されます。
痛みに過敏な方にはもうすこし弱い圧でも十分だと個人的には思う。
しかし、処置がしっかりあたると3kgで押しても圧痛は消失します。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 12:40:35 ID:TzOasco2
長野式。
このスレの皆さんの成功談を興味を持って見させていただいていました。

>>126 ととろさん
>>127 63さん
門外漢が無用な口出しをして失礼しました。
私の師匠筋の教えと私自身の少ないながらの臨床経験では、
例え圧痛を診る目的であったとしてもツボを診る目的で「3kg」は本当に考えられなかった物で…。
ツボは浅く浅く診る、「発汗」や「指を触れた程度で感じる張り」を第一義と考えておりました。
鍼灸とは奥深い物です。
またロムに戻らせて頂きます。

129 :ととろ:2006/08/23(水) 12:50:32 ID:GOPQXrpq
>125様、本当に奥深いものですね、私も独学ですが、是非これを機会に本、特に新治療の探求から読んでみてください。
きっと臨床に役立ちます。もし興味があり求めておられるのならば・・・(おせっかいでした)

130 :63:2006/08/23(水) 13:00:42 ID:Ew8GL3GF
>>128
自分も3kgで圧するのにははじめ躊躇しました。だって、絶対に痛いだろーと思うから。
以前は経絡治療や北辰会などで勉強していたので
皮膚表面の張りや発汗、寒熱をみるのは現在も行っています。
治療点を取るときは、必ず優しく触れて張りや陥凹を探してから
圧しています。そのほうが効果のある場所を探せるからです。
ロムらずにいろいろお聞かせ下さい。

131 :シュワっち:2006/08/23(水) 13:53:54 ID:6Nto72hu
皆様
すみませんです!
3sです、書き間違えでした。
私は手技の人間なので素直に3sを受け入れることが出来ましたが、古典系では
珍しいのですね!

気水処置、良いですね〜、あんまり効きすぎて患者さんがポカ〜ンとして
しまいます。

先程、クーラー冷えをおこして上肢三焦系上に痛みのある患者さんに手三里3点
を単刺後、三焦経を気水処置で調整したところ数秒で痛みがとれました。

患者さんキョトンとしてました。

132 :ととろ:2006/08/23(水) 17:38:12 ID:GOPQXrpq
>131,すごいですね!私も気水処置しっかりものにしなくては!!


133 :63:2006/08/23(水) 22:34:14 ID:Zc77+UoZ
>>131
気水処置、もうばっちりですね。
気水処置は再現性が高いので、他流派の方も臨床に取り入れているとか。
両手両足の火穴反応をみるのも1分あればできますし。
火穴反応をみる時に「北斗の拳ですね」と云う患者さんがいて面白い。

134 :120:2006/08/24(木) 11:14:20 ID:0zKCvqAV
>60様
坐骨結節の1番使うものは崑崙に圧痛があるときの坐骨神経痛のようです。
同じ坐骨神経痛でも崑崙に圧痛がない場合には崑崙に刺鍼します。
あまり使うことのない経穴の1つではないでしょうか…



私は、松本先生の治療法で勉強しています。
長野先生の技術まではまだまだ理解できないので、先ずは松本先生の技術で頑張っています。
医道の日本社で購入した松本先生の本(英文)をちまちまと読みながら、講習会の復習をしています。
ほんとに取穴をきっちりできると、症状が取れていく様はすばらしいとしか言いようがないですよね。


135 :ととろ:2006/08/24(木) 12:32:46 ID:SRoU/7o9
>63様、ビデオ(長野〜処置法の実際、臨床編)で松本先生が上太白にお灸されてました。
置針したまま、その際に綿棒で紫雲膏をやや厚めにのせて半米粒大の大きさでしたよ!

>120様、これからもよろしくお願いします。



136 :ととろ:2006/08/24(木) 14:38:00 ID:SRoU/7o9
>135,間違えました、松本先生の鍼灸療法(1)でした。すみません


137 :シュワっち:2006/08/25(金) 02:14:08 ID:DmrYoeep
皆様お世話になってます〜!

今日は独り、『猟奇的な彼女』を観て泣いていました!(もうレンタル4回目です。
キョヌ、君の様な大きな男になりたい!)
ところで韓医師は長野式をとても評価し人気があるそうですね!
向こうは日本以上に鍼灸の需要が高いので、面白い処置法ができて、その内
韓医派?何てものもできるかも!
将来的には、〜派〜派なんて出来て来て国際長野式鍼灸学会なんて開かれ
たりして・・・

63様
北斗・・・ですか?
私は良く仕掛人?と言われます。チビですが頭丸坊主なもので!
規制は公開プロキシになっていた様です。
皆様もお気を付け下さいませ。

マイブームの気水処置、今日は心臓浮腫に挑戦てみました。

症例はまた明日にでも載せます!



138 :ととろ:2006/08/25(金) 07:11:58 ID:CL3JsPP+
>シュワっち様!一九さんを思い出してしまった・・・ごめん
症例楽しみにしています。私は松本先生の昔、医○の・・・で買ったビデオを見直し中
いろいろ落としていることばかり、反省です!

139 :63:2006/08/25(金) 09:20:21 ID:pcQtHgmC
>>120
レスありがとうございます。
昨日の夜、坐骨神経痛の患者さんに使う機会が到来。
肥満気味の方だったので2寸でしっかりめに刺激しました。
脊中起立筋の緊張もとれるようで、なかなか使える感触でした。
>>135
お灸レス感謝です。長野式はお灸を多用して免疫力をあげるのがキモだと思うのです。
でも、灸痕が嫌な患者さんが多い。
気持ちよく、灸痕がつかず、効果の高いお灸を求めております。
>>137
猟奇的な彼女、いいですなあ。ヒロインが美人だ〜。

140 :シュワっち改め一休:2006/08/25(金) 14:11:06 ID:DmrYoeep
63様
チョン・ジ・ヒョンちゃんは、私も大好きです!
そういう程美人てわけでも無いのに、フトした表情や仕草が最高に可愛いですね!
韓国では超トップ女優でCM女王です!
日本の仲間由紀恵みたいな感じかな?
63様、彼女のもう一つの代表作『イルマーレ』も良いですよ!すごく映像が
綺麗です!女性が観ても素敵な映画です〜

ととろ様
私、中学の文化祭で主役はりました!
なんの役かって?勿論一休さんです!
(いまなら花田少年ってのもありですね!)


141 :一休:2006/08/25(金) 14:27:06 ID:DmrYoeep
ではでは症例です!
84歳♀
主訴・両膝関節OA+フラツキ

*頭部、腹部に手術歴あり
(原因不明、開けたら何もなかった?とのこと)
*頚部の硬化
甲状腺の腫瘍の疑いでX線照射するがやはり何も無し?
*心筋梗塞(最近の発作は5月)
3月頃「弱短の脈」が出たので治療を止め、精査勧めたが異常出ず。2ヶ月後、心労も重なり発作、入院

退院後、弱短の脈が消えていたので治療再開!

142 :一休:2006/08/25(金) 14:40:51 ID:DmrYoeep
所見
脈診・左沈虚、右恐らく細沈遅
頚肩部・天ユウ+翳明の硬化著明、秉風反応あり
腹診・左右中注、右天枢、心下満+ダン中反応あり
下肢・膝関節変形、下腿のムクミ(心臓性)
上肢・左、発作時より痛む

143 :ととろ:2006/08/25(金) 23:07:47 ID:CL3JsPP+
>一休さん、頑張ってますね!あーあのアニメの一休さんが必死に困ってる人を治療する姿が目に浮かぶ!
夏ばての患者さんに自己流3カン+胃の気で、足のだるさ肩こり、疲労回復にいいみたい!

>63様、私は邪道かもしれませんが、台つきの中国式温灸を使い、時間短縮してます。何ヶ所かいっぺんにできますし、自宅でもしてもらえます。
どうしても、それで効きが悪いときは透熱灸で八分ぐらい熱をとうします。
でも結構温灸でなんとかなります。台の穴が小さく患者さんに言わせると針で刺されてるようだと言われます。一点に熱が集中するものがおすすめです。

144 :一休:2006/08/25(金) 23:26:31 ID:DmrYoeep
所見の2
左天宗・反応あり
胃の気・右有り、左無し
臍・4、8時反応有り
気水穴・右/膀胱,肝、左/肝,大腸

処置
1)左天宗・置鍼10分
2)胃の気・左
3)両章門
4)副腎(復溜)+頭部オ血(三陰ゲキ尺)+右腹部オ血
5)気水穴

今回は左の虚脈が出て来たのでここで終了。
上肢の痛みが心持ちマシとのこと、施術1時間後に下腿のムクミ改善。

とにかくやり過ぎに注意しつつ、心臓の血液循環改善と生命力の底上げを考えて
施術。ここ一月程左の虚脈が少しづつ改善されだしたのでちょっと安心してます。

最近季節柄こんな感じの入院一歩手前の高齢者ばかり相手にしています。
こんななんちゃってでも何とか対応し信頼関係が築けているのは、長野式の
お陰です。
現代医学との相性が良い長野式の診断技術を断片でも知っているだけで場合に
よってはキャリア30年以上の鍼灸師や医師の診断を凌駕してしまうことが
こんななんちゃってでもあります!

恐るべし!長野式!

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 00:11:04 ID:pr+6qXLR
ここのスレが一番詳しい方が多いようなので
もしご存知だったら教えてください。
今日、「はんねつ」って言われたんですが
はんねつって何ですか?

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 02:00:02 ID:3oToyzaz
>>83
思いつきなのですが、>圧痛をかんじない方
腰兪(〜仙骨部〜上仙、および志室あたり)と膏肓に灸頭針や温灸を施してから反応をみる、
というのはいかがでしょうか?

>>111
レスが遅くなりもうしわけありません。ご回答ありがとうございます。これらの処置を適応するのは、どこの部分の反応やどういう症状をみて選ぶのか、および
取穴法と施術方法をしりたくて質問させていただきました。
肩部小腸経〜というのが大迎と理解してよいでしょうか?

>>120、134
ご回答ありがとうございました。これからもよろしくお願いします!^^

>>123
同側なんです? 私は対側の臑兪〜肩貞を使ってました。
殿筋なのか梨状筋なのかまでは精査してないのですがこれも効果あります。
再び思いつきで恐縮なのですが、これって脊際部重傷以外のぎっくり腰にも効果あるような気がしてます。



147 :一休:2006/08/26(土) 02:15:24 ID:893Xlov7
腰兪と肓膏ですか!
ありがとうございます!
出来ればそう思い付いた根拠も教えて頂けませんでしょうか?
不勉強なもので・・・(T_T)!

「はんねつ」
どういった症状でどういう人から言われましたか?
煩熱、肺熱等々、聞き間違いも含めて色々ありますから!

148 :63:2006/08/26(土) 08:12:10 ID:dP4ZKH/B
>>146
>肩部小腸経〜というのが大迎と理解してよいでしょうか?

肩部小腸経に関する処置が多くて、どれが該当するのかわからないのが本音です。
内分泌の分泌・代謝異常がある肩こりの場合、曲垣付近に圧痛がでます。
同側の後渓を押して曲垣の圧痛および硬結をとる方法もありますんで。
…はっきりわかる方おりますか〜?

>同側なんです? 私は対側の臑兪〜肩貞を使ってました。
左の臑兪は(自分の追試の感想なんですけど)左右の腰部を緩める感があります。
宗気にも影響を及ぼすからだろうと勝手に理解していました。
臑兪は頚部から肩にかけての筋緊張も取ってくれるから重宝します。

ちなみに天宗(宗気)の取穴は、棘下筋の膨隆の外縁の圧痛を探し、
円状に数点とることが多いです。反応点に処置すると円状の圧痛点が
より小さい円になるので、残った圧痛点にさらに処置しています。
人によっては、天宗に灸頭針します。
>>146 不親切なレスしちゃってゴメンナサイ。いろいろ教えて下さいね。

149 :120:2006/08/26(土) 12:13:00 ID:58lSxkZg
>>146 >>148
肩部小腸経に対する処置はいろいろありますよね。
一番ベタなのが、少海
内分泌異常などによる肩こりなどは基本処置だけで取れることもあるし、
婦人科などの骨盤内の問題であれば陰陵泉でも取れますよ。
大迎は髓に対しての治療が一番のメインなので、割と上肢の整形外科疾患に効くそうですが、
私は、帝王切開後に出現した坐骨神経痛がすっきり取れない時に大迎を使ったら、足の違和感が
すっきり取れてしまい、患者さんが顏で足が…と不思議がっていました。
割と肩こりは原疾患を考えて取穴するほうが効果あるように感じます。

天宗の取穴は、棘下筋の膨隆の中央に天宗を取って、膨隆外縁の周囲5点(それ以下でも可)
くらいの圧痛点に刺鍼します。で、そこに直接灸をします。
松本先生は鍼の根本に紫雲膏をつけて灸をしますが、抜針してから鍼痕部に灸しても
たいして効果は変わりませんよ。私は灸点紙を使ったり、カマヤを使ったりしてます。
取りきれない人は天宗に灸頭鍼か、右の天宗も同様に行うんです。

面白いほど効きますよ。

後、臑兪はアライメントの関係だと思いますが…


150 :63:2006/08/27(日) 01:13:08 ID:NF6iItnY
>>143
お灸の時、できるだけ煙を出したくないのです。壁紙が汚れるし気管支の弱い人もいるし。
自分は薄く紫雲膏を塗って、半米粒大の紡錘形のお灸をしてます。
最初は熱が柔らかく入って最後にツンと刺激が来るようにしてるけど、もっと
気持ちよくて浸透する熱の入れ方はないのかな?研究中なので教えて欲しいです。
>>144
いい仕事してますな。うちは若者〜中年しか来ないので老人の体が知りたい。
>>145
煩熱(はんねつ)は、風邪の高熱後や暑い場所にいたために体に熱がこもりほてった状態。
今の時期に多いのは軽い熱中症みたいなもの。
>>149
説明の漏れがない宗気の取穴ですな。見習おう。

土曜日に、重症の人が来た。「重症患者の紹介でくる患者は重症」という法則は本当だった。
整形疾患は得意だけど、今回はカルテを持つ手が震えた。明日書きます。

151 :63:2006/08/28(月) 00:06:26 ID:PKii03bj
「症状を全部取ってくれるんだって?」といって現れた42歳の女性。
問診表をみて、しばし固まりました。
主 訴:腰痛、吐き気、両手の痺れ、喉の異物感、足のむくみ、手の強張り
既往歴:20代盲腸、その数ヵ月後アデノイド除去。
    30代膠原病、狭心症、子宮癌(全摘)、自己免疫性肝炎(2ヶ月前まで入院)
家族歴:家族がいないのでわからない
症状の出現:腰痛は3ヶ月前から。その他の症状は数年前から

耳下腺がひどく腫れている。下腿は象のようで、靴下状に皮膚が赤黒く変色。
目の周りが真っ黒く変色している。会話中に吐息が生臭く感じる。
手をにぎると強張りのために自力で手をひらけない。
手袋状にチリチリと痛みと痺れが走っている。

152 :一休:2006/08/28(月) 02:04:02 ID:jVuVTyi5
読んでて一瞬寒気しました・・・

153 :ととろ:2006/08/28(月) 07:26:17 ID:tASPLGN9
>151、こういう患者さんの場合、その人一人につきっきりで治療されるのですか?
通常の治療は何人か同時に診られるのですか?私は不器用なので今のところ一人ずつしか診れないのですが・・・
最初のセリフに固まりました・・・

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 09:58:46 ID:BXXNTSTw
>151
どういう治療をしました?

155 :63:2006/08/28(月) 10:37:50 ID:HeobnnV/
151の続き

入院まで酒を浴びるように飲んでいたとのこと。自己免疫性肝炎は
勝手に自分の肝細胞を破壊していく免疫異常の病気。GOTは300を超えている。
関節炎が起こり始めたのは腰痛と同時。指の関節が強張り痛む。
現在飲んでいる薬は狭心症の薬2種と肝臓の薬3種。胃薬1種。
あとはよくわからないのが2種。
一回で症状を全部取ろうとすると身体に負担がかかるので、最低3ヶ月みてほしいと説明。
「私もそんなに簡単に鍼灸でとれるはずがないと思う」といわれorz

脈:洪・遅。左右関上が強い。
腹診:左右キロク部強圧痛。その他腹部全部圧痛だらけ。膵炎様腹ではない。
    左右大巨も強圧痛。婦人科ラインはオペ痕の引きつれがひどい。
    なぜか子宮付近の圧痛はでなかった。ソケイ部の圧痛も強。
頚部:胸鎖乳突筋は左右とも強圧痛。右斜角筋強圧痛。後頚部ガチガチ(C3とかそういうレベルじゃない)
    天ユウ、エイ明も圧痛。耳下腺の腫れ方は異常。    
    廉泉付近に大きな塊があって食べ物が引っかかる→梅核気。天突上も押されると気持ち悪い
火穴:足はむくみのせい?全て圧痛アリ。手は左右魚際、右小府、左右陽渓、左右外関圧痛あり
    左右掌の月丘付近が真っ赤で皮がむけている。免疫異常のせいなのか?

手を長めに洗いながら、使用する処置の組み合わせを絞り込んでいった。

156 :63:2006/08/28(月) 11:40:23 ID:HeobnnV/
155の続き
【仰臥位】
@オ血(中封を特に選んでオ血ラインがゆるむところ)
A副腎処置:左築賓ー左上築賓ーユフー肩グウ  右復溜ーユフー尺沢
 肩グウは左右とも15壮灸した(顔のむくみ、解毒のため)
B肝実処置:右側の復溜ー漏谷ーゲキ門ー少海 刺針後灸5壮
  この時点で左右キロク部がゆるみ強圧痛が消失する

C左右曲池三点に灸7壮、天ユウのゆるむ手三里付近に刺針
  曲池三点の灸をしていると、「のどの塊が小さくなってきた」という。
  乾燥気味の皮膚が一気に湿り気を帯びてきた。
D三カン処置(遅脈だけどゆび針の後あえて使った)→手の痺れ感が弱くなる
指の強張りが左右とも第1・2・3指に残るのみに減弱

【伏臥位】
ちなみに腰痛はL4、L5、S1付近に限局している、肝臓付近が膨隆
E左会陽 2寸を入れる。→肝門脈鬱血に対して
Fゆび針で屈伸三点、内カンチョウ→脊中起立筋をゆるめ、大腸ユをゆるめる
G天ユウ、大椎に浅針。大椎に7壮灸→梅核気ほとんど消失
H左T11→糖代謝
I左宗気の圧痛三点に針。灸3壮
J堀切流の貧血霊(腰ユの1寸ほど上)に指針1分→腰痛と上質な血液の増加のため

【座位】
腰痛は消失、梅核気も消失、患者は「けっこう効くのね」という。
週2回通うとのこと。病院の受診も続けることを前提に予約を受けた。
残る左右第1・2指の強張りは曲泉を押して強張りの消失するポイントに円皮針をした。

患者を帰してから、胃の気をやってなかったことに気付く。膏盲も、魄戸も。気水処置も。
一生懸命すぎて見落としややり過ぎが多かったことを心から反省しているです。  

157 :63:2006/08/28(月) 21:32:09 ID:X6nML9oa
連投すみません
自分の長野式の師匠に電話したら、「お前の自己満足」と斬られました
一度の施術で全部取るのがいいなどと思ってはいけないと厳しい注意。
何回か来てもらい、今日は肝実処置次回は○○処置というように身体の負担を減らせと。
見逃している虫垂の処置、傷跡処置、自己免疫疾患処置を指摘されました。
アルコールに依存してしまう孤独な心を導く指導もしていないだろ…と。

「お前は鍼灸師としての腕は上がったが治療家としてはまだまだ未熟」
この言葉に涙がでました。明日この患者が来るから頑張ります。

>>153
私も同時二人までが精一杯です。一人で全部やっているので

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/28(月) 21:50:05 ID:E4oE6Cqk
>157
やはり精神面のケアが、出来る方がよいですかね?

159 :ととろ:2006/08/28(月) 22:31:55 ID:tASPLGN9
>63様、157の書き込みを読み胸がいっぱいで涙が出そうでした。症例を読んでいて緊張のあまり手に汗握る感じでした。
肉体の病を抱えた人は、それ以上の心の闇を抱えておられますね・・・
患者さんを前にして自分に何ができるのか?何ができたのか?その問いは終わることはありません。
治療に携わる者、特にこの針灸の治療は肉体の病をとうしてその人の心の内までをも癒すような仕事ですね・・・
本当に深く、これで良いということがないゴールのない道のりなんですね・・・
お蔭様で、今日急に入った常連さん(ケイ室持ちで、アレルギーのため薬があまり使えない)お腹中が痛いと飛び込んでこられ、膏盲の多そう灸で痛みが取れました。
焦らず思い出すことができました。ありがとうございました。
>曲池3点がよくわからないのですが、教えていただけると有難いです。
身近によい師匠がいらっしゃるのがうらやましいです。

160 :63:2006/08/30(水) 13:29:20 ID:rvTtXyCf
>>159
曲池三点は、曲池から手三里の間に2〜3ポイントとる方法です。
扁桃処置を強める目的で使っています。
天ユウに圧痛が強く、右天枢〜右大巨の圧痛が強い時に自分は三点とります。


161 :ととろ:2006/08/30(水) 13:49:41 ID:T/URebvg
>160,
63様有難うございました。やってみます!
今度の土曜に三叉神経痛(15年来、10年前に2回手術)の予約が入りました。今も痛く大学病院で麻酔?を打ってもらっているとのこと
何かアドバイスがありましたらよろしくお願いします。


162 :一休:2006/08/30(水) 16:43:16 ID:IGzdtqCr
お久しぶりです。

治療で患者のどこまで踏み込み何を対象にするか?
凄く難しい問題ですよね。私も良くやりすぎて脈を元に戻してしまったりします。

長野先生のビデオで、先生が
「先ず主訴を治療すれば、周辺の症状は取れます。」
と仰ってました。主訴の背景を診て・・・とその後続くのですが。その背景が
複雑だと考え込んでしまいます。

そんな時思い出すのがある古武術の古典にのっている極意の話しで、治療術を
裏芸として併伝された免許皆伝者の話しです。

彼は日頃治療術で生計を立てていたのですが、治療に何回か失敗してしまった。
で同じ頃武術にも壁にぶち当たってしまい師匠に相談にいったそうです。

彼・「打とうと頑張ってみるのですが相手にいつも打たれ敗けてしまいます。
又、良くしてやろうと一生懸命治療するのですが何故か失敗してしまいます。
何故なんでしょうか?」
師・「打とう打とうと思うと構えに隙がうまれそこを打たれてしまうのだ。
それと同じ様に良くしてやろう良くしてやろうとすると、やりすぎて返って
悪くしてしまうのだ。だから武術では先ず打たれまい打たれまいと守りを
固めなければならないし、治療においては悪くしないでおこう悪くしない
でおこうと考えて治療するのだ!」

本には
「打とうとするものは良く打たれ、打たれまいとするものは良く打つ。
生かそうとするものは良く殺し、殺さないでいようとするものはよく生かす。」
と書いてありました。
澤田流では
「先ず腎間の動気を回復させれば、自然と症状は消える。」
と、
「太極に灸を据えたら、後は回復するのを待つのだ」
とも。

中々このとおりには行きませんが、何時かこんな待てる治療がしてみたいですね。

163 :ととろ:2006/08/30(水) 17:11:11 ID:T/URebvg
一休さんお元気でした?
>162、そうですね、欲張れば欲張るほど、思いとは裏目に出てしまう・・・
無心になること、自分を知り謙虚になることなんですかね?難しい・・・
待つ治療、大事かもしれません。患者さんも待ってくれるといいんだけど・・・

>63様、曲池3点やりました。右天ユウの圧痛の取れ具合が良かったです!
ありがとうございます。



164 :63:2006/08/30(水) 23:14:28 ID:0o64hFxS
>>161
三叉神経痛ですか。手足の陽経の火穴反応をみて気水処置がマジで
よくききます。とくに患側。扁桃(大椎)周辺の多壮灸も効果大。
遅脈ならC7〜T5付近の棘突起間の狭小部位にV字が良いと思います。
ベースの処置も忘れずに、是非やってみてください。
「鍼灸臨床わが30年の軌跡」のP175も参照デスヨ☆
昔、傍神経刺して痛みが悪化したことがあります(汗)本当に気をつけて!

>>162
きっと師匠が伝えたいことはそういうことなんだと思います。
一休氏はPCからの書き込みができるようになりましたか?

165 :一休:2006/08/30(水) 23:46:14 ID:imqQ0rYm
ととろ様、63様
お久しぶりです。お蔭様でようやく復帰できました。
これからも宜しくお願い致します。

私は今鍼灸師としてはある意味とても恵まれた環境にいます。
高齢者施設に勤務している関係上、施設に遊びにきたついでに
治療を受ける、「受け持ちの患者さん=利用者さん」な為9割以上
リピーターになります。
ですから前回の治療がどうだったか、失敗したか成功したか?
逐一確認できます。
それでも「待つ」のは難しく余計な事を付け足して悪くさせて
ばかりです。特に高齢者ですから脈で言うと、「沈虚・・・」
ばかり。少しの付け足しでOUTです。

武術家の話は私の理想です。
「待つ」には自分の施術が絶対正しいと言えるだけの技術、知識
が必要なんでしょうね。
まだまだです。

166 :ととろ:2006/08/31(木) 07:33:18 ID:qXwv9S1V
>63様ありがとうございます!長野先生の本読みなしますね!

>一休さん!私も苦い経験はいっぱいあります。今考えると、一回で何とかしようと焦りすぎたか、やりすぎた時でしたね。
腹8分じゃないけど、後はその人の治す力を信じる、それと心の歪みが多いと痛みは取れにくい気がします。
いらいらしてたり、怒っていたり(特に心の中にある無意識の怒り)、昔、痛みは怒りだ!みたいな本を読んだんですけど臨床をしていてつくずく、そうかもって感じます。
そんな感情も、この長野式は和らげてくれる気がします!皆さんのアドバイス感謝です!

167 :一歩:2006/09/08(金) 17:27:25 ID:h8tHn6cD
こんにちは。
私も諸兄らに習って長野式を勉強していきます。
どうぞよろしく。

168 :ととろ:2006/09/08(金) 21:55:27 ID:FNnx+4kS
>一歩様、こちらこそよろしくお願いします。
いろいろ忙しく、書き込みが遅いためじっくり書けないのですが、また後日!

169 :63:2006/09/12(火) 01:43:58 ID:1mxpBVTU
お久しぶりです。
ちょっと私事ですが聞いてください。
9月1日に38度の熱を出した。しかし予約患者がいるため
自分で扁桃処置だけして仕事を続けた。それを1週間繰り返した。
病院には行ってない。ていうか行けてない。
その後熱は下がったんだが、最悪なことに左右母指・示指に関節炎が起こった…。
高校生の頃にリュウマチにかかった既往があります。(母方の家系がリュウマチ持ち)
針を持つだけで激痛が走る(特に左右示指)。灸ひねる時は母指と中指でなんとかひねる。
パソコンのクリックは中指で。皆さんならどう自分で治療する?

ちなみに脈は数、尺中は左右とも触れない。左右寸弱い・関は右が実。左は弱くて浮く。
舌苔は薄黄、舌は歯痕ハン大。舌先紅。
腹部は心カ部、右天枢〜大巨〜帰来に強圧痛。臍は三時八時九時方向に強圧痛。
右関門、水分、左大巨は軽圧痛。ソケイ部は右のみ強圧痛。
火穴反応は左右肺、左右大腸、左右三焦、右心、右小腸、右腎、左右肝、左脾、左右膀胱、右胆。
自分で施術するため背部施術ナシで、灸は千年灸を使います。
扁桃処置に数個付け足すとしたら、何を優先的に付け足します?
マジレスお待ちしています。

170 :ととろ:2006/09/12(火) 07:45:18 ID:hQAKKIrf
>169、手短に書きます。
右関脈実ー粘膜炎症ありー章門、大椎も温灸(できれば強めに刺激)
私でしたら指たん刺絡をするかな(自分で)
早く良くなって下さい!



171 :ととろ:2006/09/12(火) 07:57:23 ID:hQAKKIrf
追加、温灸ですが、私の使っている中国秘伝灸というのは熱の伝わる穴が小さく
ツボに熱針のように入っていく感じで、よく効きます。トウ熱灸より熱かも?
できればこんな温灸でやってみて下さい。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 14:34:39 ID:H/tRoyBj
63さんはちゃんと講習に出てる人。
ととろさんは独学の人。
なぜととろさんが指導してるんだろう。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 14:43:24 ID:+rXRpWMO
そんなアナルの小さい事は言うなよ。

174 :ととろ:2006/09/12(火) 15:09:59 ID:A6XnwyId
>172さん、指導してるつもりはないです。
自分だったらどうやって自分の身体を治療するか?をレスしました。
できれば講習会に出ている先生のアドバイスお願いします。
早く元気になられることを祈っています。辛い身体で患者さんの治療をする大変さは身にしみています。

175 :ととろ:2006/09/12(火) 15:44:16 ID:A6XnwyId
>63様、新治療の探求P104参照してみて下さい。

176 :一休:2006/09/12(火) 22:41:32 ID:ruSSLtsH
一歩様、私も宜しくお願い致します。
120様、>>149での「大迎」、やってみました。
自己流ですが効果ありました。有難うございます。

お久しぶりです。
中々書けなくて申し訳ありません。
皆様もお忙しいようですね。

>>169
63様、自分ならば

1)胃の気
2)腹部五点   で尺中が出てこなければ、
3)右の下垂処置(数)
4)火穴・腎⇒肺⇒大腸

ですかね?どれか一つと言われたら、4)をします。
自分も独習なんで、判定宜しくお願い致します!


177 :63:2006/09/13(水) 01:31:55 ID:8D245YQW
ととろ様、一休様、レスありがとうございます。
患者のことなら冷静になれるのに、自分の痛みに焦ってしまいました。
もし鍼灸できなくなったらどうしようって…ほとんど火病w

今日は雨のせいか痛みと腫れが倍増。急性腰痛の飛び込み患者も多かった。秋ですね。

下垂・扁桃にも使える章門(長野先生は章門をスーパー帯脈と呼んでいらしたそうです)
胃の気、火穴(腎⇒肺⇒大腸)
それに扁桃処置を加えてみます。

明日から朝と晩に行って変化を報告しに来ます。
中国秘伝灸も買ってみるか…。どこで取り扱いしてます?

178 :ととろ:2006/09/13(水) 07:34:20 ID:tWRK2LAv
>63様、頑張って乗り越えてくださいね!
中国秘伝灸ですが、「か○だはうす」さんで取り寄せしています。
患者さんによっては、お灸している時つんと痛い感じがすると言われます。(熱針)
私も毎日、自分で背中の届くところにのっけてます(^^)

それと陽陵泉の多そう灸も試されたらどうでしょうか?
長野先生のお言葉(スーパー帯脈)いいですねぇ!ありがとうございます。

>一休さん!お元気でした?以前、主訴をとることがまず大事の言葉に、はっとさせられました!
心にしっかりと刻みました!ありがとうございました!


179 :一休:2006/09/13(水) 07:59:13 ID:r/Yz8vKv
ととろ様、こちらこそアリガトウございます。(*^_^*)

ところで63様、心窩部にも反応があるんですよね?
以前長野先生の50肩の症例に、激烈な上肢の痛みに頭部お血を使う!と書いて
ありました。指にはどうか分かりませんが、先の処置に加えて(ととろ様が
書いてたかな?)ゲキ門(+三+陰)か百会も加えてみたら如何でしょうか?

見当違いなら申し訳ありません。m(_ _)m

180 :ととろ:2006/09/13(水) 12:53:15 ID:okVKk7bE
>脾病みて四肢用いられざる・・・脾が病むと、四肢が正常に機能しない
宗気考より・・・3かん治療です!63様!


181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 14:14:28 ID:qIOKDa+w
はじめまして。
20歳で来年専門学校卒業です。
将来は長野式でと思っていますが、
長野先生の本の他に読んでおくといい本などがありましたら教えて下さい。
東洋医学西洋医学を問いません。
よろしくお願いします。

182 :ととろ:2006/09/13(水) 22:21:39 ID:tWRK2LAv
>181様、よろしくお願いしますね!
すごーくはるか昔、あなたと同じ年のころ資格を取りました。紆余曲折のうん十年でした^^;
今から長野式と決めて歩んで行かれたら、きっと多くの人に喜んでもらえる治療家になられるでしょうね!
私からは、医道の○本の長野式に関するもの(過去の松本先生など)読んでみるといいですよ。
なんせ独学なのでアドバイスにはなりませんが・・・


183 :63:2006/09/14(木) 00:27:51 ID:/trixeA2
胃の気恐るべし。
朝、胃の気ラインを調べたら上から下までボコボコorz
ボコボコの凹みに全て浅刺置針して千年灸しました。
10分後の時点で左手の母指示指が痛くない。基本の大切さを思い知りました。
章門、中カンにも灸をしています。現在は右示指の腫れと痛みが残るのみです。
右経渠の刺激で右示指はかなり楽になります。ここには円皮針をいれました。
毎日胃の気だけでもしよう。ととろ様、一休様、ありがとうございます。

184 :63:2006/09/14(木) 00:51:10 ID:/trixeA2
連投スマソ
>>181
長野先生は病院内で全ての患者の脈をとり、西洋医学の疾患名と脈を合わせていったそうです。
だから、古典と現代医学の知識は必須だと思います。
古典(素問、霊枢、難経など)は入門書からみてみると良いですよ。
鍼灸真髄や基礎鍼灸治療学(代田文誌)も熟読することをオススメします。
経絡を知るためには北辰会の『臓腑経絡学ノート』、概念を理解するのに『東洋医学講座』。良書です。
『新臨床内科学』、『眼科学』、『筋の機能解剖』も臨床に合わせてよく読みます。

185 :一休:2006/09/14(木) 02:34:04 ID:eTlzmHhz
63様良かったですね!少しはお役に立てたようで
嬉しい限りです。

>>184
うお!!!!流石63様
自分が書こうと思っていた書籍のほとんどを!
悲しいのは、殆ど熟読できていないのが・・・・・頑張ります。
で、付け足しです。

*「今日の診断指針」
  研修医の方たちが日々の臨床で使うカンニング本です。高いの
  で買えないのですが「今日の〜」シリーズ   は、整形外科、薬学も
  持っていると嬉しいです。

*「臓腑経絡学」(藤本蓮風 監修)
   >>184で63様が書いている臓腑経絡学ノートの改訂版
   です。ノートの方が永らく絶版になっていたのを北辰会
   の現在の臓腑経絡学の研究の成果を書き加えて出され
   た本です。

*開業鍼灸師の為の診断法と治療法1〜5
   長野先生が‘三十年の‘で薦めている整形外科系疾患に対する本です。
   ‘新治療法‘で坐骨神経痛の配穴はこの本を元にしているようです。
   ⇒この本の著者の師匠、木下晴人先生の最新鍼灸治療学は同じ疾患に
     対して東西両面からアプローチしている本で長野式の思考法をする上
    で便利です。 

*基礎中医学(神戸中医学研究会 編著)
   古典を読むと寝てしまう私!中医学基礎で楽しようと考えて読んでいる本。
   北辰会推奨だっただけあって「やさしい中医学入門」を傍らにおいて読ま
   ないと理解不能、とほほ です。     

*気・流れる身体(石田秀実 著)
   数多くの古典医学書を翻訳してきた学者さんの伝統医学の身体観解説本
   一般向けに書かれた本ですが私たちが読んでも目から鱗、面白いですよ!

*脈状診の研究(井上雅文 著)
   絶版ですが長野式の脈状診を学ぶ上で大変な良著!なんで学校でコピーしましょう。
   何で絶版なんでしょうね?

このぐらいかな?

186 :ととろ:2006/09/14(木) 08:16:14 ID:6Ah1YaPh
>63様、よかったですね(^^)安心しました!
胃の気はやっぱりすごいですね!基本が大事なんですね!


187 :63:2006/09/15(金) 22:01:27 ID:gkUlN5+v
おかげさまで右示指の腫れがひきました!あとは強張りだけ。ビバ胃の気。
>>182
自分も長野式にはまりかけの頃、医道の日本の長野式に関する投稿を
全部母校でコピーしました。
長野潔先生、長野康司先生、長野式読書会、松本先生、村上先生…。
膨大な量だった。時間はかかるし、お金も飛んで行った。これを製本したら便利だろうな。

>>185
臓腑経絡学の改定版がでているとな?
絶対買おう。
臓腑経絡学ノートは母校で全コピーしたものです…大変だったなあ。

188 :181:2006/09/16(土) 13:11:43 ID:6H696zX4
お礼が遅くなりましたが、
先生方いろいろとご紹介有難うございました。
何しろ収入が少ないもので
1冊づつ移動の日本社で買って読んでいきます。
このスレッドも続けて読ませてもらいます。
これからもよろしくお願いいたします。


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 15:10:00 ID:4sInLn0y
長野式の講座ビデオやDVD(市販されてないもの)が欲しいんですが値段が高くて買えません。なんであんなに高い値段で売るんだろう。
普及させたいならもっと良心的な価格にして欲しい。尚古堂は施術よりビデオやDVD販売で利益をあげていそう。
鍼灸師より、商人の方が向いてるかも。
何人かで購入してダビングして分け合いたいけど著作権法にひっかかるよね。

190 :ととろ:2006/09/19(火) 16:10:17 ID:BSM3VHn+
>189様、お気持ちよーく分かります。ですが、ここでは長野式を志す者同士、臨床のプラスになるような情報交換の場である事を願っています。
私の知る限り、長野式の掲示板はここだけなので臨床のプラスになる板で続けられたらと思います。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 18:56:42 ID:H1VtBa+4
http://www.geocities.jp/kxpwr364/index.html

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 19:10:46 ID:t6tjKeoW
>>189
DVDも出てるのはしらんかった。商業的市販品なら手間かからない分DVDはビデオより安いよね。
市販のDVDーRでのダビングだろうから数年で消えてしまうし、そういう意味でいくなら安くてもいいんじゃとはおもう。
著作権にうるさいのはたぶん松本先生じゃないかな。村上先生も手間暇考えるとたいへんだとはおもうよ。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 22:00:08 ID:4sInLn0y
臨床とは違うけど長野式鍼灸についてだから許してください。
前々から、私のように感じてる人がどのぐらいいるのか知りたかったのです。長野式は確かに素晴らしい治療法で効果には驚いています。
まず、本を全て買いました。医道の日本社から出てるビデオも全て買いました。しかし、もっと資料が欲しい。
と思ってたら尚古堂さんからたくさんのビデオやDVDが出てるじゃないですか。
喉から手が出るほど欲しい。しかし、プレミア価格かと思うような値段、量の多さ。
もう少し安くして欲しいと思うのですが…。

194 :ととろ:2006/09/19(火) 23:28:09 ID:WE0bpTY6
>193様、松本先生の講演ビデオがまだ買えないので(安くして欲しいのはやまやまですが)、ここでの皆さんの症例を参考にしながら医*の*本のバックナンバーの長野式の症例、松本先生の論文を読み直す日々です。
地方なので講習会にも簡単に行けず、長野式を独学で始めて6年あまり、やっとこちらで日々疑問に思っていることに答えて下さる先輩方にレスしていただけることに感謝です。
193様はここを全部読まれましたか?(読んでおられたらごめんなさい)本当に自分一人で勉強するだけでは気ずけないことを教えていただけました。
いろいろとあるかもしれませんが、お互いが長野先生の遺された治療法を少しでも自分のものとして治療に生かし、患者さんに喜んでもらえるよう日々研鑽できればと願っています。

>63様お元気になられました?ビバ胃の気!と心で叫びながら胃の気やってます(^^)
今また松本先生の胃の気考を読み直してます!ほんと、今までの松本先生の論文を本(日本語の!)にして欲しい!!





195 :63:2006/09/20(水) 02:54:21 ID:n3V7L4aD
お久しぶりです。
確かにビデオやDVDは高いと思います。でも買う価値はあると断言できる!
師匠や友人は講演会に参加した上でビデオを買い、何度も見直して
知識を自分のモノにしていましたよ。自分は4本しか持ってないけど。
松本先生の講義を受けるチャンスは年に二回だけ。渡米する金額を思えば安いものでしょ。
…とはいえもう少し安くなると嬉しいですよね。

ととろ嬢、すっかり元気になりましたよ。毎日バリバリ鍼灸してますよ

196 :63:2006/09/20(水) 19:29:54 ID:F4p5I0uN
久々に症例報告。
主訴:不眠、全身倦怠感、疲労感、顔の吹き出物(特に額)
20代後半の女性。OLで総合職につくバリバリのキャリア組。

細身で目の周りが赤黒く、精神的に酷く沈んでいる。
既往歴の欄に『3ヶ月前に子宮手術』とある。
「この子宮手術はどういう手術ですか」ときくと
「人工妊娠中絶です」と言い終わらないうちに大粒の涙をこぼし始めた。
その後号泣してしまい、2時間ベッドで声をあげて泣いていた。悲痛な叫びだった。
誰にも言えず、罪の意識にさいなまれているうちに不眠症になり、顔中に吹き出物がでてきたのだ。
赤いブツブツは額を中心に広がっている。さわると「痛い」という。
額は『逆さ顔』でいう子宮卵巣エリア。
脈をみると未だに妊娠時の弦脈を呈している。細い弦脈で、胃の気なし。尺中がポコッと浮いている
腹部はすべて痛む。水分の拍動アリ。子宮(気穴)の反応が強い。
胸鎖乳突筋は触れただけで痛む。甲状腺は触ると気分が悪い。
手足の先がひどく冷たかった。そして頭は熱を持っていた。

197 :63:2006/09/20(水) 20:00:39 ID:F4p5I0uN
続き
ホルモンバランスの改善と、解毒、子宮の状況の改善を目的に治療を開始。

@胃の気。胃の気ライン上が足首に向かうほど詰まっているので丁寧に処置する。
A築賓、上築賓、ユフ、肩グウ。ひどいオ血のため、解毒もかねて行う。
 肩グウに多壮灸をしながら「ここは美肌のツボで、お肌がきれいになりますよ」と
 いうと初めて笑った。
B左右上四トク。胸鎖乳突筋の緊張に対して。
Cサンチク、魚腰。精神的な落ち込みの改善と、眼精疲労に対して
Dレイ溝に多壮灸。子宮状態をかいぜんさせるため。
E?中に置き鍼。精神安定のため。
F失眠穴に多壮灸。灸しているうちに寝てしまった。その後仰向けで1時間程寝かす。

驚くべきは肩グウの多壮灸の効果。左から始めたのだが、21壮終わる頃には
額の左半分の吹き出物の赤さが減り、頬のあたりなどは吹き出物が消失していた。
片側ずつ効くのだなあと納得した。
治療後、鏡をみせると「吹き出物が減ってる!」と笑顔をみせた。
「今は体と心を休めましょう」というと、「自業自得ですが、こんなに辛いとは思わなかった」
悲しげにそういうと次の予約を入れて帰っていきました。

198 :ととろ:2006/09/20(水) 22:45:36 ID:BAbT/m0I
>196
治療もさることながら、63様の人柄が、その患者さんの秘密(多分言いにくい心の傷)を打ち明けることができたんですね。
きっと身体だけでなく、心も癒せたと思います。
肩グウもおろそかにできないですね!

上築賓て、ちなみにどこらへんですか?築賓の働きを強めるのでしょうか?

63様お元気になられて本当に良かった(^^)


199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 22:55:03 ID:+Q3V7+AM
すごい効果

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 01:35:02 ID:P3U3Kkml
臨床で長野式で施術しているやつはいるのか?

201 :一休:2006/09/21(木) 04:26:06 ID:nyasceBK
忙しいと中々、書けませんね。お久しぶりです。
63様、元気になられて良かったですね。保険治療で時間に追われている私には
心を癒す施術は最近中々出来ません。羨ましいです。

>>200
ここに症例報告されている方は皆さんそうですよ。私の様に純粋では無い報告も
有りますが。

先日自分の習い事で4日間の合宿に行って来ました。その際友人が膝痛で稽古が
出来ないとのこと。初日の晩に道具が無いので私の本門で施術、次の日稽古
が始まる直前、応急処置として爪楊枝で気水穴処置をしてみました。
6割り程痛みが取れたそうで、何とか4日間稽古をご一緒出来ました。
ちょっと嬉しかったです。


202 :ととろ:2006/09/21(木) 07:33:43 ID:gLT0QZJD
>一休さんお久しぶり!爪楊枝もなかなか役に立つのですね(^^)

肩ぐう・・・そう言えば以前20代のアトピーの女性に(肘、膝、手首の間接に出ている)
築賓ー肩ぐうの処置に皮内針をしたら、家に帰るころにはアトピーの赤みがすーっと消えてました!と患者さんが不思議そうに言っておられました。
その時は膏こうの多そう灸もしていて、している最中に「なんか心がすーっと落ち着いてくる、不思議な感じ」と言っていました。
今、また松本先生の膏こう考を読み直し中です(^^)

203 :63:2006/09/22(金) 01:40:52 ID:VHwWARSe
上記の患者は自分の治療のせいでなく、泣いて疲れたから眠れたんだと思うw

患者さんが「病院や接骨院や鍼灸院に行こう」と思った時点で治療が始まっている、と
最近思うんです。その気持ちにこたえて、少しでも症状を楽にしてあげたい。
健康の後押しが出来るように、いろんな知識を得たい。そう意識が変わったら
急に忙しくなりました。不思議なものですね。

ちなみに上築賓は陰谷の三寸ほど下の腎経上にとります。
築賓、上築賓、ユフ、肩グウのセットで、オ血処置だけでは取れない
腎虚を伴うオ血に効果があるそうです。
肩グウは大好きなツボで、顔のむくみや肌荒れには必ず用います。
女性の患者さんが本当に喜ぶし。

204 :ととろ:2006/09/22(金) 07:49:19 ID:9YcBCYxX
>63様
ありがとうございます。上築賓ためしてみます。

術者のひたむきな姿勢というか意識が、病に苦しんでいる人を引き寄せるのかな・・・
技術も大事だけど、その前に心がまえというか、そんな意識が大切なんですね・・・

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 21:30:26 ID:Pkp4chmA
>200
やってますよ(^^)

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 01:16:20 ID:/QOpqH6E
…松本先生の講演会の案内がきました。
一日で2 9 0 0 0 円。たかー!!

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 10:38:06 ID:BnhKZ5+b
「キー子スタイル」はまた違う処方・手技なのでしょうか?

208 :一休:2006/10/09(月) 20:40:06 ID:IaV80lbz
お久しぶりです。
書き込み止まりましたね。書き込みしてなくて言うのもなんですか淋しいですね。
今忙しいので11月に入ったらまた書き込みしますね。

で、今日は友人の紹介でmixiに紹介してもらったのですが、長野式のコミュが
ありました。御子息の研究会の関西の管理人さんが運営されている様です。
mixiに入られていらっしゃる方はここと合わせてどうぞ!


209 :63:2006/10/11(水) 01:09:59 ID:UU7gqGXi
>>208
お久しぶりです。
最近とても忙しいのですが、やっぱり皆さんも忙しいのですね。
寒くなったから腰痛や寝違えが多発してます。
予防のために自宅でのお灸をすすめまくる毎日です。

さて、唐突に質問。
純粋に長野式で施術すると40分から小一時間ほどかかってしまいます。
みなさんもそうなのでしょうか?

210 :ととろ:2006/10/13(金) 21:54:07 ID:q9PT6fuH
>63様、お久しぶりです。遅くなりました・・・
私も1時間ぐらいかかってしまいます。もっと要領良くできないかと思いますが、長野式を取り入れる前から1時間かかっているから・・・・
なので温灸は時間短縮に助かっています!私も皆さん良くなってもお灸を買いに来られます。
元気そうな顔を見ると嬉しいです。

一休さんお忙しそうですね!また落ち着きましたら書き込みお願いします。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 21:04:35 ID:TIDRTTZL
おまいらの好きな処置はなんですか?
漏れはメジャーに扁桃処置

212 :一休:2006/11/11(土) 04:18:27 ID:miUfDXXf
皆様、本当にお久しぶりです。すっかりこのスレも過疎ってしまいましたね。
また余裕が出来たので、勉強がてら少しづつ書き込みしますね。

>>209
私は63様のレスを読むまで90分程かかってしまってました。読んでからは60分以内
で施術するように心がけたところ40〜50分程で施術できるようになってきました。
あまり施術時間が長いと患者さん疲れますものね。

以前、友人に聞いたところ長野先生は大体40分前後を目安に終われるように長野式を
組んだそうですよ!

ところで最近澤田流太極療法を臨床で使う機会があったのですが、北辰会講師の
友人が「極論すると長野式は澤田流だ」と言ってた意味が少し分かったような気に
なりました。鍼灸真髄、またしっかり読まねば!!

213 :63:2006/11/12(日) 16:32:16 ID:VBWCt1LJ
>>212
お久しぶりです。
なるほど、長野先生は40分前後で治療されていらしたのですね。
参考になります。

さて先日ひどい寝違えの患者がきて全然よくならず、激しく落ち込みました。
2回目に来てもらった時、よ〜く背骨を触診したら下位腰椎が右に凸でした。
結局側ワン処置だけで良くなりました。腹部や脈だけでなく、背中も良く見なさいってことですね。

214 :一休:2006/11/15(水) 21:42:30 ID:pInEpK27
>>213
側湾処置は上肢の動かなくなった患者さんに使って私も大変助かりました。
ビデオでは上位胸椎で判断しろと言ってた記憶があるのですが、腰椎でも判断基準に
するのですか?

宗気処置ですが皆さんは何時されているんですか?
私は胃の気をする前に先ずしてみるのですが、本来は何時するのでしょうか

215 :63:2006/11/16(木) 09:48:30 ID:1CbOUv4t
>>214
私は腰椎の側ワンにも使います。症状が減弱する時は必ず使います。
右に凸の腰椎棘突起の右斜め下にも処置しました。(新治療法の探求に書いてあったので)

ちなみに私は宗気処置は仰向けの処置が終わってから使うことがほとんどです。
イヒコン(椎骨脳底動脈血流促進処置)のあとにやる事が多いです。
時間の無い腰痛患者には、初めに座位になってもらい単刺で宗気処置をやることがあります。
120氏やととろ氏はいつ頃やるのかな?

216 :ととろ:2006/11/18(土) 23:44:06 ID:olyP1lWL
>63様、一休さん、皆様お久しぶりです。いろいろ忙しくて・・・
宗気処置は松本先生の宗気考にもありましたが、基本処置が終わってからのお楽しみだそうで、私もお血、扁桃、胃の気処置等の仰向けの処置が終わった後にやります。

側ワン処置は脈状が細、緊、数の時に使うようなことが書いてありましたので同側の緊張が取れない時に使います。
また、側ワン処置で使う、足のつぼ(陽輔or懸鐘で圧痛のあるほう)の多壮灸(31壮)は緑内症の痛みに良いと本にありましたが、最近、自分の古い捻挫の足の痛みにしていたら捻挫の痛みだけでなく、同側の上背部痛がいつのまにか取れていました。
いつも、治療した後に同じ所が痛かったのですが、圧痛点(上背部の)に鍼やお灸をしても一時的な効果だけで長続きしませんでしたが、陽輔の多壮灸は良く効きます!
長野先生の本は宝の山ですが、未熟者の私にはまだまだ使いこなせていません。
でも、先生の下垂処置(側臥位)のやりかたで4カ月も痛みで寝返りもできず、朝起き上がるのが大変で、大学病院や整形でも治らなかった方が3回で寝返りができるようになり痛みから解放されることができました。
本当に先生の残して下さった治療法に感謝です。

217 :63:2006/11/19(日) 13:44:43 ID:TXBGvto9
>>216
やはり基本処置の後ですよね。宗気処置。陽輔の多壮灸も効きますよね。
アメリカでは松本先生の仕事が『レジェンド』とよばれているそうです。
長野先生がいらっしゃらなければ、松本先生の今日もなかったと思います。
一度でいいから長野先生にお会いしたかった…。月末は松本先生のセミナーに行ってきます。


218 :ととろ:2006/11/19(日) 21:22:33 ID:pzkzfdXF
>63様、松本先生のセミナー行かれるんですね!すごいですね
私はまだまだ行けませんし、長野先生の御著書2冊さえ自分のものにできていません。
だけど、自己流長野式でも多くの人に喜んで頂けるのは、本当に臨床の真理のようなものが長野先生が残された著書にはあるんでしょうね。
未熟者の私には読んでいても見落としたり、忘れたり、気づけなかったりの反省の日々です。
でも、人望の厚い人が治られるとその人からの口コミの広がりはすごいですねぇ

219 :ぽてち:2006/11/20(月) 02:02:46 ID:gRGHLXCW
はじめまして!松本先生のスタイルを部分的に取り入れてましたが、最近になって、脈状での長野式にも興味を持ち試行錯誤しています。
 側ワン処置って、交感神経抑制と穴がかぶりますよね?ってことは側ワン処置が有効な場合には、脈状は数脈を呈するってことですかね?
自分は数脈+陽輔付近の圧痛があれば使うことが多いんですけど…
 あと鍼は何を使ってらっしゃいますか?<ALL
自分は結合組織活性化以外は1寸〜寸3の1番でやってます。

220 :ととろ:2006/11/20(月) 07:40:14 ID:59sSXGKz
>ぽてち様、よろしくお願いします。
側ワン処置は確か長野先生のビデオに(入門編に?)説明があったし、本にも出てるかな・・・
私は同側の緊張を取る時や、脈が緊・数を呈している時に使います。実は今日の咳が止まらない患者さんに試してみようと思います。
それと、長野式を取り入れられるなら、是非、胃の気処置をしっかりやってみてください!
高齢の患者さんに胃の気に自宅でも温灸をしてもらっていますが、足がむくまなくなったと喜んでおられます。
>鍼は寸3の2番が中心で、目のツボには寸0〜1番、寸6の3番、寸6の4番を腰部に使用します。
お灸は治療効果を高めます!ガンバッテ下さい。




221 :63:2006/11/20(月) 11:47:55 ID:Wr+xy8mj
>>218
長野式を始めたら『類は友を呼ぶ』的な口コミが増えました。
あと、活動的な女性はすごく紹介してくれますね。
会社の中間管理職の男性も、部下を何人も紹介してくれます。
>>219
鍼は寸3の2番が中心です。太った人の帯脈とかお尻には2寸の5番。
結合組織活性化は寸6の4番、目の周りは1寸1番とか使ってます。

222 :ぽてち:2006/11/20(月) 22:36:17 ID:gRGHLXCW
とろろさん63さん情報ありがとうございます。ビデオ(医道の日本)と書籍は手元にあり、
セミナー(村上先生の)にも出ました。側ワンもそうなんですが、所見(圧痛)で処置等
を決めると配穴数が多くなり、もっと減らしたいなと思い脈状診も取り入れています。
 医道の日本の症例報告や、「軌跡」「探求」等を読んでいて思うのですが、ある処置が症例に
より異なる処置名になっているなと思ったんです。
 例えば@交感神経抑制と筋緊張緩和と側ワン。A強腎と下垂。B骨盤うっ血と頭部?血と血の道症と低血圧など。
そこで違う処置名なのに同じ配穴なのには共通点があるんじゃないかと思ってんです。
    @に関しては手足の少陽経を使うということで各処置の目的に共通するのは「緊張」。
    Aは腎虚
    Bはいろいろ考えられますがしいて言えば骨盤のうっ血かな、どれかひとつ所見があると重複しやすい
 「軌跡」のp436以降をよんでると長野先生は穴性よりも経絡の特性に重きを置いていたように感じました。
脈状により生体を整えるのに、その時点で一番適している処置を選んでいるのかな?
 それなら側ワンの適応も単純に側ワンしているから側ワン処置ではなく、側ワンにより交感神経節に影響をおよぼし、
数や緊脈等の交感神経緊張を表す脈状の時に用いたほうが効果的なのでは‥と思ったんです。
長文失礼しました。


223 :苦学生:2006/11/21(火) 01:28:06 ID:04gHfwjj
村上先生の...

なんだ、自分になんにも技術がねー癖に・・・笑っちゃう。
彼は、VTR売って生計立ててます。

224 :ととろ:2006/11/21(火) 07:42:32 ID:H+cYkIRl
>ぽてち様、すごく参考になりました。ありがとうございました。
私はもともと脈診治療をしていましたので、長野先生の脈状診を読んだときこれだ!と感動しました。それまでは脈を虚か実か平として診るだけのやりかた(私が勉強してたのが)だったので治療の枠が広がりました。
以前ここでも一休さんがアドバイスしてくださいましたが、主訴をまず取る!それを取ることをベースにして基本処置をしっかりとり、それでも緊・数が取れないときは側ワン処置や交感神経の緊張を取る処置を使います。
やはり脈診はわからないなりにも、最初や途中も診ながらやっていったほうが患者さんを把握しやすいと思います。
すみません独学者のつたない経験でした。

225 :ぽてち:2006/11/21(火) 22:58:11 ID:oQHMTSoy
>とろろさん 
あくまで個人解釈なんで、まちがってるかもです‥
講習会で質問したことと回答をいくつか
Q:長野先生の治療時間はどれくらいかけてたか?
A:長野先生の治療院は当日の予約制(人数により締め切り30分くらいで予約が埋まる)
 なんですけど、皆さん早くこられるので、先にベッドに通し、助手が副腎処置を行い寝て待ってもらう。
 そのあと長野先生が治療する。先生が治療を施す時間は20分〜長くて40分程度。
 処置の数は平均3処置!(少ないことに驚いた)多くて5処置(6処置以上は見た記憶がない)。

以下の質問はすべて松本先生スタイルへの質問

Q:腹部等の圧痛が多い場合はすべて消したほうがよいか?
A:反応点は下にあるもの(足側)、古い病、深い臓器の反応を優先的に処理する。
 
Q:先に経穴を押して経穴の適応(圧痛の減弱、消失)を診てますが、変化はないが症状的に使いたい場合は打つべき?
A:松本先生は押して効果がない場合はまず使わない。押して4割減弱の場合は刺鍼で6割以上を減弱する。

Q:脊柱が椎骨レベルで右変移と左変移を両方持ってる場合の適応と患側は?
A:陽補の圧痛側できめる。または脊柱直際を右と左(脊柱に向けて押す)で
 反応を調べてあまりい反応の偏りがある場合(右に多いなら右側ワン)。
 両側ともに多ければ、交感神経緊張抑制の為に腰兪へ雀啄し、残った反応点にV字。
 
Q:松本先生のV字は「探求」とやり方が違いますが?
A:松本先生は押してみてターゲット(症状や圧痛)が消える方向に打っているため
 V字型にこだわっていない。

トリビアとして…長野先生はメロンパンと牛乳が好きだった(治療が忙しく昼食時間もまともにとれないため)。
        松本先生はおにぎりらしい…理由は長野先生と同じ

他にもいろいろ質問したんだけど思い出せません。思い出したらまた書きます。
役立てられる内容を思い出したらまた書きます!

226 :ととろ:2006/11/21(火) 23:25:48 ID:H+cYkIRl
>ぽてち様ありがと〜〜ございます!(今梅酒飲んでて脳みそまわりません)
私もメロンパン好きです!
そうですか長野先生は平均3処置!シンプル!私は、副腎、扁桃、胃の気、年配の方の腰痛があれば同時に帯脈、気戸するし
片側の緊張が胃の気の後にも取れないときは筋緊張緩和して、それでもだめなときは側ワン、それと効かせたい処置に温灸か紫雲膏+灸(これ好きです自分にするのも)
V字刺鍼も気持ちいいみたいですね!患者さんよく寝てます。
私は松本先生のように反応点が押して消えるところで取穴するのはどうも苦手です^^;
押しているうちにわからなくなってしまって・・・だから指が感じるところで穴をとってます。
本当に無駄のない治療を目標に精進しなくては!!ぽてち様ありがとうございました。



227 :63:2006/11/22(水) 01:08:35 ID:tGU847xr
ぽてち氏、長野先生情報ありがとうございます!
平均3処置ですか。いつも6処置くらい使ってしまうんですよ。
もっと処置を絞る訓練をしよう。ちなみに当方もおにぎりが昼ごはん。

あと側ワン処置なんですけど、脈が遅なのに側ワン処置が有効な時があります。
薬の常用で脈が遅になっている時などです。いわゆる逆証の脈ってやつ。
前回の失敗は『脈が遅めだから』という先入観と、背骨を下まで触診しなかったという
初歩的なミスが重なった結果なんですorz
あれ以来、まず座位で背骨や背筋の状態を確認してから脈診腹診をするようになりました。

228 :ととろ:2006/11/22(水) 22:25:08 ID:wZ7OeVoz
>227
そうですね63様、もんのすごーくコリが慢性的になっている方は逆症の脈が多いです。
今日の患者さんもそうでした。まぶたがぴくぴくするのが主訴ですが右半身が縮こまるように右肩が凝っていて
よく聞いてみると目の奥が痛いことがあるとのこと。同側の陽輔に圧痛あり!胸鎖乳突筋に左右差がなく側ワン処置にしました。(基本処置をして)
ちなみに脈は細・沈・遅でした。ついでに陽輔に多壮灸もしました。終わってから目が楽になったそうです!
なのでぽてち様、脈が緊・数だけでなく試してみて下さい!つたない経験からのアドバイスでした(^^)


229 :一休:2006/11/22(水) 22:29:58 ID:QfvEXpH/
ぽてち様初めまして。
みなさんレス有難うございます。

側湾処置、私の昔のノートには
遅・凸側に陽輔、外関
  処置後凸側圧痛点に寫刺、凹側に施灸
数・凸側に列缺、懸鐘、外関
  凹側に復溜

と書いてあるのですが、DVDではととろ様の仰るように

緊数・凸側に陽輔、外関 

と出ていたのと、復溜が他の処置で遅の際に多用されているので私は遅と数を逆転させて臨床で
追試していますが、具合がいいです。ですが本当のところは????です。

処置が増えるとの事ですが、松本先生はラインの話をされておりますね?
ある処置はある処置をすると同時に改善されるので別で行う必要が無い、で処置の数を絞れる
そうですが独学者の私にはどれとどれがラインなのか全く分かりません。

一応腹部於血と水毒が被るので一緒にしたり、帯脈で扁桃と下垂を一緒にしたりしていますが
脈状診をやるようになってから大分絞れるようになってきました。
それでも大分多いのですけど。





230 :ととろ:2006/11/22(水) 22:46:53 ID:wZ7OeVoz
一休さん!お久しぶりです!また情報ありがとうございます。
↑こんなことその場でぱっとできないかも・・・
私もフクリュウが多く使います。確か照海は本の中で数脈?のときや上腹部痛のときユ府とセットで緩脈のときに使うと思っていましたが・・・
でも照海の刺鍼は難しいです。血管が多くどうかすると響きが強くて・・・鍼が初めての人にはフクリュウにしています。

231 :ぽてち:2006/11/23(木) 03:25:25 ID:rXYsUsiz
皆さん情報ありがとうございます!
>一休さん始めまして!私も脈状診で大まかに患者さんの全体像をイメージして
反応点の中の中から優先順位を決めています。うまくいかないときも多いですが・・・

>とろろさん 逆症の脈ですか、それを忘れてました…つい自分の先入観と理論に振り回されがちなんです
反省します。

>63さん始めまして!長野先生の処置数は始めに弟子がやってる副腎処置を除いて、
 扁桃、?血などの基本処置含めの3処置らしいんですよ‥よくそれで足りるなと驚きました。
 ちなみに私も処置数は6くらいです。

とろろさんの照海で思い出したんですけど、長野式で使用する取穴は何個か、十四経発揮違いますよね?
照海が澤田流太谿、尺沢の位置を長野式曲沢、尺沢と曲池の中間を長野尺沢だった気がしたんですが…あってます?

いま、「軌跡」「探求」と松本先生スタイルひとつにをまとめています。著書2冊は長期に渡っての執筆と
口述筆記(目の具合が悪くなってから)の為か内容が前後してるので結構大変です。

232 :63:2006/11/23(木) 09:27:58 ID:mdpm3yra
>>ととろさん、右のまぶた(目の周囲)がピクピク痙攣する人って多くないですか?
自分のところには左まぶたの痙攣のひとはあまり来ないんです。
肥満気味の人に照海を使用して飛び上がられた経験があります。
照海は効果が大きいけど丁寧にやらないと危険です・・・。

>>一休さん、お久しゅう。
復溜は骨の病に効くから、側ワン処置の時にあわせて使う事が多いです。

>>ぽてちさん
尺沢は魚際の圧痛がとれるところ、曲池は天ユウと右大巨の圧痛が同時に取れる場所を取ります。
その際、経穴がかなり上下左右に変動します。
あと照海は、内果の後ろ斜め下と舟状骨の近位端を結んだ中点付近にとるそうですよ。
澤田流太谿は照海とほぼ同一部位じゃないかと。

233 :ととろ:2006/11/23(木) 15:21:58 ID:12o+kWNB
>228
63様、この患者さんの場合両目の周りがぴくぴくして、目の奥の痛みが右でした。
脈で肝虚(ほとんどふれない)でしたので‘風木の虚証‘に大敦で、灸を15壮したのも良かったと思います。
今日電話があり、目のぴくぴくも痛みも取れたとのこと、自宅での温灸を続けるようにお話しました。
>ぽてち様、まとめたらすこーし教えてください(^^)

234 :一休:2006/11/23(木) 21:18:17 ID:eUgcz1f+
>>232 63様
成る程!!「骨の病」なんですね。

照海は私は定位でとっておりました。多分・・・・
なんとなく定位付近の出血のしにくそうな窪みに経験で打ってます。今度63様のレス通りやってみよう!

>>230 ととろ様
副腎(疲労回復)処置で沈数なら照海+兪府+尺沢、沈遅なら復溜+兪府+尺沢でしたね。
後は、照海は扁桃処置で照海+天ゆう+曲沢(or尺沢)でも使いましたか?確か。

副腎処置に関して言えば、築賓+兪府+尺沢や太谿+兪府+尺沢なんて組み合わせも本には書いて
有りましたね。私はよう使い分けできませんが太谿は喘息の患者さんで副腎の適用の方に使います。
わざわざ喘息の処置と副腎処置をわける必要が無くなるので重宝してます。

側湾処置、私も何時も泡食います。特に列缺〜の組み合わせは何度覚えても・・・・

>>231 ぽてち様
あと膝から下の胃経も長野式は独特の取り方をしますね。
松本先生の英語の本も、英訳したの欲しいな〜

235 :ととろ:2006/11/23(木) 22:40:52 ID:sFPcjKw1
考え中の症例
2月に転倒し左足首捻挫。今だに治らず腫れて膝から下が何故か両足むくみ、両足首より下が鬱血したように色が悪い。
主訴は左足の痺れ感。
脈、やや数で細だが脈が固い感じ。
腹部、左天枢+、下腹部軟弱、右扁桃+
左足の胆、膀胱、火穴(−)
胃の気ライン押すとぺっこり凹む
処置、胃の気,扁桃、3カン、副腎、足の火穴に補鍼+灸、腎強化、左天宗
特に胃の気を入念に補鍼+温灸
1回の治療でむくみ痺れは取れたのですが、2回目、夜咳こむとのこと。(この方に側ワンをしようと思ったのですが)
前回の処置に加えフクリュウから太ケイ+尺沢でしました。
3回目の予約の3日ぐらい前に右足だけむくむと電話があり、様子を見るように伝え、3回めの来院。
両足とも膝から下がぱんぱんにむくむ。でも肌色はきれい。脈ははっきりとした数90以上。咳は少し楽。
うーん!!とにかくむくみをとらねば!胃の気、扁桃、腹部は特に圧痛なし、失眠の多灸でやっと少し取れてくる。
どーも右心室不全もありそうな予感がしたので(数脈がどうしても取れない)、専門医の診察を受けるようすすめました。
その後まだ連絡がないのですが、皆さんどう思われます?

>一休さん、時々そうやって整理してくださるとほんとーに助かります!




236 :ととろ:2006/11/24(金) 08:10:46 ID:RZAnWpmu
>235は50代の女性です。(忘れてた。すみません)

237 :ぽてち:2006/11/24(金) 23:47:35 ID:S6/zwODn
>63さんありがとうございます!鍼灸真髄だと長野照海の取穴と澤田太渓は同じで主治は扁桃炎
になっていたような気が…うろ覚えです。圧痛の緩むところで探していた時期もありましたが、
最近は撮診でとることが多いです。理由はもしどこを押しても取れないときに
気まずいなとおもいまして。

>一休さん始めまして!胃経もそうですね。長野先生は従来の胃経は胆経的役割も併せ持っていて、
純粋に胃の機能を調節する流れは脛骨際だと仰ってました。

>とろろさん 腹症的には、腎虚もありそうだし、@肝門脈うっ血が良いかなと思いました(右足のむくみが残ったなら)
 あとはA水分代謝処置(上太白)漏谷、箕門、金門もいいかも。



238 :63:2006/11/25(土) 02:01:09 ID:ZFs4HSUY
>>ぽてちさん
松本式の最大の難点は、『ここだ!』と思って押したのにターゲットの圧痛が
取れなかった時の果てしない気まずさにあると思うのです。
それで打ちのめされたことが100回以上あります。もう慣れましたww

>>ととろさん
>>235の女性は、心疾患が裏に隠れているように思います。
咳が出て、もしもそれがカラ咳なら循環障害による肺のうっ血で起こった可能性もあります。
甲状腺がやられていて膝から下がパンパンになることもあります。
更年期の女性は甲状腺がやられやすいから…。

239 :ととろ:2006/11/25(土) 07:44:00 ID:cknAK9gT
>ぽてち様、ありがとうございます。水分代謝処置もしました。脈が数でしたので
腎強化処置は(京門、志室、腎ユetc)は単刺でしました。でも失眠が一番効いた気がします。
途中で右足(正常な方)だけむくみだしたのが、なーんか変と思ってひっかかっていました。
数を取る交感神経を抑制させる処置もしましたが数が取れなかったことが、63様の言われるように循環障害の可能性を感じました。
やはり脈診は大事ですね。

>63様、まさに出ていた咳はカラ咳でした。思うに心疾患があった為に、下肢のむくみが起きていて(初診時)
下半身のむくみが取れ、その代わり血液が戻る最終地点の心臓では
戻ってきた血液をうまく循環させることができず、肺動脈での鬱血が起こり咳がひどくなった。
そしてじょじょにまた下半身のむくみが起きてきたのではないかと思います。
とにかく長野先生の循環障害の処置もむくみを取ることとあったので、3回目の処置はそれほどずれていなかったかなぁと反省を含めて考えています。
しかし心臓疾患の自覚症がない人を見抜く力も持たねばなりませんね!反省。


240 :63:2006/11/25(土) 12:55:13 ID:WFkNdLZX
むくみって単純なようで非常に難しいものがありますよね。
腎性、循環障害、貧血性、栄養障害、手術後のものなど。
腎性のものは顔面部のむくみが顕著。
循環障害は肘・膝から先がむくむ。貧血性は全体が白っぽくむくむ。
栄養障害は押したあとが長くへこみ続ける。
私は大雑把にこんなふうに分類しています。

そろそろ飛行機で大阪経由で京都に行ってきます。後日報告しますノシ

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 19:48:59 ID:PDHq9h2n
鍼灸校1年てすが、質問です
長野式鍼灸治療法は経絡治療や中医学の知識がなくてもできますか。

242 :ととろ:2006/11/25(土) 23:35:11 ID:cknAK9gT
>241さん、いろんな先生方の意見もあると思いますが、経絡治療の知識がなくても
できると思います。もちろん多くの臨床を積むことがなにより大事です。
できるという意味が、長野式の処置法を使って良い結果が出せるか?ということであれば
独学者の私にも良い結果を出すことができます。ちなみに中医学はさっぱりです。
学校の勉強をまず第一に頑張って、おりおりに先生の本を読み、まず自分の脈を診ることから始められたらどうかしら。
ここにこられる先生方はこの長野式で治療することに面白さと、体が変化し治っていく不思議さ
それを遺して下さった長野先生の偉大さを臨床をするたびに感じておられると思います。
私も、何より長野式に出会えたことで鍼灸が好きになりましたし、この資格があって本当に良かったと思いました。
長野先生の本は一度読めば終わりというものではなく、日々の臨床の度に読んで、また気づくそんな本です。
頑張って下さい。







243 :241:2006/11/26(日) 01:01:05 ID:je1DopzV
>>242 ととろさん
ご親切に有難うございました。
大変参考になりました。
今後も長野式を勉強して行きたいと思っています。


244 :一休:2006/11/26(日) 11:17:14 ID:u+/8nB1o
>>235
ととろ様、ず〜っと考えてました。
調べてみたところ新治療法のP276に肝臓の血液配分調整と心臓の動悸について
書かれておられますね。
左天枢=肝門脈うっ血の所見も循環器障害を指し示していたのでしょうか?

循環器系等の救急処置的なものが必要な疾患は本当に難しい。
つい先日も心疾患を既往歴に持つ患者さんが、右半身が痺れ胸部の痛みがあるとのこと。
以前より右上肢の痺れと両下肢の疼痛を(左股関節骨折でOPあり)主訴として手技で治療
していたので迷いました。本門の所見では脳梗塞ではなさそうだったのですが。

徒手検などもしてみて、恐らく・・・多分・・脳梗塞?かな?でも・・心疾患?それとも・・・・
さんざん迷った挙句に脳梗塞の応急処置をして医療機関に委ねたのですが、結果はやはり
軽い脳梗塞。
機材のない場所でごく初期の段階での確定的な所見をだすことの難しさを思い知らされました。
今回は大事に至らなかったものの修行不足を痛感しました。。

参考までに、
最新鍼灸治療学・上巻、心症候P185〜186に鍼灸師が臨床で使える西洋医学の所見が
載っています。
うっ血性心疾患を疑う場合、口唇、粘膜、爪床などのチアノーゼ、下部の浮腫、に加えて
4〜6kgの体重増加、(肺炎、肺気腫、ファローの4徴症も同様の兆候がある)
うっ血性心疾患特有の所見としては頚静脈の立位での怒張が上げられるとのことです。

う〜ん、難しい・・・・




245 :ととろ:2006/11/26(日) 13:16:27 ID:R1m38R81
一休さん、こんにちは!生の臨床では、本当に教科書どうりにはいきませんよね。
経験の積み重ねでなんかいつもと違う、直感のようなものが必要なのかも知れません。
だって>235の患者さんは整形にもかかっていて治らずに来られたのですから。
2月に捻挫したものが未だにむくみ、しかも両足むくむ状態がおかしいと気づかなかったのか?
私も3回めにしてやっとでしたけど・・・脈の変化を診続けることは本当に大事ですね。
>235の患者さんも初診の時やや数で、これは交感神経の緊張だと思っていましたが、
3回目のときはどうしても数がとれなかったこと、1回目のむくみが取れた後にカラ咳がひどくなったこと。
3回目のとき両足がむくんで、カラ咳が減ったことそのこと、体を全体として診て(俯瞰)
患者さんの体を把握することが大切ですね。
長野先生のオ血のとらえ方も腹部血液循環全体だけでなく、心臓の血液循環にも関与する見方をされていますよね。
例えば、脈が全然ふれない時に、大敦の灸や刺鍼をすることで肝臓の血液循環をよくし、心機能を高めるなど。
とにかく経験を積むことしかないのかなぁ・・・参考所見ありがとうございます。

今ごろ63様どうされてるのかなぁ・・・

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 13:07:28 ID:bfEnRtZq
>大敦の灸や刺鍼をすることで肝臓の血液循環をよくし、心機能を高めるなど

これは中医学ベースの知識があると、そんなに難易度の高い弁証ではないですよ。

247 :ととろ:2006/11/27(月) 17:07:54 ID:yATY//Ld
>一休さん、大敦と心臓疾患の関係は新治療の探求、466Pにありました。寸口の脈が非常に弱い時
いくら治療しても脈に変化のない時に使うとありましたね!また読んでみて下さい。

>246様、中医学はわかりません。ごめんなさい。

248 :63:2006/11/29(水) 00:47:15 ID:JZGaVZGf
京都セミナーに行ってきました!
なんていうか…松本先生はすごい人です。感動しました!
髄膜腫瘍のせいで左足ソケイ部に持続痛がでている女性に、たった二穴で
ソケイ部の痛みを取り除いたんです。そりゃあアメリカでレジェンドにもなります。
少しずつ報告していきますね。今日はもう寝ますけど。

249 :一休:2006/11/30(木) 19:17:02 ID:YrItBIAM
>ととろ様
有難うございます。
う〜ん、少し前迄ちょっと該当する患者さんがいたのですが、惜しい。
うちの本門でも「中毒」状態として肝臓と心臓の血流の関係はとても重視します。この関係は腹部於血や
肝門脈も該当しますよね。
この中毒状態、様々な症状の奥の隠れているものとして扱われて目や皮膚病、アレルギー疾患、等々
様々なものに波及すると考えます。

>63様
お疲れ様です!!!僕も大阪なので本門が無ければ参加したいのですが、いかんせん日にちが被ります。
平日、大阪市内で勉強会ないですかね?
また報告宜しくお願い致します。


250 :ととろ:2006/11/30(木) 21:44:43 ID:FYMrSQaZ
>一休さん、症状の裏に隠されたものを見抜けるようになりたいものです(^^)

>63様、お疲れ様でした。参加者はたくさんいらっしゃったのですか?
長野式や松本先生を勉強してる方は多いんでしょうね。ここにも来て欲しいです。

ところで、左天枢辺りのお血塊の周りを雀啄刺鍼していて、左肩(肩井、肩甲骨内縁)
に響く人がいました。7年前に腰部脊椎管狭窄症の手術をして、今でも左足のしびれ、歩行困難
それと右足と比べると、異様に左足先が冷たい。で、何故か就寝中に肩(前記の場所)が痛い。
左天宗がものすごーく痛み(押すと)そこの処置をすると肩も楽になるんです。
どうしても左天枢の変なしこりが取れず周りを雀啄したら肩に響いたんです。
病院では行くと肩に痛み止めの筋肉注射をされるけど本人曰く、全然効かないとのこと。
この人の脈は動脈硬化を感じるかたい脈。血圧も高く、なんか怪しい。
循環器の専門病院で一度検査するようにすすめました。隠れ循環器疾患の人多いです。





251 :63:2006/12/04(月) 02:05:05 ID:VCXGt0Eg
>>一休さん、北辰会が本門でしたっけ…?
私は夢分流打鍼に凄く憧れています。響きで腹部を緩めていくあれはかっこいいです。

>>ととろさん、会場はぎっちり参加者で埋まってましたよ!
運良く、長野潔先生の第一回勉強会にも参加された方とお話できました。
で、解ったんですが。皆さん日々大変忙しく、ネットなどやらないそうですorz

★ちょこっと報告★
今回の実技では、多くの患者さんに右滑肉門穴を使用していました。
右滑肉門は水分穴や臍周辺を圧して拍動を感じる時に用います。
ちなみに水分穴の拍動は、精神的ストレスが強い人のほとんどにみられます。
右滑肉門に鍼のあと、皮膚がピンク色になるまで灸をしていました。
臍周辺の拍動がある患者には右滑肉門をお忘れなく。基本処置の後に使うと良いようです。

252 :ととろ:2006/12/05(火) 07:22:44 ID:Rn6UF0lE
63様、有難うございます。右滑肉門は松本先生の宗気考の中にありましたね!
滑車のような役目でしたか?・・・まだ、うまく使いこなせていません。温灸でもいいのかしら?

皆さんお忙しいのですね。
でも、近場に長野式を話し合える先生もいない私には、ここは大事な場です。

253 :一休:2006/12/09(土) 23:39:28 ID:hylA5z08
>63様
いえいえ本門は野口整体の分派です。この整体は理論の根拠の多くを澤田流に求めてい
ますから、同じく澤田流に影響を受けたであろう長野式とリンクする点が多く勉強を進めて行く上で大変役に
立ちます。

滑肉門ですか!
澤田流でもとても重要な経穴のひとつですよね。

鍼灸治療基礎学P104には
@四霊の穴=司天在泉
の司天の穴で(在泉は大巨、サイ以下の病気が現れる)サイ以上の病気の現れるところで治療穴。
A滑=骨だから骨肉門=腎と脾に関する病を治すのに大切。
B天の寒気が風門より膈・肝・脾・腎に入る時は骨肉門に現れる。風邪の内臓に入ったのを取る。

とありますが・・・
勉強しよ(>_<)



254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 22:59:44 ID:WRad64D+
>>一休さん

Imoto整体きゃ?

均整法のY山先生のY・K法は御存知?
澤田流を手技でやる方法ですよん。


255 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/12/16(土) 01:43:13 ID:enEzxFgf
やばい、ここは宗教だ!

256 :63:2006/12/16(土) 14:51:15 ID:Ms9XLwTk
>>ととろさん
滑肉門は温灸でも大丈夫だと思います。脈が数なら鍼したほうが良さそうです。

>>一休さん
野口整体ですか。自分も『ユキ』を使えるようになりたくて野口整体の門を叩いた事がありました。
しかし、勉強する間は鍼灸師免許を預からせてもらうといわれ、断念。

★久々に報告★
椎間板に問題がある人には、松本先生は三カン処置を使います。しかし使う際には次のことを注意します。
●中カンに異常な圧痛がある人。●薬漬けで胃が荒れている人(胃を良くしないと三カンは使えない)。
●貧血気味の人。●膵炎様腹の人。これらの人には三カンは使わず、別のアプローチをします。
胃があれているなら心ユを用います。膵炎様腹なら照海ーユフ(妊婦のつわりも膵炎様腹タイプなので副腎基本)

257 :ととろ:2006/12/16(土) 17:13:32 ID:fhjQvEqt
>63様、お久しぶり(^。^)
>256、有難うございます。私もだいたいそんな感じで使っています。
中カンに圧痛がある場合、三陰交ー内関で圧痛を取るようにしています。

いろいろ報告、質問もあるのですが、また後ほど!!

258 :一休:2006/12/19(火) 02:32:34 ID:fMnlm6g3
皆さん御久しぶりです。う〜ん年末は忙しい。
長野式の勉強出来ません・・・・早く学校いって以前断念した医道の日本のコピーしたいっす。

>>254
うんにゃ、imotoじゃないきゃ!うちは野口先生の晩年の弟子の分派。
中心感覚研究会(=CS研究会)というところ。(やば!個人特定出来てまうな・・・)
理論的には野口整体だけど、技術的にはかなり変化してまつ
均整法のY山先生?知りませぬ〜、黒川先生なら一度治療していただいたことがありんす。
澤田流を手技でだきゃ?面白そう!!!よかったらY・K法の情報教えてくんなまし。

>>256
63様、本家の整体協会に行かれたのならば、活元運動もされたのでしょうか?
愉気は熟練してくると鍼を打つ感覚がどんどん繊細になりますし、活元は知らない人がみると
かなり怪しいですが自分の体を守るうえでも大変役に立ちます。協会は現在は治療家にも門を
開いているはずです。駄目なら、東京近郊在住ならば私の入っている会をお勧めいたします。
協会と違い簡単に教えてくれますよ。治療家が身につけて損は絶対ない技術です。

ととろ様も興味がおありでしたら協会は全国に支部がありますから問い合わせしたら案外
近所にあるかもしれません。
協会が出している(書店では取り寄せ出来ません。直接注文です。)野口晴哉師著「整体法の基礎」
に活元と愉気のことが詳しく載っています。勘の良い方ならこれ読むだけでできるようになりますよ。



259 :ととろ:2006/12/19(火) 22:08:41 ID:UFihFpeV
>一休さん、ありがとうございます。鍼灸以外の治療法はあまり知らなくて・・・
今は長野先生の勉強で精一杯の不器用者です。

臨床報告まだ途中経過
50代の男性。一カ月前から左膝が腫れて痛い。少し引きずって歩いている。
脈、洪(左寸口の実)数。炎症性の脈、滑ではない。
左右の天枢+。扁桃反応点+右>左。
特に変だと思ったのは、足の裏が異様に赤く腫れあがったようになって、
両膝から下の皮膚がピンと張って、てかてかした感じ。
どこかで見たような・・と思っていたら、コウゲン病の患者さんがこんな皮膚してたような?!
自己免疫疾患のリウマチに洪脈と先生の本に書いてあったので、この患者さんもその可能性ありと判断する。
免疫強化処置に重点を置き、洪脈に関元に雀啄置鍼。3カンに補鍼。置鍼後、診ると洪が取れ、脈全体の実が取れていました。
数でしたので、しこりのある左だけ側臥以で腎強化。あと大椎に補鍼と温灸。
治療中、患者さんが、数年前、原因不明の肺気胸になり、入院してもなかなか治らず、明日が手術という日に自然に治ったこと。
心電図に異常が見つかったが原因不明で、またそのうち治ったことなど話されて、もしかして全身性エリテマトーデス?!と思った・・・
患部はいっさい触らず、自宅での温灸を指導。
4日ご来院されたときは、洪・数脈が取れていました。痛みは80%取れたとのこと。
もしかしたら自己免疫疾患の可能性もあるので専門医に診てもらうように話す。
ただ、鍼灸は免疫を強化し予防にもつながるとお話すると、鍼灸は継続したいと言われました。
長野先生、洪脈ってあんな脈だったんですね・・・ありがとうございます!




260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 22:32:28 ID:NA4fdbMo
>>258
一休さん

ドゾー
ttp://www.kis-net.ne.jp/~yo22ko77/

Oさんの所ですね〜。あそこが澤田流を理論の根拠にしているとは知りません
でした。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:33:03 ID:jWcpSaaa
age

262 :63:2006/12/20(水) 02:14:00 ID:3VX46Y9w
>>258
一休さん、簡単に教えてもらえるんですか!!本当に感謝です。
来年になったら勉強しに行ってきます。そうだ、愉快な気とかいて愉気でしたね。
愉気を用いる先生の手は、とても優しくて温かくて好きなんです。

>>259
ととろさん、いい仕事してますね〜。

263 :ととろ:2006/12/22(金) 17:38:37 ID:Hraq7vn6
>63様、お言葉有難うございます。人に褒められる事もあまりないし、ちょっと照れます(^^;)

今、新治療の探求の中で長野先生が20分とか15分とかで治療している臨床例がありますが
その処置法も時に使い時間短縮を試みてみようと思います。
ちなみに今日、膝関節痛(無理したための)にP372の処置をしてみました。
15分、胃の気が出るまでを刺激の目安にし、痛みが取れました!!
長野先生ってすごい!

264 :深谷Q:2006/12/31(日) 02:55:35 ID:rUSIgqmw
はじめまして 経験10年開業3年の鍼灸師です
鍼は東洋見聞録の西田式?、灸は深谷灸で鍼灸道を探究しています

長野式にも興味がありましたが、本日偶然このスレを発見し約2時間で一通り目を通しました
素朴な質問ですが、紫雲膏の上に艾を置いた場合これはある意味、間接灸になるのではないでしょうか?
「必要最低限の火傷が、生体に変化を引き起こすためには必要」という深谷先生の教えがありますが、
紫雲膏を下敷きにした場合、透熱灸としての役割は考えないのでしょうか?

また、頻繁に登場する「胃の気処置」「気水処置」についてダイジェストに教えていただけないでしょうか?
もちろん、長野先生の著書を購入すれば良いのですが、なにぶん年末年始なので物理的に難しい状況です。
私、只今、長野式にモチベーションが著しく上がってしまいまして・・・
お忙しいところ恐縮ですが、どなたか宜しくお願いいたします

265 :ととろ:2007/01/02(火) 00:34:36 ID:I1GxlkcF
はじめまして、深谷Q様。ととろと申します。独学の私でよろしければ
私の臨床の中で手ごたえのあったものについてお答えします。
ところで脈診はされていますか?私も手探りの20数年でしたが、長野先生の著書を読み
あの時のあの脈はこんな体の状態を意味していたんだ!と感動しました。
脈診をもしされているのでしたら、いろんな見方もあろうかとは思いますが、それは横にひとまず置いといて先生の本を是非読んで見てください。

胃の気処置、これもすごい不思議でまた感動的な変化をもたらします。暮れの30日に来た患者さんもそうでした。
仕事のストレス、不規則な生活で、一気に痩せてしまい元気がなくふらふらした感じで、脈を診ると胃の気の脈の,浮、中、沈の中脈に流動性がなく
と言うより脈全体が触れず弱い脈でしたが、この胃の気処置、(ケイ骨の直際で三里の高さぐらいから豊隆ぐらいまでのぷくぷくしたところ)
を3点ぐらいを経絡にそって左から雀啄補鍼します。左からするのは左から気が流れるため。気が流れれば血が流れるからです)
この処置をした直後から、その患者さんが「あっ、なんか手に力が入ってきた感じ、体が熱くなってきた」と言われ
脈を診ると中脈が出てきて、脈全体が力のある脈になっていました。その患者さんも不思議!と驚き鍼ってすごいんですね!と感動されていました。
私も本当に長野先生ってすごいな〜とまた感動でしたけど・・・
気水処置は火穴の圧痛反応(約3キロ圧で押す)をみて圧痛が+の場合その経のどこかに炎症など実があると診て、その炎症を取る消炎処置です。
また気流を促進させる処置として使ったりしてます。試してみてください。
それと長野式では扁桃処置も重要な処置で、これを使うことによりいろいろな症状が早く良くなる基本処置です。
早く本が手に入るといいですね。私的には、マニアル化された処置の事が中心の「・・30年の歴史」より
「新治療の探求」が好きです。先生の臨床を生で感じられて勉強にになります。もちろんどちらも読んでください!

紫雲膏に関してですが、これはお灸が初めての人や肌にあとがつくのが嫌な人への間接灸でやっています。私の場合。
一度自分の体にも試して下さい。これはこれでまたいい感じで患者さんのタイプに合わせて使えます。
私は独学ですが、まだまだ先生の遺されたものを生かしきれていませんが、とにかく先生のお陰で鍼灸の治療が好きになりました。
また深谷Q様の臨床例をお聞かせ下さい。





266 :一休:2007/01/04(木) 21:59:53 ID:Jnn2OdKz
皆様、明けましてオメデトウございます。今年も宜しくお願いいたします。

>>260
おお〜有難う〜、関西に治療院が無いのが・・・・
うちと言うより野口整体じたいが澤田流の影響を相当受けていますから、分派のうちも
自然と澤田流と似た理論展開をします。難経的と言えばいいでしょうか?

>>262
でしょう〜!愉気をしている人の手はやさしい手ですよね。私も随分この手に助けられました。
私は関西の人間なのでお会いできませんが、ぜひ行ってみて下さい。

ところで皆様に質問なのですが、長野式における「胃熱」があるとはどういう状態なのでしょうか?
私の患者さんで>>96>>97の方ですが、この方「胃熱が原因で・・・」と他の治療所で言われことがある
のですが胃熱を抜くには長野式ではどうしているのでしょうか?
ここで教えていただいた滑肉門への施灸で最近少しづつ中完を中心とする腹部の拍動が治まって
きてはいるのですが、顔の赤み(アトピー様)や口唇の乾燥などは依然とれません。

一応、澤田流では熱は膀胱経の一行線で取ると読んだので、効果に自身が持てないときは
最後の駄目押しでやってみてはいるのですが?



267 :深谷Q:2007/01/04(木) 23:25:38 ID:HGrGS/uF
>とろろさんレスどうもです
本日帰省先より家族で帰宅のため返信遅れました

レクチャーありがとうございました。自分は特効穴治療が主なので脈診はしません
長野式を機会にチャレンジしようかなと思ってます

とりあえず2冊の本ともに値段が高いですよね もうすぐ医道の○本の得意先バーゲン
が始まる時期なので狙ってます 最初は「探求」の方がいいですかね?基本的な処置について
ど素人なので「30年」がいいですかね?

素朴な疑問ですが紫雲膏の上で多壮灸すると灰をつぶして土台にしていく際に指に紫雲膏が
つきませんか?あのベタベタが指先にあると施灸操作がとてもやりにくいです。
あと、紫雲膏の上の多壮は何壮くらいしてますか?

自分はカゼのひきはじめなどで薬を飲みたくない妊婦さんなどに深谷灸による著効で喜んで
いただいてるなどの臨床例しかありませんので、早く長野式にトライして臨床例を増やしたい
と思ってます


268 :63:2007/01/05(金) 00:40:28 ID:rapyrqoe
>深谷Qさん
長野先生は有痕灸を多用されていたそうです。自宅でも有痕灸をさせて治療効果をあげていた、と聞きました。
深谷Qさんの仰るとおり、有痕灸が一番効果があると思います。
しかし、都市部の方は灸痕を嫌う方が多いものです。そういう方には紫雲膏の上に多壮灸がいいと思います。

あと、はじめは「探求」を読んでほしいと、長野先生の本に書いてありました。

269 :ととろ:2007/01/05(金) 12:15:05 ID:fkt/tMY8
皆さんお帰りなさい。今年もどうぞよろしくお願いします。

>一休さんお久しぶり(^^)。
266の胃熱は分かりませんが、長野先生の診方に立って判断されたらいいと思いますが。
ちなみに、胃実、胃潰瘍の処置について「探求」P303を参照してみてください。
脈が小腸実で後頚部のこりに、内陰を使うとありました。
試してみて!

270 :ととろ:2007/01/05(金) 14:50:06 ID:fkt/tMY8
追加、アトピー様の顔の赤みには築賓+肩グウとか・・
口唇の乾燥って言うのが胃の熱でしょうか?私なら脾の脈(右関の沈脈)が他と比べて強く実であれば、脾実と診て
この場合、肌肉に充血がある感じかな?、脾経の陰陵泉+血海+章門で実を取ります。
脾実の場合、肝、腎が虚の時が多いのでそこも忘れずに!
よくこのような脾が実の脈を打つ時は、女性の場合生理前後にありますが、それ以外の場合、口内炎、歯茎が腫れて痛い時に診ます。
脾実の脈が平になると同時に歯茎の痛みが取れることを経験します。試してみてください。




271 :深谷Q:2007/01/05(金) 23:45:13 ID:JnvGhv5k
>63さん
レクチャーありがとうございます
紫雲膏の上の多壮灸は灰をつぶす時の指につく紫雲膏が、その後の施灸操作に弊害が
生じるところがネックなんですけど、皆様はあまり気になりませんか?

今度の医道バーゲンで「探求」を購入することに決めました
いろいろありがとうございます

272 :63:2007/01/06(土) 01:39:43 ID:s6YOQ1hh
>一休さん
>>266の方は(詳しい所見がわからないから確かな事がいえませんが)胃熱ではないように思います。
頬の赤みがどのようにでているかにもよりますが、陰虚っぽくないですか?

>ととろさん、今年もどうぞよろしくお願いします。中国秘伝灸はなかなか良いですね〜今ハマってます

>深谷Qさん
私の場合は、紫雲膏は薄くのばして使っています。あまり厚塗りだと灸の効果が感じられないし、油が熱せられて不快だと思うんです。
ほとんどないですが、指がべた付く時には線香の灰を指につけて解決してます。

273 :ととろ:2007/01/06(土) 07:37:54 ID:Ddi43Kl3
>深谷Qさん、紫雲膏は少し厚めに塗って使います。この施灸を使うのは肌の弱いところや、じっくり熱を透す時に使います。
例えば、天ユウや、膏こうなどです。後は温灸を使います。(時間短縮もできるので)
指につく時は手元にティッシュや消毒綿を置いてしてます。もちろん直灸が一番良いと思いますよ!
「探求」買われますか!私も10年前に買ってほぼ毎日ながめてます(^^)元は取れますから!

>63様、こちらこそよろしくお願いします。いいでしょう〜秘伝灸!患者さんにも好評で、先月は10万近く売れてしまいました。
とっても患者さんも喜んでおられます!


274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 16:01:02 ID:Ajbq8IOD
>>178>>273
ととろさん

秘伝灸ですが、「か○たはうす」のサイトを見たのですが、
見つかりませんでした。一般人でも買えるのでしょうか?
検索したけど他では見つからなくて・・。
発売元などを教えていただけませんでしょうか?

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 16:06:21 ID:Ajbq8IOD
>>274
すいません。↑自己解決いたしました。

276 :深谷Q:2007/01/07(日) 00:13:22 ID:avHZ6ULt
>63さん
>とろろさん

施灸の件ありがとうございます。参考にさせていただきます。

秘伝灸の件、自分のところでは、秘伝と山○のレギュラー(旧シルバー)
の両方を使い、患者側の反応を比較したことがありましたが、シルバー灸の方が
断然評判が良かったです。シルバー灸を使用されたことありますか?

自分的には秘伝の短所として「当たり外れ」(あまり熱くならないのと
すごく熱くなるのが1シートに混在する)割合が多いところかなと感じて
いましたが、その点はどうですか?


277 :深谷Q:2007/01/07(日) 00:15:08 ID:avHZ6ULt
↑すいません
>とろろさん→>ととろさん です

278 :ととろ:2007/01/07(日) 22:46:13 ID:0bPbefJR
>276、深谷Qさん、シルバー灸は使ったことはありません。昔、長○灸は使ったことがあります。
でも、この秘伝灸の針で刺すような熱感が良い感じがして、じんわり暖かいのが気持ち良いかも知れませんが、一点に熱が集中するためツボ効果がある気がします。
燃焼時間もちょうど良いので使っています。
それと何よりコスト面です。患者さんに買って使って頂く金額としても手頃ですし、ネームも良いですね(^^)効きそうで。
でも、ばらつきは確かにありますね〜〜これがなかったら最高なんですけど・・・


279 :ととろ:2007/01/08(月) 11:48:31 ID:rZkK8Cwh
あっ、長○灸もシルバー灸も同じ物だった・・・今、カタログ見て気づきました!

280 :深谷Q:2007/01/08(月) 14:18:03 ID:H1C0ezg8
>ととろさん
そうなんです。山○の長○灸のなかにシルバー(現レギュラー)、ライト、ハードなど
があるんですね。

針で刺すような熱感は一点集中で秘伝と同じ感じなんですね

281 :ととろ:2007/01/08(月) 15:32:17 ID:rZkK8Cwh
深谷Qさん、長○灸は患者さんに販売もされていますか?
私の地域の患者さんは鍼灸経験者が少なく、ほとんど初めての患者さんばかりでした。
でも、やはり治療でもお灸をする方が効果もでるし、自分でも灸をした方が健康管理ができ経済的なので
治療中に秘伝灸を使い、体験して頂き、痛いところや、こりのところではなく、長野式で例えばお血の取れるツボを実際に治療中に取り
お血の反応点の痛みが取れ、症状が楽になることで自分でもこのお灸だったらやってみようという患者さんが増えてきました。
自分に必要なツボを教えてもらえるということもリピートにつながるのかも知れません。

282 :深谷Q:2007/01/08(月) 23:49:18 ID:H1C0ezg8
>ととろさん

販売してます。とにかく自宅施灸の有用性を力説して、なるべく多く
の人にと思ってますが・・・・

どこの地域も同じ傾向だと思いますが、
「鍼灸?それはいらないから揉んでくれ」
「ウチは揉み屋じゃなく鍼灸院ですよ」
「なんだかわからないけど揉まないならいいよ。じゃ帰る」
「・・・・・」

こんな会話ばかりです。だからこそ、本当に患っている方々に特化
するため、いろいろ工夫してるところで、長野式にモチベーションが
高まっている次第です。

しかし、10万円も販売するとは、恵まれた地域ですね。
ウチは販売すると治療に来なくなるし、ツボ指導は無料が当たり前だと
思ってるし、「自宅灸?そんな面倒なこと出来るか!」こんなのばかりです。
深谷先生や長野先生の時代に生まれたかったです。

283 :ととろ:2007/01/09(火) 07:48:23 ID:2f2bJaw5
>深谷Q様、私のところも鍼は怖い、痛そうというような方ばかりです。
でも、この長野式の治療を受けると鍼のイメージが変わるようです。
私自身が以前の治療をしている時と、今長野先生に少しでも近づきたいと思いこの治療を始めてからは
私自身が鍼に対しての気持ちが違うのかもしれません。
この地域の50台以上の方は、子供のころに「やいと」と言ってお灸でおしおきをされていました。
なので、お灸は嫌だという人が本当に多かったのですよ。
昨日も1年以上通院している方に、昨年暮れ、やせるツボだと教えてお灸をするように指導した方が来られたのですが
この方は自宅灸をするまでに1年以上かかったんです。でもね、昨日この方の脈を診てびっくりでした。ほとんど脈のふれなかった胃の気の脈があったんです!
すごいな〜ぁとまた感動でした(^^)御本人も身体の変化を感じられてまたお灸を買っていかれました。
施術する側の気持ちが伝わっていきますから、鍼をとうして・・・
今、こんな時代だから長野先生の遺された治療を必要としている人はきっとたくさんいます。
深谷Qさんを必要としている人はきっとたくさんいます。
独学の私が偉そうなことを言ってすみません。でも、お互い頑張りましょうね(^^)


284 :63:2007/01/10(水) 01:38:46 ID:6Tkge9QH
ととろさんと深谷Qさんのおかげで、いい温灸の情報をゲットできました。感謝です。
ちなみに私のところはせんね○灸を30個くらいに分けて患者さんに渡してます。
「こことここにお灸して下さいね」と、体にペンで印をつけてあげてます。
治療中に「ここにお灸をすると○○にいいですよ」と説明しながらお灸をすると、
患者さんのほうから「お灸が欲しい」と声をかけて来ます。何故か若い子がよく買っていきますよ。

>一休さん
今日、明らかに胃熱タイプの人が来ました。体が燃えるように熱くなって頬が真っ赤でした。主訴は肩こりです。
まず胃の気処置を解渓まで行いました。丁寧に微量雀タクをしていきましたら、体のほてりと頬の赤みがその場で軽減しました。
胃熱などの、経に熱がこもる様な病態の時はお灸は控えたほうが良いようです。

166 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)