5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

氷河期

1 :同定不能さん:03/07/09 02:23
ってどういうものだったの?

地球全体が凍り漬けだったらアフリカ象とか死ぬじゃん。

2 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

3 :同定不能さん:03/07/09 13:15
あさみたんでさえGoog(ry

4 :同定不能さん:03/07/09 23:48
地球全体の平均気温が今よりは大体5,6℃程度低い状態だった。>氷河期
だから全部が氷付けじゃないよ。
北米だとニューヨーク近くまで、ヨーロッパだと北部平原が氷漬けの範囲。

それから平均気温が下がると大気の大循環が変化する。
例えばアフリカのサハラ砂漠〜サヘル地域は今高気圧帯にあって乾燥しているが、
氷河期の時には低圧帯で雨が良く降っていた。
雨量の多い地帯は森林で、それ以外は温暖で広大な草原が広がっていた。

今よりもずっとアフリカゾウその他の野生生物に住み良い天国のような地域だったわけだ。
今は砂ばかりだけど>サハラ砂漠

5 :同定不能さん:03/07/10 00:08
今も氷河期だ。
氷河期の中の間氷期。
地球上に自然状態の氷が存在する時代を氷河期と呼ぶ。


>>4
7億年前の氷河期は全球凍結したって話もあるよね。
ホントなのか知らん?
まあ、7億年前にはアフリカゾウはいないけど。

6 :山崎 渉:03/07/15 11:42

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

7 :同定不能さん:03/07/28 09:21
>4 

日本列島はどの辺までが氷漬けだったの?

8 :同定不能さん:03/07/28 13:16
氷河擦痕は、南アルプスの2900m以上、
北アルプス2400m以上、大雪・日高山脈など
わずかにしか残されていません。

だいたいこのへんでしょう。

9 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

10 :武蔵野 ◆9t7kTNKxEE :03/07/30 23:05
10!

11 :山崎 渉:03/08/02 01:03
(^^)

12 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

13 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

14 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

15 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

16 :同定不能さん:03/08/10 15:05


17 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

18 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

19 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

20 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

21 :Q太郎 ◆paQTARO/gE :03/08/21 23:56
TEST

22 :同定不能さん:03/09/11 18:01
>>17-19
お前らみたいな業者が絶滅してほしいぜ


23 :あんけ〜と:03/09/12 01:28
9月30日までアンケートしてます。
(第10回)「検索エンジンはどこで調べる?」
http://multianq3.uic.to/mesganq.cgi?room=yasuhito
今までの結果は
http://jbbs.shitaraba.com/sports/7031/ankeito.html

24 :同定不能さん:03/11/12 19:47
次の氷河期はいつなのか

25 :成田線 ◆psWY5qGqt2 :03/11/14 22:08
>>24
明日。

26 :同定不能さん:03/11/16 08:49
/////\\\\\\\\\\
////  
////   ^   ^
////  9    9
//////  p      がんがれ
//////    
     v


27 :同定不能さん:03/11/16 08:50
/////\\\\\\\\\\
////  
////   ^   ^
////  9    9
//////  p      がんがれ
//////    
     v


28 :同定不能さん:03/12/01 22:22
純粋な疑問なのだけども、いつまで日本列島の氷河は残っていたのでしょうか?
1700年前ですか?それとも縄文海進があって地球が今より暖かめになった時
でしょうか?詳しい方がいたら教えてほしいです。


29 :同定不能さん:03/12/04 02:03
>1700年前ですか?
もっとずっと前でしょう。
最終氷期が終わり間氷期になって気温が上昇すると共に
急速に溶けたんじゃないかと思われます。
氷河の元の雪の量が減り(雨が多くなり)、気温上昇で融解が進むと
急速に氷河は後退します。
ヒマラヤやヨーロッパアルプスなどの最近の報道で見るとおりです。
(最近の温暖化のスピードが桁違いに早いと言う問題もありますが)

30 :同定不能さん:03/12/04 07:18
http://homepage3.nifty.com//coco-nut/

31 :同定不能さん:03/12/16 22:42
>>28
北アルプスの立山?の雪渓が氷河かもと騒がれたことが十年くらい前に
あったけどね……

ニュージーランドの氷河はつい百年くらい前までは普通の森林帯まで下がっていた
そうだ。森の中を突き進む氷河に萌え。

32 :同定不能さん:03/12/16 23:47
そういや、ヨーロッパでスキー場の雪不足が深刻らしい。

33 :同定不能さん:03/12/20 17:16
世界の平均気温、暑さ史上3番目 昨年に次ぐ高温
http://www.asahi.com/science/update/1217/001.html
世界気象機関(WMO)は16日、今年の地球の平均表面気温が、
史上3番目の高温になる見通しを明らかにした。
61年から90年までの平均を0.45度上回り、資料がある1861年以来では、
平均を0.55度上回った98年、0.48度高かった02年に次ぐ記録になるという。
地域差がかなりあり、フランス、イタリアを中心に地中海・近東地域では、
6月と7月の平均気温が史上最高を記録した。また9月と10月は北半球で史上最高だった。

地球温暖化は確実に進んでおり、WMOが分析したところ、
北半球の90年代は過去1000年間で最も暑い10年だった。
(12/17 14:46)

34 :同定不能さん:03/12/21 09:31
地質学生の就職は氷河期真っ只中で温暖化の見通しもないけどな

35 :同定不能さん:03/12/23 02:03
なんか素人レスが混じってるな。>5とか。
今は最終氷期末期からまだ2万年も経ってないし。
(地質学的な意味での)ここ最近の傾向見ると、
次の氷期までまだ数万年あるだろ。
今は間氷期真っ只中。

日本列島は山岳氷河しか無かったんじゃないの?
というか極東も。氷床という程のものも無かったような。
地域によってはそれなりにかなり寒かったろうけど。
平地には氷河は無かったと思う。

36 :同定不能さん:03/12/23 02:45
玄人ならソース付で解説すべし>>35

37 :同定不能さん:03/12/23 13:01
関係ないんだけどさ、レリックってあるじゃない。
長野の山奥とかでひっそりと生存してるやつとかならともかく、
深泥が池みたいな結構温暖なとこで生き残ってる椰子。
あいつら温暖な気候に適応しちゃって次の氷期にはどうやって対応するつもりなのかね?

38 :同定不能さん:03/12/23 17:56
次の氷期でも繁殖できるほど適応能力があるか、
適した場所に移動して繁殖を続けるんじゃないか?

39 :同定不能さん:04/01/07 00:31
http://www.freemoviegalleries.com/asian/hankaku/mydvd/capture/yumenomaria/maria_008.jpg
小学6年生の男の子のチンチンをしゃぶるお姉さん
http://219.106.243.202/~tremolo/upload/sourcelegendffcomcomug/up0436.jpg
処女膜を破られる女子中学生
http://sakashita.strangeworld.org/source/up0768.jpg


40 :同定不能さん:04/01/07 00:33
通りすがりのモノです。
http://toorisugarinomonodesu.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/kosatu/upload.html

41 :同定不能さん:04/01/13 22:59
国際的には(ヨーロッパ的には)、大陸氷床がなくなった1万年前が
氷期の終わりだね。(そこから完新世が始まる)

42 :同定不能さん:04/02/07 21:24
本スレage

43 :同定不能さん:04/02/07 21:34
このスレの重複スレについて削除依頼を出したところ、
削除人から板内で相談するようにいわれました。
http://qb2.2ch.net/test/read.cgi/saku/1027423155/175

実際には、重複であとから立ったスレのほうは、
板主旨に無関係のネットアイドルやらのヲチをやっているだけです。
板違いの話題で伸びたからといって、残す理由は無いと思います。
個人的にこう思いますが、どちらを削除するかについてご意見をお願いします。

44 :43:04/02/07 23:11
なお、再度削除依頼(スレスト)する場合、向こうの有意なレス
(板主旨に関係あるもの)を、こちらに転載する方向で考えています。

45 :同定不能さん:04/02/08 07:45
最近の氷河期とは関係ないかもしれませんが
全地球凍結という本を読んでいます。
もしこれが本当だとしたら、氷河が大陸棚まで覆ったら
メタンハイドレートは氷河の下のほうの氷がマントルから
噴出してくるメタンや二酸化炭素を取り込んで出来たよう
な気がするのですがメタンハイドレートの出来方としては
ありえますか?深海の奴や氷河が後退して海水に圧力が
変わるまでの端境が問題ですけど。

46 :同定不能さん:04/02/08 21:35
転載
−−−−−−−−−−−
とりあえず自分はミランコビッチサイクルは氷河期に入ってからはいいけど
そもそもの始まりについては何の関係も無い。
当時の地球規模の変異は大地溝帯であるので、その影響と思われ。
ちなみに同時期には頑丈型の猿人達が滅んだ。
そうとうの植物界の異変があったのだろう。
−−−−−−−−−−

全然論理的でないですね。例えば、
『当時の地球規模の変異は大地溝帯であるので』とは、何のことでしょうか。
意味不明です。

47 :同定不能さん:04/02/08 21:43
>>45
>全地球凍結

この本のことでしょうか。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087202097
どうでしょう。アイスボール仮説とは、初期地球で起こった現象と考えられるので。
一方、メタンハイドレートは海底の柔らかい(新しい)堆積物の中にありますし、
出来方としては氷とメタンが直接結合するわけではないですから。
たぶん、可能性としては低いのではないかと。


48 :同定不能さん:04/02/08 21:49
転載し忘れ
−−−−−−−−−−−−−−
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/earth/1073227468/106
わざとらしく他スレのネタを書き続けるヤツって重複スレのヤツ?
向こうは不毛なスレだから、もう削除でいいと思う。
−−−−−−−−−−−−−−

これも文章が不明朗ですが?
・他スレのネタ⇒ネトアのヲチ
・不毛なスレ⇒同上
ということでしょうか?
それなら意味が分かりますが、ネトアの元スレがどこにあるのか不明です。
URLを示しましょう。
それから、他板のことは、他板で解決しましょう。
当板には無関係です。

49 :同定不能さん:04/02/08 22:07
>>46.48
そんなにむきにならなくてもイイよ。
必死すぎてイタイよ。w


50 :47:04/02/08 22:10
訂正
アイスボール仮説→スノーボール仮説
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/e-history/html_/eh/snowball_earth/freezemodel.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/3820/hanasi/milankovitch/milankovitch.html

カンブリア紀以降、全地球の凍結は起こっていないようです。

51 :同定不能さん:04/02/08 22:13
>>49
別にむきにはなってないですが。
出鱈目な文章を、婉曲に出鱈目だと指摘したまでです。
テクニカルタームは正しく使いましょう。
まあ、にわか板住人には難しいと思いますけどね。

52 :同定不能さん:04/02/08 22:33
横レスだが、必死なのは自治厨だろ?
んなもん必死にならなくたっていいんじゃねーの?

53 :同定不能さん:04/02/08 22:41
今のところ、重複スレ=板違いのヲチスレについて、
この板から出て行ってほしい、迷惑だと言う意見が大半のようです。
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/earth/1073227468/6
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/earth/1073227468/16-17
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/earth/1073227468/47
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/earth/1073227468/97
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/earth/1073227468/100
など。しばらく待ちますが、他に意見が無い場合、
前述の通りにしようと思います。

54 :同定不能さん:04/02/08 22:53
突然の書き込み失礼します。

田舎の人たちをびっくりさせる企画のご案内です。
といってもとても良いことをするので気分はすっきりします。

今回は北北海道の西海岸にある辺鄙な田舎町(小平町)の企画を2ちゃんねらーが救って上げようという
痛々しくもとてもいい話です。

詳しくは下のURLを見ればわかりますが、
町内でリングプルを集めて車椅子を養護学校に寄付しようと言う企画です。

690キロの目標に対し、3年経っても185キロしか集まら途方に暮れているというものです。

送付先は
〒778-3301
留萌郡小平町字小平町
小平町立小平小学校『リングプル係』

(記事↓)
http://plaza22.mbn.or.jp/~obira/info/tp_2002/tp_200208.html#topics04




55 :同定不能さん:04/02/09 00:26
>>895
そうだよね。
キモー

56 :同定不能さん:04/02/09 00:27
どうして急にレスが伸びてんだい?

57 :同定不能さん:04/02/09 01:55
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/earth/1073227468/が?
他板のヲチャに乗っ取られてるからだよ。

58 :同定不能さん:04/02/09 21:41
特に意見はないようですね。
向こうは全然議論してないようだし。

59 :同定不能さん:04/02/12 00:42
>>1128
これって・・・
見覚えが。

60 :45:04/02/14 20:09
47サン、ありがとうございます。
ハイドレートの物性の研究を命じられた所で
その本を読んだので気になったのです。
それにしてもこのスレ、なんだかわかりにくいしがらみがあるようですね。

61 :同定不能さん:04/02/28 18:20
何故いがみあう・・・

62 :同定不能さん:04/02/29 19:34
スノーボールアース仮説が本当なら高等生物は一匹も生き残れませんね?

63 :同定不能さん:04/02/29 22:03
>スノーボールアース仮説
いつ起きたのか?も問題だ。

64 :同定不能さん:04/03/03 22:20
こっちのスレの人が向こう荒らしてるの?キモーイ

65 :同定不能さん:04/03/05 00:42
荒らしてるのは、このスレ立てたヤツだろ。
そんな事より氷河期が起きた事によって生物界に変化は?
ネアンデルタール人が局所的に特殊化したなんてのは無しで。


66 :重複スレからの転載:04/03/09 21:39
氷河期をの謎を解明できるか?
1 :明日を愁う旅人 :04/01/04 23:44
諸説あって、いまだ氷河期が何故起こったか謎。誰か解明できるかい?

5 :同定不能さん :04/01/05 19:14
ま、お前らには解るまい つうか、まずは放射冷却について説明できるか?
出来たらこのスレ終わるけどな

7 :明日を愁う旅人 :04/01/05 23:12
ちなみにこのスレタイ変な言葉つかいになっちゃってたんね。
>>5放射冷却で説明? では氷期の始まりもそれで説明できるとでも? へーへーへー。

8 :明日を愁う旅人 :04/01/05 23:13
ついでにビラフランキアン期についても説明垂れてちょーだい。

10 :同定不能さん :04/01/05 23:34
≫5 放射冷却って小学校の理科で習うアレ? もっと凄い何かを暗示してる?

67 :重複スレからの転載:04/03/09 21:43
12 :同定不能さん :04/01/06 00:22
>ビラフランキアン期
俺、こんなん聞いたこともない。モグリでスマソ。太陽活動の不活発な時期だったとか、
大きな火山活動の影響を受けて、太陽の光が届かなくなったとか、今話題の海洋深層流の循環が不活発になったとか、
んー、???氷河期って言っても、1年中、カチカチに凍っていたわけじゃなくて、
平均気温が現在より5℃位低かった位だと考えられているからねえ。

13 :同定不能さん :04/01/06 07:23
やっぱり「必然」とかじゃ駄目っすかね?

14 :同定不能さん :04/01/06 19:50
ビラフランキアン期はプレ氷期。その前頃から大地溝帯が出来始める。
>>13日下公人だっけ?(うろ覚えでスマソ 「歴史とは必然か?否、そうではないと言える」を思い出した。ちなみに戦争についての事。

20 :同定不能さん :04/01/07 10:59
>>17 あぼーんだらけだよ。 つーか、結局エラそうに言ってても誰も氷河期が何故起こったのか
わかんないって事なんだよね。歴史学者とただの古代史ファンが同レベルってのと同じ。
高い金払って研究しても無駄無駄無駄ー

25 :同定不能さん :04/01/08 20:57
気候って言うのは、微妙なバランスの平衡状態にあるっていわれてるし、「ロサンゼルスのおっさんがへーこくと、東京が大嵐になる」なんていう、
複雑な現象が絡み合っているんだろうな。

26 :同定不能さん :04/01/08 21:09
氷河期の間隔は狭まってきてるよね。そこへもってきて人間の作り出した温暖化。 2万年後は酷い事になってるだろうね。

68 :重複スレからの転載:04/03/09 21:46
27 :同定不能さん :04/01/08 21:46
 酸素同位体比の変動曲線みていると、70万年前ころを境に変動周期が変わってきているよね。70万年前にいったい何が
起こったのだろう?それとも単なる計測方法・精度に問題があるのだろうか?

28 :同定不能さん :04/01/09 01:21
>>27 ということは、70万年前に、オゾン層の何かが変わったって ことになるのかなぁ?

29 :同定不能さん :04/01/09 16:13
大地溝帯は出来上がり済みですか?

30 :あーす :04/01/10 15:17
[自説]大規模な地殻変動が短期間のうちに起こった。 地球のあちこちで火山の爆発が相次ぎ、
大量に大気中に放出された火山灰や塵のせいで 太陽光の届く量が少なくなり、地表が冷えてきた。
地殻変動は巨大な「隕石」の衝突によって起こされたのではないか。
衝突の激震で「プレート」が裂け、「マグマ」を刺激することになった。
地中のマグマが火山帯を動かし、火山噴火があちこちで起こった のだと思う。

31 :同定不能さん :04/01/10 22:34
>>30 その頃の地層に大量の火山灰があるかい? 二酸化炭素と窒素の量は多くなってたけどね。

32 :同定不能さん :04/01/11 18:04
最低「みらんこびっちさいくる」の知識をクリアしてから参加してくれ

69 :重複スレからの転載:04/03/09 21:48
33 :同定不能さん :04/01/12 00:30
>>32 でも「それを自分自身で説明してみろ」と言われても 出来ないでしょ?

34 :P :04/01/12 01:49
 みらんこびっちさいくる だけだと、前述の70万年前の酸素同位体比の変動曲線 の周期の変化が説明できない。
 まあ、すべての気候変動の原因を、みらんこびっちサイクルだけとする必要は ないのだが。

35 :同定不能さん :04/01/12 11:14
30のようなのをふるいにかける点ではいいんじゃね

36 :28 :04/01/12 16:12
やっぱ、オゾン層の何かの変化か、太陽活動の変動周期かなんかの 影響も受けているんじゃないの?

37 :同定不能さん :04/01/12 16:26
オゾン屋もふるい落とせないか

38 :同定不能さん :04/01/12 18:10
段々と気温が下がっていき、突然ドーンと下がった最初の氷期を 解明するのが最も大事かな。
生物界に大した変化が無いのに何故大気に変化が? もう海洋にしか、その原因を見出す事は出来ない。

39 :オゾン屋 :04/01/12 19:19
オゾン層は、影響を受けているほうで、原因じゃないけど。同位体比といえば、オゾン層だと思うんだがw。

40 :同定不能さん :04/01/12 19:43
「オゾン厨」もふるい落とせないか でした

41 :同定不能さん :04/01/12 23:17
オゾンよりか地磁気の乱れの方が説得力ある。 でも海底火山かな。海水が吸収する大気の成分の変化。

42 :同定不能さん :04/01/12 23:31
中期更新統になんらかの化学的スパイクはありますかな?

70 :重複スレからの転載:04/03/09 21:51
43 :同定不能さん :04/01/12 23:44
猿人が原人になろうとしている頃ですな。

44 :同定不能さん :04/01/13 00:25
>中期更新統>中期更新統>中期更新統>中期更新統>中期更新統>中期更新統>中期更新統>中期更新統
>中期更新統>中期更新統>中期更新統>中期更新統>中期更新統>中期更新統>中期更新統

45 :同定不能さん :04/01/13 20:58
中期更年期障害革新党総統

46 :同定不能さん :04/01/15 18:32
流れが氏んだ 化学的スパイクなんぞ難しい言葉を使う前に二年生からやりなおそう

47 :同定不能さん :04/01/15 19:56
まだこのスレあったのか。 http://science2.2ch.net/test/read.cgi/earth/1057685022/
こっちに移動しろや。 検索もできないのか、おめーら。

48 :同定不能さん :04/01/15 22:04
>>27 それって確か、最近70万年とそれ以前は酸素同位体比の
振幅パターンが違ってるってやつだよね? 確か、ロッキー山脈やヒマラヤ山脈など主要な山脈が
70万年前にほぼ現在の高さまで成長したため、 という説があったと思ったが…
つまり現在の地球大気の循環システムが完成した時期が ほぼ70万年前にあたるというわけ。

49 :同定不能さん :04/01/15 23:10
使い古された教科書的知識並べたてて 面白い? キミたち(w

71 :重複スレからの転載:04/03/09 21:54
50 :同定不能さん :04/01/15 23:17
精度ってなめてんのかね >>49 燃料乙。
自分の説が新しい教科書に引用されるレベルの人ですか?
もう少しなにか書いていかれては?具体性が全く無くてボクにはわかりません

51 :同定不能さん :04/01/16 06:40
>>47 スマソ、あんたのスレかい?それ。面白くないんでね。
>>48 何故70万年前に拘る? 最も重要なのは鮮新世後期のプレ氷期ではないだろうか。
>>49 使い古された教科書は読んでねー。新しい専門書のみ。ちっと読んでみ。 さらに燃料投入どーぞ。

52 :同定不能さん :04/01/16 22:23
「バカを論破することは絶対にできない」 というのはやはり真実なんですね。>>51さんを見て改めて知りました。


72 :重複スレからの転載:04/03/09 21:55
53 :同定不能さん :04/01/16 23:24
>>51横入りするようですみません。>>49氏のレスの真意は私も計りかねますが>>使い古された教科書は読んでねー。新しい専門書のみ。
というレスは、あなたが学部1・2年の駆け出しならともかく、いっぱしの研究者ないしは研究者予備軍(学生・院生)なら
かなり情けないものですよ。もしこののレスの意味が分かるなら、もう一度、古書にしっかり目を通して下さい
平成に入ってから出た本はこれまでにも地球科学板の他のスレで何度か書込まれていましたがうわっつらの知識とデータの羅列ばかりです。
一方で、1980年代より前の本は程度の差こそあれ、データの不足、観測・分析技術の不足を補うに余りある
思考の結果もたらされた示唆に溢れています(これは国内外どちらにもあてはまります)。
分からないなら、都代秋穂の本や藤田至則の本(どちらも色々問題はありますが、自らの思想が洗練されればされるほど、多くの刺激を受けることができます)や
中村一明の本(典型的な教科書とは言えませんが、教科書以上の刺激を与えてくれる本です)を熟読して、
ただ単にデータや結論のみ拾い出すのではなく、その背後にある一種の哲学にまで思いを馳せた上で、
そして、なぜあなたがそう言う言葉を投げかけられたのか、十分時間をかけて考えてみてください。
あなたのレスを見て、少々悲しくなったので書き込ませてもらいました。やや時間を空けて、またここに来ることにします。 

54 :同定不能さん :04/01/16 23:37
思わず( ゚Д゚)ハッ!忘れていたものを思い出させてクレたレスだな>>53最降臨、お待ちしております,,,,,,,

55 :54 :04/01/16 23:38
失礼。最降臨 → 再降臨でした。反省しきり。

73 :重複スレからの転載:04/03/09 21:59
56 :同定不能さん :04/01/16 23:49
おい、もう少し板人口を考えてやれよwwwつか、ここでの「使い古された教科書」ってのもそういう意味でもないでしょw
それ以前にここは2ちゃんよw理解してからかき込んでね♪中期更新統厨はまだ?????

57 :同定不能さん :04/01/17 00:01
「バカを論破することは絶対にできない」というのはやはり真実なんですね。>>51さんを見て改めて知りました。
-----------------------これのあとに書き込んだ>>53は正直言って道化だな。この板のレベルをわきまえてカキコしろよ
アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

58 :同定不能さん :04/01/17 00:10
オゾン厨と計測精度厨もこないな

59 :P :04/01/17 00:12
>中期更新統厨 いいかげん、いじめはやめよう。ちなみにこれを書いたのは私ではないが、
上部中新世とか、後期中生界とかは、急いでレポート書いたのを見直すと
しでかしていることがたまにある。ただでさえ参加者の少ない板から、参加者(予備軍)を奪うことはないだろう。
この手の話は大学時代にいやほどやらされた記憶があって、地球軌道要素だとか、海洋深層流循環だとか、酸素・水素同位体比だとか…いろいろあった。
ちなみに1990年付近。Shakleton,Chappellあたりの文献が主体であったような。
で、今は畑違いの世界にいるので、現在の最新の氷河期・気候変動につい
てのお話が聞けないかな〜って、ちょいちょいと書き込んでるんだけど…

74 :重複スレからの転載:04/03/09 22:01
60 :P :04/01/17 00:23
あと、70万年前にこだわる理由は、このスレでミランコビッチサイクル関係の話がでていたためです。
70万年前までの海洋底の有孔虫殻の酸素同位体比から得られた変動サイクルは、ミランコビッチサイクルと良い一致を示す
(波形が鋸歯状)。しかし、それ以前は、氷期−間氷期の変動はするが、ミランコビッチのサイクルとは異なるということを聞いた記憶があったもので。

61 :同定不能さん :04/01/17 01:16
解説ごくろうさま。しゃっくるの論文で入手できないのがあるので、持ってたらください。

62 :同定不能さん :04/01/17 02:18
ただっち

63 :同定不能さん :04/01/17 03:33
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/earth/1057685022/の重複。

64 :明日を愁う旅人 :04/01/17 09:04
う〜んなんかいつまで待っても(`田´)<これだ!!ってのは出ないねえ。
習った知識は豊富でも次の展開にもっていけないんだな。
まあ何を議論しても次の氷期の頃には既に人間達は理解してんだろな。 理解したからどうだってワケでもないけどね。

65 :オゾン厨 :04/01/17 15:24
例えば、プレートテクトニクスが正しくて、地向斜造山説が間違っていたと、
それまでの経緯を知らずに盲目的に信じ込むのは危険だと思うがw。
両方とも、学説。プレートテクトニクスを脅かす新しい学説が出ないとも
限らない。とはいうオゾン厨も、学生時代、フィールドやらないで、
電算センターに入り浸っていた落第生だった。なんだ、悪いか?

75 :重複スレからの転載:04/03/09 22:04
67 :明日を愁う旅人 :04/01/17 22:11
>>66スマソだがプレートテクニクスなんて知らんよ。つーか、じゃアンタ誰。

68 :同定不能さん :04/01/17 22:15
1は32を読んでこい

69 :オゾン厨 :04/01/18 00:34
>>67このスレの言葉を借りて言えば、オゾン厨だ。悪かったな。ここは氷河期の謎のスレだったな。
俺は、何を期待してたんだろ?じゃあな、厨房ども。

74 :同定不能さん :04/01/18 01:10
>>70,73http://science2.2ch.net/test/read.cgi/earth/1074092852/l50
こっちでやれ。わかったな?YES以外の返答は要らない。

75 :同定不能さん :04/01/18 01:14
ここと五十歩百歩のスレですな>>74移動の必要を感じませんので、このままここに居座らせてもらいます。

76 :同定不能さん :04/01/18 01:16
お前が判断する事ではない。スレ違いのネタを一切貼るな。板違いのネタも同様だ。

76 :重複スレからの転載:04/03/09 22:06
78 :同定不能さん :04/01/18 12:46
太陽活動周期 一番短くて11年数百年、数万年、、、最大で数億年の活動の強弱のせいに決まっとります。

81 :同定不能さん :04/01/18 18:49
火山活動では無く太陽も関係無く勿論オゾンも関係無く二酸化炭素が減ったんだよな?それは確かだよな?

87 :同定不能さん :04/01/20 15:36
>>223その時大陸の氷河はどうなってたの?

90 :同定不能さん :04/02/06 14:47
>>313大西洋北東地域における氷塊の挙動のソースきぼん

91 :同定不能さん :04/02/07 00:33
>>78太陽の活動は氷河期とは一切関係ありません。大地溝帯の影響です。

93 :同定不能さん :04/02/07 01:29
>>91ミランコビッチ・サイクルの影響が一番大きいだろう。
それに、太陽活動も関係あるだろう。(特に小氷期には。)
それから、大地溝帯よりも、ヒマラヤの隆起の方が影響大きいだろうに。

94 :同定不能さん :04/02/07 01:30
>>1047 氷期の海水準低下量の見積もりは大陸棚の水深だけなのかよ?

77 :重複スレからの転載:04/03/09 22:10
96 :同定不能さん :04/02/07 20:05
グリーンランドの氷床コアについて、最近の研究経過など出てる論文教えて下さい。>>1049のんでも眺めてればいいんだよ出産祝いには行ったのか?

98 :同定不能さん :04/02/07 21:04
>>96その程度のこともすぐに調べられないヤツは、悪いこといわんからそうそうにこの業界から足洗えや。
これ以上この世界に居たところで、お前のようなヤツには何も成し遂げることはできない

100 :同定不能さん :04/02/07 21:27
>>98ここは板に関係ない連中に乗っ取られています。
削除されないために、適当に氷期の質問混ぜてるだけなので、
相手にしないように。削除されなくなってしまいます。ここは重複、本スレはこちら
http://science2.2ch.net/test/read.cgi/earth/1057685022/

101 :同定不能さん :04/02/07 21:41
>>100ミコランビッチサイクルについて話すればいいのでしか?

102 :同定不能さん :04/02/07 22:22
>>101違います。ミラコビチッチサイクルです。モホロンビッチ面もご遠慮願っております。
1052おい、歌舞伎町の女王って今はどうなってるんだ?

103 :同定不能さん :04/02/07 22:33
>>78さんに賛成です。太陽ニュートリノは、現在想定される理論値より大幅に少ないそうです。
これは、太陽中心部分の核融合反応が減少してるためだと思います。
したがって、太陽表面に熱エネルギーが到達する数万年後には太陽は今よりもずっと暗くなるはずだろうです。
それが、地球に氷河期をもたらす直接原因だろうです。なお、これは私の珍説です。

78 :重複スレからの転載:04/03/09 22:12
106 :同定不能さん :04/02/08 19:13
わざとらしく他スレのネタを書き続けるヤツって重複スレのヤツ?向こうは不毛なスレだから、もう削除でいいと思う。
とりあえず自分はミランコビッチサイクルは氷河期に入ってからはいいけど
そもそもの始まりについては何の関係も無い。当時の地球規模の変異は大地溝帯であるので、その影響と思われ。
ちなみに同時期には頑丈型の猿人達が滅んだ。そうとうの植物界の異変があったのだろう。

111 :同定不能さん :04/02/09 02:58
>>103ニュートリノ振動くらい知っとけ

116 :????? :04/02/19 11:42
誰にも解明できないのでは?今私の周りで討論中なんです。定説諸説はあるにしても後々残る不思議が沢山誰か教えて



79 :同定不能さん:04/03/11 21:37
ご苦労さま。
重複スレが早く削除にならないかな。
折角だから不毛なレスはやめて氷河期についての論議を展開しましょう。

で、ニュートリノ振動が何で関係あんの?
それで二酸化炭素やメタンが減るの?

80 :同定不能さん:04/03/14 21:20
あっちを荒らしてこっちに無理やり移行か
恐ろしいやつらだ

>>79
>太陽ニュートリノは、現在想定される理論値より大幅に少ないそうです。
>これは、太陽中心部分の核融合反応が減少してるためだと思います。

ニュートリノに質量があると異なる種類のニュートリノ同士で交じり合うので
地球で観測しようとしている種類のニュートリノの観測量が減る
つーかさんざん話題になったことなんだから話に出すなら知っとけよ

81 :同定不能さん:04/03/15 02:27
ほう

82 :同定不能さん:04/03/17 17:31
いや、だから氷河期の始まりに関係がどのようにあるのかと・・・
要するに起因するのか?ニュートリノが。

83 :同定不能さん:04/03/17 23:52
>>82
おまえは自分で聞いておいてレスの流れ見てないのか?バカなのか?

84 :同定不能さん:04/03/18 02:27
>>82
ネタだし。

85 :同定不能さん:04/04/16 00:51
結局は何も分からないのだな?
スパゲッティ食べたい。

86 :同定不能さん:04/05/02 16:57
半月も動いてねえーッ!

デイ・アフター・トュモローでも見ろよ。
あ、公開まだだけどね。

87 :同定不能さん:04/05/02 18:32
氷河期は数万年周期で繰り返し起きます。
よって人類の文明もそこまでということ

88 :同定不能さん:04/05/03 17:44
>>87
数万年周期で来てるからって文明が終わるとは限らない。
ホモ・サピエンスが生まれてから20万年はたってるから。

89 :同定不能さん:04/05/03 19:24
ホモ・サピエンスは「生物」で、
「文明」ではないだろう。

90 :同定不能さん:04/05/04 02:57
氷河期と言っても全地球氷漬けになるわけじゃない。
赤道付近は暖かいからそこに文明の中心を移して細々と暮らす。


91 :.:04/05/04 05:17
でも全員が暖かいとこに行けないからな。椅子取りゲームだ

92 :同定不能さん:04/05/05 23:43
>>89
いやいや、ホモが生まれてから壁画を描いたりして少しは文明らしいコトしてるけど
氷河期なんかで壊滅せんで、どんどん成長してるんじゃ?みたいな。

ホモってどんどん寒い地方に移動していったよね。
別に氷期が来てもいいんじゃあ?

93 :同定不能さん:04/05/15 23:01
壁画くらいで文明とは言わんだろう。文化とは言うが。
文明と呼ぶにはせめて農耕、普通は都市の発生を基準にする。
農耕が始まったのが約一万二千年前、最古の文明といわれるシュメール文明が約六千年前と言われるから、人類が作った文明は未だ本格的な氷河期には直面した事がない訳だ。

いざ氷河期になれば農業生産が大幅に落ち込むのは避けられないから、人口の減少は間違いない。食い物が無くなればその他の産業も軒並み混乱するし、戦争も頻繁に起こるだろうな。
壊滅は無いとは思うが、かなりひどい状況になるだろう。

94 :同定不能さん:04/05/17 19:36
>93
食糧問題が大戦争を引き起こして人類あぼ〜んな気がするよ(´・ω・`)

95 :同定不能さん:04/05/18 01:37
農業生産は落ち込むのかな?
極地の氷河が増えると海面が下がるから、その分耕せる土地が増えるのでは。
砂漠も減少するらしいけど、どうなんでしょう?

96 :同定不能さん:04/05/19 23:45
それで「ザ・ディ・アフター・トゥモロー」はどうですか?
面白そうですか?
でもアレって急激な氷期の到来だからなあ・・・
逃げ回る人々がカッチーンと凍り漬けなんてリアルじゃないよね。

97 :同定不能さん:04/05/20 01:44
まだ次の氷河期が来るまで数万年あるから、
それまでにスペースコロニーに移住してるでしょ。

98 :同定不能さん:04/05/22 12:00
そんなのわからん。
ミランコビッチサイクルだともう氷期に入ってもおかしくないはず

99 :同定不能さん:04/05/22 16:13
いや、あと1万5千年は大丈夫。

100 :同定不能さん:04/05/22 18:22
ほんと?ソースきぼんぬ

101 :同定不能さん:04/05/24 18:02
漏れの頭の中。

102 :同定不能さん:04/05/24 21:00
醤油ならあるよ

103 :同定不能さん:04/05/25 00:13
それでは今からうんちします
じゃーいくよ
いい?

104 :同定不能さん:04/05/25 00:43
根本的な質問だが。
ウンチとミランコビッチに何の関係が?

チしかあってないだろ

105 :同定不能さん:04/05/25 16:30
完新世に入ってからの温度はかなり高いので
ヴュルム氷期の中のちっせえ間氷期とは違うので
次の氷期まで1万5千年。

106 :同定不能さん:04/05/25 18:55
深層海流の動きが地球気候にはかなり影響がありそう。
そういう議論とかいくつかのデータが欲しい。

107 :同定不能さん:04/05/25 20:18
ザ・ディ・アフター・トゥモロー・・・

108 :同定不能さん:04/05/25 21:45
軌道計算からミランコビッチサイクルを外挿したとして、
次の氷期まで1万5千年と予測されるのだろうか。


109 :同定不能さん:04/05/25 21:47
そんなに複雑な計算とは思えないんだが、
(もっとも俺には無理だけど)
探し方が悪いのか見当たらないんだよな。

110 :同定不能さん:04/05/26 20:02
>>108
とりあえず1万5千年後にわかるから。
信じてクレとしか言いようがない。

111 :同定不能さん:04/05/26 23:38
>>106

むかーし、同じコメントに別スレで返した記憶があるが、岩波講座の「地球進化論」をヨメ。
中生代、深層循環が今とまったく違うときの影響などが論じられている。

112 :.:04/05/27 00:59
>>110
だって俺は1万5千年後には跡形もないし(。・-・)

113 :同定不能さん:04/05/27 01:30
>>112
今から越冬隊を目指してクレバスに落ちてみるってのはどうだ?

114 :同定不能さん:04/05/27 03:41
>>113
アルプスで見つかった奴は5000年前だっけ?
シベリアの冷凍マンモスなんかは一万年以上前のもんだし、
適切な場所さえ選べば15000年後に発見されるのは夢じゃないな。

115 :同定不能さん:04/05/27 04:12
>>114
死んだら化石になりたい
ttp://x51.org/x/03/12/0454.php
なんて話もあったな。

というわけで>>112、思ったより15ky後に姿を残す方法は多そうだな。

116 :.:04/05/27 04:50
いやだ

117 :同定不能さん:04/05/27 17:54
二酸化炭素をどんどん出せば温暖化で氷河期が防げるのでは?

118 :.:04/05/28 00:37
もっと効率の良いガスを使ったほうが良い

119 :同定不能さん:04/05/28 23:05
メタンじゃない?

120 :.:04/05/28 23:18
>>119
いよいよとなったら計画的にメタンハイドレート層を攪拌させる。
これで氷河期を防ぐことが出来る。

121 :同定不能さん:04/05/28 23:32
実は寒い方が好きなんだけどな・・・

122 :.:04/05/29 14:38
食い物がなくなってもか

123 :.:04/05/29 14:43
米だって食えなくなるんだぞ

124 :同定不能さん:04/05/29 16:46
ご飯が食べれないとお腹がすくじゃないか

125 :同定不能さん:04/05/29 19:41
おなかがすくと怒りっぽくなるじゃないか。

126 :同定不能さん:04/05/29 21:48
だから極端な温暖化も寒冷化もいかん。
寒冷化では現在穀倉地帯のカナダ〜北部アメリカが全滅してしまう。
南部ロシアの小麦地帯もだめになるだろう。
そうすると食料の供給がすぐに逼迫してしまう。
ただでさえインド・中国の需要が圧力になっているのに。

127 :同定不能さん:04/05/30 17:03
その分陸棚が陸化して低緯度の耕作可能地域が広がり(゚Д゚)ウマーと言ってみる。

128 :同定不能さん:04/05/30 17:55
>>126
≫極端な温暖化も寒冷化もいかん。
そんな都合のイイ事あるか。


129 :同定不能さん:04/05/30 20:31
>>128
そこでメタンガスの登場ですよ

130 :  :04/05/30 21:27
メタンハイドレード層に核ミサイル打ち込むとどうなりますか?

131 :同定不能さん:04/05/30 21:54
爆心では高温のためにプラズマ化し周辺は大量の熱でみな気化するでせう

132 :同定不能さん:04/05/31 03:57
しかし堆積物中のガスハイドレートはどのように循環しているんだろう

133 :同定不能さん:04/05/31 15:06
氷期になって海水準が下がると、圧が下がるのでガスハイドレード層が維持出来なくなって崩壊し、大気中に放出される。

大気中で二酸化炭素に分解され、再び炭素ポンプへ乗って海底へ。

バクテリアなどの活動により分解されメタンガスハイドレードになる。

134 :同定不能さん:04/05/31 23:26
あー水圧か。
確かに水圧の変化は寄与してるだろうな。

135 :同定不能さん:04/06/01 19:55
>>128
少し昔のような状態がベストだから人類が栄えてるんだろう。
気温が高過ぎると第三紀みたいな巨獣が跋扈するような世界になるかと。
低過ぎる・・・に関しては食糧問題と海水圧だけかな?

136 :同定不能さん:04/06/01 22:04
>>127
それはその通りだが戦争の原因になる。

137 :同定不能さん:04/06/02 17:56
>>135
今の状態がベストでないから文明を持たざるを得なかった
ってのは駄目?

いずれにしろ、完新世の異常な気候安定性が文化の継続を容易にし、文明の興亡にかかわっているんだろうなと何となく思う。

138 :同定不能さん:04/06/03 02:16
確かに、必要は発明の母
シュメール人の灌漑技術も、誰が発明したかわからないカレーズも、
乾燥化が進行したためにやむなく作り出したのかもしれない。

139 :同定不能さん:04/06/03 07:53
いや、それで氷河期は何故始まったんかね?

140 :同定不能さん:04/06/03 21:15
そんなんわからない。
しかし中生代に地球が暖かかったことを考えると、
海陸の配置が重要な役割を果たしていたかもしれない。

141 :同定不能さん:04/06/04 00:35
地球大進化の漫画を読んだら地軸の傾きと太陽との距離のせいで
氷河期がきたって書いてあったよ。

でもそれじゃギュンツ氷期よりも前に無かったのはおかしいよね。
全球凍結は別だよ。

142 :同定不能さん:04/06/04 13:28
>>141
読んでないけどミランコビッチサイクルの事だべ、それ。
現在の地球のフィジカル/ケミカルな状況だと、ミランコビッチサイクルが氷期/間氷期サイクルを支配していると言うだけの話。

中生代の温室期から新生代の氷室期へ移行した主要な原因の一つは、
地殻の形成率が下がったため、地殻からの二酸化炭素の供給量が減少した事。

中生代の温室期は、地球の内部の変化が気候変動や生物生産と密接にかかわっているので、ちゃんと調べれば面白いよ。

143 :同定不能さん:04/06/04 20:31
大地溝帯成立の時期にプレ氷期に入っていったのは何故?
特に火山の爆発等で二酸化炭素は放出されると思うのだが。
火山灰で日光が遮られるのはまた別の問題として。


144 :同定不能さん:04/06/06 00:40
偶然の一致じゃないのか?>>143

145 :同定不能さん:04/06/06 15:55
大恥垢帯

146 :同定不能さん:04/06/06 16:34
>>144
偶然でしたか・・・

147 :同定不能さん:04/06/08 04:25
宿命かも試練

148 :同定不能さん:04/06/08 16:41
大地溝帯の辺の火山は確かマグマがドバーってのじゃ無くて
ガスやらドロドロのものが出てたような・・・
それに以前あの辺の湖からの毒ガスで住民が大量死したんじゃないっけ。
もしかしたら気候を変える程の何かを噴出したかもだ。


149 :同定不能さん:04/06/09 20:29
大地溝帯での火山活動がそんなに大きく気候に寄与したのだろうか

150 :同定不能さん:04/06/09 20:54
  / / }
           _/ノ.. /、
           /  <   }
      ry、     {k_ _/`;,  ノノ パンパン
    / / }      ;'     `i、 
   _/ノ../、   _/ 入/ /   `ヽ, ノノ
  / r;ァ  }''i" ̄.   ̄r'_ノ"'ヽ.i   ) ―☆
 {k_ _/,,.'  ;.  :.      l、  ノ  
    \ `  、  ,i.    .:, :, ' / / \
     ,;ゝr;,;_二∠r;,_ェ=-ー'" r,_,/   ☆
【ラッキーレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です



151 :同定不能さん:04/06/09 22:23
そういえば昔、アフリカで二酸化炭素大量噴出で住民が氏んだってことがあったよ
空気より重いので地形の谷筋にそって音も無く移動し多くの家畜や人が窒息死した
確か火山山頂の火口湖に大量に溶けていた二酸化炭素が地震によって堰を切って泡が湧くように噴出したんじゃなかったかな

152 :同定不能さん:04/06/09 23:10
それは1986年カメルーンのニオス湖の災害だね。
http://www.sveurop.org/gb/articles/articles/Lake%20Nyos.htm
http://volcano.und.nodak.edu/vwdocs/volc_images/africa/nyos.html

153 :同定不能さん:04/06/10 06:34
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=DLT&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2004060901005252
過去74万年の間に、地球では少なくとも8回の氷河期があったことを英国や
フランスなど欧州10カ国の共同研究グループが南極でボーリング採取した
氷柱の分析によって確認、10日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

長い間に堆積(たいせき)した氷に含まれる酸素や水素の同位体を調べると、
その間の相対的な気温変化が分かり、今後の気候変動の予測にも役立つ。
南極の氷の分析はこれまで約42万年分が最高で、今回、この記録を大幅に
更新した。

予備的な分析ながら、現在の大気中の二酸化炭素濃度は、過去44万年間
で最も高いことも分かった。

グループは、同様の調査をしているロシア・ボストーク基地から約560キロ離
れたドームCと呼ばれる地点で、74万年間分に当たる長さ約3200メートル
の氷柱を切り出し、気泡に閉じ込められたガスの濃度などを分析。少なくとも
8回、氷河期と現在の気候に似て比較的温暖な間氷期との周期を繰り返して
いることを突き止めた。

154 :同定不能さん:04/06/10 17:59
>>153
現在の大気中の二酸化炭素濃度は・・・

メタンは?

155 :同定不能さん:04/06/10 20:35
>>154
メタンは漏れの尻から今にも出そうです
orz=3

156 :153:04/06/10 22:05
そんなんコピペ君の漏れに聞かれても判らん>>154

157 :同定不能さん:04/06/10 22:52
>>153
こっちの記事だと、二酸化炭素だけでなく、メタンも最大らしい。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040610-00000540-reu-int

158 :153:04/06/11 00:15
>>157
おお、サンクス。そうかメタンも最大なのか。。

159 :同定不能さん:04/06/11 08:33
メタンは消えやすいそうだけど。
人間の科学力で、すぱーっと消せませんかねえ。

160 :同定不能さん:04/06/11 12:15
亀る〜ん♪

161 :.:04/06/11 18:03
安価で高効率でメタンを光分解するような触媒があったら

162 :同定不能さん:04/06/12 16:40
>>161
ら?

163 :同定不能さん:04/06/13 23:32
メタンは、そのまま燃料として使えるよ。
分解したらもったいない。

164 :同定不能さん:04/06/14 01:32
燃料に使われないメタンもふんだんにある。
湿地帯や牧場やゴミ処理場などの

165 :同定不能さん:04/06/15 17:30
牛のげっぷもいけないんだってね。

166 :.:04/06/15 20:27
おまえら明日からおなら禁止な

167 :同定不能さん:04/06/15 23:23
牛のげっぷ程、悪くはないと思うよ。

168 :同定不能さん:04/06/16 22:44
世界総人口60億人
諸説あるが一人一日当たり1000ccのおならを出す(※1)と仮定する
おならには炭酸ガス5.1〜29%、メタン0〜29%が含まれる(※2)とあるので、
CO2とメタンそれぞれの平均濃度を15%と仮定する
これら仮定から成人一人一日あたりがおならとして放出するCO2、CH4の量は
CO2=150cc≒約0.0003kg/人日、CH4=150cc≒約0.0001kg/人日

全人類の合計では一日あたり
CO2=0.0003kg/人日×60億人=1800t/day
CH4=0.0001kg/人日×60億人=600t/day
の放出量となる
年間ではCO2が65万7千t、CH4は21万9千tに達する

このうちCO2放出量に占める中国人の割合は22%、14万5千tに達する
同様に全てのインド人のこく屁に含まれるCO2の量は年間11万2千tに及ぶ

※1 http://www.age.ne.jp/x/rie-d/k129.htm
※2 http://tsubasa.gr.jp/99.html

169 :.:04/06/16 22:46
誰か検算してくれ

170 :同定不能さん:04/06/17 00:12
>>168
もう本当に御苦労様。

171 :同定不能さん:04/06/17 04:00
氷河期の原因ってなにょ?

172 :同定不能さん:04/06/17 19:40
大地溝帯

173 :同定不能さん:04/06/18 20:15
大恥垢帯

174 :同定不能さん:04/06/22 02:51
>>142

お前超凄い。まじヤバイ。超がんばれ。

175 :同定不能さん:04/06/26 11:24
そういや牛(家畜)の月賦の寄与はアメリカンサイエンスかなんかに試算が乗ってたっけな。
随分前だが。

176 :同定不能さん:04/06/27 21:35
      _,..-‐─‐-..,     ,'⌒;':::::::~::::::;;;::Y⌒::;;::::::;;:::;)
     ,r'’.:::::::::::::::::::.o`ヽ  (::::;;:::::::::::(⌒:::::::::::::ソ⌒::::::)
    ,i.::::::::::::::::::::::::::::::::゚::.i   (⌒:::::::):::::::::)::::::::::(⌒::;’
     i!:::::_:;;;;::::::::::::;;;;_::::::::i!    ⌒'''゚o⌒`;ノ;;::'⌒ノ⌒
    ,l::::'"r・ュ)::::::(ィ・ッ`:::::l!  ・ヽ  ・ O      ちゅどーーーん!
    );::::::::::::::;’:::::::::::::;;;;;:(     。o 。 o+y⌒・
    ヾ;:::r'::::`‐-‐'::::ヽ::;;:ソ  @'⌒/ソ`'¨;;ヽy'i、ヾ*
    ‘::::`:.ャェェェェェァ.:;::/   ,/,; /     ヘ
   _,-ソヽ::::::::二::::;;;;/i!ト、 / ノ ..;'  '"   \y'^;゚¨^'i;、
-‐''” r巛::::::`ー-─'';;;;;/.》, `ー-,,_   y'  ..,'  丶;:: :::;;;;;i!,
  ,,..| iミヘ;::::::::::::::::;;;;;;;/,'/,i'!..,,    ..;;'    /,;:: :::: :ハ ::: ;;;;;;ヘ_
r''~≪≫`《ヘ.:::::;;;;;;/ソ,'/ ☆`ヽ _;;;'   /::::::: :: :::::入 :::;:;;;;;;\


177 :同定不能さん:04/07/07 21:56
氷漬けって(見た目は)どんなかんじだったんだろう?
一面氷に覆われてたってことなのかな?
それとも、雪がすんごい積もってて吹雪が吹いてたんだろうか?
見たって人はいないだろうけど、そのへんに詳しくて「こうだっただろう」というのがわかる人いますか?

いや、氷河期に見舞われている地球を背景にした物語(小説)を書きたいなーと思ってるので、参考までに。

178 :同定不能さん:04/07/07 22:42
>>177
南極やグリーンランドの光景を見れば、だいたい想像つくと思いますよ。
あそこは、いまだに氷河に覆われているので。


179 :同定不能さん:04/07/08 13:40
>>178
なるほど。世界中があの光景になるわけですか。
私の小説の設定では、人間は地下に大都市を作って暮らしてるっていう設定にしようと思ったんですが、以外と人間も地上で普通に生きていけそうですね。


180 :.:04/07/08 21:51
>>179
俺は地下に大都市の方が面白いよ。イマジネーションの問題だから

181 :同定不能さん:04/07/09 00:44
>>179
あと、氷河期といっても、地球が全部凍結してないですよ。
低緯度地域は、、氷河に覆われていなかったそうです。
ただし、最近話題になった、全球凍結が過去に何度か起きたそうなので、
これが起きたら、人類は地下に都市を作る可能性もありますね。
何万年かの後に、地上に残った氷河期に適応進化した人類と遭遇すると・・・・面白いかも

で、全球凍結については、スノーボールアース仮説でググるか、本屋の自然科学コーナーで探すと、見つかりますよ。



182 :.:04/07/09 00:58
ところで、本職の小説家なの?>>177

183 :同定不能さん:04/07/10 16:57
>>181
親切にどうもです

>>182
いえ、違いますw
ちょっと妄想を文にするのを趣味としている者です。

184 :.:04/07/10 19:03
>>183
筋書きちょっとでいいから教えてよ。
『西暦2872年、人類は滅亡の危機に瀕していた。
最終戦争で超気象兵器が使用されたことによって、
地球の平均気温は50度も下がり、生き残った僅かな人々はみな地下に潜り、
地熱エネルギーに頼ることでかろうじて、、、
・・・しかし。そこに一人の男が。』

こんな感じ?

185 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 16:29
暫定的なのでよければ・・・。

西暦××××年(けっこう未来。まだ決まっていませんw)、人類が犯した過ち(やっぱりすごい兵器を使った戦争が原因で・・・みたいなのを考えています)によって氷河期が訪れ、生物(人類も含め)の大多数が死に、生き残った人々は命からがら地下へと逃げた。
そして何百年という年月をかけて地下都市を大きくしていき、徐々に人口も増えていった。そしてそんな調子で500年が過ぎた。

その頃の世界は、まだ一般人が地上に進出するには至らず(巨大な戦艦に乗った軍人達や、調査をする科学者達などのみが地上に僅かながら進出していた)、相変わらず地下都市生活なものの、500年前の悪夢を忘れさせるほどに経済や科学力が発展していた。
機械などの進歩によって作業はより一層能率化し、ごく少数の人間が多くのロボットを操作・管理して生産を行う図式ができあがった。
人件費はかからない、暴動は起こさない、サボらない。ロボット技術の進歩によって、軽度の故障なら自ら修理する。人間がロボットに勝る要素は無いに等しく、仕事は人間の手から離れていった。
しかしそれは大量の失業者を生み、そして失業者達が住み着くスラム街も同時に生み出した。
ロボットを使って大金を稼ぎ、自らは豪遊に明け暮れる。そんな一握りの資産家階級への失業者達の恨みは増大していった。
「我々失業者にとっては、ここも地上も寒いことに変わりはない」失業者達の心は、そんな思いで一杯になっていた。
そんなある日のこと・・・
現在の日本の真下に位置する、黄色人種が大多数を占める地下都市「ヤマト」。そこのスラム街で、祖父と義理の妹と3人で暮らす、ある17歳の少年がいた。

186 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 17:04
彼の名は魁道 光司(かいどう こうじ)。(テキトーです。名前かえるかもしれません)
彼の両親は科学者で、氷河期を脱する方法を模索して仕事に没頭していた為、物心ついた時から祖父によって育てられた。
彼の両親は地球のことばかりを考えて家に帰ることも疎かになり、実の息子である自分に何一つ親らしいことをしてくれない両親を憎んでいた。
だが彼が14歳の頃に、調査の為に地上に出ていた彼の両親は、機械のトラブルによって事故に遭遇し、命を落とす(具体的には、閉じ込められて凍死したという設定を考えています)
互いを抱きしめあったまま、安らかな顔で凍死している(救出に向かった軍隊によって、地下都市に搬送された後の話)両親を見ても、光司の彼らへの怒りは衰えず、むしろ「自業自得だ」と言い放って涙も流さなかった。

そして17歳になって間もない頃、自分を大切に育ててくれた祖父が危篤になった。
祖父は死に際に1枚の地図とパスワードを光司に渡し、「何かあったらここへ行け」と言い残して死んでいった。
だが、特にこれといって危機も訪れていないので、彼はいつも通りの生活を送っていた。
しかし、危機は祖父の死からわずか数日後にやってきた。
彼の家は突然、何者かの襲撃を受けたのである。
銃撃をかいくぐりながら、彼は義理の妹を連れて家の裏口から脱出。そこに何があるのかはわからなかったが、彼は祖父の言葉を信じ、地図の場所へと向かった・・・。

187 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 17:06
粗筋なのに長くなりすぎた・・・(´Д`;)
まだまだ細かいところはあるのですが(実の妹の設定とか)、とりあえず粗筋としてはこんなかんじです。

ショボいストーリーですが、頑張ってよくしていけたらなあと思っています。

188 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 17:49
>>187
読んだ感じでは起承か起までの感じに受ける、転結がどうなのか気になる。
それと、個人的意見なのだが。ロボットに生産のゆだねる社会で、人間のスラム化
はもうあたり前すぎてインパクトにかけるし。別にどの時代でもありそうな
社会構造に感じる。
私なら、衣食住の生活は総てロボット生産でまかなわれるので何の心配も無い、
しかし、人は個性や差別を求めるものだ、そのけった構築される社会構造の中の
歪を描写できたら、ロボット社会との親和性が良いようにも思うがいかがだろう。
長くなってしまうので簡単に。

189 :.:04/07/11 21:44
>>185-186
おお、サンクス。
ところで後で読ませてくれ。今ロ隹一ネ申の実況で忙しい野で。

190 :.:04/07/11 21:50
いや、でも小説ってのは現代状況の風刺反映でもあるからなあ。
失業とか階級分化とかはいいキャッチポイントだと俺は思うなあ。

191 :同定不能さん:04/07/12 19:14
>>188>>190
寸評どうもです。推敲する際の参考にさせていただきます。

起承転結ですか。大体こんなかんじです。

主人公は逃げる途中、大資産家の家に侵入して、その家にいたガキ2人(といっても10代後半)を逃走のために人質としてさらっていくんです(でもいずれ打ち解けて仲間になります)。
地図の場所はどうやら軍管区の一角で、侵入するのに苦労しながらも何とか侵入。それで地図の場所に行ったら、そこはもぬけの殻になっている倉庫だった。
でも実はその下に戦艦が隠されてて、ちょっとしたキッカケで落下。楕円形で黒塗りの、東京ドームくらいの大きさのある永久航行自衛型戦艦「クジラ」(ほんとにクジラみたいな形をしている)の蓋が開き、主人公達は中へと落とされる。
すると突然ハッチが閉まり、戦艦の前方の巨大な鉄の扉が開いた。なんとそこは海中。2重の扉を経て、深度1000メートルの深海へと戦艦は発進。

こっから先は曖昧であまりハッキリしてないです。
立場が大きく違う人々が一つの船の中に同居することによって、数々の人間ドラマが起こったり(衝突したり、ジャックしようと考える奴が出てきたり、とかいろいろ)
深海で、クジラの追撃を命ぜられた頭のいい軍司令官が指揮を執る最新鋭の軍艦と壮絶に戦ったりとか、そういうことをさせたいですね。
最終的には、主人公達の命を賭した勇気ある行動によって、氷河期が終わりを告げるみたいなかんじにしようかなーと思っています。
まあ暫定的にですけどw

192 :同定不能さん:04/07/14 15:41
70年代までは、もうすぐ氷河期が来るとか言ってマスコミも騒いでたし、
SFでもそういう終末ものが多かったんだよな
あの騒ぎはなんだったんだろう。

193 :同定不能さん:04/07/15 00:10
やっぱ氷河よりも紫龍でしょ。

194 :同定不能さん:04/07/15 20:02
紫龍って何?

195 :同定不能さん:04/07/16 00:43
     ,,r::::::::::::〈:::::::::)    ィ::::::ヽ
      〃::::::::::::;r‐''´:::::::::::::::::::::ヽ::ノ
    ,'::;'::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     l::::::::::::::::::l::::::::::●::::::::::::::●:::::ji
    |::::::::::::::::::、::::::::::::::( _●_)::::::,j:l  クマー!
    }::::::::::::::::::::ゝ、::::::::::|∪|_ノ::;!
.    {::::::::::::::::::::::::::::`='=::ヽノ:::::/
    ';::::::::::::ト、::::::::::::::i^i::::::::::::/
      `ー--' ヽ:::::::::::l l;;;;::::ノ
【ラッキーレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です



196 :同定不能さん:04/07/26 23:24
>>192
スモッグとかで大気が汚染されて光が届かなくなるからだっけ?

197 :同定不能さん:04/07/27 01:01
>>197
そういうのもあったかも知れんね。
あとあの頃はローマクラブとかあって環境問題とか取り上げてたし、
70年代はノストラダムスの大予言とか超能力とかブームだったし。
今と反対で、”氷河期で人類滅亡”とか騒いでいた。

198 :同定不能さん:04/07/27 23:01
人間は未来予測で
一、共産主義になる
二、ロボットに乗っ取られる
三、氷河期
を恐がってるイメージがある。

199 :同定不能さん:04/07/28 08:07
>>198
20世紀はそういうテーマが多かった。


200 :同定不能さん:04/07/28 09:58
昭和30年代〜40年代頃の共産主義思想全盛時代には
共産主義でユートピア化した社会を妄想したSFというものはなかったのだろうか

201 :同定不能さん:04/07/28 23:18
それは読んだこと無いな

202 :同定不能さん:04/08/01 19:37
ユートピア化はしてないが
悲惨な状況になってる共産主義の未来映画は
たくさんあるよね。

203 :同定不能さん:04/08/01 21:06
ミコランビッチ・サイクルの他にも
太陽活動の影響で寒冷化ってのもあるよね。
1650年から60年くらいマウンダー極小期で
ライン川とか凍ったし。

海流の変化でも寒冷化あるかも。
極地方が温暖化してコンベアーベルトの沈み込みが落ち込めば、
コンベアーベルトとまるし。暖流が極に運ばれなければ、
一気に寒冷化に向かうかもだしね。

204 :同定不能さん:04/08/01 23:55
そういや大陸移動による海陸配置の変化ってあんまり考慮されないのな。

205 :同定不能さん:04/08/02 01:33
>>203

禿藁w

206 :同定不能さん:04/08/02 20:52
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /    山下     \
   /                ヽ
    l:::::::::               |
    |::::::::::   (●)    (●)   | 大ちゃんはハゲてないよ!
   |:::::::::::::::::   \___/    | プンスカ!!!
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ

207 :同定不能さん:04/08/05 19:46
すいませんが
カーボナタイトって何ですか?
炭酸なんとか、とかじゃなくて性質を・・・
スレ違いかな?ごめん。

208 :同定不能さん:04/08/05 22:39
>>203
もうすぐ、って言っても数千年後だったかな?
日射量が極小になるけど、
もしその時に太陽の活動も弱くなれば、
一気に氷期に突入するかもしれないって話があるね。

まあ、今生きてる人間で確かめられる者は誰もいないけど…

209 :同定不能さん:04/08/06 00:41
>>207
炭酸塩鉱物(炭酸ナトリウムとか)で出来てる溶岩のことだ。
スレ違いだけど

210 :同定不能さん:04/08/06 20:16
>>209
大地溝帯に特有の溶岩ならば
大地溝帯成立の時期から徐々に氷河期に入っていったので
もしかして何か大気に変化を起こさせるモノなのかと思ったんで・・・
量にもよるけどね。

211 :同定不能さん:04/08/07 11:15
カーボナタイトの火山は炭酸ガスも沢山放出するだろうけど、
気候に影響を与えるほどにはならないような気がするな

212 :同定不能さん:04/08/07 22:00
でもまあ全球凍結みたいにはならなくても
氷河期くらいは招けるんでは?
徐々に徐々に・・・
二酸化炭素を摂り込むんだっけ?

213 :同定不能さん:04/08/08 04:03
>>212
炭酸ガスが増えるんだから、温暖になるんだよ

214 :同定不能さん:04/08/08 17:37
でも、その頃から氷河期に入っていってるね。

215 :同定不能さん:04/08/10 18:22
>>192
たまたま当時寒冷化傾向だったから。


216 :同定不能さん:04/08/16 21:52
雪が氷に変化…温暖化でエベレストの標高、年々低下
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20040816it12.htm
【北京=竹腰雅彦】世界最高峰のエベレスト(中国名チョモランマ)の標高が、
地球温暖化の影響で年々低くなっていることが、中国科学院青蔵高原研究所などの調査で明らかになった。
新華社通信によると、エベレストの標高は、1966年には8849・75メートルだったが、
99年には8848・45メートルとなり、1・3メートル低下した。
1年の低下ペースは75年から92年までは1センチだったが、92年から98年までは約10センチに拡大し、
99年には13センチに達したという。
エベレストの山頂部分は厚さ十数メートルから数十メートルの雪と氷の層が存在する。
研究者は、「気温の上昇は、雪が氷に変化するプロセスを加速する。標高の低下は、雪が氷に引き締まる過程で起きた」
と指摘。実際に標高の急低下が始まった92年は、「気候が急激に温暖化した時期と付合する」としている。

217 :.:04/08/20 21:26
地球温暖化、2050年にアルプスの氷河4分の1に
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20040819i312.htm
【ブリュッセル=鶴原徹也】2050年にはスイス・アルプスの氷河の4分の3が解けてなくなっている――。
欧州連合(EU)欧州環境庁は18日、地球温暖化が欧州に与える影響予測を発表した。
それによると、欧州の平均気温は過去100年の間に0・94度上がり、
世界の他の地域の平均気温上昇分0・7度を上回った。
2100年時点では、世界の他の地域で1・4―5・8度の気温上昇が見込まれるのに対し、
欧州は2―6・3度の上昇が予想される。
温暖化の負の影響は、2002年夏にチェコ、オーストリアなどで60万人が被災し、
80人以上の犠牲者を出した大洪水や、2003年夏にフランスの高齢者を中心に2万人以上が亡くなった熱波など、
近年、深刻の度合いを増している。
予測をまとめたジャックリーン・マクグレイド同庁局長は「EUは京都議定書を率先して履行するだけでなく、
追加措置を緊急に検討すべきだ」と提言している。

218 :同定不能さん:04/08/23 16:25
二酸化炭素を何らかの方法で急激に減らすと、氷河期が来ちゃうってこと?

219 :同定不能さん:04/08/24 23:00
最近、暑いな。
二酸化炭素減らそう。

220 :同定不能さん:04/08/25 02:18
>>218
氷河期はわからないけど、平均気温は確かに下がるんじゃない?

221 :同定不能さん:04/08/26 09:34
( ゚д゚)ポカーン


……………………?

222 :同定不能さん:04/08/26 09:38
((( ;゚Д゚)))ガクブル
寒寒寒寒寒寒寒寒寒寒

寒―――――――!!
寒―――――――!!

223 :同定不能さん:04/08/29 17:07
酸素が増えたらええんとちゃう?

224 :同定不能さん:04/09/09 04:26
氷河期前は5度暖かかった=グリーンランド掘削で判明−極地研など(時事通信)
 北極圏の分厚い氷で覆われたグリーンランドのほぼ中央部を深さ3085メートルまで掘削し、
最も深い約12万3000年前の氷の試料を分析したところ、前回の氷河期の前は、現在に比べて
気温が平均約5度高かったことが分かった。国立極地研究所など日米欧の国際研究チームが、
9日付の英科学誌ネイチャーに発表した。 



[時事通信社:2004年09月09日 03時10分]

225 :同定不能さん:04/09/10 21:35:57
氷河期が接近なのでせうか?最近の世界的な高温は。

226 :同定不能さん:04/09/11 02:39:59
次の氷期はまだ1万年以上先だってよ

227 :同定不能さん:04/09/11 22:01:17
氷河期が来る前に、温暖化で人類が死滅しそうだな。

228 :同定不能さん:04/09/11 22:53:08
今もTVで言ってるけど
毎年、異常気象って言ってるな。
子供の頃から聞いてる気がする。

229 :同定不能さん:04/09/12 01:21:31
メタンハイドレートが崩壊しない事を祈る毎日です

230 :同定不能さん:04/09/12 18:46:20
ほうかい。

231 :同定不能さん:04/09/13 05:34:15
70-80年代の「公害」にとって代わったメディア界の便利な言葉、それが「異常気象」
この言葉を発せれば詳しく知らなくても原因を誤魔化せます

232 :同定不能さん:04/09/13 10:12:55
酸素工場を作って地球を冷やそう。

233 :同定不能さん:04/10/02 01:20:58
>228

今から20から30年前は氷河期の前兆で異常気象だと言っていた。

今は温暖化の影響で・・・(略)

20から30年後はなんて言っているのだろう?

234 :同定不能さん:04/10/31 15:45:00
地震の研究と同じで数十年前に比べると確かに進んだ研究だけどやっぱり
解らないことが殆どなので何を判断しても無駄って事でしょうか

235 :ヤシマ:04/11/09 00:02:17
メタンハイドレートって掘り起こして大丈夫?

236 :同定不能さん:04/11/09 00:43:42
マルチうざ

237 :同定不能さん:04/11/09 17:09:28
>>228
選択効果だ。最近の事件ほどよく覚えてる。
気象なんて毎年独特なのに、10年前がどのように独特だったかは忘れてる。

238 :同定不能さん:04/11/11 12:25:19
>>1は知恵遅れ。
以上。

239 :同定不能さん:04/11/11 20:13:02
基本的にはその当時一番の暖所に向かって逃げ込むしかないでしょう。当然海面はかなり退いてるのでエスケープルートは確保されるにしても過酷な条件の旅だったはず。楽園に渡るルートも制限されていたはず。でないと過密状態で総倒れ。植物がなくなると砂漠化あるのみ。
昆虫や細菌なんかが留守番役。

240 ::04/11/12 01:09:10
誰が知恵遅れなのかもう一度言って見ろ

241 :同定不能さん:04/11/12 11:56:14
>>240
何度でも言ってやる、知恵遅れ!

242 :1:04/11/12 18:12:38
おのれ・・・・お前め!!

243 :同定不能さん:04/11/13 00:51:39
>>242
知恵遅れがなんかほざいてやがる。
おもしれーなー。

244 :同定不能さん:04/11/13 01:08:54
エネミーソナーが反応してるようですね。

245 :同定不能さん:04/11/13 02:43:09
>>235
メタンハイドレートを掘り起こしたら危ないと言う人もいる。
というかたぶん危ない。いやかなり危ないかも。
採掘⇒圧力変化で爆発的相転移⇒海底地すべり発生⇒大津波
なんてことを心配してる人たちがいる。

246 :同定不能さん:04/11/13 11:57:57
そうかなぁ。。。単に温室効果として危ないと思う>メタンハイドレード

247 :同定不能さん:04/12/11 12:38:23
温暖化は寒冷化を早める?

248 :同定不能さん:04/12/22 20:46:49
今年もまたヨーロッパは雪不足でスキーやスノボのWCが中止になってるね

249 :同定不能さん:05/01/07 23:11:53
>247
気候の量子的展開です

250 :同定不能さん:05/01/07 23:24:59
寒いぞゴルァ

251 :同定不能さん:05/01/11 22:07:07
日に日に寒さが増している・・・

252 :同定不能さん:05/01/12 19:56:41
昔に比べれば、べつに・・・

253 :同定不能さん:05/01/12 20:48:16
56豪雪のころは雪で国鉄止まってたからな
子供のころはもうすぐ氷河期が来るって言われてて本気で信じてた

254 :同定不能さん:05/01/12 23:38:52
氷河期に露天風呂気分いいぞ。

255 :同定不能さん:05/01/13 22:21:52
一生、露天風呂に入ってるんですか、ああ そうですか。

256 :同定不能さん:05/01/14 00:40:43
雪の露天風呂はぬるくなってる上、寒くて出られんからダメだとオヤジが言うとりました

257 :同定不能さん:05/02/03 21:16:25
サブっ

258 :同定不能さん:05/02/08 21:55:22
毎日寒いな。クソ暑い夏がウソのようだ。

259 :同定不能さん:05/02/08 21:59:05
氷河期ですから

260 :同定不能さん:05/02/09 12:02:29
いまなら、ペンギンを川に放っても生きてゆける、ペンギン飼ってないけど。

261 :同定不能さん:05/02/11 18:56:54
シャチは可哀想だったが以外ともろいもんだね

262 :同定不能さん:05/02/16 23:49:14
温暖化のほうがさしせまってます

263 :同定不能さん:2005/03/27(日) 10:50:13
温暖化対策で氷河期がはやく来ます

264 :同定不能さん:2005/05/04(水) 12:42:10
対策が有効でないのが問題なのではないかと・・・

265 :同定不能さん:2005/06/12(日) 20:59:36
前氷河期では北米氷床の西北端、グレートベア湖付近に周囲より1000M近くも氷床が盛り上がった
ドームが存在していましたが、何故にそのような状況となったのでしょうか?
すぐ西側のロッキー山脈氷河との間には氷河の無い回廊もあったくらいなのに・・
しかし、回廊から西を見れば4000M級のカナディアンロッキー、東側を見れば3000Mにも達する
ローレンシア氷河。。凄い絶景だ。。

266 :同定不能さん:2005/06/24(金) 00:58:26
パリオリンピックの頃には氷河期突入か

267 :同定不能さん:2005/06/24(金) 08:04:24
熱い所は更に熱く
寒い所は更に寒く

始まったぜ


268 :同定不能さん:2005/06/24(金) 14:26:27
アツイー

269 :同定不能さん:2005/07/14(木) 19:49:16
500万年後まで氷河期が続く・・・・・  って

270 :電車男:2005/07/29(金) 09:18:26
皆さんはじめまして!!
これから氷河期のことについて話しましょう

271 :電車男:2005/07/29(金) 09:26:44
えっとぉ氷河期ってディアフター・トゥモロー
っていうのがあるんだよねそれ見たらめっちゃ怖かったです
地球が渦になって消えてゆくのがとても怖いです・・・・・
あれにははっきりいっておどろかされました・・・・


272 :同定不能さん:2005/07/29(金) 09:54:23
細々と長く生き残るこのスレが大好きです。

273 :同定不能さん:2005/07/29(金) 09:55:16
えっと、7000年後に氷河期が来るってガチ?

274 :k:2005/08/22(月) 09:45:45
氷河期の事を調べて、奇妙に感じたのは
新生代第四期になって現れるようになったと言う点
第三期は今より暖かかったようだ

ではこの第四期と第三期の間になにがあったのだろうと考察すると
第三期の終わりにパナマ地峡が形成され、南北アメリカが陸続きに
なって事が見て取れる

このことから考えると、現在大西洋の赤道の暖流はメキシコ湾暖流となって
、北へ流れず現在のアフリカから
アジアに向けて非常に長い赤道の暖流が形成されることになる

この様な暖流は、長い距離にわたって、赤道で熱せられる為大きな
熱の塊が形成されるのでは無いかと予想している

この事が氷河期の形成を止めていたのでは無いだろうか?
これを考えた場合
たしかにジュラ紀当たりでは、地球を一周するような
海流が形成されていたと思うので、さらに相当暖かくなっただろう
と言うことは、推定できる。

氷河期については
火山活動による二酸化炭素の放出についての、話があったが
この様な観点もあり得るのかと思い、書いてみた。

275 :同定不能さん:2005/08/28(日) 11:01:03
氷河期は俺たちが死ぬまではこないよ。いや、マジで。
ま、きたとしても 今までの危機を乗り越えてきた人間だから大丈夫だとは思う。

とりあえず、温暖化防止作戦を決行しましょう!
クーラーはいつもより1度上げる 暖房は1度下げる
使わない電気は消す 冷蔵庫をあけっぱなしにしない。 テレビをつけっぱなしにしない
テレビ・パソコンを1日1時間使用時間を減らす

276 :同定不能さん:2005/08/29(月) 21:22:44
ウズラは次なるアイスエイジを乗り越えれる動物なんだって

277 :同定不能さん:2005/09/02(金) 21:29:56
ヲラアウズラだ

278 :同定不能さん:2005/11/11(金) 08:59:19
氷河期と言うのは・・・・
定期的におきると言うのは本当なのでしょうか????

279 :同定不能さん:2005/11/14(月) 02:46:39
本当です。おおよそ。

280 :同定不能さん:2005/11/16(水) 21:37:32
嘘です。おおよそ。

281 :同定不能さん:2005/11/19(土) 05:45:36
面白くないですよ↑

282 :同定不能さん:2005/12/15(木) 08:41:18
日本が今氷河期です
((>_<))寒すぎ

283 :同定不能さん:2005/12/16(金) 18:41:53
景気はちっとも良くならないし。来年から大増税だし。
自民公明に入れたおまいら良かったなw

284 :ど素人:2005/12/17(土) 07:36:46
全然関係なくて申し訳ないのですが
今思いついた事をここに留めさせて下さい
人が絶滅したら次は人間ではない生物が誕生する気がする
かつて恐竜がいたように。外国のどこかの壁に書かれてるという宇宙人の絵というやつも、
宇宙人が書いたわけでも宇宙人がいたわけでもなく
その時代に生きてた生物なんじゃないかと。
気が遠くなるほど長い時間をかけて、
地球には順番に地球の主役みたいな生物が生まれてるんじゃないかと。
恐竜やその絵の宇宙人みたいな生物や今の人間みたいに。
んで、いつか氷河期がきて人間がマンモスを発見したように、
新しい生物に氷や土の中から人間の骨が発見される
馬鹿な説をごめんなさい。

285 :同定不能さん:2005/12/17(土) 23:34:06
>>284 気がすみましたか?お薬を飲んで早めに寝ましょうね。

286 :同定不能さん:2006/01/10(火) 04:15:24
>>284
いいじゃない。

287 :同定不能さん:2006/02/07(火) 07:30:58
俺んち沖縄だから氷河期に入っても大丈夫だな

288 :同定不能さん:2006/02/07(火) 21:46:49
氷河期と氷期を区別して使いましょう。

289 :同定不能さん:2006/02/17(金) 20:51:50
【モスクワ6日時事】ロシアの天文学者、アブドサマトフ天体観測研究所研究員は6日、
太陽活動の停滞から、6〜7年後に世界の気温が次第に低下し始め、
17〜18世紀に続く「ミニ氷河期」に入る可能性があると予測した。
ロシア通信とのインタビューで語った。
今冬ロシアなど欧州全域を襲った寒波も地球冷却化現象の可能性がある。

関連記事・資料
小氷河期の太陽周期は14年 屋久杉で解明、名古屋大
http://www.sanin-chuo.co.jp/newspack/modules/news/257054015.html
黒点周期
http://www.jsf.or.jp/sln/solarJ/solarJ2/research4.html

290 :同定不能さん:2006/02/21(火) 21:45:43
>>289
この研究員はロシア科学アカデミー中央天文台のひとだってね。


291 :同定不能さん:2006/02/22(水) 17:43:39
学者ってのは突拍子もないことを言って注目されないと食いっぱぐれるからな。

292 :同定不能さん:2006/02/25(土) 12:40:43
別に突拍子なくもないけどな。
それより判断の元となっているはずの太陽活動に関するデータが欲しいわ。
確かに90年代あたりに比べたら若干弱まってたとは思うが、
まだそれほど顕著ではなかったはず。
数十年単位で見れば太陽定数は増加傾向だし

293 :同定不能さん:2006/02/26(日) 21:14:22
  ttp://static.flickr.com/22/27910785_48d205a229.jpg

  ttp://csep10.phys.utk.edu/astr162/lect/sun/sunspot_yearly.gif

これから段々と活動が停滞していく予定       

294 :同定不能さん:2006/02/27(月) 08:28:29
http://www.taiyo-club.com/
どうも最近は活動が停滞しているようだ

295 :同定不能さん:2006/05/14(日) 18:00:41
>>288
氷河期と氷期の違いは?

296 :同定不能さん:2006/05/22(月) 21:48:13
今日は暑かった…

297 :同定不能さん:2006/05/26(金) 15:17:23
南極なんて3000万年氷漬け

298 :同定不能さん:2006/05/29(月) 23:41:00
嘘だ

299 :同定不能さん:2006/05/30(火) 07:08:29
3000万年前位に大陸分離して
氷に覆われたらすぃよ。

300 :同定不能さん:2006/05/30(火) 12:40:09
真南に落ち着いたのが3000万年前?
氷河期が始まったのは100万年前だよね。なんでイキナリ?

301 :同定不能さん:2006/05/30(火) 15:29:38
氷河期とはまた別なんじゃ?
大陸と分離した事によりそれまで温暖だった気候や海流に変化が訪れて―
っていう感じみたいだし。
ま、詳しい人じゃないので良く知らんけど。

302 :同定不能さん:2006/05/30(火) 21:19:28
2〜300万年前くらいから少しづつ気温が下がっていったんだよね。プレ氷期。

303 :同定不能さん:2006/06/04(日) 23:03:28
もしかして氷期と間氷期が交互にくるのは、南極と南米が氷期に繋がって
温かい海流が南極にまで流れて行くからなの?
で、間氷期が続くと南極は孤立して温かい海流が来なくなるから、また冷えてくる。

304 :同定不能さん:2006/06/05(月) 00:17:12
プレートテクトニクスによる地表面の変化、太陽活動の変化、火山の噴火による大気成分の変化など
要因はいろいろある。太陽の周りを回っている地球軌道の変化もある。

305 :同定不能さん:2006/06/05(月) 09:45:13
みらんこびっちさいくる説は弱いな…

306 :同定不能さん:2006/06/26(月) 22:02:22
つttp://news.nationalgeographic.com/news/2006/06/060623-global-warming.html

307 :同定不能さん:2006/08/12(土) 05:22:58
ほんざん

308 :同定不能さん:2006/08/12(土) 19:35:36
ぼんさん

309 :同定不能さん:2006/08/13(日) 09:26:33
呼んだ?

310 :同定不能さん:2006/08/13(日) 12:32:55

ぼんさんぼんさん
どこ逝くの?

311 :同定不能さん:2006/08/15(火) 14:08:20
>>289
>6〜7年後に世界の気温が次第に低下し始め、

何年かけて何度下がるんだ?
5年で30度下がるなら大変だが30年で5度下がるなら問題無いだろ。

312 :同定不能さん:2006/08/15(火) 16:37:18
半年で30度ぐらい下がるんだが  って、季節で

313 :同定不能さん:2006/08/15(火) 17:41:54
5度も下がったら一気に食料不足になるぞ。
アメリカなんか真っ先に日本向けの食料を禁輸するだろうな。

314 :同定不能さん:2006/11/09(木) 16:31:27
缶詰集めれ

315 :同定不能さん:2006/11/10(金) 01:04:45
冬になると「ああ寒い、地球は氷河期に向かってるのね」とか言うのに、
夏になると「なんて暑いんだろう、温暖化のせいだわ」とか言うオバハンっていない?

316 :同定不能さん:2006/11/19(日) 22:44:51
地球って、今テレビでやってる映画みたいな事になるの?

317 :1212:2006/11/19(日) 23:15:27
>>316
俺も不安になった 

318 :同定不能さん:2006/11/21(火) 13:04:10
あと5000年は大丈夫。
それに気温は100年くらいかけて下がるから準備もOK。

319 :同定不能さん:2006/11/22(水) 02:44:46
デイ アフター トゥモロウ か。
アーケード街で落ちたオッサンがかっこよかった。

320 :同定不能さん:2006/11/22(水) 19:12:52
さすがに映画のような急速なと言うのはありえないが
可能性はあるがな・・・

321 :1212:2006/11/22(水) 23:37:52
こわいなぁ・・・^^;
自滅みたいなものですよね

322 :同定不能さん:2006/11/23(木) 12:25:52
太陽の活動が活発なうちは多少の事があっても氷河期には突入しないと思う。
だから今の温暖化の次に来てもせいぜい小氷期程度で終わるんでね?

323 :1212:2006/11/23(木) 16:47:07
ほぅ!
知識豊富やーw

324 :同定不能さん:2006/11/24(金) 09:12:41
水滸伝(某地方放映中)見てたら氷河期なんて、ちっぽけな事に思えてきたよ

325 :同定不能さん:2006/11/24(金) 14:55:13
このスレ童貞不能さんだらけなの???

326 :同定不能さん:2006/11/24(金) 18:04:58
>>325だけだよ

327 :同定不能さん:2006/11/25(土) 00:27:18
>>325
よう童貞

328 :同定不能さん:2006/11/26(日) 18:19:26
うおおお!?
>>325
に童貞発見(*゚Д゚) ムホムホ

329 :同定不能さん:2006/11/26(日) 21:40:37
>>325は…なのかぁ…ふぅん…

330 :同定不能さん:2006/11/27(月) 13:51:15
必死だな

331 :同定不能さん:2006/11/27(月) 19:53:11
>>330
何故そんなに必死なのですか?

332 :同定不能さん:2006/11/27(月) 21:49:45
ホモが湧いてるスレと聞いてすっ飛んできますた

333 :同定不能さん:2006/11/27(月) 23:55:36
>>330
よう

334 :同定不能さん:2006/11/28(火) 22:15:13
>>330
冬になると大変だね、お風呂でゆっくり温めてねヽ(´ー`)ノ

335 :出井・亜双・闘茂呂:2006/12/01(金) 20:11:05
http://www.foxjapan.com/movies/dayaftertomorrow/

336 :出井・亜双・闘茂呂:2006/12/01(金) 20:12:03
http://spacian.net/index_bbs.html

337 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

338 :摩訶不思議:2006/12/04(月) 20:01:17
http://www.funaiyukio.com/
↑この方の言ってることって、信用できるんですか?


339 :同定不能さん:2006/12/04(月) 20:17:26
アメリカ国防総省(ペンタゴン)が地球温暖化を前提として、
それが引き起こすであろうエネルギー・食料・水の需給関係による地球的危機をまとめ、
「21世紀の最大の脅威はテロではなく地球環境の大変動である」と、
示したレポートがあるのですが、
これを2004年に英国オブザーバー紙がスクープとして発表したのです。

映画「デイ・アフター・トゥモロー」は
このペンタゴンのレポートをベースに作られたものなのです。

この映画には娯楽の要素がありますが、映画制作後、
すべてのペンタゴン職員にレポートと映画の関係について
インタビューされても話をするなと緘口令が出たそうですから、
映画の真実味は推して知るべしです。

・・・・ある方のメルマガより教えてもらいました。

340 :同定不能さん:2006/12/04(月) 22:58:06
地球温暖化を前提
地球温暖化を前提
地球温暖化を前提
地球温暖化を前提
地球温暖化を前提
地球温暖化を前提
地球温暖化を前提
地球温暖化を前提
地球温暖化を前提
地球温暖化を前提
地球温暖化を前提
地球温暖化を前提


341 :同定不能さん:2006/12/05(火) 10:36:24
http://www.net-g.com/photon/
↑こんなのがあったんですね

342 :同定不能さん:2006/12/07(木) 17:06:56
>>341
まじっすか・・・。
やだな・・・。

343 :同定不能さん:2006/12/18(月) 23:53:16
どうせすぐに寒くなって今度は「氷河期だ!」とかって騒ぐんだよね?

344 :同定不能さん:2006/12/25(月) 00:25:08
ゴアさんが地球温暖化の映画を出すみたいっすね。

345 :同定不能さん:2006/12/29(金) 07:47:09
>330風呂入った時に剥いてると、そのうち剥ける様になるよ。

346 :同定不能さん:2006/12/29(金) 18:12:49
>>343
それは昨年寒かった時にロシアがやってる

347 :同定不能さん:2007/01/04(木) 12:17:06
氷河期スタート?

これで深層海流の循環が弱まったことが確認され出したら・・・。
徐々に寒冷化。

ttp://www.asahi.com/science/news/TKY200701030321.html

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)