5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

コッククロフトン2

1 :ニシムラシュタイン:2006/11/10(金) 18:45:05 ID:LGXPkI0A
現在、コッククロフトン回路を作成しています。

回路段数は3段で入力の6倍電圧を得る予定。
出力に30000ボルト程度を予定し、入力電圧はパルスで
(交流ではない)5000Vを予定していましたが、

以下のシミュレーションで 予定の半分しかでないことがわかりました。
交流で2x段数 倍の倍率も、パルスだと 段数倍 しかならないようです。

http://radio.s56.xrea.com/radio/src/radio1131.jpg

しかし、入力電圧の5000v(1万ボルトにしますが)なんて
高電圧を作るに、イグニッションコイルの巻きすう比で50Vを
100倍の5000Vにしました。

今回、あらたに、1万ボルトにするため、イグニッションの1次コイル
の電圧を100Vにすることになりました。

コッククロフトンに入力する電圧は LCR 直列回路のCの横に
FETを入れ、12VをON OFFのスイッチングで L (イグニッションコイル
1次)に高電圧を発生させて、さらに、2次で100倍にして使用。

このLCR回路の特徴(回路への入力パルス周波数と そのときの回路L(コイル)の両端の電圧
          の関係 パルス周波数−コイル電圧 曲線 をみた。

1 LとRの大きさを固定してCを 0 F 1000pF 10000pFの3パターン
  パルス周波数−コイル電圧 曲線が3本描け、Cが小さいほど パルス周波数−コイル電圧 曲線 の最大出力電圧(低周波域)が
  大きくなるを確認 出力電圧のピークは周波数が100Hzあたり
  LCR一般の共振周波数とは あまり関係ないもよう。

  http://radio.s56.xrea.com/radio/src/radio1126.jpg

2 LCRのCとRを固定してL(コイルインダクタンス)の大きさを
  5種類用意。Lが大きいほど パルス周波数−コイル電圧 曲線
  の最大電圧が 大きく、低い周波数のあたりで 立ち上がっていることがわかる。

 http://radio.s56.xrea.com/radio/src/radio1127.jpg

3 LCRのLとCを固定して R(抵抗)を0オーム100オーム300オームの
  3パターンを用意 Rが小さいほどLの両端の電位差が大きくなることを示す。

 http://radio.s56.xrea.com/radio/src/radio1128.jpg

上の1、2、3の性質を利用し、コッククロフトンに入れる高電圧を作成する。

37 :ニシムラシュタイン:2006/12/26(火) 14:45:05 ID:6WK/gOhv
32の電源なのだが、参照電圧のゼナーダイオードを30Vにして
32Vから112Vの直流電圧可変(電流は最大1.5A)に成功。スイッチングのFETを2SK447
(150W)にして、もう3週間ほど、リフターの実験をしているが、
なんのソンショクもなく機能している。

どうやら、この電源はつかえそうだ。

さて、肝心のリフターなのだが、世界(日本でも)では 相変わらずイオン風
の反作用で飛んでいるという理屈が言われているようだ。

俺のこの電源のおかげで、やっと実験も多くでき、よい結果が得られた。

ちなみに、俺の実験結果と、考察では、リフターが イオン風の反動で飛ぶ
のではないし、また、一般に言われるところのビーフェルドブラウン効果
とも違うようです。


その他で、俺のもともとの理論仮説と他実験からの仮説があるのだが、
今回の実験から成り立つ仮説が、どうやらただしそうだ。

UFOの推進原理はいくつかいわれているが、実際構造まで、書かれたものを
以前HPでみたことがある。
これは、チタン酸バリウムのコンデンサやら使った装置がかかれていた。
この情報HPでは、実際にUFOを作ってみたが飛ばなかったとかかれていた。

しかし、それらの構造やら、リフター実験から、なんと双方共通する推進原理
が、俺の実験から導かれた。

もちろん、リフターを飛ばすことは、当たり前なので、一般に言われるところの
リフターとは違ったものを作成して飛ばしたが。

どうやら、的を得ているようだ。

もし、俺が正しければ、表の世界では、リフターサイトの人間がイオン風の反作用で
飛ばしているといいはる以上、UFOの原理を俺が発見したことになるのかもしれない??
まあ、いずれにせよ、俺が正しかろうと、実際飛ばしているやつが、もうすでに、それも
俺の生まれる前から存在しているようなので、あまり意味はないようだが。


しかし、なぜ、こんなことが、いまのいまでも謎なのかが、俺には理解できないし、
しかも、俺も俺で、今まで、なぜこんなことに気がつかなかったのかとも思える。

恐らく、国家レベルでの、なにかのコードにひっかかるからだと思われる。

つまり、海を越えたり、国境を越えたり、宇宙にいけたり...する機動性か
もしくは、世間で聞くところの、特殊な盗聴技術の障害になるだとか
いろいろ想像してしまう。

まあ、何にせよ、科学的な一般常識の怖いところは、自分で発見確認していない
ものを教科書でよんだり、計算しただけで、理解したつもりになってしまうことだと
思った。

わかっているようで、実際はなにもわかっていないに等しいこともあることを実感した。
もうしばらく、俺の理屈で、どこまで機能を高められるかに挑戦したいと思う。





28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)