5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【電気】理論・回路の質問・雑談【電子】 Part3

770 :774ワット発電中さん:2006/09/26(火) 05:58:23 ID:4oFhLjk8
電磁気学の初級学習者です
色んな言葉が飛び交ってちょっと整理がつかないんですが
・電気力線
・変位電流
・ベクトルポテンシャル
・ポインティングべクトル
のうち物理実態のものと計算・理論上の便法のものとを分けるとしたらどうなりますか
ベクトルポテンシャルは前者で電気力線、変位電流は後者なんですよね??ここまで合ってます?
電気力線はあると考えてもいいのでしょうか?それとポインティングべクトルは?電磁波の場合限定?
Google上位の有名サイトに以下の記述がありましたが
『気をつけること
 ポインティングベクトルの解釈について誤解のないようにしておかなければならない。
 電場と磁場が直交して存在していれば確かにポインティングベクトルが定義できる。 
 しかしポインティングベクトルがあるからと言って、必ずしもエネルギーの移動があるとは考えられないことに注意しておこう。
 例えば、2枚の金属板を帯電させて並行に置くことでその間に静電場を作り出す。 
 そしてそれに対して磁石を横向きに置けばこの空間内でポインティングベクトルが計算できることであろう。
 果たしてこの空間内をエネルギーが一定方向へ流れていると言えるだろうか?
 この範囲から出て行くポインティングベクトルは計算できるし、反対側からは入ってきているように計算できるだろう。 
 しかし実際にはこの空間には外部とのエネルギーの出入りはない。 計算上、上の式が成り立っているだけである。
 ポインティングベクトルがエネルギーの流れを表すとの解釈は、この式を電磁波の場合に適用した場合にだけ出来ることなのである。』




295 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)