5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

分析装置のTOPはどこだ!2モル

1 :あるケミストさん:2006/12/14(木) 22:19:43
前回のスレが倉庫に入ったので、新たに建てました。
分析装置のTOPについて語りましょう。
くれぐれもTOPについてで、ドンケツ、ブービーは他のスレでお願いします。

2 :あるケミストさん:2006/12/15(金) 00:44:28
トップっていう洗剤あるよね

3 :あるケミストさん:2006/12/15(金) 17:10:57
プロフ見てくれた?プロフの写真からメッセージ下さいね
http://kurabujp3.nobody.jp/

4 :あるケミストさん:2006/12/19(火) 01:49:37
舶来品はすべて絶対善であります。これは公理なので証明不要、疑いありません。
国産品は、どれだけ性能が良くても耐久性が良くてもアフターフォローがマメでも、
クソ以下です。

5 :あるケミストさん:2006/12/20(水) 21:47:19
そうだ!そうだ! 内地産(オキュパイトジャパン物)の装置は、性能や耐久性、アフターフォローが
どんなに良くても、南蛮渡来の装置よりランクが低いのです。
 であるから、丸に十のマークが入った物なんか最低!!あるよ。
なんたって過去に生麦事件、薩英戦争で負けた丸に十が良いはずが無い。
南蛮渡来マンセー!!

6 :あるケミストさん:2006/12/20(水) 22:11:57
過去スレぐらい貼れ。

分析器メーカーでTOPはどこだ!?
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1165831773/

分析機器メーカーでTOPはどこだ?!
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1048428338/

分析装置の3重苦難、困ったもんだまっく
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1122630669/

★2002分析展★
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1030627024/

分析化学について熱く語れ
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/992448432/

7 :あるケミストさん:2006/12/20(水) 22:57:48
2002分析展って、やけに古いな

8 :あるケミストさん:2006/12/21(木) 07:40:27
sage

9 :あるケミストさん :2006/12/21(木) 18:05:58
やっぱTOPはパーキンでしょう

The Perkin-Elmer Corporationの分析機器事業部門は、1938年に精密光学機器の
専門メーカーとしてスタートして以来、最先端の光学技術、コンピューター技術
精密機械技術、製造技術、分析ノウハウを駆使し、常に世界をリードする
独創的な製品を提供してきました。 売上げ高 US$1,535 million(2003年度)
株式上場 米国ニューヨーク証券取引所



10 :あるケミストさん :2006/12/21(木) 18:18:18
2番手は分析機で10億ドル近いアジレントか??

アジレント・テクノロジーは、コミュニケーション、エレクトロニクス
ライフサイエンス、化学分析市場における世界のプレミア・メジャメント
カンパニーであります。27000名の従業員を擁し、110カ国以上でビジネス
を展開しています。アジレントは、2005年度、51億ドルの売上高を達成しました。

11 :あるケミストさん :2006/12/21(木) 18:28:06
真空機器事業部以外の売上げではアジレントと変わらないバリアン

真空機器、NMR、分光光度計、ガスクロマトグラフの4本柱を有するバリアン
『米バリアン社』は1948年、物理学・真空工学・電気化学の研究を目的として発足。
以来、高性能・高品質・信頼度の高い製品を世界に送り出し続けています。
1999年には『バリアン インク』に社名を変更。現在では10ヶ国に工場を
世界各地には70ヶ所余りの販売及びサービス拠点を有しています。

12 :あるケミストさん :2006/12/21(木) 18:52:00
いつのまにかTOPはサーモ
分析機器・医療機器・試薬メーカーのサーモ・フィッシャー
サイエンティフィック (NYSE:TMO)は、2007年度通期については、
売上高は94億−95億ドルとしている。
売上げの半分以上は試薬・消耗品・器材関連です。

13 :あるケミストさん :2006/12/21(木) 18:58:20
ブルカーも売上高10億ドル以上あるな

ブルカー社はドイツを本拠に世界展開する外資系総合分析機器メーカーです。
ライフサイエンス、ゲノム創薬、物質工学、材料科学、環境工学など幅広く、
あらゆる分野における先端研究の場で、NMR(核磁気共鳴装置)や質熱分析装置、X線回折装置等が
活躍しています。


14 :あるケミストさん :2006/12/21(木) 19:08:04
ウオーターズも結構いいせん

米国マサチューセッツ州に本社を置くWaters Corporationは1958年に設立されました。
世界70ヶ国以上に事業拠点を持ち、世界6ヶ所に製造拠点があります。
全世界の従業員数は4,300人です。同社は、製薬、バイオテクノロジー、ライフサイエンスの
グローバル企業、大学、官公庁など幅広い顧客層にHPLC、LC‐MSを販売。
2005年度の売上は14億ドルでした。

15 :あるケミストさん :2006/12/21(木) 19:21:01
そして名実共に日本の雄、島津製作所

創業:明治8年3月 設立:大正6年9月
本社所在地:京都市中京区西ノ京桑原町1番地
資本金:約266億円
従業員数:3,132名 (2006/12現在)
売上高: 1630億円 (2007/3予想)

2chで悪く言う日立やセイコー、堀場の連中ども文句ある?

16 :あるケミストさん :2006/12/21(木) 19:29:38
ついでに日本電子も

設立:1949年5月
本社所在地:東京都昭島市
従業員数:1,372名 (2006/12現在)
売上高: 690億円 (2007/3予想)

島津とはまだまだ格が違いますから


17 :あるケミストさん:2006/12/21(木) 19:34:29
シマヅの分析関係の売り上げは、50%ぐらいだったけどね。後は医用機器と航空関係。どうせ知っていて書いてるんだろうけど。

18 :あるケミストさん :2006/12/21(木) 19:37:05
それでも800億円以上ありますから

19 :あるケミストさん :2006/12/21(木) 19:53:44
化学板に島津が駄目だとか、性能が悪いとか書いている連中は全員が
競争している国内外の中小メーカーだろ??
誰が考えても世界で戦える体力と製品群を持っているのは島津以外ありえない。
低価格戦略でまず国内の中小メーカーを淘汰していき、その後海外の大手メーカーと
個別で戦っていく。日本電子も堀場程度の規模では到底無理無理。
島津なくして日本の分析機器工業の発展はありえないね。
田中効果で株価も安泰。しばらく前まですぐ後ろを追従していた横河電機や日本電子も
もはや眼中に無い。次はアジレント買収ですから。


20 :あるケミストさん:2006/12/22(金) 00:04:20
>>19
いや、まじで性能が悪い。故障しまくり。
PHメーターや電子天秤はまだいいが、ICP、HPLC、ガスクロのような
ハイテク機器になったら、島津製は故障しまくり。
うちは、腐れ縁で島津とつきあわされるはめになっているのだが、
購入したICP-MSがわずか、1週間でポンコツになってしまった。


21 :あるケミストさん:2006/12/22(金) 01:23:01
>>20
「ハイテク機器」という単語、久しぶりに聞きました。
ハイテク機器、ハイテク機器、ハイテク機器。
高尚な響きがありますな。ローテクな脳では使いこなせないような。


22 :あるケミストさん:2006/12/22(金) 23:55:54
シマズの装置はどの会社にもハイテクサルほど機器がある。
ハイテク機器の本当の意味はこれ!

23 :あるケミストさん:2006/12/22(金) 23:58:18
自動化学分析装置の元祖はテクニコン、元祖自動分析装置はオートアナライザー
現在はブランルーべ これ承知の事実

24 :あるケミストさん:2006/12/23(土) 11:08:07
ハイテクサル機器=吐いて腐る機器、年末だなー

25 :あるケミストさん:2006/12/25(月) 22:41:55
>>20
少なくともQP2010はいい製品じゃない?味連戸5975より

26 :あるケミストさん:2006/12/29(金) 00:18:04
TAはどうよ?

27 :あるケミストさん:2006/12/30(土) 13:43:08
>>19
> 低価格戦略でまず国内の中小メーカーを淘汰していき

ひでえ

28 :あるケミストさん:2006/12/30(土) 16:08:14
>>27
何がひどいの?
買う側にしてみれば、程度の低い物を高く売っているメーカーはいなくなっておK。


29 :あるケミストさん :2006/12/31(日) 13:49:57
ベックマンをお忘れなく

世界屈指の分析機器メーカー、米国ベックマン・インスツルメンツ・インク
1977年に設立され1998年11月、コールターとの合併により、新たに
ベックマン・コールター株式会社が発足。基礎研究、臨床研究、そして臨床検査
という3つの連続した分野に総合的なソリューションをご提供するバイオメディカル
テスティングカンパニーとしての一歩を踏み出しました。
世界120カ国以上でビジネスを展開し、ニューヨーク証券取引所において上場
今年で上場50周年を迎えます。売上げは24億ドルです。

30 :あるケミストさん:2007/01/01(月) 12:39:24
ベックマンて、すごくレンジの短い寒暖計を最初に作った会社かね?

31 :あるケミストさん:2007/01/02(火) 03:27:03
新年早々>>30のような生半可厨が湧いてきたか。
温度計を発明したのは Ernst Otto Beckmann
>>29の会社は Beckman Coulter Inc.

32 :あるケミストさん:2007/01/02(火) 04:50:13
>>23
ブランルーベは12/1付で倒産していますが

33 :あるケミストさん:2007/01/02(火) 06:55:36
サッカー選手だろ?

34 :あるケミストさん:2007/01/06(土) 18:29:01
>>12
フィッシャーは分析機器メーカとは違いますよ 日本でいわばアズワンみたいな器材・消耗品の
カタログ販売会社ですわな 旧サーモフィニガンやニコレーの分析機器事業部の売上は$15億ないのでは
ありませんかね まだまだパーキンよりは格下

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)