5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

エネルギー問題について真剣に対策を練るスレ

1 :あるケミストさん:2006/11/03(金) 23:31:34
このままいくと石油はあと30年足らずで枯渇してしまいます。
しかし、いまだに新エネルギーは乏しいものであります。
メタンハイドレートなど、新エネルギーについて語るスレ。
火力発電の改善方法を模索するスレ。


2 :あるケミストさん:2006/11/03(金) 23:59:33
枯渇燃料に頼るべきではない、とでもいえばよろしいのかな?

3 :あるケミストさん:2006/11/04(土) 00:31:44
石油は30年で枯渇する、なんて30年前にも言われてたよなw

4 :あるケミストさん:2006/11/04(土) 00:38:12
いつ枯れるかは別にしても石油は有限だからな。

5 :あるケミストさん:2006/11/04(土) 00:51:56
太陽がなくなれば地球もなくなるんだし
どうせなら太陽をもっと活用できればいいのにな

6 :あるケミストさん:2006/11/04(土) 09:16:38
>>1
>火力発電の改善方法を模索するスレ。
それは化学とは関係ないのでは?

7 :あるケミストさん:2006/11/04(土) 14:41:31
化学の力でエネルギー問題にアプローチするとなると
1. 電池(エネルギー貯蔵、化学エネルギーの相互変換)
2. 燃料(改質、新規燃料の開発と探索)
3. 火力発電等の副産物の処理

あたりになってしまうな。なかなか直接的なのは難しそう

8 :あるケミストさん:2006/11/04(土) 15:35:16
バイオエタノールは微生物学になるのかなぁ。
人工光合成ができれば面白いだろうけど

9 :あるケミストさん:2006/11/04(土) 15:44:48
人工光合成って素人受けは良いんだけど
化学プロセスとしては現実的じゃないんだよな
学術研究レベルでやるか
メディア利用して金集めする分には良いんだけど…

10 :あるケミストさん:2006/11/04(土) 22:00:21
>>6直接関係ないってわけでもない。

火力発電は石油のエネルギーの40パーセントしか使えてないのが現状だからな。
あと、原子力のプルサーマルは危険が大きいし。
ウランにも限りがある。

11 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 10:27:29
>>10
火力発電の代替法の開発なら意味あるかもしれないけど、火力発電そのもの
の改善って言ったら熱効率を上げるプラント設計ぐらいでは。

12 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 10:46:39
>>11
たしかに化学屋では無理だな

13 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 19:30:26
二酸化炭素から燃料を作り出せばいいと思うよ

14 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 19:35:47
化学屋は設計屋

15 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 19:38:32
それは化学屋でなく化工屋

16 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 19:45:17
太陽電池の効率を上げる。

17 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 19:48:07
>>16
具体的にどういったアプローチで?

18 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 19:58:03
半導体技術を発達させるってことかな?カーボン系使ったり

19 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 20:24:12
半導体材料の探索は昔から今も継続して行われてるしな
エネルギー問題に対してアプローチするとなると
合成法などの改良ってことになる
今はポリシリコンが主流?
シリコン系だともう限界かな?

20 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 20:48:28
専門じゃないからよくわからないけど、この技術はどんなものでしょう。

住友化学、米RSL社とフルスペクトラム太陽電池の合弁会社を設立
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=144673&lindID=4

21 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 21:12:35
やはり、メタンハイドレートかな。これをいかに取り出すか。

22 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 21:14:32
>>21
採掘法か?そんな分けないよな

23 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 21:22:00
>>20
詳しくは解らんが記事読む限りではそれなりに有望っぽいな

にしてもエネルギーっていうとすぐ太陽電池がでてくるけど
乾式太陽電池は応用物理、電子物性屋がほとんどなんだよね
電池って言っても発電には化学のプロセスも入ってないし
いかに高効率のデバイスを設計するかが争点になってるから
化学屋が寄与しにくい


24 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 22:00:03
じゃあとりあえず死ぬ覚悟で核との共存いってみようよ☆

25 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 22:06:14
人間は、いつか死ぬ

26 :あるケミストさん:2006/11/05(日) 22:34:33
他の星から資源をとってくるという絶望的な実験をしてみればOK

27 :あるケミストさん:2006/11/06(月) 20:26:16
>>25
当たり前だ

28 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 08:57:17
最近は生分解性プラスチックなどグリーンケミストリーの研究が盛んですが、
すでに過去の遺物として存在する大量の廃棄物から資源やエネルギーを回収
する研究も重要だと思います。

29 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 09:17:50
>>28
マジレスすると廃棄物のエントロピーから考えれば
あんまり重要じゃない

30 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 11:04:19
私のエロ画像です。恥ずかしいけど公開しちゃいます。
http://gotodmc.ath.cx/uploader/src/up0139.jpg
http://gotodmc.ath.cx/uploader/src/up0140.jpg

31 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 11:36:02
>>29
そうかなあ。たとえば酵素とかの触媒かけて太陽光を当てれば炭化水素に
分解するとかできれば素晴らしいと思うけど。

32 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 11:43:02
あんなどうしようもない混合物に対してそんなことができるんなら
素晴らしいけど
そんな途方も無い妄想SFにしかつかえないよ
もう少し科学者として現実的に考えなよ

33 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 14:44:20
>>32
レオナルド・ダ・ヴィンチを妄想家と考えるか、優れた科学者と考えるか。
私は優れた科学者だと思う。夢をもたぬ人は優れた科学者にはなれないと思う。

34 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 14:52:09
真剣に対策を練るスレで
無責任な夢語られても…

35 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 15:43:33
廃棄物からの資源回収、エネルギー回収は現在実際に各所で研究されている
ことだから、その究極の目標として31のようなバイオ触媒があってもいいのでは。

36 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 16:51:02
でも>>31は夢みたいな遠大な目標なんだよ。核融合と同じで。
実現可能性が同じくらい低いんだったら、得られるエネルギーが
多い核融合の方がマシじゃね?
それと「夢を持たぬ人は優れた科学者にはなれない」というのは
一面の真実だけど、現実と理想の両方を見なければダメだろ。

37 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 18:06:28
核兵器を地球から廃絶することは現実的には不可能かもしれないが、湯川さんも
朝永さんも核兵器廃絶を訴えて行動し続けた。そういう運動があってこそ、核兵器
廃絶に向けて世の中が少しずつではあるが動いて行ったのではなかろうか。
目標とはそういうものだと思う。

38 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 18:37:18
なぜいきなり核廃絶?

39 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 19:59:41
今、科学者がこれからの地球のために取り組まなければならない課題と目標
の例として、優れた先人の足跡を挙げただけ。

40 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 21:21:43
核兵器廃絶に向かって世の中が動いた?なに言ってるんだ?
核拡散に向かって動いただろ。
理想は結構だが、実現不可能な理想に大量のリソースを投入
するのは、効率悪いと思わないか?
同じ予算を投入するのなら、そんな何百年かかるかわからない
触媒探索より、石炭ガス化の実証プラントでも動かした方がマシ
だと思うけどな。

41 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 22:04:38
べつにここの議論で研究予算の配分が決まるわけでも無いのに、
そんなにケチをつけるのか理解不能。


42 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 22:26:14
確かにここで予算が決まるわけじゃないが、世間じゃ>>31みたいなのが
通りがよくて既存の地味な技術開発ってのは軽視されがち。
NEDOのファンドでもチェックしてみろ。本当にヒドイぞw
だけどエネルギー問題ってのは、そんな夢みたいな解決策ばっかり
模索してちゃダメだろ。10年後に実用化される技術が必要なんだよ。
それが「真剣に対策を練る」ってことだとおれは思うね。

43 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 23:02:56
それでは文句ばかり言ってないでその「10年後に実用化される技術」
の具体例を示してください。私は人のアイデアにむやみにケチをつけ
たりしませんので、もうレスはいたしませんから。

44 :あるケミストさん:2006/11/07(火) 23:34:38
臍まげて投げ出しやがったw

45 :あるケミストさん:2006/11/08(水) 00:07:26
今日、日本教育会館の9階に用があってエレベーターの前に行ったら
人だかりで何台か待たないと乗れなかった。
大部分は3階のホールのシンポジウムで降りた。なるべく階段であがるように
掲示してあったが無視していた。
そのシンポジウムが「21世紀のエネルギーを考える」
石油会社とか自動車会社と日本放送協会が関係しているらしい。
帰りも3階でエレベーターを係員が止めて、誘導していたし、
外に出るとアイドリングで待っているらしき車が
どうやら日本のエネルギーは安泰らしい

46 :あるケミストさん:2006/11/08(水) 00:26:02
>>45
アイドリングはともかくそれで良いんじゃないか?
省エネも重要だが、そんなところをケチるような省エネは
あまり意味が無い

47 :あるケミストさん:2006/11/08(水) 22:25:04
温故知新だよ。

48 :あるケミストさん:2006/11/09(木) 00:40:23
どんな10年後に実用化されるような独自の技術をお考えなのか拝見しようと思ったのですが、
やはり人にいちゃもんつけるだけのノーアイデア人でしたか。性質の悪い釣りに引っかかっ
てしまいました。

49 :あるケミストさん:2006/11/09(木) 01:17:18
みっともないからもう書き込まなきゃ良いのに

50 :あるケミストさん:2006/11/09(木) 01:41:54
家で簡単にできる自家発電装置とかないの?

51 :あるケミストさん:2006/11/09(木) 01:45:02
各家庭に置ける位の燃料電池なら
そこそこに良いものができてるよ
都市ガスを燃料にするやつとか

52 :あるケミストさん:2006/11/09(木) 01:50:55
>>51
そうなのか。
でもあまり実用化されてないみたいだからやっぱり問題があるのか。
原子力のほうがよっぽど危ないと思うのに

53 :あるケミストさん:2006/11/09(木) 02:10:58
なぜ原子力が比較にあがるのか…

まぁ試作機はちゃんと動いてるし
ニーズに合えば商品化自体は時間の問題だと思うよ

54 :あるケミストさん:2006/11/09(木) 02:11:52
問題はある。コスト。
神奈川のどっかのコンビニで実証実験していたと思うが、今ちょっとURLがわからない。
燃料電池はふつうの火力発電と違ってスケールメリットがないから、コンビニスケールで
ペイしないとなると、コンバインドサイクルにぶちかます以外の実用化は厳しいね。
原子力は事故があったら大変だけど、何もなければそんなでもないからね。


55 :あるケミストさん:2006/11/09(木) 02:19:58
問題のコストってのは
発電システムの減価償却+燃料費が発電量に見合わないということ?
高温の固体酸化物型なら電池自体にそんなにコストはかからなそうに思う。
となると制御システムあたりがネック?

56 :あるケミストさん:2006/11/09(木) 02:36:22
ごめん、>>54のコンビニは燃料電池じゃなくてコジェネだった。
http://www1.infoc.nedo.go.jp/nedo-info/caddet/infostore/JP-2003-018.html
コストの問題というのは、今具体例が出せないけど
SOFCは高温であるがゆえに装置が大きくなり、>>51にそぐわないし、それ以外だと
火力の中で最も効率のいいガス発電を相手取って戦うのは厳しいんじゃないかにゃー
熱効率50%を目指す、とか言われちゃってますよ?
http://www.meti.go.jp/policy/policy_management/16fy-jigo-hyoka/karyoku/16fy-jigo-karyoku-sum.pdf

57 :あるケミストさん:2006/11/09(木) 02:43:59
理論上のエネルギー変換効率は燃料電池の方が上を行けるはずなのに
火力発電に効率でもコストでも勝つのは何時になることやら…
やはり蓄積された技術ってのはすごいですね

小規模発電システムとして
燃料電池で望み有りそうなのはリン酸とか固体酸の燃料電池
中低温の固体電解質型あたりになってくるのかな


58 :あるケミストさん:2006/11/09(木) 02:51:05
現状では電力の輸送と変換のために莫大なエネルギーを切り捨ててるんだから
小規模の発電システムを数多く作ることで
多少エネルギー変換効率が負けてても
ある程度の効率が実現できれば正味の効率で勝てるんじゃなかろうか…


59 :あるケミストさん:2006/11/09(木) 07:35:41
廃棄物と廃棄物処理屋の闘いは終了したのか。

60 :あるケミストさん:2006/11/09(木) 15:37:48
闘いも何もかみ合ってなかったけどなw
一方は目標が遠大なところにつっこんでて
一方は見通しが遠大でどこが悪いんだって開き直ってたから

61 :あるケミストさん:2006/11/10(金) 19:09:47
原子力発電の継続、規模の拡大の賛否についてご意見が有れば伺いたい。
化学屋の視点からの御意見を

62 :あるケミストさん:2006/11/10(金) 20:22:11
1円玉から90兆ジュールのエネルギーが出ますが何か?

63 :あるケミストさん:2006/11/10(金) 20:52:54
>>62
だからどうした

64 :あるケミストさん:2006/11/10(金) 21:06:32
私の叔父が天然ガスなどエネルギー関係の会社を営んでいますが
「石油が後30年足らずでなくなる」というのは
嘘だといっておりました。
石油はまだまだ莫大にありますが、
それを掘り出すのにコストが多くかかってしまうだけで
実際はまだ大丈夫なようです
ロシアの北方などに大きな油田が潜んでいますが
厚い氷や環境など問題が多くあるため採掘に費用がかかるのだそうです


65 :あるケミストさん:2006/11/11(土) 01:59:51
いずれにせよ無尽蔵にあるわけではない。いつかは枯渇する。

66 :あるケミストさん:2006/11/11(土) 11:27:12
>>61
日本レベルの技術力があれば原発維持も可能だと思うし、廃止すべきではない。
中国が原発を乱立させるのは正直怖い。

日本が中国に輸出すべき唯一の技術が原発維持技術では。

67 :あるケミストさん:2006/11/11(土) 12:16:19
たしかに中国に原発が乱立するのは怖い。
中国人はモラルってもんがないから、自分が楽をするためには
何をやってもいいと考えている面がある。そういう意味で考えると、
せっかく原発の安定運転のノウハウを教えてやっても、その通りに
動かさないでどえらい事故を起こしたあげく、「マニュアルの不備だ」
とか言ってこっちの責任にされそうな気がする。

だから原発関係の技術輸出は反対だな。
ガスIGCC関連技術を輸出した方がまだマシじゃないか、とさえ思う。
中国のLNG消費量を抑制できるかもしれないからなw


68 :あるケミストさん:2006/11/11(土) 15:23:23
技術力はあるというが、それを護る人間のレベルはどうか。過去に何度も
事故を繰り返している。中国人にはモラルはないというが、日本人にモラルが
あるのだろうか。酒酔い運転で人身事故が起きても一向に酒酔い運転は減らず、
警察官が酒酔い運転で捕まるのが今の日本人のレベルである。正直言って怖い。

69 :あるケミストさん:2006/11/11(土) 19:54:45
上海行って奴らの運転見て来い、日本人なんて問題にならないぞ
日本人にもモラルがないかもしれないが、一般の中国人はそれより
ずっとモラルがない。
ずいぶん前、バケツ臨界事件が報道されて大騒ぎになったが
あんなの中国だったら日常茶飯事だと思うぞ。報道されないけどw


70 :あるケミストさん:2006/11/11(土) 20:04:16
まぁ中国たたきはその辺で。

原子力はやっぱり日本に適した発電だと思う。
競争の激しくない資源で莫大なエネルギーが得られるし…
もちろん燃料を自国でまかなってる訳じゃないから
完全自給できる訳でもないけど

71 :あるケミストさん:2006/11/11(土) 22:12:44
当分は火力+原子力でやっていくしかないんだよな
火力はガスタービンからIGCCにリプレースされていくんだろうけど
太陽電池や地熱や風力や潮汐力がどのくらい役に立つのかは疑問だな
分散電源としては意味があるだろうけど

72 :あるケミストさん:2006/11/12(日) 06:45:10
>>71
太陽電池はともかく他の発電は分散電力としては微妙

73 :あるケミストさん:2006/11/12(日) 23:20:40
温暖化のほうが問題だと思うぞ。

74 :あるケミストさん:2006/11/13(月) 23:05:21
原子力発電は、やはり田舎のほうへ追いやられるよね。場所とか。
結局さ、死ぬなら田舎のやつが死ねみたいな?こういう都会の人間がだいっきらい

75 :あるケミストさん:2006/11/14(火) 00:39:42
>死ぬなら田舎のやつが死ね

被害を最小にするという意味では人の少ないところに建てるのは合理的だからな。

76 :あるケミストさん:2006/11/14(火) 02:29:02
東京に原発を!  広瀬 隆 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4087491374/sr=1-12/qid=1163438778/ref=sr_1_12/250-0929149-9188251?ie=UTF8&s=books

東京原発 山川 元 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/481241461X/sr=1-4/qid=1163438708/ref=sr_1_4/250-0929149-9188251?ie=UTF8&s=books


77 :あるケミストさん:2006/11/14(火) 04:20:49
上でもすこし話題にでてたけど
LPガスを燃料にした一般家庭向けの燃料電池は
今一般家庭を対象にモニターテストやってるみたいだな

78 :あるケミストさん:2006/11/14(火) 22:49:29
>>75
おまえ悪魔だな。

79 :あるケミストさん:2006/11/14(火) 23:53:15
>>78
そうでもないだろ
海岸に立てるのはしかたないし
人や主要な機関を避けるのが当然だと思う。

田舎の人がとか言うのは、被害妄想としか言いようが無い。
それに、人が密集していない方が、万が一の時の避難もスムーズに行くし、
住民の状態を把握し易い。

80 :あるケミストさん:2006/11/15(水) 19:27:09
>>79
まぁ、そんな余裕ないけどね。
原爆がいい例だと思われ。

81 :あるケミストさん:2006/11/15(水) 23:32:11
今一番、エネルギーがある国ってどこだろ。
やっぱアメリカかな?

82 :あるケミストさん:2006/11/16(木) 00:36:15
>>80
何故、原発事故の話に原爆を絡めてくる?

83 :あるケミストさん:2006/11/16(木) 01:07:12
しっ!
もう関わるんじゃ有りません!
都会コンプレックスの厨房が因縁つけてるだけです。

84 :あるケミストさん:2006/11/16(木) 20:24:15
>>83
教育ママかwww
ワロタwwww

85 :あるケミストさん:2006/11/18(土) 23:03:27
糞スレ終了でつか。

86 :あるケミストさん:2006/11/21(火) 05:11:38
>>80は面白いな。
そんなことで、よく化学屋が勤まるな。
環境ヒステリック団体のお抱え化学者様ですか?


87 :あるケミストさん:2006/11/22(水) 13:13:31
明石海峡で潮力発電。

88 :あるケミストさん:2006/11/22(水) 14:34:41
これが実用化出来たらすごいな。
「可視光で水を水素と酸素に分解」
ttp://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2001/pr20011206_1/pr20011206_1.html

89 :あるケミストさん:2006/11/22(水) 16:48:21
>>88
でもでてくる気体は爆鳴気。
危なくてしょうがねぇ

90 :あるケミストさん:2006/11/25(土) 09:57:10
今ウォーターレタスが淀川などに大繁殖して問題になっているが、太陽光を高効率で
取り込んでいることの裏返しでもある。この際このウォーターレタスの繁殖力を利用
してバイオエタノールの原料にするとか、CO2吸収固定化に利用するとかできないか。


91 :あるケミストさん:2006/11/25(土) 10:06:37
あの大繁殖は条件が揃った上でのこと
だから今問題になってる訳だし…
繁殖力の強い藻類は他にもいるでしょ

92 :あるケミストさん:2006/11/25(土) 11:26:20
実際に特定外来生物に指定されるほど問題になっているのは適応力が強く
繁殖条件が緩い、すなわち繁殖させ易いと言う事でしょう。うまく利用
できれば、エネルギー問題への利用と現実に繁殖しているウォーターレタス
の処分方の両方に使えるでしょう。
このスレ前向きに考えるより、後ろ向きに足を引っ張る人が多いような気が
するのは私だけ?

93 :あるケミストさん:2006/11/25(土) 12:53:32
またあんたか

94 :あるケミストさん:2006/11/25(土) 12:56:50
うわぁ
まだ粘着してたのか…
マジキモイ

95 :あるケミストさん:2006/11/25(土) 13:06:23
>>92
夢語るのは良いけどそこに至るプロセスが
すっぽりと抜け落ちてんだよ
だから相手にされない
しかもこのケースについては例示した分野に関する知見も全く足りてない


96 :あるケミストさん:2006/11/26(日) 22:19:58
なんかついていけねえw

97 :あるケミストさん:2006/11/26(日) 22:24:45
まぁそこに至るまでのプロセスをここで語れば済む話なんだけどな

98 :あるケミストさん:2006/11/26(日) 23:11:58
そうなんだよな
それなのに変な方向にファビョるから
話が発展しない

99 :あるケミストさん:2006/11/28(火) 08:36:43
(^_^)√\ζ゚)))彡 釣れた

100 :あるケミストさん:2006/11/28(火) 22:46:14
最近釣れた釣れたと(以下長文とAA略

101 :あるケミストさん:2006/11/29(水) 22:59:25
石油が枯渇したら、化学繊維とかなくなって 昔に戻るんですか?

102 :あるケミストさん:2006/11/29(水) 23:25:57
んなわけない

103 :あるケミストさん:2006/11/29(水) 23:34:21
バイオマス燃料で化学繊維が作れたりするんですか?

104 :あるケミストさん:2006/11/30(木) 11:18:41
生物由来樹脂ができる。

105 :あるケミストさん:2006/11/30(木) 15:00:39
そういえば化学繊維メーカーは元気無いね
景気のいいところでも名前だけで違うことでもうけてるし

106 :あるケミストさん:2006/11/30(木) 15:53:32
生物由来って例えばどんなやつ?

107 :あるケミストさん:2006/11/30(木) 16:08:57
仮に今のプラスチック生産量に追いつくだけのポリ乳酸を
作ろうとしたらいったいどれだけのトウモロコシ畑が必要になるんだろう…
誰か試算してないかな

108 :あるケミストさん:2006/11/30(木) 21:08:03
作れるか作れないかだけなら、石油が枯渇しても石炭や天然ガスを
使えば繊維なんていくらでも作れるんじゃない?
経済的な問題はシラネ。バイオマスよりは安く上がると思うがw

109 :あるケミストさん:2006/11/30(木) 21:16:05
天然ガス、石炭が枯渇したらやっぱりバイオマス オンリーになります?

110 :109:2006/11/30(木) 21:17:20
>>109は繊維の原料としてはって意味です

111 :あるケミストさん:2006/11/30(木) 22:14:10
バイオマスエタノールからエチレンつくってポリエチレンってのとかをバイオマス繊維と言うならね。

112 :あるケミストさん:2006/12/04(月) 19:04:37
100ゲットしたかったorz


113 :あるケミストさん:2006/12/07(木) 21:14:30
なぁなぁ俺たちは明日のために何をすればいいんだ?

114 :あるケミストさん:2006/12/07(木) 22:15:18
勉強

115 :あるケミストさん:2006/12/07(木) 23:56:42
>>114最もだ

116 :あるケミストさん:2006/12/10(日) 20:05:31
バイオマスで勝つのは誰なんだろうね。
石油メジャーか化学メーカーか、あるいは酒屋さんか食品メーカーか

117 :あるケミストさん:2006/12/10(日) 20:07:53
発酵系プロセスのノウハウを蓄積してるとこがやっぱり強いだろう

118 :あるケミストさん:2006/12/13(水) 22:51:29
ttp://img01.picoodle.com/img/img01/6/12/13/f_5231i_604bm_6bb6c6a2.jpg

119 :あるケミストさん:2006/12/14(木) 22:54:28
エネルギッシュ!!

120 :あるケミストさん:2006/12/15(金) 17:12:38
プロフ見てくれた?プロフの写真からメッセージ下さいね
http://kurabujp3.nobody.jp/

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)