5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★★宿題をまるなげするスレ4★★★

1 :あるケミストさん:2006/05/28(日) 23:45:09
厨房、工房、文系大学生、馬鹿理系が
学校で出された宿題、課題を「丸投げ」、回答者が「丸答え」するスレです
問題の解き方や解説、雑談に準ずる行為はすべてスレ違いです
質問者がこれらを求めてもいけません

●スレルール●

1. 丸投げ側
 1. 問題は正確に省略せずに書くこと
 2. 機種依存文字禁止
 3. 自分なりの解釈を加えないこと
 4. ここまで解けました的な中途半端な自慢はイラネ
  5. まるなげされた答えの説明、解説を求める行為は禁止
  6. 当然だがマルチは禁止だ
 7. 「お願いします」「ありがとうございました」大事

2 回答者側
 1. 余計な講釈をたれずに答を丸書きすること
 2. 計算過程はイラネ、値、最後の式だけ書け
 3. 機種依存文字厨の相手禁止
  4. 求められても説明、解説はスレ違い
 5. どんな馬鹿な質問でもモニタの前だけで笑っとけ
 6. 努力しろ、ちょっとはやれ的な説教イラネ

前スレ
★★★宿題をまるなげするスレ3★★★
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1139416043/

過去スレ・関連スレは>>2-5ぐらい


2 :あるケミストさん:2006/05/28(日) 23:45:43
過去スレ・関連スレ

★★★宿題をまるなげするスレ1★★★
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1118130748/
★★★宿題をまるなげするスレ2★★★
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1131760452/


親スレ(説明、解説を求める方はこちら※丸投げ禁止)
□□□化学の宿題に答えてください12□□□
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1142569705/

爺スレ(化学全般の質問、話題はこちら)
■■■質問スレッド@化学板53■■■
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1147359554/

3 :あるケミストさん:2006/05/28(日) 23:56:36


4 :あるケミストさん:2006/05/29(月) 03:22:06
( ´-`)ノシ 乙です。

次の化学反応式で示される反応のうち、
アレニウスの定義による酸塩基反応にA、
ブレンステッド・ローリーの定義による酸塩基反応にB、
ルイスの定義による酸塩基反応にC、
酸塩基反応でないものにDをつけよ。

a. HNO3 + KOH → KNO3 + H2O
b. HCl + NH3 → NH4Cl
c. CaCO3 + 2HCl → CaCl2 + H2O + CO2
d. CuO + H2SO4 → CuSO4 + H2O
e. CaO + CO2 → CaCO3
f. MgCl2 + 2NaOH → Mg(OH)2 + 2NaCl
g. Zn + H2SO4 → ZnSO4 + H2



5 :あるケミストさん:2006/05/29(月) 10:20:10
>>4
全部C

6 :ケミスト:2006/05/29(月) 18:12:10
硫酸銅→塩基性硫酸銅→水酸化銅(U)→ビス(アラナイト)銅(U)錯体
の化学式を教えてください。お願いします。

7 :あるケミストさん:2006/05/29(月) 18:13:53
>>6
>>1の1-1、1-2、1-6

8 :あるケミストさん:2006/05/29(月) 23:15:07
ベンゾインに硝酸と酢酸を加え、還流しベンジルを作りました。
このときのベンゾイン→ベンジルの反応機構を教えてください。
お願いします

9 :あるケミストさん:2006/05/30(火) 00:12:17
>>8
>>1の(ry

10 :あるケミストさん:2006/05/31(水) 07:08:27
1,10-フェナントロリンと鉄(U)が1:3で錯体を形成しているときの錯体の構造はどのようになっていますか?教えてください。

11 :あるケミストさん:2006/05/31(水) 09:59:02
>>10
>>1の1-1、1-2

12 :あるケミストさん:2006/05/31(水) 10:29:15
>>11
>>1の2-3

13 :あるケミストさん:2006/05/31(水) 19:25:54
2つの耐圧容器A,Bがあり、活栓Cによって両者は連結されている。
Aの容積は3lで酸素が0,65mol詰められている。
Bの容積は1lでメタンが0,05molと分子式がCmHnであらわされる炭化水素(m,nは正の整数)が0,1mol詰められている。
耐圧容器A,B以外の体積は無視できるものとする。この2つの耐圧容器に次の(ア)(イ)(ウ)(エ)の操作を順次行った。
(ア)2つの耐圧容器の温度を27度に保ちながら活栓C を開け、十分に時間を経過させてA,Bに入っていた気体を混合させた。
次に容器Aのみ昇温させ、容器Aが227度の温度で一定になるようにした。
容器Bは27度で一定に保っている         (イ)次に容器Bも227度にまで昇温させ、電気火花を飛ばして容器AとB内のメタンと炭化水素を水と二酸化炭素に完全燃焼させた。
燃焼終了後、生成した二酸化炭素と水は全て気体として存在し、それぞれの分圧をP(CO2)とP(H2O)とおくと、P(CO2):P(H2O)=5:6であった
(ウ)燃焼終了後、容器をゆっく冷却させ、容器AとBをともに57度にした。
この温度で十分に時間が経過すると、燃焼によって生じた水の一部が液体となった。
(エ)次に容器内の気体を水酸化カルシウムを含んだ水溶液に通したところ炭酸カルシウムの白色沈殿を生じた。
沈殿した炭酸カルシウムを十分に乾燥した後、秤 量するとその質量は25gであった。

(1)(ア)の操作後十分に時間がたった状態における混合気体の全圧を求めよ。
(2)(ウ)の操作後、気体として存在している水の物質量は何molか。ただし57度における水の飽和蒸気圧を0,17atmとする
(3)炭化水素CmHnにおけるmおよびnの値をそれぞれ求めよ

お願いしますm(__)m

14 :あるケミストさん:2006/05/31(水) 20:49:47
(1) 0.65+0.05+0.1=0.8mol、2つの容器内の圧力は等しい筈だから A:3P=(0.8-x)*500R、B:P=x*300R より、
P=(0.8-x)500R/3=x*300R、x=2/7mol、よってP=x*300R=7.0atm
(2) (3+1)*0.17=x*330R、x=0.025mol
(3) CH4+2O2→CO2+2H2O、CmHn+{m+(n/4)}O2→mCO2+(n/2)H2O から、完全燃焼によりそれぞれ
CO2=0.05+0.1m (mol)、H2O=0.05*2+0.05n (mol) が生成する。同じ条件なので分圧比はモル比に等しいから、
6(0.05+0.1m)=5(0.05*2+0.05n)、6(0.05+0.1m)=5(0.05*2+0.05n)、n=4(3m-1)/5
また CO2+Ca(OH)2→CaCO3↓+H2O から、CO2=25/100=0.25=0.05+0.1m (mol)、m=2, n=4

15 :あるケミストさん:2006/05/31(水) 21:28:26
ありがとうございました!!

16 :あるケミストさん:2006/05/31(水) 21:49:19
エチレンの水素原子n個をメチル基n個(n=1〜4)で置換すると、化合物A(n=1)、化合物B,C,D(n=2)、化合物E(n=3)、化合物F(n=4)となる。
次の問いに答えよ
(1)BにH2を付加させると、化合物Gが生成し、C,DにH2を付加させると、どちらも化合物Hが生成した。
またCはトランス異性体であった。
B,C,D,G,Hの示性式を記せ
(2)A〜FにHBrを付加させると、H2やBr2と同様に付加反応が起こる。
C,Dからは、どちらも化合物Iが光学異性体の混合物として生成した。
Iの示性式を記せ
(3)EにHBrを付加反応させると、2通りの化合物の生成が予想される。
しかし実際は、二重結合の炭素のうち、メチル基が2個ついた炭素原子の方にBrが結合した化合物Jが主に生成し、メチル基が1個ついた炭素原子の方にBrが結合した化合物Kは、ほとんど生成しない。
J,Kの示性式を記せ
(4)問い(3)で示したように、二重結合にHBrが付加する場合、メチル基がより多くついた炭素原子の方にBrが結合した化合物が主に生成する。
A,BにHBrを付加させると、それぞれ主に生成することが予想される化合物L,Mの示性式を記せ

よろしくお願い致しますm(__)m

17 :あるケミストさん:2006/05/31(水) 22:34:20
次の酸と塩基が完全に中和するときの化学反応式を
記し、生成する塩の名称を答えよ。


1)酢酸と水酸化ナトリウム
2)硫酸と水酸化カリウム
3)塩酸と水酸化バリウム
4)酢酸と水酸化カルシウム
5)アンモニアと硫酸
6)二酸化炭素と水酸化バリウム

おねがいします。

18 :馬鹿理系学生:2006/05/31(水) 22:48:37
オレンジUを合成するには、スルファニル酸をジアゾ化したものと、どんな物質をカップリングさせればよいか?
という課題が出されました 返答お願いします。

19 :あかんがな人:2006/05/31(水) 23:01:02
2ch化学板の諸兄おながいしますボスケテ

A+2B→Pの型の2次反応を溶液中でAの初濃度0.075M Bの初濃度0.08M
で行った。1h後Aの濃度が0.045Mに減少した。

速度定数を求めよ
半減期を求めよ



おながいします。。。

20 :あるケミストさん:2006/05/31(水) 23:11:30
>>16
(1)B: CH2=C(CH3)2 C: CH3CH=CHCH3 D: CH3CH=CHCH3 G: (CH3)3CH H: CH3CH2CH2CH3
(2)CH3CH2CHBrCH3
(3)J: CH3CH2CBr(CH3)2 K: CH3CHBrCH(CH3)2
(4)L: (CH3)2CHBr M: (CH3)3CBr

21 :あるケミストさん:2006/05/31(水) 23:21:40
>>17
1) CH3CO2H+NaOH→CH3CO2Na+H2O 酢酸ナトリウム
2) H2SO4+2KOH→K2SO4+2H2O 硫酸カリウム
3) 2HCl+Ba(OH)2→BaCl2+2H2O 塩化バリウム
4) 2CH3CO2H+Ca(OH)2→(CH3CO2)2Ca+2H2O 酢酸カルシウム
5) 2NH3+H2SO4→(NH4)2SO4 硫酸アンモニウム
6) CO2+Ba(OH)2→BaCO3+H2O 炭酸バリウム

22 :あるケミストさん:2006/05/31(水) 23:23:56
20
ありがとうございましたm(__)m

23 :あるケミストさん:2006/05/31(水) 23:30:35
>>21
ありがとうごさいました!!!

24 :あるケミストさん:2006/05/31(水) 23:53:51
CODなど測量に化学変化を用いるものって何かありますか?

25 :あかんがな人:2006/06/01(木) 00:21:07
ボスケテクダサイ……

26 :あるケミストさん:2006/06/01(木) 00:42:11
>>14
>>1の2-2違反、シネ

>>18
>>1の1-2

>>24
>>1の1-1

27 :あるケミストさん:2006/06/01(木) 01:16:47
変なのが常駐してるみたいだな。

28 :あるケミストさん:2006/06/01(木) 01:53:59
新しい>>1便利だね。
簡単につっこめる。

29 :あるケミストさん:2006/06/01(木) 01:55:17
>>27-28
雑談禁止

30 :あるケミストさん:2006/06/01(木) 12:24:24
イオン結合の特徴とそれぞれ何故そういう特徴を持つか
という問題と、
原子が安定化の為にとり得る状態を挙げ、その状態のそれぞれの特徴と解説をせよ
という問題と、
物質の性質の違いは何が原因で起こるか詳しく解説せよ
という課題が出ました。
答えを教えて頂けないでしょうか?お願いします。

31 :あるケミストさん:2006/06/01(木) 18:08:37
>>30
イオン結合の特徴:融点が高い,硬くてもろい,水に解けやすく電離する
カチオンとアニオンが電気的引力で結合した為

原子が安定化するには,希ガスの電子配置になる
電子を放つとカチオンになり,電子を受け取るとアニオンになる
物質の性質の違いは全てが絡んでいる

32 :30:2006/06/01(木) 18:20:56
>>31
ありがとうございます

33 :あるケミストさん:2006/06/01(木) 19:33:56
主量子数n=4の殻にはいりうる電子数はいくつか?
また、各軌道関数のlおよびmの値を指定せよ。

という問題なのですが・・・
ご協力よろしくおねげえしますだ

34 :ケミスト:2006/06/01(木) 22:04:08
1、希硝酸と銅の反応式を書きなさい。
2、濃硝酸と銅の反応式を書きなさい。
という問題です。よろしくお願いいたします。

35 :あるケミストさん:2006/06/01(木) 22:29:53
>>34
1:8HNO3+3Cu→3Cu(NO3)2+2NO+4H2O
2:4HNO3+Cu→Cu(NO3)2+2NO2+2H2O

36 :あるケミストさん:2006/06/01(木) 22:36:05
アンパンマンの成分を原子レベルで求めよ

お願いします!!

37 :ケミスト:2006/06/01(木) 22:36:18
ありがとうございました。とても助かりました。

38 :あるケミストさん:2006/06/02(金) 00:49:56
>>36
ア1パ1マ1ン3

39 :あるケミストさん:2006/06/02(金) 10:25:26
>>33
電子数32
4s:(l,m)=(0,0)
4p:(l,m)=(1,0),(1,±1)
4d:(l,m)=(2,0),(2,±1),(2,±2)
4f:(l,m)=(3,0),(3,±1),(3,±2),(3,±3)


40 :あるケミストさん:2006/06/03(土) 17:00:34
問: Heの第二励起状態(1s)^1 (2p)^1のスペクトル項を求めよ

注意事項として、「全てのパターンを尽くすこと」とあります。
どうかよろしくお願いします。

41 :あるケミストさん:2006/06/03(土) 22:06:37
>>40
�xB9;P�x2081;, �xB3;P�x2080;, �xB3;P�x2081;, �xB3;P�x2082;

42 :あるケミストさん:2006/06/03(土) 22:14:06
ありゃ、失敗。
1P1, 3P0, 3P1, 3P2
Pの前の数字は上付き、Pの後の数字は下付き。

43 :あるケミストさん:2006/06/03(土) 22:29:31
配位子CN^−、COは大きな配位子場を与える。
この理由を配位子理論により説明せよ。

44 :あるケミストさん:2006/06/03(土) 22:34:30
ある結晶ではCu^2+イオンに6個のCl^−イオンが配位している。
この結晶ではヤーンテラー効果によってどのような構造変化が起こっているか?
また、d電子のエネルギー準位を模式的に示せ。

[FeF6]^3−は無色である。その理由を述べよ。

電荷移動型吸収についてCrO4^2−を例として説明せよ。

45 :40:2006/06/03(土) 23:05:55
>>41-42
どうもありがとうございます。
答えを頂いてからしまった、と思ったのですが、レポート形式なので過程も書かなくてはならないのですが、これではスレ違いになってしまいますかね……
半端なことをして申し訳ありませんでした。ありがとうございました。

46 :あるケミストさん:2006/06/05(月) 11:51:36
fcc結晶の引張り軸方位が[-1 2 3]のとき活動するすべり系を求めなさい。そのときのシュミット因子の大きさも求めよ。(トムソンの4面体を考えること)

よろしくおねがいします

47 :あるケミストさん:2006/06/05(月) 16:00:49
>>1に違反した質問に解答してはいけないのは,解答者側は面白くないので,嘘を教えるというのはどうか?
また,他の質問スレでも同じ様にするのはどうか?

48 :あるケミストさん:2006/06/05(月) 23:12:22
次の事項のうち、フェノールのみに関することはA、
エタノールのみに関することはB、両方に関することはCを記入しなさい。

(1). 水とはどんな割合にでも溶け合う。
(2). 水溶液は弱酸性を示す。
(3). ヒドロキシ基が直接炭素と結合している。
(4). 塩化鉄(V)水溶液を加えると青紫色を呈する。
(5). 水酸化ナトリウムと反応して塩を作る。
(6). 酸化するとアルデヒドを生成する。
(7). 濃硫酸を触媒として無水酢酸を作用させると、エステルを生じる。
(8). ヨウ素と水酸化ナトリウム水溶液を加えて温めると、特臭のある黄色の沈殿が生じる。

次の芳香族化合物にはそれぞれ何種類の異性体が存在するか。
(1). C8H10
(2). C7H8O

下の反応経路のA〜Dに構造式、EとFに語句を入れよ。
「ベンゼン」―(プロピレン)―「 A 」―O2―「 B 」―H2SO4―「 C 」+「 D 」
化合物Aの生成反応は、プロピレンにベンゼンが( E )する反応。
この反応は、( F )炭化水素の特徴的な反応である。

ベンゼン100gをニトロ化して120gのニトロベンゼンが得られた。この時の収率は何%か。

多くて申し訳有りません。
ご教授頂ければ幸いです。宜しくお願いします。

49 :あるケミストさん:2006/06/05(月) 23:25:26
>>48
次の事項のうち、フェノールのみに関することはA、
エタノールのみに関することはB、両方に関することはCを記入しなさい。

(1)B
(2)A
(3)C
(4)A
(5)A
(6)B
(7)C
(8)B

(1)4
(2)5

A:CH3−CH(C6H5)−CH3
B:CH3−C(OOH)C6H5−CH3
C:(CH3)2CO
D:C6H5rOH
E:付加
F:不飽和

120÷(100×123÷78)×100=76%

50 :あるケミストさん:2006/06/05(月) 23:34:45
>>49
早い解答ありがとうございました。

51 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 00:32:01
>>49
>>1の2-2
計算過程書くな、ヴォケ

52 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 01:38:37
クエン酸ナトリウム(C6H5Na3O7・2H2O:294.10)の濃度(w/v%)を求めよ。
本品5mLを正確に量り、水を加えて正確に25mLとした。
この溶液10mLを正確に量り、氷酢酸30mLを加え、0.1mol/L過塩素酸(f=1.000)で滴定した。
同様の方法で空試験を行い補正した結果、0.1mol/L過塩素酸の消費量は20.00mLであった。


53 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 07:20:26
ニンヒドリン反応でリシン、グリシン、ロイシンはそれぞれどんな色になるんですか?
他のスレでも聞いたのですが教えてくれませんでした。マルチで申し訳ありませんが誰か教えてください。お願いします

54 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 07:58:55
>>53
http://c-docomo.2ch.net/test/-.llY--0!mail=age/bake/1148698817/500-
の503に解答があるだろが
文盲か?

55 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 08:10:21
↑それは違うと思ったんで聞いてみました

56 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 08:41:26
>>55
禁止されているマルチを確信犯で行う
もらった解答に礼を言わない
あげくのはてに間違ってると批判するのみ

救いようがないな

57 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 10:39:30
>>53
しゃーないな教えてやるよ
順に白,緑,赤だよ
白発中と覚えたらよいと思うよ

58 :53:2006/06/06(火) 10:40:44
>>57
ありがとうございました

59 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 12:06:57
>>52
{(1/3)*(25/10)*0.1*(20.00/1000)*294.10*100}/5=9.803(%)

60 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 12:25:12
次レスは

ありがとうございました



>>59
>>1の2-2
計算過程書くな、ヴォケ

のどちらかだと予想

61 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 12:32:59
それは回答者の自由

62 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 12:53:00
平均値±標本標準偏差 の表現方法と有効数字との関係

を教えてください。よろしくお願いします。

63 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 12:54:26
pHって単位は無単位に近いが任意単位でも無単位でもない特殊な定義の単位と考えられるといわれたんですが、これはなぜですか?

64 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 13:01:55
549 名前:あるケミストさん sage 投稿日:2006/06/06(火) 11:16:59
pHって単位は無単位に近いが任意単位でも無単位でもない特殊な定義の単位と考えられるといわれたんですが、これはなぜですか?

マルチ死ねwwwwwwwwwwwwww

65 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 13:24:06
>>61
スレルール守れ。
いやなら、解説おkの新スレ立ててやれ。

66 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 13:26:45
どうも、計算家庭書きたがり厨がわいてるなw

67 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 13:56:24
「宿題●投げスレ」違反回答者のためのスレ、誰か立てろや。

68 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 14:01:23
「宿題●投げスレ」の違反回答者のためのスレ-1

●スレルール●
1. 丸投げ側
 1. 問題の意味がだいたい分かればよい。
 2. 何語でもおkー。

2 回答者側
  特になし。なんでも好きなこと書いてよし。出鱈目の解答もおkー。

69 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 17:44:57
X線を用いて、固体の構造を決定する方法について述べよ。
得られるX線回折パターンをいくつか示し、これを論ぜよ。また、この方法の限界は何かを述べよ。
波長が0,0585nmのX線を用いて、塩化リチウムを調べたところ、回折角θが6,3度と8,8度のところに
強い回折が見られた。また、弱い回折が5,4度と10,9度で見られた。ブラッグの回折の式を用いて塩化リチウムの結晶面の間隔を計算せよ。
求めた3種類の結晶面は塩化リチウムの単位格子(面心立方)でどうなっているか、図を描いて示せ。

70 :あるケミストさん:2006/06/06(火) 23:45:45
公衆電話の方程式を解く問題です。
最初に10円を入れて、
3分経つごとに10円を追加する、
n分後には何円いるかを一次方程式で表してください。
1分や2分のときに端数が出ず、
あくまで3分のときに10円増えます。

71 :あるケミストさん:2006/06/07(水) 00:23:29
@電子番号Zの元素の水素類似1s軌道を占める電子が見出される確率がもっとも高い電子半径を計算せよ。
(同系分布関数が極限を持つときの半径を求める。)
A電子番号Zの水素類似2s軌道を占める電子が見出される確率が最大となるときの電子半径を計算せよ
このふたつを誰かお願いいたします。

72 :あるケミストさん:2006/06/07(水) 00:34:26
>>70
板違い

>>71
>>1の1-2

73 :あるケミストさん:2006/06/07(水) 00:53:49
>>72
あわわ、申し訳ないですorz

74 :あるケミストさん:2006/06/07(水) 05:50:53
アルコールと硫酸の沸点て何度でしょうか?
今調べる方法がないんです。お願いします。

75 :あるケミストさん:2006/06/07(水) 07:16:20
>>74
硫酸:322℃
アルコール:単体の名称ではないので沸点は無い

76 :あるケミストさん:2006/06/07(水) 10:31:51
>>74
スレ違い

>>75
スレ違いの相手をするカス

77 :あるケミストさん:2006/06/07(水) 10:38:23
スレ主乙

78 :1:2006/06/07(水) 12:24:39
俺はこのスレ立てた者だけど、今後はルールは>>68にするから、よろしく

79 :あるケミストさん:2006/06/07(水) 12:35:07
了解

80 :あるケミストさん:2006/06/07(水) 14:22:15
32 :松戸サイエンティスト:2006/06/07(水) 14:15:39 ID:amyIGsL10 ?#
重複
空き巣で高1女子を逮捕
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1149605204/


81 :あるケミストさん:2006/06/07(水) 14:29:44
硫酸は2段階の電離をする。1段階目の電離度は1としてよいが、
2段階目は化学平衡が成り立っており、電離定数はK=1.0*10^(-2)である。
0.100Mの希硫酸1.00Lに、NaOHの固体を 8.0*10^(-2)mol 加えたときのpHを求めよ。
ただし体積変化は無視してよい。log2=0.30, log3=0.48、解答は有効数字2桁とする。

82 :あるケミストさん:2006/06/07(水) 17:32:47
>>70
10*(1+[n/3])、([]はガウスの記号)

83 :あるケミストさん:2006/06/07(水) 18:31:36
昇華法をあげよ。


84 :あるケミストさん:2006/06/07(水) 22:11:15
>>83
ドライアイスを空気中に放置

85 :あるケミストさん:2006/06/08(木) 00:20:01
なぜ金属イオンは他の原子団よりもキレート試薬とより安定な錯体を形成するのか。
お願いします。

86 :バカ:2006/06/08(木) 00:23:09
アミノ酸の性質で、荷電を持つことと極性を持つことの違いを教えてください

87 :あるケミストさん:2006/06/08(木) 00:38:15
これから(将来技術者になる可能性のある)自分たちはどのようにあるべきか、考え、意見を述べよ。

おねがいします。

88 :あるケミストさん:2006/06/08(木) 01:06:48
>>87
技術者は賄賂がもらえないから
いかにして政治家と結託できるか
あるいはそういう技術とは何かを考える。

89 :あるケミストさん:2006/06/08(木) 01:16:23
アセチル化剤は無水酢酸の他に何がありますか?
物質名と示性式を教えて下さい

90 :あるケミストさん:2006/06/08(木) 01:17:18
再結晶とはどうゆう事ですか?

91 :キング ◆Qlb/QEgiJ2 :2006/06/08(木) 01:19:15

援軍を引き連れて切り込み隊長キング様が化学板を荒らしに来ました

92 :あるケミストさん:2006/06/08(木) 01:19:24
アセトアリニドの性質および用途を教えて下さい

93 :あるケミストさん:2006/06/08(木) 07:35:19
>>85
金属イオンはルイス酸で配位結合される

94 :あるケミストさん:2006/06/08(木) 07:37:02
>>86
陽子と電子の数が異なると荷電を持ち,正電荷と負電荷の重心が異なると極性を持つ

95 :あるケミストさん:2006/06/08(木) 07:38:19
>>87
男としての幸せを放棄する覚悟
忍耐力を鍛える

96 :あるケミストさん:2006/06/08(木) 07:39:30
>>89
酢酸クロリド CH3COCl

97 :あるケミストさん:2006/06/08(木) 07:41:26
>>90
高温で結晶を溶かして飽和させ,冷却して純粋な結晶を析出させる事

98 :あるケミストさん:2006/06/08(木) 09:49:31
>>93
有難うございます。

99 :あるケミストさん:2006/06/08(木) 10:04:40
96 97
ありがとうございます(*´ω`)ノ助かります

100 :あるケミストさん:2006/06/09(金) 10:57:53
重炭酸イオンの電離定数を教えてください(25℃のとき)

101 :あるケミストさん:2006/06/09(金) 11:34:36
[H^+][CO3^2-]/[HCO3^-]=K2=4.4*10^(-11)

102 :100:2006/06/09(金) 12:02:23
ありがとうございました!

103 :あるケミストさん:2006/06/09(金) 13:59:11
フッ化カルシウムと硝酸バリウムの組成式を教えてください。

104 :あるケミストさん:2006/06/09(金) 14:03:36
>>103
>>1嫁、読んだらシネ

105 :あるケミストさん:2006/06/09(金) 14:48:57
>>103
フッ化カルシウム:CaF2
硫酸バリウム:BaSO4

106 :1:2006/06/09(金) 14:50:07
>>104
>>78嫁、読んだらシネ

107 :あるケミストさん:2006/06/09(金) 15:05:23
いや、>>1はおれだし

108 :あるケミストさん:2006/06/09(金) 16:28:46
濃度0.10mol/lの酢酸溶液100mlに、0.050mol/lの水酸化カリウム水溶液を加える。
(1)加えるKOH水溶液の量を40mlから160mlに変化するときの電離度の変化は どうなるのか。
(2)加えたKOH水溶液の量が150mlのときのpHを求めよ。ただし、電離度が0.50のときのpHは4.72とし、
必要ならlog(10)2=0.30、log(10)3=0.48を用いよ。

109 :あるケミストさん:2006/06/09(金) 16:53:38
>>108
>>1の1-7

110 :あるケミストさん:2006/06/09(金) 17:42:20
>>107
スレ主ならこれからはトリップつけて呉

111 :あるケミストさん:2006/06/09(金) 17:50:06
>>110
今からトリ付けた奴が出てきても、そいつが本物の>>1かどうかは判別出来ないだろ。

112 :あるケミストさん:2006/06/11(日) 04:16:25
問題1
トルエンを2,4‐ジニトロベンゾニック酸、3,5‐ジニトロベンゾニック酸に
変換する方法を示せ。
問題2
芳香環としてはベンゼンだけを用い、それに必要な試薬を
使ってトリフェニルメタンの合成法を考えよ

お願いします!

113 :あるケミストさん:2006/06/11(日) 12:47:08
(1)メタクリル酸メチル(MMA)は会合性かそれとも非会合性であるか。
(2)ラジカル重合の素反応を書け。
お願いします。

114 :あるケミストさん:2006/06/11(日) 13:53:33
リグニンスルフォン酸塩?
ポリエチレングリコール?
カルボキシメチルセルロース?
ポリアルキレングリコール?

の化学式或いは英語名を教えて下さい。
お願い致します。

115 :あるケミストさん:2006/06/11(日) 14:20:04
次の反応の化学式を答えよ

両性酸化物であるアルミニウムが水酸化ナトリウムに溶ける。

よろしくおねがいしまつ

116 :あるケミストさん:2006/06/11(日) 14:25:30
このスレを見てると、この国の黄昏も近いことを伺わせるな。
ほんっとうにお前ら馬鹿だな。
ま、こんな馬鹿ばっかだから俺様は勉強もせず上位に君臨できるわけだが。

117 :あるケミストさん:2006/06/11(日) 14:28:23
>>115
2Al+2NaOH+6H2O → 2Na[Al(OH)4]+3H2↑

118 :あるケミストさん:2006/06/11(日) 23:14:07
次の文の( )に語句、〔 〕に示性式を記入しなさい。
 アニリンはベンゼン環に( 1 )基のついた化合物で、
 〔 2 〕を還元してつくられる。
 塩酸には〔 3 〕を生じて溶け、無水酢酸とは( 4 )結合を持つ〔 5 〕を作る。
 アニリンを塩酸に溶かし、氷で冷やしながら亜硝酸ナトリウム水溶液
 を加えると、〔 6 〕が生じる。この反応を( 7 )という。
 〔6〕の水溶液にフェノールの薄い水酸化ナトリウム水溶液を加えると、
 橙赤色の〔 8 〕が生じる。この反応を( 9 )という。
 〔8〕には( 10 )基があり、( 11 )と呼ばれる。
 (11)は一般に黄色ないし赤色で( 12 )として用いられるものが多い。
 中和滴定の指示薬として用いられるメチルオレンジも(12)の一種である。

4種類の有機化合物、アニリン、安息香酸、フェノールおよびベンゼンを
含むジエチルエーテル溶液Aがあります。(1)、(2)の(  )にあてはまる
最も適当なものをア〜キのうちからそれぞれ1つずつ選びなさい。
 (1) 溶液Aに水酸化ナトリウム水溶液を加えて振り混ぜると、
   (  )は水酸化ナトリウム水溶液中にわけとられる。
 (2) 溶液Aに塩酸を加えて振り混ぜると、(  )は塩酸中にわけとられる。
 (ア)アニリン (イ)安息香酸 (ウ)フェノール (エ)ベンゼン
 (オ)アニリンと安息香酸 (カ)アニリンとフェノール (キ)安息香酸とフェノール

宜しくお願いします。

119 :あるケミストさん:2006/06/11(日) 23:25:06
1・石灰石の分析値はCaCO392.8wt%、MgCO35.41wt%、不溶解物1.70wt%である。
次の問に答えよ。
(1)この石灰石5トンから何キログラムのCaO(生石灰)が得られるか?
(2)この石灰石1トン当たり何キログラムのCO2が回収されるか?
(3)1トンの生石灰を作るには、何キログラムの石灰石が必要か?
2・湿った紙パルプに水が71%含まれている。乾燥後、最初の水分の60%
が除去されたことがわかった。次の各問に答えよ。
(1)乾燥したパルプの組成。
(2)湿ったパルプ1キログラム当たり除去された水の質量。
3・弱くなった電池用硫酸(H2SO4)のタンクには12.42wt%の硫酸(残りは純粋)
が含まれている。電池を強めるため77.7wt%の硫酸200キログラムを加えると
最終液は18.63wt%H2SO4となった。何キログラムの電池用硫酸が得られたのか?

120 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 00:16:52
3. {(0.1242*x+0.777*200)/(x+200)}*100=18.63%、x+200=1902+200=2102kg

121 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 00:33:21
2.
(1) 乾燥後に水分は 0.71*(1-0.6)=0.284=28.4%含まれるから、紙パルプ=71.6%、水分=28.4%
(2) (71-28.4)*10=426g

122 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 00:42:07
1.
(1) 0.928*5000*(56/100)=2598kg
(2) 1000*44*{(0.928/100)+(0.0541/84.3)}=437kg
(3) 5000*1000/2598=1925kg

123 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 01:03:25
>>120、121、122
ありがとうございます。

124 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 01:13:48
あと2問お願いします。
(1)最初エタンに酸素を混合して80%C2H6、20%O2のガスを得て200%過剰空気
で燃焼する。エタンの80%はCO2となり、10%はCOとなり、10%は未燃焼の
まま残る。このとき、排気ガスの組成を湿り基準で計算せよ。
(2)全炭素79%、固定炭素(蒸留の際、コークスとなって残る炭素)64%、
揮発分(燃焼の際、炎となって燃える成分23%、灰分9%、水分4%の石炭がある。
この石炭を焚いた炉の灰受けから排出される焚き殻の組成は、水分62%、
灰分24%、固定炭素11%および揮発分3%である。原料灰100キログラムあたり
焚き殻中にコークスとならず損失となった石炭、未燃焼コークスとして損失となった炭素は
それぞれ何キログラムであるか?
(ヒント:不変量は灰分である。これを計算基準に考える。)

125 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 02:46:03
酸や塩基の濃度とPHにはどんな関係があるか?またその関係式を求めなさい
滴定曲線の中和点とフェノールフタレイン指示薬の中和点について考察しなさい
また指示薬にメチルオレンジ指示薬(変色点3、1〜4、4):PHを使用した場合中和点はどのようになるか?

126 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 07:47:31
>>125
pH=0.5(pKa−logC)
pH=14+0.5(logC−pKb)

フェノールフタレイン指示薬
変色域が弱塩基性だから弱酸の中和に使用

メチルオレンジ指示薬
変色域が弱酸性だから弱塩基の中和に使用

127 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 11:33:18
>>126
弱酸とはどこにも書いて無いが何故Ka,Kbがあるのか?濃度をC(M)として、酸の場合pH=pC、塩基の場合pH=14-pC

128 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 12:24:08
>>124
(1)の問題おかしくねーか?酸素が足りない稀ガス。

129 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 15:58:16
>>116
ニート乙

130 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 17:51:21
華麗に>>118スルーワロタ

131 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 19:51:00
とりあえず最初だけ、
「アニリンはベンゼン環に(生殖)基のついた化合物で、」

132 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 22:37:42
>>118
1.アミノ
2.C6H5-NO2
3.C6H5-NH3Cl
4.アミド
5.C6H5-NHCOCH3
6.C6H5-N2Cl
7.ジアゾ化
8.C6H5-N=N-C6H4-OH
9.ジアゾカップリング
10.アゾ基(ジアゾ基)
11.アゾ化合物(ジアゾ化合物)
12.染料

(1) キ (2) ア

133 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 23:29:49
  H H
| |
H-C=C-CH3 にH2SO4
を加えたときの付加反応をみる問題のようなのですが構造式と名前を教えてください。

お願いします。

134 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 23:30:25
ずれた・・・

プロペンにH2SO4です。。。お願いします。

135 :あるケミストさん:2006/06/12(月) 23:48:26
>>133
ポリプロピレン
 -(CH2-CHMe)n-

136 :133:2006/06/13(火) 12:32:55
>>135
ありがとうございました

137 :あるケミストさん:2006/06/13(火) 14:38:56
ベンズアルデヒドとエチルブロモアセテートを用いた
Reformatsky反応での生成物の名前を教えてください。
よろしくお願いします。

138 :あるケミストさん:2006/06/13(火) 17:18:33
お願いします!

NaNO3の水に対する溶解度は20℃で85、60℃で124である。
60℃の飽和水溶液224gを加熱して50g水を蒸発させた後、
20℃まで冷却すると何gの結晶が析出するか?

139 :あるケミストさん:2006/06/13(火) 17:43:51
1molの水を273Kで氷にするときのエントロピー変化を求めよ
ΔHfus273 = 6010 [J/mol]
です。よろしくお願いします。

140 :あるケミストさん:2006/06/13(火) 18:07:01
>>138
81.5g

141 :あるケミストさん:2006/06/13(火) 22:28:58
荷重ー時間データから公称応力と公称ひずみを求める際に、ひずみを公称塑性ひずみでもとめなければならないのはなぜか?

おねがいします

142 :あるケミストさん:2006/06/13(火) 22:45:07
次の化合物に関連する事柄をア〜カから選びなさい。

フェノール
ニトロベンゼン
アニリン
ベンゼンスルホン酸
安息香酸
トルエン

ア:ニトロ化すると、強力な火薬に用いられる物質を生成する。
イ:ベンゼンに濃硝酸を作用させると生成する。
ウ:塩化鉄(V)水溶液で青紫色に呈色する。
エ:さらし粉水溶液で赤紫色に呈色する。
オ:ベンゼンに濃硝酸を作用させると生成し、強酸である。
カ:トルエンなどの酸化により生成する。

宜しくお願いします。

143 :あるケミストさん:2006/06/13(火) 22:59:38
>>142
フェノール:ウ
ニトロベンゼン:該当なし
アニリン:エ
ベンゼンスルホン酸:該当なし
安息香酸:カ
トルエン:ア

144 :あるケミストさん:2006/06/14(水) 01:12:00
>>142
フェノール :ア・ウ
ニトロベンゼン :ア・イ
アニリン :ア・エ
ベンゼンスルホン酸 :ア・オ
安息香酸 :ア・カ
トルエン :ア

145 :あるケミストさん:2006/06/14(水) 07:51:34
>>142
フェノール:該当なし
ニトロベンゼン:該当なし
アニリン:エ
ベンゼンスルホン酸:該当なし
安息香酸:カ
トルエン:ア

146 :あるケミストさん:2006/06/15(木) 22:18:12
化学組成が硫化亜鉛である閃亜鉛鉱の結晶構造について
硫黄原子は一辺の長さaの立方体の単位格子の各頂点と各面の中心を占める。
一方、亜鉛原子は各辺を2等分してできる8つの小立方体(a^3/8)の中心を1つおきに占めている。
この結晶格子において、ZnとSの両方の原子を炭素原子に置き換えるとダイヤモンドの結晶格子となる。
(1)閃亜鉛鉱の単位格子に含まれるZnの原子数n1およびSの原子数n2を求めよ。
(2)この結晶の密度dを表す式を書け。ただしZnおよびSの1molの質量をそれぞれM1およびM2、アボガドロ定数をNAとする。
(3)あるZn原子に接し、それをとり囲むS原子はどんな多面体を形成しているか
(4)このZn原子とS原子との距離r(Zn-S)をaで表せ
(5)ダイヤモンドの単位格子はa^=3,56*10^(-8)cmである。炭素原子間の共有結合距離r(C-C)を求めよ。
√3=1,73

お願いしますm(__)m

147 :あるケミストさん:2006/06/15(木) 22:30:58
Br-の電子の原子軌道配置を示していただけないでしょうか?

148 :あるケミストさん:2006/06/15(木) 22:32:05
multi

149 :あるケミストさん:2006/06/15(木) 22:34:27
向こうでおしえてもらえなかったのでお願いします・・・

150 :あるケミストさん:2006/06/15(木) 22:36:27
multi

151 :あるケミストさん:2006/06/15(木) 22:37:53
基底状態とはどういうことでしょうか?
基底状態でMnは何個の不対原子を持っているかという問題なんですが・・・

152 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 00:51:10
回折の問題

1.NaClとKClは結晶構造が同じなのにX線回折図形に現れる回折線が異なっているのは何故か
2.ゴニオメーターのゼロ点設定以外に回折角の誤差要因としてどのようなものが考えられるか
3.ディフラクトメーターを用いた粉末回折法以外のX線回折法はどのようなものがあるか

よろしくお願いします

153 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 01:56:16
臭化アルキルの一種C5H11Brは水とすみやかに反応してアルコールC5H12Oを生じるが、
この臭化アルキルをナトリウメキシドと処理してエーテルに変えようとしても、
アルケンC5H10が生成物として得られるだけである。
このアルケンをオゾン分解すると、
2種のカルボニル化合物(一種のケトンC3H6Oと一種のアルデヒドC2H4O)を生じる。
この臭化アルキルの構造式を書け。
って問題です。お願いします

154 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 11:57:44
(1) n1=8/2=4、n2=6*(1/2)+8*(1/8)=4
(2) 長さaの単位をcmとすると、d=4*(M1+M2)/(NA*a^3) (g/cm^3)
(3) 正四面体
(4) (3)からr(Zn-S)=(√2/2)*a*(√6/3)*(3/4)=(√3/4)*a
(5) (4)からr(C-C)=(√3/4)*a=(1.73/4)*3.56*10^(-8)=1.54*10^(-8) cm

155 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 17:04:58
砂糖と塩(両方とも個体(粉)の状態)が混ざってしまったものが一山ある。
これを砂糖と塩それぞれに分離するにはどのような方法があるか。
ただし蟻に運ばせてそれを横取りする以外の方法で。

お願いします

156 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 17:22:25
>>155
顕微鏡で見て一個ずつ分ける。

157 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 17:52:47
>>155
再結晶

158 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 19:07:13
1次元 1H-NMRを用いてソラニンの全てのHがどのシグナルに対応するのか帰属する宿題があるのですが
これってよくわからない所は完全に帰属しなくてもいいんですよね?
与えられたNMRは1次元1Hのもののみです。

159 :158:2006/06/16(金) 19:16:06
おっと、>>1を読まずに書き込んでしまいました。
ルール違反の様なので無視してください。
スレ汚し失礼致しました。

160 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 20:40:34
基本的に化学とはなんぞや?

161 :あるケミストさん:2006/06/16(金) 20:46:29
>>151
不対電子の間違いじゃないか?

162 :151:2006/06/16(金) 20:49:09
不対電子の間違えでした
誰かお願いします

163 :あるケミストさん:2006/06/17(土) 00:19:08
>>162
>>1を死ぬほど嫁や

164 :160:2006/06/17(土) 14:30:05
誰か>>160の質問に答えて下さいです。。。

165 :あるケミストさん:2006/06/17(土) 15:25:05
陰イオン交換膜で仕切られた左右の槽にそれぞれa,b(mol/l)(a<b)の硫酸銅水溶液がc(l)ずつ入っている
この中に銅板(A,B電極)を入れ、導線でつないだ
このとき、導線に電流は流れたが、両槽の硫酸銅水溶液の濃度が等しくなると電流は流れなくなった。
なお、反応前後で溶液の体積は変化せず、陰イオン交換膜は硫酸イオンのみを透過するものとする

(1)A,Bいずれの電極上に銅が析出するか
(2)電流が流れなくなったときの硫酸銅水溶液濃度を与えられた記号を用いて表せ
(3)電流が流れなくまでに導線を流れる総電子量は何molか。与えられた記号を用いて表せ
(4)電流が流れなくなった後、回路に電池を接続し、iアンペアの電流でh秒電解した。
このとき、Aの電極の質量がmグラム変化した。
銅M、1電子の電荷をeクーロンたしてアボガドロ定数NA(/mol)を与えられた記号を用いて表せ
なお、A電極を(+)、B電極を(−)とする

よろしくお願い致しますm(__)m

166 :あるケミストさん:2006/06/17(土) 15:50:23
(1) B極
(2) (a+b)/2 M
(3) c(b-a) mol
(4) 2*m/M=i*h/(e*NA) mol、NA=Mih/(2me)

167 :あるケミストさん:2006/06/17(土) 18:42:51
だれかー >153お願いしますー

168 :あるケミストさん:2006/06/17(土) 20:18:23
フェーリング液は使用する直前に
A液とB液を混合しなければならないが
これはなぜか。

169 :あるケミストさん:2006/06/17(土) 21:16:43
166
ありがとうございましたm(__)m

170 :あるケミストさん:2006/06/17(土) 21:20:13
>>152だが2,3は出来たから1頼む

つーか、板はここで合ってるのか?

171 :あるケミストさん:2006/06/17(土) 21:50:09
>>168
混合しないと使えないから

172 :160:2006/06/18(日) 06:23:40
お前ら本当ツカエネ。>>160の質問に答えてよ。

173 :あるケミストさん:2006/06/18(日) 20:06:17
化学とはサイエンスの一分野

174 :160:2006/06/19(月) 16:30:13
>>173
サンクス

175 :あるケミストさん:2006/06/19(月) 16:58:20
実験で過酸化水素の分解に酸化マンガン(W)ではなく塩化鉄(V)を用いることに利点はありますか??

176 :あるケミストさん:2006/06/19(月) 17:06:03
>>175
ない。

177 :あるケミストさん:2006/06/19(月) 17:08:35
酸化マンガン(W)だと反応が爆発的に進むから?

178 :あるケミストさん:2006/06/19(月) 19:01:59
>>175
塩化鉄(III)の方が安価

179 :あるケミストさん:2006/06/19(月) 19:19:44
>>175>>177
>>1の2. 機種依存文字禁止

酸化マンガン((協))とか塩化鉄((企))では何が言いたいのかわからない。

180 :あるケミストさん:2006/06/19(月) 19:28:22
スマソ
塩化鉄(3)と酸化マンガン(4)です

181 :あるケミストさん:2006/06/19(月) 19:32:57
(協)は始めてみたな。

182 :あるケミストさん:2006/06/19(月) 20:12:05
ローマ数字使う時は,半角英字でI,II,III,IV,V,VI,VII,IIX,IX,Xとすればよい

183 :あるケミストさん:2006/06/19(月) 20:20:55
>>182
頭いいな

184 :あるケミストさん:2006/06/19(月) 20:26:48
それをしっかり守るようなやつは、そもそもこの擦れには書き込まんだろ。

185 :あるケミストさん:2006/06/20(火) 00:12:03
ヨーロッパアルプスのマッターホルンは海抜4477mであり、そけでの大気圧は5.57*10の4乗Pa(0.57気圧)である。ここで水を加熱するとき何度で沸騰するだろうか?
式:

186 :あるケミストさん:2006/06/20(火) 00:33:52
水の飽和蒸気圧曲線まだー?

187 :160:2006/06/20(火) 16:50:27
化学を学ぶ事による利点を述べよ。

なるべく早くお願いします。

188 :あるケミストさん:2006/06/20(火) 23:12:50
>>187
子供は女の子ができやすい。

189 :160:2006/06/21(水) 02:12:16
>>188
サンクス

190 :あるケミストさん:2006/06/21(水) 10:12:25
>>188
それは化学を「学ぶ」ことではなく、
「実際に実験して溶媒吸ったり試薬を吸ったりした」ことによる恩恵。

191 :あるケミストさん:2006/06/21(水) 22:55:46
身近にある化学平衡の例を調べています。
よろしくお願いします。

192 :あるケミストさん:2006/06/21(水) 23:13:21
>>191
H2O⇔H++OH-

193 :あるケミストさん:2006/06/21(水) 23:28:16
アセチレンの燃焼を化学反応式で答えよ

(1)アセチレン2体積に対し酸素5体積の場合

(2)アセチレン2体積に対し酸素1体積の場合

また、空気中に含まれる酸素の割合を30パーセントとすると、アセチレンと空気が何対何のとき完全燃焼をするか

194 :あるケミストさん:2006/06/22(木) 00:03:49
>>193
(1)2C2H2+5O2→4CO2+2H2O
(2)2C2H2+5O2→4CO2+2H2O
mol比で3:25

195 :160:2006/06/22(木) 01:10:12
化学の父とは誰か。

お願いします。

196 :あるケミストさん:2006/06/22(木) 01:12:16
>>195
物理。

197 :あるケミストさん:2006/06/22(木) 03:26:40
次の問題をお願いします。
(1)二酸化硫黄と水酸化ナトリウムとの反応を化学反応式で表せ。

(2)二酸化硫黄とKMnO4(硫酸酸性)溶液、およびBr2水との酸化還元反応を化学反応式で表せ。

(3)アンモニアと塩酸、および硫酸との反応をそれぞれ化学反応式で表せ。

(4)N2O3、およびN2O5と水との反応を化学反応式で表せ。

(5)リン酸H3PO4は、3価の弱酸であり、水に溶けやすい。電離式を答えよ。

198 :あるケミストさん:2006/06/22(木) 08:25:19
>>197
(1)SO2+2NaOH→Na2SO3+H2O
(2)2KMnO4+5SO2+2H2O→2H2SO4+2MnSO4+K2SO4
SO2+Br2+2H2O→H2SO4+2HBr
(3)NH3+HCl→NH4Cl
2NH3+H2SO4→(NH4)2SO4
(4)N2O3+H2O→2HNO2
N2O5+H2O→2HNO3
(5)H3PO4⇔H++H2PO4-
H2PO4-⇔H++HPO4^2-
HPO4^2-⇔H++PO4^3-

199 :あるケミストさん:2006/06/22(木) 16:13:11
>>193
(1)2C2H2+5O2→4CO2+2H2O
(2)2C2H2+O2→4C+2H2O
体積比で3:25

200 :あるケミストさん:2006/06/22(木) 22:55:06
25℃においてc(M)のCO2水溶液のpHはaであった。またc(M)のNa2CO3のpHはbであった。
この温度における炭酸の平衡定数K1とK2をa,b,cで表せ。ただし 1>c>>K1>>K2、[H^+][OH^-]=Kw=10^(-14) とする。

201 :160:2006/06/23(金) 01:26:06
>>196
有難うございます。

202 :あるケミストさん:2006/06/23(金) 04:36:49
市販のさらし粉5.050gを日本薬局方に従って処理し、その十分の一量を採取し、
ヨウ化カリウムおよび希塩酸で処理してヨウ素を遊離させた。
このヨウ素を0.1mol/Lチオ硫酸ナトリウム(f=1.020)で滴定したところ、43.05mL、空試験に同液0.05mLを要した。
本品中の有効塩素含量を求めよ。

203 :あるケミストさん:2006/06/23(金) 19:09:02
x(x-6)=112
xを求めよ

204 :あるケミストさん:2006/06/23(金) 20:08:04
x=-8, 14

205 :160:2006/06/24(土) 01:51:46
[^+^][^-^]=xy
x=(^ω^)
この時のyを求めよ。

お願いします。

206 :あるケミストさん:2006/06/24(土) 04:54:22
xy=[^+^][^-^]
y=([^+^][^-^])/x
 x=(^ω^)だから
y=([^+^][^-^])/(^ω^)

207 :あるケミストさん:2006/06/24(土) 08:23:49
>>206
>>1のルール2-2

208 :あるケミストさん:2006/06/24(土) 19:20:13
プロトンNMRのケミカルシフトの読み方を箇条書きでいいので教えてください。

209 :あるケミストさん:2006/06/24(土) 19:32:02
>>208
>>1に箇条書きでかいてある。

210 :あるケミストさん:2006/06/24(土) 19:45:08
プロトンNMRのケミカルシフトの読み方を箇条書きでいいので教えてください。
お願いします。

こうですか!?わかりません!

211 :あるケミストさん:2006/06/24(土) 20:13:23
1.ジベンザルアセトンを合成する式(2C6H5CHO+CH3COCH3→)で
 アセトンとベンズアルデヒドを等モル用いた場合の生成物はなにか
2.α水素を持つアルデヒドのみからなる一般的なアルドール反応の機構を詳細に説明せよ
3.アルドール反応後に容易に水脱水が起こる理由はなにか

よろしくおねがいします

212 :160:2006/06/25(日) 02:14:23
>>206
サンキュー

213 :あるケミストさん:2006/06/25(日) 13:26:39

7.21
The specific enthalpy of liquid n-hexane at 1 atm varies linearly with temperature
and equals 25.8 kJ/kg at 30℃ and 129.8 kJ/kg at 50℃.
(a)Determine the equation that relates H^(kJ/kg) to T(℃) and calculate the reference temperature
on which the given enthalpies are based. Then derive an equation for (T) (kJ/kg) at 1atm.
(b)Calculate the average heat transfer rate required to cool 20kg of liquid n-hexane
from 80℃ to 20℃ in 5min.
7.31
Liquid water at 30℃ and liquid water at 90℃
are combined in a ratio (1kg cold water/2kg hot water)
(a)Use a simple calculation to estimate the final water
temperature. For this part, pretend you never heard of
energy balances.
(b)Now assume a basis of calculation and write a closed
system energy balance for the process, neglecting potential and
kinetic energy changes and expression work and assuming that the
mixing is adiabatic. Use the balance to calculate the specific
internal energy and hence (from the steam tables) the final
temperature of the mixture. What is the percentage difference
between your answer and that of part (a)?

誰かこの問題に答えてください。
お願いします。

214 :あるケミストさん:2006/06/25(日) 19:44:35
「両性金属イオンの反応」の実験です。
c〜hの試験管中で溶液を1滴ずつ加えて沈殿を生成させ、更に溶液を加えることで沈殿が溶解するかどうかを観察する。

c 0.1mol/g硝酸亜鉛水溶液に、3mol/gアンモニア水を1滴ずつ加える。沈殿が出来ても更に1滴ずつ加える。
d 0.1mol/g硝酸亜鉛水溶液に、3mol/g水酸化ナトリウム水溶液を1滴ずつ加える。沈殿が出来ても更に1滴ずつ加える。
e 0.1mol/gミョウバン水溶液に、3mol/gアンモニア水を1滴ずつ加える。沈殿が出来ても更に1滴ずつ加える。
f 0.1mol/gミョウバン水溶液に、3mol/g水酸化ナトリウム水溶液を1滴ずつ加える。沈殿が出来ても更に1滴ずつ加える。
g 0.1mol/g硝酸マグネシウム水溶液に、3mol/gアンモニア水を1滴ずつ加える。沈殿が出来ても更に1滴ずつ加える。
h 0.1mol/g硝酸マグネシウム水溶液に、3mol/g水酸化ナトリウム水溶液を1滴ずつ加える。沈殿が出来ても更に1滴ずつ加える。

問題
1.試験管c〜hの変化についてのイオン反応式をそれぞれ示せ。
2.この実験の結果から、沈殿した水酸化物のうち、水酸化ナトリウムに対して酸としてはたらいているのを全て選べ。

よろしくお願いしますm(_ _)m


215 :あるケミストさん:2006/06/25(日) 20:31:35
勘で、
1)
c:Zn^2+ + 2OH^- → Zn(OH)2↓、Zn(OH)2 + 4NH3 → [Zn(NH3)4]^2+ + 2OH^-
d:Zn^2+ + 2OH^- → Zn(OH)2↓、Zn(OH)2 + 2OH^- → [Zn(OH)4]^2-
e:Al^3+ + 3OH^- → Al(OH)3↓
f:Al^3+ + 3OH^- → Al(OH)3↓、Al(OH)3 + OH^- → [Al(OH)4]^-
g:Mg^2+ + 2OH^- → Mg(OH)2↓
h:Mg^2+ + 2OH^- → Mg(OH)2↓
2) Zn(OH)2、Al(OH)3

216 :あるケミストさん:2006/06/25(日) 21:39:37
返答ありがとうございました。
もう1題だけ…
Zn2+、Al3+、Pb2+、Mg2+ の混合溶液から各イオンを分離した。
作業@:HClを加える→沈殿Aと、ろ液Aに分かれた。
作業A:ろ液Aに過剰NH3を加える→沈殿Bと、ろ液Bに分かれた。
作業B:沈殿Bに過剰NaOHを加える→沈殿Cとろ液Cに分かれた。
問題:沈殿A〜Cの化学式をそれぞれ答えよ。また、ろ液A〜Cに含まれる金属イオンのイオン式をそれぞれ答えよ。

お願いしますm(_ _)m

217 :あるケミストさん :2006/06/25(日) 22:11:14
ニトロベンゼンからアニリンを作るとき
塩酸の代わりに硫酸は使えるか?
理由も書きなさい

お願いします


218 :あるケミストさん:2006/06/25(日) 23:09:14
>>217
スルホ化されるのでだめ

219 :あるケミストさん:2006/06/25(日) 23:15:04
>>216

沈殿A:PbCl2
沈殿B:Al(OH)3,Mg(OH)2
沈殿C:Mg(OH)2

ろ液A:Zn2+,Al3+,Mg2+
ろ液B:[Zn(NH3)4]2+
ろ液C:[Al(OH)4]-

220 :あるケミストさん:2006/06/25(日) 23:26:46
>>211
たのむ

221 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 00:33:04
>>220
催促はマナー違反だ。
1. ベンジリデンアセトン
2. アルデヒド→エノラート→アルドール
3. エノラート構造を取れるから。

222 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 00:35:18
>>221
そりゃすまなんだ。提出近かったもんで

ありがとう

223 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 03:03:51
イソ酪酸にエタノール、トシル酸を加えて加熱してイソ酪酸エチルを作る実験の課題で
収量は4.13gでした

(1)
この実験のエステル化反応における平衡定数Kは
K=[RCOOEt][H2O]/[RCOOH][EtOH] で定義される
得られたエステルの収量を用いて平衡定数を求めよ
(以下に酢酸エチル生成反応の平衡定数を示す)

初期酢酸の量(mol) 初期エタノールの量(mol) 平衡時のエステルの量(mol) 平衡定数K
1.00             0.18             0.171                3.92
1.00             0.50             0.414                3.40
1.00             1.00             0.667                4.00
1.00             2.00             0.858                4.52
1.00             8.00             0.996                3.75

(2)
エステル化反応の機構をもとに生成物の収率を向上させる方法を考察せよ

(3)
合成されたエステルの構造を確認する手段として、
ガスクロマトグラフィーの他にどのような方法が考えられるか考察せよ


よろしくお願いします

224 :160:2006/06/26(月) 06:49:14
ちんこを組成する物質の中で最も愛のあるものを答えよ。またその理由も書け。

明日までなんで早くお願いします。

225 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 13:11:22
そんな宿題ほんとに出たらいいな。

226 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 13:44:59
>>224
甲状腺ホルモンT4。
一分子中に4つのI(ヨウ素)を持つから。

227 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 15:00:41
アントラセンでdiels-alder反応を行った場合、中央の環のみで反応する様なのですが、これの理由がわかりません。
どなたか、解説お願いします。

228 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 16:02:31
>>227
>>1を熟読しろ。
己の不甲斐なさが理解出来たらシネ

229 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 18:05:15
horner-wadsworth-emmonsの反応に詳しい誰か

なんでこれE選択性が強いのかどうか教えてください

230 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 18:15:12
>>229
>>228

231 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 18:33:47
塩酸にクロムを溶かすと空気酸化して3価になるのに、硫酸に溶かしたときは2価のままだそうなんですが、どうしてでしょうか…。

232 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 18:34:40
>>231
>>230

233 :あるケミストさん:2006/06/26(月) 23:01:56
誰か185お願い致します。

234 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 00:17:21
おい、次立てるときは「催促禁止」も入れとけ。
質問系スレの基本マナーも分からん奴が多い。

235 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 00:23:46
「光電比色計と分光光電比色計の原理と特徴を書きなさい」
お願いします!

236 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 00:24:16
べつに少しぐらいなら催促したっていいじゃん。
催促されたところで気が乗らなきゃ答えないし、だいぶ昔のレスでもまだ解いてほしいんだなーとわかるし。
しょっちゅう催促されたら鬱陶しいけど。

237 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 00:26:24
というわけなので誰か185お願い致します。

238 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 00:40:07
乳酸+NAD+⇔ピルビン酸+NADH
この反応中にヒドラジンを入れた場合ピルビン酸と反応するらしいんですが
誰かわかるかた答えをお願いします。

239 :160:2006/06/27(火) 00:50:01
>>226
助かります。

240 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 00:54:19
>>238
君は>>1は読んだのかね?
質問を書くぐらいだから文盲ではなさそうだが。

241 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 01:12:33
うざっ

242 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 01:15:42
6Liの存在比は7.42%、7Liの存在比は92.58%である。Liの存在比を計算せよ。って問題お願いします!

243 :238:2006/06/27(火) 01:29:01
口頭での部分が含まれるのでこれ以上書きにくいんですが、
問題は この反応中でピルビン酸を除くためどのような工夫がなされているか?
なんですね。ここでヒドラジンが関係しているとヒントはもらいました。
文盲チックですいません。



ぐだぐだ言わずに早く答えろよクソが。

244 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 01:32:21
次の元素の基底状態の電子は位置を記せ。
(a)Al (b)Cr

次の共有結合化学物の転電子構造式を書け
(a)SO2    (b)H2SO3

分子中の結合が極性を持つか、無極性か決定せよ。また、分子自身が極性を持つか、無極性かも決定せよ。
(a)BF3(平面三角形)  (b)CO2(直線形)

以上の問題をお願いします。まったくわからない。

245 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 01:41:17
1,2の反応がおこるかどうを予測しなさい。

(1) Cu + H2SO4→ CuSO4 + H2
(2) H2 + CuCl2 → 2HCl + Cu

1,2の反応において、どの物質が酸化剤で、どの物質が還元剤かを述べなさい

(1) Cu + 2AgNO3→ 2Ag + Cu(NO3)2
(2) Zn + S → ZnS
お願いします!!!

246 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 08:04:06
>>245
(1)起こらない
(2)起こらない

(1)酸化剤:Ag+
還元剤:Cu
(2)酸化剤:S
還元剤:Zn

247 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 10:09:52
>>244
漢字間違ってない?

248 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 10:55:19
の鉄ミョウバンとスルホサリチル酸を化合したときにできる
錯体の化学式を答えよ。

だそうです。お願いします。

249 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 12:47:29
の鉄ミョウバンは存在しないので回答不可能

250 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 16:37:44
できたら計算過程もよろしくお願いします。
0.1mol/lの水酸化ナトリウム水溶液20mlに、ある量の二酸化炭素を吸収させた後、これを0.10mol/lの塩酸で手規定した。
第一当量点までの滴下量は7.5ml、初めから第二当量点までの滴下量は20mlであった。
このとき、水酸化ナトリウム水溶液に吸収させた二酸化炭素の質量は何gか。

251 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 16:44:59
酸として主に硝酸を含むpH4.0の酸性雨(2.0*10^3)m^3が、ある沼に降り注いだとする。
この酸性雨から沼に入り込んだ硝酸を全て中和するためには、Ca(OH)2を何kg散布する必要があるか。
※Ca(OH)2=74.0

どなたかお願いします。

252 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 17:13:40
>>251
硝酸の電離度を1とするとpH4から、[HNO3]=10^(-4)M だから HNO3=10^(-4)*2.0*10^3*10^3=200mol
よって (200/2)*74.0/1000=7.4kg

253 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 17:24:49
√1〜√300までを整数もしくはa√bに直せ
って楽にやる方法ないですか?


254 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 17:38:45
地道に素因数分解するしかない。

255 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 17:44:17
第二当量点が中和の終点とすると0g

256 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 18:25:26
>>252
ありがとうございました!

257 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 18:39:47
以下の化合物名を答えよ。
教えてエラい人!!

(A)C6H5-O-CH2CH2OH
(B)C6H5-O-CH2CH2-O-CH2CH2OH


258 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 18:44:21
ヒントが少なすぎて分かりません。よろしくお願いします。

芳香族炭化水素Aの側鎖を酸化すると,芳香族化合物Bとなる(ただし,Bの分子量は300を超えない)
Bを熱水に溶かして冷却すると結晶が得られ,この結晶は酸無水物Cをつくる.
Bをメタノールに溶かし,少量の硫酸を加えると,B,メタノール,硫酸以外に,化合物D,E,F,G,Hを含む混合物が得られた.
EとF,GとHはそれぞれ互いに異性体である。
B,C,D,E,F,G,Hを求めよ。


259 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 19:16:41
>>257
a) エチレングリコールモノフェニルエーテル
b) エチレングリコールモノ-2-フェノキシエチルエーテル


260 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 21:14:59
>>250
CO2がx(mol)吸収されたとすると、NaOHはすべてが反応しているから、中和により生成したCO3^2-=0.002/2=0.001(mol)、
未反応のCO2=x-0.001(mol)、2つの等量点からCO3^2->CO2で、CO3^2- + CO2 + H2O → 2HCO3^- の反応より、
CO3^2-=0.002-x(mol)、第一当量点について 0.002-x=0.10*(7.5/1000)
x=0.00125(mol)、よって CO2=0.00125*44=0.055g

261 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 21:23:02
A(気)⇔2B(気)
この反応の圧平衡定数をK(p)=4.0*10^5[Pa]であるとする。
このとき全圧P[Pa]を(1.0*10^5)Pa,あるいは(8.0*10^5)Paとして平衡に達したとき,平衡時の気体Aの物質量はそれぞれどうなるか。
また、平衡時の全圧をP[Pa]としたときの平衡時におけるAとBの物質量比をPを用いた式で表せ。

262 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 21:30:14
>>260
ワガママいって詳しい説明までつけて頂いてありがとうございました。

263 :262:2006/06/27(火) 21:44:34
同じような問題ですが、よろしくお願いします。
0.1mol/lの炭酸ナトリウム水溶液10mlに少量の水酸化ナトリウムを加えた後、これを0.1mol/lの塩酸で滴定した。
第一当量点までの滴下量は12.5ml、初めから第二当量点までの滴下量は22.5mlであった。
加えたNaOHの物質量は何molか。

264 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 21:54:38
>>263
CO3^2-=0.1*(10/1000)=0.001mol、NaOHをx(mol)加えたとすると、第一当量点までの反応から
0.001+x=0.1*(12.5/1000)、x=0.00025mol、

265 :262:2006/06/27(火) 22:00:45
>>264
素早い解答、ありがとうございます!

266 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 22:37:31
情報処理の課題です。
javascriptをhmtlにうめこむみたいです。
1. 3を4で割った答えと余りを整数で答えなさい.

2. 3a=(3/2)b+c の等式を bについての等式に変形しなさい.

3. 数字だけを組み合わせて作る4桁の暗証番号は全部で何通りできますか?
4.キーボードから正の数を次々と入力し,0が来たら,それまで入力した数の最大値,最小値,
平均値を出力するプログラムを書きなさい.
教えてください。。



267 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 22:40:12
Mg2+とFe2+のように性質の似た陽イオンは互いの場所や割合を自由に交換できる。
なぜこのような事が可能か。

268 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 23:11:35
会社の宿題なんですが、全くわかりません。
どなたか、解答お願いします。

『同じ組成のガラスと結晶では結晶の方がより安定な状態にあるにも拘わらず、融液を冷却する事でガラスが得られるのは何故か。』

269 :197:2006/06/27(火) 23:12:04
>>198
ありがとうございました。

270 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 23:26:36
>>268
ガラスから結晶に変わるためのエネルギー障壁が大きいから。

271 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 23:29:13
>>266
1.答え0 余り3
2.b=3/(6a-2b)
3.10000通り
4.板違い

272 :あるケミストさん:2006/06/27(火) 23:31:18
>>268
エントロピーが増すから

273 :268:2006/06/27(火) 23:32:37
>>270さん
ありがとうございます。

問2、、、
リン酸塩ガラスはケイ酸塩ガラスに比べて軟化点が低く、耐水性も劣る。その主な理由を簡潔に記せ。

です。
お願いします。


274 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 00:17:01
どなたか>>258分かりませんか?

275 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 00:22:47
>>274
催促ウザイ

276 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 00:43:22
>>274
条件不足。不確定。

277 :160:2006/06/28(水) 02:26:15
化学を英語で何と言うか。またその理由も答えよ。

さっさと答えんかいカス。

278 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 03:03:03
いいから>>224こたえなさいよ雑魚

279 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 03:09:57
>>278
期限過ぎてるから答える必要なし。
わかったらさっさと死ねよ

280 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 07:40:11
ゆとり教育もついにここまできたか

281 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 08:46:27
>>224, >>278
貴様は千葉で特産品でも掘ってろカス

282 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 15:40:25
千葉県民ですが何か?

283 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 21:56:26
「π電子が自由に動く範囲が広がると、なぜ吸収する波長が長くなるのか?」
お願いします。

284 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 22:08:04
「糖質の定性反応であるseliwanoff試験において、ケトースとアルドースの
反応速度に差が生じるのはなぜか?」
よろしくお願いします。

285 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 22:12:51
塩素分子を水に溶解すると、酸性を示すと同時に
多くの物質を酸化する。
塩素と水の科学反応式を完成させ、
生成物の化合物名を記すとともに
塩素を水に溶解した物質がなぜ上のような
性質をもつかについて100字程度で説明せよ。

よろしくお願いします。

286 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 22:21:44
>>285
Cl2+H20→HClO+HCl
塩素を水に溶解すると、次亜塩素酸と塩化水素が生成する。
次亜塩素酸は強力な酸化剤であり、塩化水素は水溶液中で塩酸として
強い酸性を示すため、塩素を水に溶解した物質はそのような性質を持つ。


287 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 22:24:55
ClO-+2H++2e-→Cl-+H2O

288 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 22:25:01
最近薬学部の奴と思われる質問がめちゃめちゃ多くね?
衛生の塩素反応やら有機やら
全部同じ奴なら質問し過ぎ。

289 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 22:38:34
炭酸カルシウムと希塩素酸を混合すると、二酸化炭素を発生しながら溶解してゆく。
しかしながら、炭酸カルシウムと硫酸を混合すると、最初の間は二酸化炭素を発生するが
すぐに停止する。
炭酸カルシウムと塩酸および硫酸との反応を式で示し、
酸による炭酸カルシウムの溶解の差について100字程度で説明せよ。

よろしくお願いします。

290 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 22:45:44
気体状態の塩化水素分子は共有結合で結ばれた分子である。
塩化水素は常温で気体で、水によく溶ける性質をもっている。
水溶液内では、塩化水素分子として存在せず、すべてが水素イオンと
塩化物イオンの状態で存在する。
水に溶解するとなぜ塩化水素はすべてイオンに解離するのかを考え
100-200字程度で説明せよ。(ヒント:水素結合を考えること)

291 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 23:14:38
age

292 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 23:17:11
>>289
CaCO3+2HCl→CaCl2+H2O+CO2
CaCO3+H2SO4→CaSO4+H2O+CO2

炭酸カルシウムに塩酸を加えると二酸化炭素を発生しながら塩化カルシウムを生成する
この塩化カルシウムは水にとけやすいから熔けて行き結局全部熔けてしまう

炭酸カルシウムに硫酸を加えると二酸化炭素を発生しながら硫酸カルシウムを生成する
この硫酸カルシウムは水にとけにくいから熔けず反応は途中で止まってしまう

293 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 23:20:25
>>290
水に溶解すると発生したH+がH2Oに配位してH3O+になり,Cl-はキガスの電子配置になり安定になるため

294 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 23:25:12
>>289
炭酸カルシウムの表面を不溶性の硫酸カルシウムが覆ってしまい反応が止まる。

295 :あるケミストさん:2006/06/28(水) 23:43:44
age

296 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 00:42:52
エポキシ樹脂に関して、アミンにより常温硬化できるのは何故ですか?

297 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 00:47:37
水素類似原子の波動関数の1S軌道と2Pz軌道関数が
直交している事を計算で定量的に、また波動関数の
図をもとに対象性から定性的に示せ。

298 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 01:02:16
>>296
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1151233279/90
で同じ質問してる人がいるから参考になると思うよ。

299 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 01:17:10
>>290
別の答えってありませんか?

300 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 01:18:06
>>299
贅沢言うな

301 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 01:54:44
>>290
水素原子と塩素原子間における電気陰性度の差が大きく、
気体状態においても共有電子対は塩素原子寄りで存在する為、
分極している。水溶液中では水和により分極が安定化され、
最終的に塩素原子は塩化物イオンとなりプロトンが放出されるという電荷分離が引き起こされる。
それぞれのイオンは水分子の水素と酸素原子により囲まれ、
のんきな生活を続ける。

302 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 03:40:51
>>301
ありがとうございました!!

303 :160:2006/06/29(木) 04:11:41
お前ら糞の役にも立たんなwwwwww
早く>>277の質問に答えろろよwwwwwwwww

304 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 06:59:55
次の確認試験を反応式で書きなさい。

1、イソプロパノールにヨウ素試液と水酸化ナトリウム試液を加える。
2、 a)アミノ安息香酸エチルを希塩酸に溶かし、亜硝酸ナトリウム試液を加える。
   b) 上記溶液にアミド硫酸アンモニウム(スルファミン酸アンモニウム:NH2SO3NH4)試液を加え、
      過剰の試液を分解する。
   c) 上記溶液に、シュウ酸N-(1-ナフチル)-N`-ジエチルエチレンジアミン(津田試薬)試液を加えると、
      赤紫色を呈する。
3、エタクリン酸に水酸化ナトリウム試液を加え加熱し、冷後、クロモトロープ酸試液に加えて加熱するとき、
    濃紫色を呈する。

よろしくお願いします。

305 :296:2006/06/29(木) 08:13:52
>>298
誘導ありがとうございました

306 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 12:38:14
>>303
なるほど,ゆとり教育に侵されると日本語もおかしくなるわけか

307 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 13:03:23
>>277
kaga-ku

308 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 15:32:41
ナトリウムイオン(原子量23)1個の質量は何kgか?またアボガドロ数は
6.0×10^23とする。
お願いします。

309 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 15:36:45
>>308
3.8x10^-26

310 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 17:37:04
>>309
ありがとうございました。

311 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 19:28:47
>>306
あと、TVゲーム全盛期が重なった結果だな。

312 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 20:57:16
>>311
ああ、RPGは攻略本の通りにやるものだと信じている世代ね。

313 :297:2006/06/29(木) 21:33:06
お願いします。

314 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 23:33:07
お願いします!
wurtz反応で2C2H5CL+Na→□
□にあてはまる反応生成物を書けという問題です

315 :あるケミストさん:2006/06/29(木) 23:53:28
>>314
CH3CH2CH2CH3

316 :160:2006/06/30(金) 12:26:08
>>307
有難うございます。後理由もお願いできませんか?

317 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 13:08:36
>>316
化学の読みをローマ字表記しただけ

318 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 19:51:58
317 すっだらうそこぐでね 「錬金術」→alchemyから 「化け学」→chemistry じゃがぁ

319 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 19:53:52
>>318
どこの人間だ?

320 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 20:03:00
>>318
日本言(ry

321 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 20:57:13
アニリンとアルコール性硝酸銀を混合すると
どういった反応が起き、何が生成されるか。

おねがいします

322 :あるケミストさん:2006/06/30(金) 21:51:49
右手から女の子が生えてくる

323 :あるケミストさん:2006/07/01(土) 00:55:56
ppmの求め方教えて下さい。

324 :あるケミストさん:2006/07/01(土) 01:00:29
>>323
100万で割る。

325 :あるケミストさん:2006/07/01(土) 01:09:11
3辺の長さがa,a,bの直方体に閉じ込められた電子をかんがえる
(Nx,Ny,Nz)=(1,1,1)→(1,1,2)に対応する吸収波長は105nmに
(1,1,1)→(2,1,1)の吸収波長は67.6nmに観測されている。
これから、分子の大きさに対応するa,bの長さを求めなさい
お願いします

326 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 13:25:26
シュウ酸ナトリウムが加熱されて分解した試料があった
この試料中のシュウ酸水素ナトリウムとシュウ酸ナトリウムの物質量の比を求めるため、この試料を溶かした水溶液を用いて次の実験を行った
実験1
1,試料溶液から10mlをホールピペットを用いて三角フラスコに入れた
2,指示薬としてフェノールフタレイン溶液を加えてビュレットから0,05mol/lの水酸化ナトリウム水溶液を滴下したところ
滴下量が6mlになったところで溶液の色が無色から赤色に変化した
実験2
1,試料溶液から10mlをホールピペットを用いて三角フラスコに入れた
取り出した試料溶液を希硫酸で酸性にしたのち、少し加熱しながらビュレットから0,01mol/lの過マンガン酸カリウム水溶液を滴下したところ
滴下量が16mlとなったところで過マンガン酸カリウム水溶液の赤紫色が消えなくたった

試料中のシュウ酸水素ナトリウムとシュウ酸ナトリウムの物質量の比はいくらか。最も簡単な整数比で答えよ

お願いしますm(__)m

327 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 13:48:40
>>326
実験1からNaHC2O4=0.05*(6/1000)=3.0*10^(-4)mol
実験2からNa2C2O4=(5/2)*0.01*(16/1000)=4.0*10^(-4)mol、よって NaHC2O4:Na2C2O4=3:4

328 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 13:54:17
訂正;
実験1からNaHC2O4=0.05*(6/1000)=3.0*10^(-4)mol
実験2からNaHC2O4+Na2C2O4=(5/2)*0.01*(16/1000)=4.0*10^(-4)mol、よって NaHC2O4:Na2C2O4=3:1


329 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 14:22:10
N2+3H2→2NH3で…
4.2グラムの窒素と反応する水素は何グラム?

1.68リットルのアンモニアを得るために必要な窒素は何グラム?

8.50グラムのアンモニアを得るために必要な水素は何リットル?

お願いします

330 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 14:22:40
ありがとうございました
もう1つお願いしますm(__)m

質量パーセント濃度が98%の濃硫酸10kgを製造するのに必要な硫黄は何kgか
有効数字2桁で答えよ
お願いしますm(__)m

331 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 14:29:29
>>329
H2=3*4.2*2/28=0.9g、 標準状態として N2=1.68*28/(2*22.4)=1.05g、 H2=3*8.50*22.4/(2*17)=16.8L
>>330
S=0.98*10*32/98=3.2kg

332 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 14:35:43
>>331さん
ありがとうございます!

333 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 14:53:38
最外殻電子と価電子の違いを教えて下さい

334 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 14:54:01
またお願いします!

Mg+2HCl→MgCl2+H2で…
3.60グラムのマグネシウムが反応すると、何リットルの水素が生じるか?

1.68グラムのマグネシウムが反応すると、何グラムの塩化マグネシウムが生じるか?

335 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 15:47:48
セラミックスの誘電率はある温度で最大になる。
この理由を答えよ。

どなたかお願いいたします。

336 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 16:42:00
>>334
H2=3.60*22.4/24.3=3.32L、 MgCl2=1.68*95.3/24.3=6.59g

337 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 17:53:30
硫酸ナトリウムの0,2mol/l水溶液が100mlある。
この水溶液に塩化バリウム水溶液を加えると硫酸バリウムが生じる
(1)0,1mol/lの塩化バリウム水溶液を300ml加えたとき、生じた硫酸バリウムは何gか。
また、反応後の水溶液中に含まれるバリウムイオンの濃度は何mol/lか。
ただし塩化バリウムは水溶液中でバリウムイオンと塩化物イオンに完全に電離しており、生じた沈殿物の水への溶解は無視できるものとする。
また、混合後の水溶液の体積は400mlとする
(2)(1)の反応後の水溶液をろ過し、ろ液にクロム酸カリウム水溶液を加えるとBaCrO4が生じる。
ろ液が400mlあったとすればそのうちの100mlに0,05mol/lのK2CrO4水溶液を加えてバリウムイオンを全て沈殿させるためには理論的にK2CrO4水溶液を何ml以上加えなければならないか。
ただし、生じた沈殿物の水への溶解は無視できるものとする。

お願いしますm(__)m

338 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 19:13:13
(1) BaSO4=0.2*(100/1000)*233=4.66g、[Ba^2+]={0.1*(300/1000)-0.2*(100/1000)}*(1000/400)=0.025M
(2) 0.025*(100/1000)=0.05*(x/1000)、x=50ml

339 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 19:42:30
細胞内に存在するDNAは紫外線の影響を受けてどのように変化するのか
化学式を交えて説明せよ。

お願いします。簡単にで良いです。

340 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 20:22:46
塩酸は強酸であり、水溶液中ではすべて電離してH+を放出する。
水酸化ナトリウムは強塩基であり、水溶液中ですべて電離してOH-を放出する。
同僚のH+とOH-とで中和が成立するのであるから、塩酸と水酸化ナトリウムの中和反応で、
mV=m'V'(m:塩酸のモル濃度,V:塩酸の体積,m':NaOHのモル濃度,V':NaOHの体積)
が成り立つのは当然である。
一方、酢酸は弱酸であり、次のような平衡が成り立っている。
CH3COOH ⇔ CH3COO- + H+
平衡定数Kは、1.75×10^-5Mであり、
たとえば、0.1M溶液ではわずかに1.3%しか電離していない。
つまり、同じ濃度で比較すると、HClの1.3%しかH+が存在していないことになる。
「弱酸」といわれるゆえんである。
にもかかわらず、酢酸と水酸化ナトリウムの中和反応も、やはり、同じ式
mV=m'V'で与えられる。その理由を考察せよ。

お願いします。

341 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 20:41:22
>>340
NaOH→Na++OH- (1)
CH3COOH⇔H++CH3COO- (2)

H++OH-→H2Oだから(2)のH+は(1)のOH-で消費され,ルシャトリエの法則より(2)の平衡がどんどん右に移動する
結局NaOHとCH3COOHが等量反応する

342 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 20:43:29
酢酸と水酸化ナトリウムの中和反応:CH3COOH + OH^- ⇔ CH3COO^- + H2O について、
この反応の平衡定数は [CH3COO^-]/[CH3COOH][OH^-]=Ka/Kw=1.75*10^9 と極めて大きいので、
HClと同様に反応は完全に右に進むと考えられるから同じ式がなりたつ。

343 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 20:45:03
>>339
2つの連続したピリミジン塩基の5と6位で
[2+2]の光環化してピリミジンダイマーを形成する。

344 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 20:45:10
>>338
ありがとうございましたm(__)m

345 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 20:50:15
>>341
>>342
ありがとうございました。

346 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 20:59:25
お願いします。
体積2リットルの容器に2molのCoと1molのO2をいれて温度を一定にして次の反応を起こさせた
2Co+O2→2CO2
20秒後に全圧がはじめの0.8倍になった。この間のCO2生成に関する反応の速さは何mol/(l・s)
か?

347 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 21:00:08
>>343
ありがとうございました!

348 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 21:19:49
>>346
反応前の全圧P=3RT/2だから、20秒後の全物質量nは、0.8*(3RT/2)*2=nRT、n=2.4mol
よって (2-x)+(1-x/2)+x=2.4、x=1.2molのCO2が生成したから、1.2/(2*20)=0.03 M/s

349 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 21:30:11
水素0.9molとヨウ素0.55molとを一定温度でで密閉容器にいれておいたところヨウ化水素1.00molを生じて平衡状態にした
(1)この反応における平衡定数はいくらか?
(2)別の密閉容器にヨウ素2.0molをいれこの温度で化学平衡に到達させたこの時、何%のヨウ素が解離しているか?
(3)(1)に示す反応の温度を下げると平衡定数の値は大きくなる。水素とヨウ素とからヨウ化水素ができる反応は発熱反応か、吸熱反応か?
お願いします><

350 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 21:37:35
vリットルの容器に500度でaモルの窒素bモルの水素をいれたところp1アトムであった。
直ちにアンモニア合成用の触媒を入れて放置したところアンモニアがcモル生成して平衡に達し圧力は500度でp2となった。
N2+3H2→2NH3+22kcal
(1)平衡後の窒素と水素もモル量を求めよ。
(2)p1/p2を求めよ
(3)いま温度を600度に上昇させるとcは増加するか減少するか?
ヨロシクオネガイシマス!!


351 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 21:47:52
>>349
(1) H2 + I2 ⇔ 2HI から、H2=0.9-0.5=0.4、I2=0.55-0.5=0.05、K=[HI]^2/[H2][I2]=1^2/(0.4*0.05)=50
(2) HIの間違いと見なしその解離度をαとすると、{2.0(1-α)/α}^2=K=50、α=2.0/(5√2+2.0)=0.22=22%
(3) 発熱反応

352 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 21:57:00
>>350
(1) N2=a-(c/2)、H2=b-(3c/2) mol
(2) p1=(a+b)*RT/v、p2=(a+b-c)*RT/v から、p1/p2=(a+b)/(a+b-c)
(3) 発熱反応だからNH3は減少。

353 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 23:03:20
O₂のOの酸化数は0、PO₄³⁻のPの酸化数は3、
CH₄のCの酸化数は-4、MnO₄⁻のMNの酸化数は8
これあってますか?

354 :あるケミストさん:2006/07/02(日) 23:12:38
>>353
OのOの酸化数は3
POのPの酸化数は9
CH のCの酸化数は27
MnOのMNの酸化数は81

355 :あるケミストさん:2006/07/03(月) 00:48:38
>>348
>>351
>>352

>>1の2-2を嫁。読んだらシネ

356 :あるケミストさん:2006/07/03(月) 21:27:15
H2S=H++HS-の電離定数が1.0×10−7
HS-=H++S2-の電離定数が1.0×10ー15
これらの時のH2S=2H++S2-の電離定数はいくつか
お願いします

357 :あるケミストさん:2006/07/03(月) 22:56:34
>>356
K1*K2=1.0*10^(-7)*1.0*10^(-15)=1.0*10^(-22)、
どーでもいいがK2が10^(-15)って小さ杉じゃね、中和しねーぞ。

358 :あるケミストさん:2006/07/03(月) 23:05:51
>>357
どうもありがとうございました

359 :あるケミストさん:2006/07/03(月) 23:58:53
以下の文章の正誤を答えよ。また、誤りの場合はその部分を訂正せよ。

・糖の化学的性質で一般的に酸性溶液中で不安定であるが、アルカリ性溶液中では安定である。

・アルカリ性溶液中でアルデヒド基またはケトン基は容易に酸化される。

・分子中にカルボニル基を有することから、種々のカルボニル試薬と反応する

・アルコール基はいろいろな酸と反応してエステルをつくる

御願いします(*u_u)

360 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 00:08:34
>>359
(1)×.共に安定
また,
×:化学的性質で
◯:化学的性質は
(ゆとり教育のせいで助詞の使い方が誤っている)

(2)×
ケトン基は容易には酸化されない

(3)?
何の分子中か解らないので解答不可能

(4)?
アルコール基は存在しない.よって解答不可能

361 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 00:22:02
>>360
有難うございました。
三番目の分子中は糖の分子中だそうです書きそびれましたm(u_u)m

362 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 00:29:25
沈殿形に適す、物質を挙げよ。

363 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 00:47:44
高校1年の問題でお恥ずかしいのですが解けません・・・・
どなたかお願いします。
メタンCH4と水素H2の混合気体100mlを完全燃焼させるのに、
酸素が95ml必要であった。次の各門に答えよ。
ただし、気体の体積は標準状態におけるものとする。
(1)メタンと水素の燃焼をそれぞれ化学反応式で表せ。
(2)混合気体中に含まれるメタンは何mlか。
(3)混合気体の燃焼で生じる水は何gか。
1番の化学反応式はCH4+2O2→Co2+2H2Oと2H2+O2→2H2O
だと思うのですが2と3がわかりません・・・・
どなたかお願いします 

364 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 06:55:50
メタンが燃えるとコバルト出てくるのかw
しかも分子でかwww
すごい実験だな。間違いなく賞貰えるぞw

365 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 09:18:51
ヨウ化カリウム水溶液にヨウ素2.54gを溶かした溶液100ml中にSO2を
吸収させ、この溶液を10ml測りとりデンプンを指示薬として
0.10mol/lチオ硫酸ナトリウム水溶液で滴定したところ、終点までに
10ml要した。このSO2のモル数を求めよ。I=127とする。

という問題で、ヨウ化カリウム水溶液のヨウ素イオンは還元剤で
加えたヨウ素のヨウ素分子は酸化剤なので、反応してしまうと思うの
ですが、平衡はどうなるのでしょうか?電子がどうなるかまで、平衡
の過程もできればお願いします。

366 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 10:55:39
pH=2.00のH2SO4溶液を作るにはH2SO4を何モル使えばよいか。
ただしK2=1,20×10−2とする

お願いします

367 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 11:18:53
仮に反応しても、I2 + 2I^- → 2I^- + I2 で結果は同じ。I2 + SO2 + 2H2O → SO4^2- + 2I^- + 4H^+ でI2が反応する。

368 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 11:25:45
>>363
(1)CH4+2O2→CO2+2H2O, 2H2+O2→2H2O2
(2)30ml
(3)0.10g

369 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 11:39:45
>>366
2段階の解離反応:H2SO4 ⇔ H^+ + HSO4^-、 HSO4^- ⇔ H^+ + SO4^2-;K2=1.20*10^(-2) から、
1L中にH2SO4がx(mol)必要として、2段階目でHSO4^-がy(M)反応すると平衡時においては、
y(x+y)/(x-y)=K2、x+y=[H^+]=10^(-2) より、x=6.47*10^(-3)mol

370 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 12:08:55
>>367
ありがとうございます。酸化剤から考えても還元剤から考えても
同時に酸化と還元が起こるので、この場合はたしかに同じく
I2 + 2I^- → 2I^- + I2 になりますね。

371 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 13:44:31
電導度滴定において、硫酸カリウムに塩化バリウムを添加した場合と、
硫酸銅に塩化バリウムを添加した場合について、塩化バリウム添加量と電導度のグラフを比較し、
共通点と違いを指摘してその理由を考察せよ。

お願いします。

372 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 14:01:47
>>371
実験するから待て!!!!

373 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 19:21:43
aモルの気体分子Aのうちxモルが解離し、nxモルの気体分子Bが生じた
すなわち次の気相解離反応の平衡が成立している
A⇔ nB
a-x nx (mol)
気体の温度と圧力は解離前後で不変であるとし、次の設問に答えよ
なお、気体分子Aの解離度αはa=x/aで定義される
(1)解離平衡時の気体全体の物質量をa,n,αを用いて表せ
(2)解離平衡時の気体の密度dと解離前の気体の密度d0との比d/d0をnとαを用いて表せ
ただし、気体は全て理想気体であると仮定する
(3)n=2のときd/d0の値が0,8であった
解離度αの値を求めよ

よろしくお願いしますm(__)m

374 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 20:36:45
>>373
(1) a(1-α)+naα=a{1+α(n-1)}
(2) 質量の総和wは不変だから、解離前の体積;V=aRT/P、d0=wP/(aRT)
平衡時の体積;V={a(1-α)+naα}RT/P、d=wP/{a{1+α(n-1)}RT}、d/d0=1/{1+α(n-1)}
(3) d/d0=1/{1+α(2-1)}=0.8、α=0.25

375 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 21:15:00
>>374
ありがとうございましたm(__)m

376 : ◆ZyHbUTTdF2 :2006/07/04(火) 21:37:11
いいスレだね

377 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 22:40:40
10%食塩水の重量モル濃度はいくらか?

お願いします

378 :あるケミストさん:2006/07/04(火) 23:13:33
>>377
1.9M

379 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 01:08:42
>>378
その答えはどうやって出すんですか?

380 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 01:11:21
>>379
>>1
> 問題の解き方や解説、雑談に準ずる行為はすべてスレ違いです
> 質問者がこれらを求めてもいけません

381 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 18:45:08
(3)Seliwanoff反応におけるレゾルシンの働きはなにか。

よろしくお願いします。

382 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 21:00:30
CO2+H2O⇔H2CO3 :K0=3,4*10^(-7)(mol/l・Pa)
H2CO3⇔HCO3-+H+ :K1=4,5*10^(-7)(mol/l)
大気中の二酸化炭素分圧が3,9*10Paのとき
雨水が示すpHはいくらか
√3=10^0,24 √4=10^0,3 √5=10^0,35
√6=10^0,39 √7=10^0,42を用いてもよい

よろしくお願いしますm(__)m

383 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 21:11:15
>>382
5.6

384 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 21:14:15
>>381
防腐剤。

385 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 21:16:27
題意よりH2CO3の2段階目の電離を無視すると、[H2CO3]=K0*3.9*10=1.33*10^(-5)Mより
[H^+]=√{1.33*10^(-5)*K1}、よってpH=-log{√6*10^(-6)}=-0.39+6=5.6

386 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 21:20:43
つぎの化学反応式を書け
(1)水が塩化水素と反応するとき
(2)水がアンモニアと反応するとき
お願いしますm(__)m

387 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 21:28:39
>>383>>385
ありがとうございましたm(__)m

388 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 21:32:54
(1) HCl → H^+ + Cl^-、(2) NH3 + H2O ⇔ NH4^+ + OH^-

389 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 21:44:12
>>388
(1)がちゃうよ。
HCl+H2O→H3O^+ + Cl^ー
H3O^+ はオキソニウムイオンな。

390 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 21:45:27
身の回りにある酸塩基平衡に関連した現象を何か一つ挙げ、
酸塩基平衡の果たす役割を科学的観点から述べよ。

お願いします。
「何か一つ挙げ」るところまででも歓迎します。

391 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 21:59:46
>>388,>>389
ありがとうございましたm(__)m

392 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 22:39:18
>>390
H2O⇔H++OH-

393 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 22:42:57
>>384ありがとうございます。

394 :390:2006/07/05(水) 23:25:45
>>392
ありがとうございましt

395 :あるケミストさん:2006/07/05(水) 23:36:38
次の問題をお願いします!
(1)二酸化炭素の製法を5つ答えよ。([弱酸の塩]+[強酸]→[弱酸]+[強酸の塩])
(2)空気中のCO2濃度は0.03%である。化石燃料の燃焼によるCO2濃度の増加は地球環境にどんな悪影響を及ぼすか。
(3)炭酸イオンCO3^2-の検出にはどのような反応を使用するか。
(4)SiO2をMg粉とともに加熱したときの変化を化学反応式で表せ。
(5)半導体、および金属の電気伝導性は、温度によってどのように変化するか。
(6)ケイ酸、オルトケイ酸、メタケイ酸の組成式を記せ。

396 :あるケミストさん:2006/07/06(木) 00:18:25
>>395
ほんとうにありがとうございました

397 :あるケミストさん:2006/07/06(木) 19:09:58
RCOOH⇔RCOO^-+H^+
温度25度でのカルボン酸の電離定数を測定したところKa=1,0*10^(-5)であった
このカルボン酸は水に完全に溶解し、会合体は形成しないものとする。
(1)0,1mol/lのカルボン酸水溶液の25度における電離度を求めよ
(2)0,1mol/lのカルボン酸水溶液の25度におけるpHを求めよ
(3)0,1mol/lのカルボン酸水溶液を水で100倍に希釈した。
このカルボン酸水溶液の25度における電離度を求めよ

よろしくお願いしますm(__)m

398 :あるケミストさん:2006/07/06(木) 19:34:04
>>397
(1) (0.1α)^2/{0.1(1-α)}≒(0.1α)^2/0.1=Ka、α=√(10Ka)=1.0*10^(-2)
(2) pH=-log{0.1*1.0*10^(-2)}=3
(3) (0.001α)^2/{0.001(1-α)}=Ka、α^2+10^(-2)α-10^(-2)=0、α=9.5*10^(-2)

399 :あるケミストさん:2006/07/06(木) 20:47:00
>>398
ありがとうございましたm(__)m

400 :あるケミストさん:2006/07/06(木) 21:29:34
ウェーラーによるブドウ糖の合成について
この化学反応式を書け
お願いしますm(__)m

401 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 00:12:08
>>398
>>1嫁、読んだらシネ。偽善者が。

402 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 12:41:41
了解。

403 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 16:15:16
HClO4+CH3COOH→CH3COOH2+[ ]
[ ]に入る化合物はなんでしょうか?


404 :あるケミストさん:2006/07/07(金) 16:23:02
>>403
>>1の1-1

405 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 10:55:59

1.LiF(g)の核間距離は1.56Åである。Liのイオン化エネルギーは5.39eV、Fの
電子親和力は3.40eVである。LiF(g)の結合を100%イオン結合と仮定して、その
イオン間の引力エネルギーをクーロン力のポテンシャルエネルギーをつかって求め、
Li+F→LiF(g)+Deの結合解離エネルギーDeをkJ/molの単位で求めよ。
2.Li+Fを無限大の距離からゆっくりと近づけるときLi+F→Li(+)+F(-)の
電子移動反応が起こる。この距離を求めよ


よろしくお願いいたしますm(__)m


406 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 12:01:03
1.本来PVAは無色だが得られたPVAに色が付いていることがある。この原因はなにか
2.PVAcのけん化をメタノール中、無水の条件で行うとどのような反応が起こるか
3.高純度のPVAcからPVAを得た場合PVAの分子量が理論値より低い場合がある。これは何故か
4.反応前後の重さの変化からけん化度を求める以外のけん化度の求め方を述べよ
5.酢酸エチルなどの低分子に比べてPVAcの加水分解はどのような違いがあるか
6.一般的に低分子反応と比べて高分子反応にはどのような特徴があるか

よろしくおねがいします

407 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 21:43:15
どなたか>>405をお願いします・・・

408 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 23:28:17
>>405
1.2.718281828459045kJ/mol
2.3.141592623589793238462Å

409 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 23:41:47
eとπに見えるがたぶん気のせいだろう。

410 :あるケミストさん:2006/07/08(土) 23:47:04
>>409
πとは微妙に違うな。

411 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 01:07:59
>>408 解き方をおしえていただけるとありがたいのですが・・

412 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 01:09:22
>>441
>>1の1-5嫁

413 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 09:47:34
だったらまじめにこたえてやれよwww
>>408 って絶対ちげーだろwww

414 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 10:29:02
>>405 まじめに答えてやるよ.これで間違いない

1.1.23456789kJ/mol
2.9.87654321Å

415 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 10:53:51
おはようございます。
次の化合物の示性式を書きなさい。
1)シュウ酸
2)乳酸
3)酒石酸
4)クエン酸
5)エチレングリコール
6)グリセリン
7)酢酸エチル
お願いします。

416 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 10:57:32
もしかするとここはダメなスレなのかもしれんね

417 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 11:15:35
(COOH)2
CH3-CH(OH)-COOH
HOOC-CH(OH)-CH(OH)-COOH
HOOC-CH2-C(OH)(COOH)-CH2-COOH
HO-C2H4-OH
HOOC-CH2-CH(COOH)-CH2-COOH
CH3COOC2H5

418 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 11:29:41
>>417
ありがとうございます。

419 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 11:53:27
訂正w;
(6) HO-CH2-CH(OH)-CH2-OH

420 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 15:11:10
川で汲んできた水のODを調べてBODの測定をしたのですが
試料を二つ用意し、1週間後のODの値を出したのですが、同じなのと若干減っていると言う結果になりました。
溶存酸素が減っていないのと少し減っていると言うことは考察でどう書いたらいいのですか?

421 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 16:00:04
>>420
まずはODが何かを書くべきですな。
2文字の略語は、原則として元の語を書いてくれないと意味が分かりませんぜ。

422 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 16:21:16
>>420
気温とかはかってる?
気体の溶解度は温度に反比例するから、一週間経過した検体のほうが温度が高かったのかもね。
あと気圧の高低も斟酌。
あとは酸素を消費するような生物がいたかどうか。

を調べたらどう?

423 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 16:29:28
409:なな 2006/07/09 12:07:26
火曜日に化学のテストがぁって、教科書の問題から出るんで、問題を解いたんですケド、答えが載っていなかったんです
ゎからなぃ所があってどうしても教えて欲しい所があるんデス(●´H`)
□■問題□■
(1)食塩水、二酸化炭素、塩化マグネシウム、銅、ヘリウム、花こう岩を混合物、単体、化合物に分けよ。

(2)(1)〜(3)の実験操作に適した方法は(a)〜(c)のどれか??
(1)ワインからエタノールを取り出す。
(2)デンプンが沈殿している食塩水からデンプンを取り出す。
(3)少量の食塩を含む硝酸カリウムから硝酸カリウムだけを取り出す。
(a)ろ過(b)再結晶(c)蒸留

(3)(1)〜(3)の化合物組み合せのうち、それぞれの水溶液に対して(a)、(b)いずれの方法でも区別出来ないのはどれか??
(1)硝酸ナトリウムと塩化ナトリウム
(2)塩化ナトリウムと塩化バリウム
(3)塩化マグネシウムと塩化アルミニウム
(a)炎色反応を調べる。(b)硝酸銀水溶液を加える。

ぁと、図はかけないので、言葉で説明します。
(4)蒸留装置に食塩水をかけている図で、枝つき丸底フラスコみたいなののに温度計があって、食塩水には浸かっていないんですけど…
温度計は次の物質のうち、いずれの温度を示すか??@食塩水A食塩B水C水蒸気ってあるんですけど、どれなのでしょうか??


424 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 16:38:03
>>423
(1)
混合物:食塩水、花こう岩
単体:銅、ヘリウム
化合物:二酸化炭素、塩化マグネシウム
 
(2)
1:c
2:a
3:b
 
(3)(3)
 
(4)C

425 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 19:03:54 ?#
試料の大腸菌郡数を平板培養法で計測したのですが29個・mlでした。
環境基準がMPN/100mlとなっていて、平板培養法が使われていないのですが、100倍をして29MPN/100mlというのは間違いですよね。


426 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 19:36:00
>>425
間違い云々以前に板違い

427 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 21:15:13
1.本来PVAは無色だが得られたPVAに色が付いていることがある。この原因はなにか
2.PVAcのけん化をメタノール中、無水の条件で行うとどのような反応が起こるか
3.高純度のPVAcからPVAを得た場合PVAの分子量が理論値より低い場合がある。これは何故か
4.反応前後の重さの変化からけん化度を求める以外のけん化度の求め方を述べよ
5.酢酸エチルなどの低分子に比べてPVAcの加水分解はどのような違いがあるか
6.一般的に低分子反応と比べて高分子反応にはどのような特徴があるか

よろしくおねがいします


428 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 21:34:32
CO(g)の僣f゜は298Kにおいて90.25kJmol^-1 である。またN2(g) O2(g)
NO(g)のS゜はこの温度においてそれぞれ、191.5、205.1、210.6kJmol^-1K^-1である。
次の反応の298Kにおける平衡定数を求めよ。

N2(g)+O2(g)⇔2NO(g)



429 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 21:35:26
>>428
よろしくおねがいします。

430 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 22:41:21
>>427
ここでも同じ質問している人がいるから解答を参考にしてごらん
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1148827509/406-

431 :427:2006/07/09(日) 22:46:37
>>430
誘導ありがとうございました

432 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 22:48:11
>>429
ここでも同じ質問している人がいるから解答を参考にしてごらん
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1148827509/428-

433 :429:2006/07/09(日) 22:59:39
>>432
誘導ありがとうございました

434 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 23:03:03
(1)四二酸化窒素はN2O2=2NO2のように解離する。
N2O2を70度で1気圧に保つとその密度が1.96g/lになって平衡に達した。
この時、N2O2は何%解離したか?
ヨロシクオネガイシマス。

(2)温度が一定で、一定容器内で1molの窒素と3molの水素とを反応させたところ容器内の圧力が
5atmから4atmに変わって平衡に達した。生じたアンモニアのmol数を求めよ。
ヨロシクオネガイシマス。


435 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 23:08:37
>>434
ここでも同じ質問している人がいるから解答を参考にしてごらん
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1148827509/434

436 :434:2006/07/09(日) 23:10:33
>>435
誘導ありがとうございました

437 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 23:37:39
>>434
(1) 解離前にN2O2がa(mol)あるとするとその質量は60a(g)だから、平衡時の体積V={a(1-x)+2ax}*R*(273+70)より、
密度=60a/{a(1+x)*R*(273+70)}=1.96、x=0.0871=8.71%
(2) 5*V=(1+3)*RT、V=4RT/5(L)より生じたアンモニアをx(mol)とすると、4*(4RT/5)={1-(x/2)+3-(3x/2)+x}RT、x=4/5mol

438 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 23:38:43
>>437
>>1よめよ。ルール守れよ、糞野郎。
自慢げに答えてんじゃねぇよ。

439 :あるケミストさん:2006/07/09(日) 23:42:07
管理人乙

440 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 00:53:25
状態方程式PV=nRTが実在気体に使えない理由を知りたいのですが

441 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 00:54:00
状態方程式PV=nRTが実在気体に使えない理由を知りたいのですが

情報、お願いします。


442 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 00:54:37
>>440
>>1に書いてある。

443 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 00:55:14
>>441
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1148827509/440
にも書いただろ?マルチすんな!シネ。

444 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 02:27:42
次の反応での主生成物を示せ、
1、ピリジン+フェニルリチウム(トルエン下)
2、チオフェン+濃硫酸(室温)
3、チオフェン+酢酸(P2O5触媒)
4、ピロール+無水酢酸

2年なのに3年の科目とっちまいました。
どうか教えてください。よろしくお願いします。


445 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 17:59:16
なんか必死な人がいますね^^;

446 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 18:56:30
以下の文を読み、化合物A〜Jの示性式を示せ
分子式C16H12O4で示される化合物Aがある
Aを水酸化ナトリウム水溶液を用いて加水分解したところ、化合物Bと化合物Cが生成した分子中に含まれる炭素原子の数はBよりCの方が多かった
この反応液に二酸化炭素を十分通じるとCから化合物Dが生成し、さらにエーテルを加えてよくかきまぜるとDはエーテル層から得られた
水層を希塩酸によって弱酸性にするとBから化合物Eが生成した
Eには幾何異性体が存在する
Eを160度で加熱すると化合物Fと水が生成した
Dと臭素水を反応させると白色沈殿Gが生成した
Dは医薬品、染料、合成樹脂などの原料として用いられ、工業的には以下の方法でつくられる
ベンゼンと化合物Hを原料とし、触媒を用いた反応により化合物Iを得た後、酸素と反応させて硫酸で分解するとDと化合物Jが得られる。

よろしくお願いしますm(__)m

447 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 18:59:30
>>445
ここを仕切るのが生き甲斐なんだろーよ。きっと、

448 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 19:01:57
>>447
何か勘違いされてませんか?
>>440-441の事をいったんですけど?


449 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 19:03:30
>>448
ここのルールを乱すのが生き甲斐なんだろーよ。きっと、

450 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 19:10:42
そんな雑談どうでもいいんで、>>444の質問に答えてください。


451 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 19:33:11
A:C2H2(COOC6H5)2、B:C2H2(COONa)2、C:C6H5ONa、D:C6H5OH、E:C2H2(COOH)2/マレイン酸
F:C2H2(CO)2O、G:C6H2OH(Br)3、H:CH2=CHCH3、I:C6H5-CH(CH3)2、J:O=C(CH3)2

452 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 19:34:45
ちょwwww>>444は無視???

453 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 20:45:51
催促は無視

454 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 20:57:39
1 2C4H10+13O2→8CO2+10H2Oの反応をブタン58.14gと酸素32.0g
 を用いて行った。得られる水の質量はどのくらいか?

2 200mlのエタノールの質量と物質量を求めよ。また密度は
 0.789g/cm^3とせよ。

お願いします。

455 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 20:58:29
質問です!有機化合物でC4HnOで表される化合物を
9つ教えてください!nはどんな数字でもいいです。
それが載ってるサイトでもいいです!
どうか助けてください!マジレスお願いします

456 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 21:43:48
ある物質Aを一定温度で分解したところ、反応開始からt1秒後の濃度がA1(mol/l)、t2秒後の濃度がA2(mol/l)であった
(1)t1、t2秒後のAのモル濃度をそれぞれ[A1][A2]で表し
t1秒からt2秒までの時間にAが分解した平均の速さvを式で表せ
(2)45度で五酸化二窒素を分解したところ10分後および20分後の濃度がそれぞれ3.8mol/l、3.0mol/lであった
この時間における五酸化二窒素の分解した速さは何mol/l・sか

お願いしますm(__)m

457 :444:2006/07/10(月) 21:50:49
>>444は私です・・・
どうか教えてください。お願いします。

458 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 21:59:22
>>451
ありがとうございました!!

459 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 22:04:00
>>455
まるちやめれ

460 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 22:06:13
>>457
ルールは守ろうよ

461 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 22:36:19
>>456
(1)v=([A2]ー[A1])/(t2ーt1)
(2)v=1.3mol/(L・s)

462 :あるケミストさん:2006/07/10(月) 23:44:18
>>454
1) C4H10=58.14/58≒1mol、O2=32.0/32=1molより、反応式から (10/13)*1*18=13.8g
2) 質量=200*0.789=157.8g、物質量=157.8/46=3.43mol

463 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 00:27:18
問一、2族と3族が分離できる理由は何か?
問二、Al(OH)3が酸にも過剰のアルカリにも溶解する理由は何か?

464 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 00:27:44
>>462
ありがとうございました。

465 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 07:37:56
>>463
だからまるちやめろって
しつこいぞ

466 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 19:30:08
分子式C8H8O2で表される、ベンゼンの水素が一つ置換された化合物AからGに関する次の文を読み、以下の問いに答えよ
ただし、化合物AからGはベンゼン環以外にに環状構造および炭素炭素原子を含まないものとする
(ア)化合物Aは炭酸水素ナトリウム水溶液に気体を発生して溶ける
(イ)化合物Bに希硫酸を加えて加熱すると特有の臭いをもつ化合物Hが生成する
化合物Hは弱酸性で、FeCl3水溶液を加えて振り混ぜると紫色を呈する
(ウ)化合物Cに水酸化ナトリウム水溶液を加え、加熱して加水分解したのち、溶液を0度に冷却し、塩酸を加えて酸性にすると白色の結晶が析出した
この結晶の化合物は温水に溶け、炭酸水より強い酸性を示す
(エ)化合物Dを水酸化ナトリウム水溶液で加水分解すると中性の芳香族化合物Iが生成した
(オ)化合物Eは不斉炭素原子を含まない中性の化合物で、金属ナトリウムと反応して水素を発生する
(カ)化合物Fは銀鏡反応を起こすが、金属ナトリウムを作用させても水素を発生しない
(キ)化合物Gには不斉炭素原子が存在する

(1)化合物AからGの示性式を示せ
(2)(アの反応を化学反応式で記せ
(3)化合物Hの化合物名を記せ
(4)(ウ)で析出した化合物の示性式を記せ
(5)化合物Iを穏やかに酸化したとき、液体で中性の化合物Jが得られた
化合物Jの示性式を記せ
(6)55.4mgの化合物Aを完全燃焼させたときに生成するCO2とH2Oの量をそれぞれmg単位で示せ

よろしくお願いしますm(__)m

467 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 20:46:25
1) A:C6H5-CH2-COOH、B:C6H5-OCO-CH3、C:C6H5-COO-CH3、D:C6H5-CH2-OCO-H、E:C6H5-CO-CH2-OH
F:C6H5-O-CH2-CHO、G:C6H5-CH(OH)-CHO
2) C6H5-CH2-COOH + NaHCO3 → C6H5-CH2-COONa + CO2↑+ H2O
3) フェノール
4) C6H5-COOH
5) J:C6H5-CHO
6) C8H8O2 + 9O2 → 8CO2 + 4H2O から、CO2=55.4*8*44/136.2=143mg、H2O=55.4*4*18/136.2=29.3mg

468 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 20:52:10
ところで「炭素炭素原子」は何だ?

469 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 21:22:50
>>467
ありがとうございましたm(__)m

>>468
すいません(´・ω・`)炭素炭素二重結合の間違いです

470 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 21:47:56
N2+O2=2NO-181kJ
N2の結合エネルギーが945kJ/mol、O2の結合エネルギーが498kJ/molとすると
NOの結合エネルギーは何kJ/molであるか求めよ
お願いしますm(__)m

471 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 23:22:27
>>470
N2+O2=2NO-181、N2=2N-945、O2=2O-498 から、NO=N+O-631(kJ/mol)

472 :あるケミストさん:2006/07/11(火) 23:36:55
>>471
ありがとうございました

473 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 00:57:04
3価の鉄が磁石の性質を持つことをフントの規則から考察して説明せよ。

お願いいたします

474 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 02:14:17
>>473
d軌道に5個の電子

eg軌道( )( )
t2g軌道(↑↓)(↑↓)(↑ )

475 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 11:24:42
>>474
ありがとうございます

476 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 12:48:02
平均的な人間は新陳代謝作用のため毎日約10^4kJの熱を発生している
1、今力士が質量140kgの自らなる、一定容積の閉じた系であるとすれば
日に何度温度が上昇するか

2、この力士が体温を37度に保つために汗をかく。
汗は純粋と考えると力士は毎日何リットルの汗をかく必要があるか。
25℃の値を用いる

丸投げですみません
はじめからまったくわからないです
お願いします!

477 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 15:31:21
0.1M食塩水500mlを調製したい。どのようにすればいいか?

お願いします。

478 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 15:36:38
食塩2.925gを水に溶かして500mlとする。

479 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 15:38:18
>>477
生理食塩水204.1mLを希釈して500mLにする。

480 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 15:39:20
>>477
をいをいw

481 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 15:45:19
>>477
0.2Mの塩酸と0.2Mの水酸化ナトリウム水溶液を等量混合して500mlにする。

482 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 15:53:56
>>477
市販の0.1M食塩水1lを半分に分ける。

483 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 16:13:15
10Mの食塩水を100倍に稀釈する。で、500ml採取する。

484 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 16:39:03
>>478-483
ありがとうございました。

485 :あるケミストさん:2006/07/12(水) 21:22:01
溶液中で化合物A,B,Cの間に次の化学平衡が成立するものとする
A+B⇔2C―――※
※式の正反応(右向きの反応、速度定数k1)の速度v1はAとBのそれぞれのモル濃度に比例する
AとBの初濃度がいずれも3.0mol/lのとき、正反応開始直後におけるCの生成速度v1は9.0*10^(-2)mol/l・sであった
一方、※式の逆反応(左向きの反応、速度定数k2)の速度v2はCのモル濃度の2乗に比例する
Cの初濃度が2.0mol/lのとき逆反応開始直後におけるCの分解速度v2は4.0*10^(-3)mol/l・sであった
(1)※式の正反応および逆反応の速度定数k1、k2を求めよ
(2)正反応と逆反応の速度が等しいとき平衡になることを利用して※式の平衡定数Kを求めよ
(3)AとBの初濃度をいずれも5.0mol/lとして、平衡に達したときのCの濃度(mol/l)を求めよ
必要であれば√2=1.41√3=1.73√5=2.24を用いてもよい

よろしくお願いしますm(__)m

486 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 00:14:10
質問させてください。

物質Xが通ることができる膜で仕切られた、
2つのコンパートメントAおよびBに物質Xが存在して
コンパートメントAにおける濃度=[Xa]
コンパートメントBにおける濃度=[Xb]
[Xa]>[Xb]のとき
物質XはコンパートメントAからBへと移動する。

これが正しいか否か、
静水圧および電気化学ポテンシャルを念頭において答えよ


AとBの電位差による移動の力と濃度差による力の関係を比較して、
どちらが強いかを考えれば答えが出るような気がするのですが、そこから
先へ進む頭がありません。。
電気化学的ポテンシャルにより考えるらしいのですが、できれば式などを使って
明確に証明したいです。

どのようにすればよいでしょうか?

お力をお貸しください。

487 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 01:52:06
>>486
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1151731047/554
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1151233279/329

ここで同じこと聞いてる人が(

488 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 01:52:10
>>329
分かるけど教えない
マルチ死ね

489 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 05:18:46
>>485
それ丸投げってことは化学は絶望的だな。

490 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 13:46:34
>>489
そういうのイラネ
>>1

491 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 16:13:56
>>485
(1) v1=k1*3.0^2=9.0*10^(-2)、k1=10^(-2)、v2=k2*2.0^2=4.0*10^(-3)、k2=10^(-3)
(2) k1*[A][B]=k2*[C]^2、K=[C]^2/[A][B]=k1/k2=10
(3) (2x)^2/(5.0-x)^2=10、2x/(5.0-x)=√10、x=5(5-√10)/3=5(5-1.41*2.24)/3、よってC=2x=6.1M

492 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 16:15:02
>>491
ありがとうございます。
でも、計算過程を書くのはルール違反じゃないんですか?
>>1にかいてありますよ。僕の性で叩かれたら申し訳無いです。

493 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 16:18:51
>>492
大丈夫。ルールを破る事が体制に逆らうことだと勘違いして
いきがってるだけだから、叩かれたらむしろ喜ぶよ。


494 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 17:06:57
>>492
ちょwwそれおれが書いた問題だぞ
>>491ありがとうございましたm(__)m

495 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 17:24:33
化合物A、Bは共に分子式C8H10の芳香族炭化水素である
濃硫酸と濃硝酸との混合物を作用させると、それぞれ1モルあたり1モルの硝酸を消費して
Aは単一の生成物Cを与えるのに対し、Bは二種の化合物D、Eの混合物を与える
Cをスズと共に希塩酸で熱し、その後水酸化ナトリウム水溶液で中和すると化合物Fが得られる
Fに無水酢酸を作用させると化合物Gが生じる
一方、A,Bを過マンガン酸カリウムによって酸化すると、Aから化合物Hが、Bから化合物Iが生成する
Iをその融点近くまで熱すると分子式C8H4O3の化合物Jに変化するが、Hは同じ温度に熱しても変化しない
(1)分子式C8H10の芳香族炭化水素
この条件を満たす化合物は何種類考えられるか
(2)A〜Jの示性式を示せ

お願いしますm(__)m

496 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 19:20:12
>>495
(1) 4つ
(2) A:C6H4(CH3)2/p-キシレン、B:C6H4(CH3)2/o-キシレン、C:C6H3(CH3)2-SO3H、
D:C6H3(CH3)2-SO3H/2,3の位置に-CH3、 E:C6H3(CH3)2-SO3H/3,4の位置に-CH3
F:C6H3(CH3)2NH2、G:C6H3(CH3)2-NHCO-CH3、H:C6H4(COOH)2/テレフタル酸、
I:C6H4(COOH)2/フタル酸、J:C6H4(CO)2O

497 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 21:17:21
>>496
ありがとうございました!!

498 :質問:2006/07/13(木) 21:49:45
NaH2PO4の名称はなんですか?
またこれは酸性塩ですよね?

499 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 23:04:32
リン酸2水素ナトリウム;酸性塩(液性は弱酸性)

500 :498:2006/07/13(木) 23:18:35
リン酸水素ナトリウムでは×ですか?

回答ありがとうございます

501 :あるケミストさん:2006/07/13(木) 23:25:02
ダメだ

502 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 00:40:27
死刑

503 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 00:58:05
>>500
Na2HPO4とどうやって区別つける気だ?

504 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 00:59:00
>>503
そういう突っ込みだか雑談だか教育だかいらないから。
よそでやれや。

505 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 11:52:36
問1
水酸イオン濃度が5x10(3乗)グラムイオン/Lの水溶液のpHを求めなさい

問2
結晶炭酸ナトリウム(Na2CO3・10H20)40gを水360gに溶かした。この水溶液はNa2CO3の何%溶液か求めなさい



506 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 12:09:34
>>505
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1151731047/703
ここでも(ry


507 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 12:44:17
>>505
(1) pH=-log(5*10^(-3))=2.3、(2)
(2) 106*40*100/{(106+10*18)(360+40)}=3.7%

508 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 12:58:44
>>506

誘導されてきました

509 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 13:05:43
>>508
あとだし乙

510 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 15:49:38
0.01molの気体N2O5を10lの密閉した容器に封入して45度に保った
このとき次の反応が起こる
2N2O5→4NO2+O2
ただし、気体定数R=0.082l・atm/(K・mol)、反応速度定数k=4.8*10^(-4)s^(-1)、N2O5のモル濃度を[N2O5]とする
(1)与えられた数値を用いてx(mol)のN2O5が反応したときの全圧pをxの関数として計算して求めよ
(2)この反応の反応速度vはv=k[N2O5]で表される
このとき(N2O5の分圧)=pN2O5として、vをpN2O5の関数として計算して求めよ
(3)全圧pが0.359atmのときの反応速度vを計算して求めよ

お願いしますm(__)m

511 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 16:52:03
>>510
問題正しく写したか?

512 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 18:06:02
フェノールへの水素の付加で得られるシクロヘキサノールは沸点160度の液体である
シクロヘキサノール40g、濃硫酸1gと沸騰石を100mlの枝つきフラスコに入れた後、蒸留装置を組み立てた
ついで、枝つきフラスコを130度まで加熱すると沸騰が始まり、留出液が氷で冷やした受器にたまったが、これは二層に分離していた
そこで、上層のみを取り分けて再蒸留すると、80度の沸点を示す化合物Aが26g得られた
なお、化合物Aは臭素と容易に反応し、化合物Bを与えた
(1)留出液が氷で冷やした受器にたまったが、これは二層に分離していた
これについて二つの留出物を示性式で示せ
(2)化合物Bの示性式を示せ
(3)丸底フラスコと還流冷却器を用いてシクロヘキサノールと硫酸の混合物を加熱する方法によっても、化合物Aを合成することは可能である
しかし実際には、上に記した実験方法の方がはるかに効率的である
その理由を、平衡および沸点という語句を用いて70字以内で説明せよ

よろしくお願いします!!

513 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 18:20:10
>>511
スイマセンm(__)m
最初「0.1molの気体〜」でした・・・

514 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 19:07:49
>>510
(1) p=(0.1+1.5x)*RT/V=3.92x+0.261
(2) [N2O5]=n/V=p/RT=pN2O5/RTより、v=k[N2O5]=4.8*10^(-4)*pN2O5/RT=1.84*10^(-5)*pN2O5
(3) 3.92x+0.261=0.359、x=0.025、v=1.84*10^(-5)*(0.1-0.025)*RT/V=3.6*10^(-6) M/s

515 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 20:52:07
>>514
ありがとうございましたm(__)m

516 :あるケミストさん:2006/07/14(金) 22:22:04
つぎのpHを求めよ 有効数字3桁

1) pKが5.0である弱酸10^-3moldm^-3溶液

2) 0.05moldm^-3の酢酸2cm^3と0.1moldm^-3の酢酸カリウム7cm^-3の混合溶液

3) 0.01moldm^-3の酪酸(pKa4.82)を強塩基の濃溶液で滴定したときの当量点

4) 酢酸の水溶液において電離していない分子が25%存在している溶液



よろしくおねがいします。

517 :あるケミストさん:2006/07/15(土) 00:06:39
>>516
(1) [H^+]^2/{10^(-3)-[H^+]}=Ka=10^(-5)、[H^+]^2+10^(-5)[H^+]-10^(-8)=0、pH=-log([H^+])=4.02
(2) 酢酸のpKa=4.76とする。[CH3COOH]=0.05*(2/9)、[CH3COO^-]=0.1*(7/9) より、
[H^+]{0.1*(7/9)+[H^+]}/{0.05*(2/9)-[H^+]}≒[H^+]{0.1*(7/9)}/{0.05*(2/9)}=Ka、[H^+]=Ka/7、pH=-log(Ka/7)=5.61
(3) 体積変化を無視すると、[OH^-]^2/(0.01-[OH^-])≒[OH^-]^2/0.01=Kw/Ka=10^(-9.18)、[OH^-]=10^(-5.59)、pH=14-5.59=8.41
(4) 酢酸の初濃度をC(M)として、(0.75C)^2/0.25C=2.25C=Ka、C=Ka/2.25、pH=-log(0.75C)=5.24

518 :あるケミストさん:2006/07/15(土) 11:49:08
>>517
ありがとうございます^^

519 :あるケミストさん:2006/07/15(土) 23:19:09
0.100M酢酸水溶液500ml中に酢酸ナトリウムの形で酢酸イオン2.00gを添加すると25℃における水溶液の水素イオン濃度はいくらか。
この緩衝溶液中にNaOHを4mmol導入すると水素イオン濃度はいくらか。
またこの緩衝溶液中にHClを4mmol導入すると、水素イオン濃度はいくらか。
上述の三つの場合の各々の水溶液のpHはいくらか。
酢酸の酸解離平衡定数はKa=1.86×10^(-5)として計算せよ。

520 :あるケミストさん:2006/07/15(土) 23:59:43
>>519
(1) [CH3COOH]=0.100M、 [CH3COO^-]=2.00*2/82=2/41M より、
x{(2/41)+x}/(0.100-x)≒(20/41)x=Ka、x=[H^+]=(41/20)*Ka=3.81*10^(-5)M、pH=4.42
(2) [NaOH]=4*10^(-3)*2=0.008M、中和により [CH3COOH]=0.100-0.008=0.092M、[CH3COO^-]=(2/41)+0.008=0.05678M
x{0.05678+x}/(0.092-x)≒(0.05678/0.092)x=Ka、x=[H^+]=(0.092/0.05678)*Ka=3.01*10^(-5)M、pH=4.52
(3) [HCl]=0.008M、弱酸の遊離により [CH3COOH]=0.100+0.008=0.108M、[CH3COO^-]=(2/41)-0.008=0.04078M
x{0.04078+x}/(0.108-x)≒(0.04078/0.108)x=Ka、x=[H^+]=(0.108/0.04078)*Ka=4.93*10^(-5)M、pH=4.31

521 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 00:05:12
>>520
ありがとうございました。
解答では
(1)2.74*10^(-5), pH=11.13
(2)2.25*10^(-5),pH=4.65
(3)3.35*10^(-5),pH=4.47
となっているのですが、誤差範囲でしょうか・・・?
それとも解答が間違っていますか?

522 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 00:59:18
>>521
>>1読んだのかよ。

> 5. まるなげされた答えの説明、解説を求める行為は禁止

523 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 05:41:04
次の電解質の電離式(陽イオンと陰イオンに電離する反応式)を書け。

塩化亜鉛
硫酸銅(U)
硝酸鉛(U)
硫酸カリウム
炭酸ナトリウム
酢酸カリウム
ヨウ化カリウム
塩化銅(U)
硝酸アンモニウム

よろしくお願いします。

524 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 08:41:09
>>523
>>1の1-2に答えが書いてある

525 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 10:41:40
>>521
勘違いだ、式量の82を59にして再計算してくれ。それだけ。

526 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 11:02:12
とりあえず訂正;
(1) [CH3COOH]=0.100M、 [CH3COO^-]=2.00*2/59=4/59M より、
x{(4/59)+x}/(0.100-x)≒40/59x=Ka、x=[H^+]=(59/40)Ka=2.74*10^(-5)、pH=4.56
(2) [NaOH]=4*10^(-3)*2=0.008M、中和により [CH3COOH]=0.100-0.008=0.092M、[CH3COO^-]=(4/59)+0.008=0.0758M
x{0.0758+x}/(0.092-x)≒0.824x=Ka、x=[H^+]=Ka/0.824=2.26*10^(-5)M、pH=4.65
(3) [HCl]=0.008M、弱酸の遊離により [CH3COOH]=0.100+0.008=0.108M、[CH3COO^-]=(4/59)-0.008=0.0598M
x{0.0598+x}/(0.108-x)≒0.5537x=Ka、x=[H^+]=Ka/0.5537=3.36*10^(-5)M、pH=4.47

527 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 11:36:20
濃硫酸と濃硝酸との混合液にベンゼンを加えて、よく振り混ぜながら60度で反応させた
ベンゼン10gを用いて実験を行ったところ、ニトロベンゼン9.8g得られた
このときのニトロベンゼンの収率は何%か。整数値で記せ

よろしくお願いしますm(__)m

528 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 11:58:13
>>527
62%

529 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 14:37:54
1eV=8.066×10^3cm^-1として2.0eVは何nmかを出す問題なのですが
単位をどうやって変換していけばいいかわかりません・・・。
どちらかというと数学的な問題ですが教えていただけると幸いです。

530 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 16:49:00
2.0eV=2.0*8.066*10^3cm^-1=(2*8.066*10^3)^(-1)*10^7=619.89 nm


531 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 19:15:12
>>473
東大生ですね?w

>>474
詳しくお願いします…

532 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 19:17:45
主量子数、方位量子数、軌道磁気量子数の組み合わせが(n,l,m)の状態にある原子が光を放出して遷移する場合について、方位量子数lと軌道磁気量子数mに関する遷移則を求めよ。

よろしくお願いします。

533 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 19:23:55
>>531
東大生さまにわからないことが私たちにわかるわけないじゃないですかあ〜やだなあ〜

って君らはこれから言われ続ける運命なんだから、今のうちから言っておくぞ。



すみません、雑談禁止なのは重々承知してるんですが、
この国が危ないような気がして、つい……

534 :523:2006/07/16(日) 20:27:13
>>524

どれも落ちてて見れません・・・

535 :あるケミストさん:2006/07/16(日) 21:20:45
塩化亜鉛:ZnCl2 → Zn^2+ + 2Cl^-
硫酸銅(II):CuSO4 → Cu^2+ + SO4^2-
硝酸鉛(II):Pb(NO3)2 → Pb^2+ + 2NO3^-
硫酸カリウム:K2SO4 → 2K^+ + SO4^2-
炭酸ナトリウム:Na2CO3 → 2Na^+ + CO3^2-
酢酸カリウム:CH3COOK → K^+ + CH3COO^-
ヨウ化カリウム:KI → K^+ + I^-
塩化銅(II):CuCl2 → Cu^2+ + 2Cl^-
硝酸アンモニウム:NH4NO3 → NH4^+ + NO3^-

536 :523:2006/07/16(日) 23:31:59
>>535

ありがとうございます、助かりました。

537 :あるケミストさん:2006/07/17(月) 01:58:43
>>534
機種依存文字使うなボケ
っていわれてんだよ!

>>535
シネ
ルール守れないクズが!

538 :あるケミストさん:2006/07/17(月) 02:53:40
2−ブチンを1−ブチンから作るための合成経路を示せ。

お願いします。

539 :あるケミストさん:2006/07/17(月) 05:35:54
>>531
>詳しくお願いします…
ヤダっていうか、>>1の2−4を読め。ルール違反だ。

>>538
1-ブチン+2HBr → 2,2-ジブロモブタン
2,2-ジブロモブタン+2KOH → 2-ブチン

540 :あるケミストさん:2006/07/17(月) 22:42:20
空気を窒素78%、酸素21%、アルゴン1%(体積百分率)の混合気体とする。
(1)空気を度、1atmで22.4lとると、その中の窒素、酸素、アルゴンの質量はそれぞれ何グラムか?
(2)空気の見かけの分子量はいくらか?

お願いします><

541 :あるケミストさん:2006/07/17(月) 23:16:27
(1) N2=0.78*28=21.8g、O2=0.21*32=6.72g、Ar=0.01*40=0.4g、
(2) 21.8+6.72+0.4=28.9

542 :あるケミストさん:2006/07/18(火) 22:36:22
Na2Co3 標準溶液の調整でメチルオレンジ使って滴定するのと
フェノールフタレインで滴定するのとどう変わりますか?

ある酸(1価)の水溶液、 20ml に、 0.1000N-アルカリ水溶液 30ml を加えて
0.1031N-酸 水溶液で滴定し、9.66ml を得た。
ある酸の水溶液の濃度はいくらか?

よろしくお願いします

543 :あるケミストさん:2006/07/18(火) 23:45:28
フェノールフタレインは、pH10以上で赤紫色で8.3以下で無色になるから第1等量点が分かる。
メチルオレンジはpHが3(赤)から4.4(橙色)だから第2等量点が分かる。
C*(20/1000)+0.1031*(9.66/1000)=0.1000*(30/1000)、C=0.100M

544 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 00:35:36
>>543
ありがとうございます、助かりました

545 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 01:06:47
なぜスクロースではメイラード反応が起こらないのか、なぜフルクトースはグルコース等よりメイラード反応の進行が早いのか、この二つの質問に対しての回答をお願いします!よろしくお願いします

546 :あるケミストさん :2006/07/19(水) 01:16:51
放射性同位体を利用した具体例を一つあげよ

お願いします!

547 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 01:19:30
>>546
原発

548 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 01:48:38
酢酸亜鉛1.5gを水5ml、エタノール5mlの混合溶液に溶解した、この濃度は?

よろしくお願いします。

549 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 01:52:25
>>548
>>1

550 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 02:43:46
>549
これしか問題に書かれてません。。。

551 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 03:00:23
この問題の答え教えて下さい。どうぞよろしくお願いします。

@15°=45°−30°として、加法定理を用いて次の値を求めよ。

(1)sin15°=sin(45°−30°)

(2)cos15°

(3)tan15°

答え1.  2.  3.


A105°=60°+45°として、加法定理を用いて次の値を求めよ。

(1)sin105°

(2)cos105°

(3)tan105°

答え1.  2.  3.

552 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 03:07:16
1グラムは何ミリグラムですか?

553 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 07:43:46
>>551
板違い

>>552
1000mg

554 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 09:07:04
>>546
年代測定

>>548
水5ml、エタノール5mlの混合溶液が何mLになるか不明なため、
解答ナシ。

555 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 12:10:55
テレフタル酸ジメチルとエチレングリコールからPETを作る時に両モノマーを1モル用いた時に数平均分子量が約19200となる反応度はいくつですか?

556 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 20:59:29
炭素、水素、酸素からなる分子量250以下の化合物A、Bがある
化合物A、Bの分子式は同一でA、Bは互いに構造異性体の関係にあるが不斉炭素原子は存在しない
化合物A24.5mgを完全燃焼させると水19.4mgと二酸化炭素56.7mgがそれぞれ得られた
化合物A50.0mgを完全に加水分解したところ、化合物C25.4mg、化合物D13.2mgおよび化合物E19.2mgがそれぞれ得られた
同様に化合物B50.0mgを完全に加水分解したところ、化合物D13.2mg、化合物F25.4mgおよび化合物G19.2mgがそれぞれ得られた
化合物C、D、E、F、Gは全て水に溶け、化合物C、Fの水溶液は弱い酸性を示した
化合物D、E、Gは不飽和結合をもたない炭素数2以上の化合物で、それらの水溶液は中性であった
化合物D、E、Gを二クロム酸カリウムの希硫酸溶液で穏やかに酸化すると、D、Gから化合物H、Iがそれぞれ得られたがEは酸化されてかった
化合物Hをアンモニア性硝酸銀水溶液中に加えて60度まで温めたところ、銀が析出したが、化合物Iに同様に処理しても銀は析出しなかった
化合物C、Fを別々に試験官に入れて加熱したところ、Cからは脱水生成物が得られたが、Fからは脱水生成物が得られなかった
1molのCあるいはF、臭素1molと反応してそれぞれ付加生成物を与えた
(1)化合物ABCDEFGの分子式を記せ
(2)化合物ABHIの示性式を記せ

よろしくお願いしますm(__)m

557 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 21:50:49
2C4H10+13O2→8CO2+10H2Oの反応をブタン116gと酸素64.0g
を用いて行った。得られる水の質量はどのくらいか?

お願いします。

558 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 22:18:05
>>555
H=19.4*2/18=2.16mg、C=56.7*12/44=15.5mg、O=24.5-(H+C)=6.84mg から、
C:H:O=15.5/12:2.16:6.84/16=3:5:1 で、Aは(C3H5O)n。
また加水分解から 50.0*2*18/M=(25.4+13.2+19.2)-50、M=230.8=(C3H5O)n より n≒4 (M=228)
Dの分子量xについて、13.2/x=50.0/228、x≒60、以上から、
A:C12H20O4、B:C12H20O4、C:C4H4O4/マレイン酸、D:C3H8O、E:C5H12O、
F:C4H4O4/フマル酸、G:C5H12O
A:(CH3)2(C2H5)C-OCO-CH=CH-COO-C3H7、B:(C2H5)2CH-OCO-CH=CH-COO-C3H7
H:C2H5-CHO、I:C2H5-CO-C2H5

559 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 22:38:18
>>558
ありがとうございましたm(__)m

560 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 23:03:36
酸化亜鉛のエネルギーギャップとSiのエネルギーギャップや
ポリエチレンなどの有機物固体のエネルギーギャップとを比較すると
差が生じている、この原因は?

561 :キング:2006/07/19(水) 23:09:21
  キング

562 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 23:13:54
準安定ヘリウムについて
なんですけどこれはエキシマレーザーなど
レーザーに主に使われていますよね?
それ以外の用途ってないのでしょうか?

563 :あるケミストさん:2006/07/19(水) 23:42:42
準安定ヘリウムについて
なんですけどこれはエキシマレーザーなど
レーザーに主に使われていますよね?
それ以外の用途ってないのでしょうか?

564 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 00:46:29
>>562
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1148827509/563
おまえ、ここでも聞いてるだろ。
マルチシネよ。

565 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 02:05:56
(1)球面調和関数Ylm(θ,Φ)や、|Ylm(θ,Φ)|~2の特徴を、軌道角運動量量子数lと、磁気量子数mへの依存性に注意して論ぜよ。
(2)球面調和関数の実数形を用いる利点について論ぜよ。

よろしくお願いします。

566 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 02:10:50
原点に置かれた電荷Qによる電場が、クーロンの法則からわずかにずれていたとする。
E(r)=kQ/r~2 exp(-αr)…@
ここで、k,αは定数で、それぞれK=1/4πε,α>0である。このとき、電場の発散を求めよ。
さらに、原点を中心とする半径(1/α)の球を考え、式@の表面積分と、上で求めた電場の発散の体積積分が一致することをあらわに示せ。

お願いします。

567 :あるケミストさん :2006/07/20(木) 02:46:00
(1)原子の大きさは、同じ周期の中で順にどのように変化していますか?
(2)原子の大きさは、同じ族の中で順に、どのように変化していますか?
(3)陽イオンの大きさは、その原子の大きさと比べてどうなっていますか?
(4)陰イオンの大きさは、その原子の大きさと比べてどうなっていますか?
(5)原子の類似性、周期性と電子配置の関係はどのようになっていますか?
を、教えてください。お願いします。

568 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 13:25:20
>>557
ブタン=116/58=2.0mol、酸素=64.0/32=2.0mol より、 反応式から 水=2.0*(10/13)*18=27.7g

569 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 14:51:53
文字 aとb とで作られる文字列(”ab語”と呼ぶ)を次のように定義する。
 1. 最初は aba 
2. Xがすでに作られた”ab語”とするとき、aXa は
   ”ab語”である。

このとき、すべての ”ab語” には文字 a が偶数個表れることを
構造帰納法によって示してください。

570 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 15:03:00
>>569
論理学板でお願いします。

571 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 16:52:34
シュウ酸1molって何g?

572 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 16:54:52
蓚酸1molは、90.03548g

573 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 17:07:43
>>572
ありがとう!(´Д⊂
マジ感謝。
それって(C12g+O16g+O16g+H1g)*2=90gだから、
っていう考え方で合ってますか?

574 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 17:08:27
100gの水に、ある物質1gを溶かした溶液の蒸気圧は100℃で759.6oHgである。この物質の分子量はいくらか?を教えてください。お願いします。

575 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 17:10:16
アミノ酸の溶解度が等電点のときに最小になるのは何故ですか?

576 :571:2006/07/20(木) 17:19:05
まじ>>572さんに感謝。家庭教師料500円払いたい…(´Д⊂

577 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 17:56:44
>>573
おkー。
>>574
760*(100/18)/{(100/18)+(1/M)}=759.6、M=341.8

578 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 18:43:19
目の錯覚
http://www.winterrowd.com/illusions/
なんこわかる?



579 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 19:49:54
>>565
どなたかよろしくお願いします。

580 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 22:19:16
水に溶けたアニリンと安息香酸から
エーテルを用いてアニリンを抽出した。
どういう原理によりこの現象が起こるのかを説明せよ。

なぜ安息香酸もエーテルにより
抽出されないのかが分かりません。
どうか宜しくお願いします。

581 :有田焼:2006/07/20(木) 22:43:00
「2個の原子が結合する場合に電子雲の重なり方について
可能な場合を想定しなさい。」がわかりません。
どうかよろしくお願いします!

582 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 22:52:41
>>580
抽出の際、塩基性の水溶液使ってない?アニリンは塩基性、
安息香酸酸性だから、塩基性の水溶液使えば安息香酸を塩として
水溶液中に溶解できる。
そこで溶けなかったアニリンをエーテルで抽出だろ


583 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 22:57:56
原子の波動関数は、電子の奇数回の置換に対して反対称である。
また、2つの電子が全く同一の状態を占めることは出来ない(Pauliの排他律)。
これらの要請を満たすために、原子の電子状態は
(  )行列式で示される。


この括弧の中って
永年で良いのでしょうか?
永年方程式とは言っても永年行列式とは
あまり言いませんよね?

584 :あるケミストさん:2006/07/20(木) 23:31:31
>582
問題文には水としか書かれていませんねえ。
でも仰る通り塩基性だとうまくいきそうですね。
なるほど、ありがとうございました。

585 :あるケミストさん:2006/07/21(金) 03:54:11
等電集中法で電極の結線が間違っているとき、つまり塩基性側が正で酸性側が負になっているとき、には何が起こるか。
お願いします。教えて!!

586 :あるケミストさん:2006/07/21(金) 11:26:16
577
ありがとうございます。

587 :160:2006/07/21(金) 15:19:01
うんこがぶりぶり止まりません、どうしましょう?

588 :あるケミストさん:2006/07/21(金) 18:23:49
>>587
2-シアノアクリル酸エステルを肛門に詰めろ。

589 :あるケミストさん:2006/07/21(金) 21:20:17
純ケイ素は微細な結晶の集まりなので、二酸化ケイ素のるつぼのなかで融解する
このとき金属のるつぼを用いることはできない
この理由を述べよ

よろしくお願いしますm(__)m

590 :うぃる:2006/07/22(土) 00:05:02
シュレディンガー方程式について教えてください。


591 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 00:49:00
>>590
>>1はお読みになられたでしょうか?

592 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 07:00:34
>>583
スレーター(行列式)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E8%A1%8C%E5%88%97%E5%BC%8F

593 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 15:31:49
化学反応の半減期を求める実験において、
反応速度を一定に保ったのはなぜか。
アレニウスの式に基づいて理由を説明せよ。

アレニウスの式とどうつなげればいいのかよく分かりません。
宜しくお願いします。

594 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 15:36:48
>>593
アレニウスの式より、反応速度係数は温度の関数である。
半減期はある化学種が一定の速度で減少するときに定義される。
ゆえに温度は一定である必要がある。

595 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 15:39:28
>>590
質問の内容が茫漠としすぎている。
もっと具体的に何が問題か書け。
それとマルチはすんな。どれか一つ残してあとは撤回してこい。
話はそれからだ。

596 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 20:47:43
>594
ありがとうございましたm(__)m

597 :有田焼:2006/07/22(土) 21:07:10
「原子中の電子軌道の形について知ってることを書きなさい」と
いうものがぜんぜんわかりません。教えてください。どうかよろしく
お願いします。


598 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 21:14:21
電解精錬の問題で、途中まで解けたのですがわからなくなってしまったので質問させていただきます。

AgNO3 aq中に 陰極:Ag板 陽極:Auを含んだ粗銀 を浸し2.4Fの電気量をかけました。

このとき100gの粗銀中のAuの含有量の範囲を不等号を使って表せ。不可能な場合は理由を示せ。

です。
どなたか解ける方がいらっしゃいましたらアドバイスを御願いいたします。


599 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 21:16:19
>>598です。
すみません、大事な条件を抜かしてしまいました。

「反応後、両極の板の重量の和には変化がなかった」
が加わります。

600 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 21:47:07
(1)球面調和関数Ylm(θ,Φ)や、|Ylm(θ,Φ)|~2の特徴を、軌道角運動量量子数lと、磁気量子数mへの依存性に注意して論ぜよ。
(2)球面調和関数の実数形を用いる利点について論ぜよ。

よろしくお願いします。

601 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 21:48:40
重量の和に変化がなければAuが含まれてないんじゃねーのかな。

602 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 22:52:14
>>598
陰極ではAg++e-→Agが主だが2H2O+2e-→H2+2OH-も一部起こる
反応条件によってその比率が異なり,問題の様なケースは条件不足なので不可能

603 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 23:17:13
>>601
やはり、そうなってしまうのでしょうか・・・?
同じような問題がもう一題あって、どちらかはなんとなく答えが出そうな雰囲気なのですが・・・
>>602
厳密に考えるとそうなのでしょうが、出題者はそこまで深読みすることを望んでないのでは・・・?
というのが私の考えなのですが、

やはり解けない問題なのでしょうか・・・?

604 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 23:26:07
>>603
まるなげされた回答に対して説明を求めたり
さらに相談したりしてはいけません。
>>1呼んでルール守ってよ。

605 :あるケミストさん:2006/07/22(土) 23:41:01
>>604
申し訳ない。認識不足でした。
回答を頂いた方がたはありがとうございました。

606 :あるケミストさん:2006/07/23(日) 01:31:25
最近は、100年間褪色しないといわれる印画紙が使われているが、
100年かけてこれを確かめることは事実上不可能である。
短期間でこれを確かめるにはどうしたらよいか考えよ。
たとえば、色素の褪色反応の活性化エネルギーが60kJ/molであった場合、
20℃で100年間褪色しないことを6ヶ月で証明するためには、
どのような条件で試験を行えばよいか考察せよ。

よろしくお願いします。


607 :あるケミストさん:2006/07/23(日) 09:31:20
>>606
印画紙を60℃で6ヶ月保存

608 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 01:26:58
動径固有関数Rnl(r)は軌道角運動量量子数l=0のときとl≠0の場合ではどうかわりますか?

よろしくお願いします。

609 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 01:55:07
溶液の濃度に関する問題です。

10%ショ糖溶液と5%塩化カリウム溶液の混合溶液500mlに、28%ショ糖溶液と
固形の塩化カリウムを混ぜて15%ショ糖溶液と5%塩化カリウム溶液の
混合溶液800mlにしたい。
28%ショ糖溶液何mlと固形の塩化カリウム何gを混ぜればよいか。
但しすべての溶液の密度は1.0とする。

よろしくお願いします。

610 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 11:13:31
>>609
何か問題おかしくね?

611 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 15:38:14
密度1.0より混合溶液500mlには、ショ糖=0.1*500=50g、塩化カリウム=0.05*500=25gを含む。
固形の塩化カリウムの溶解による体積変化を無視すると、
(50+0.28x)*100/800=15%、x=250ml、また (25+y)*100/800=5%、y=15g から、
28%ショ糖溶液を250ml、塩化カリウムを15g混ぜて更に水を300-250=50ml加える。

612 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 16:10:25
>>611
水ってなんだよw

613 :あるケミストさん :2006/07/24(月) 19:58:57
次の化合物の混成軌道と孤立電子対の数を示せ。
CCl4
BeF2
OF2
H2O2
N(CH3)3

よろしくおねがいします。

614 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 20:33:45
過酸化水素水の分解反応式から2モルの過酸化水素水から1モルの酸素が発生することが分かる。
3%(wt)の過酸化水素水150g中の過酸化水素量は4.5gであるとして何mlの酸素が発生するか。
ただし、酸素1モルの体積は、標準状態で<101.3hpa(1気圧),0℃>で22400mlである。

よろしくお願いします。

615 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 21:07:04
>>614
(4.5/34)*(1/2)*22400=1482ml

616 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 21:11:27
>>615
ありがとうございました。

617 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 21:36:59
リン酸の三段滴定です。宜しくお願いします

0.1Mリン酸50mlを、0.1M水酸化ナトリウム水溶液で滴下

@50ml滴下したときのpH
A75ml滴下したときのpH
B100ml滴下したときのpH

ただし
H3PO4⇔H++H2PO4- Ka1 = 1.1×10^-2 pKa1=1.96
H2PO4-⇔H++HPO4^2- Ka2 = 7.5×10^-8 pKa2=7.12
HPO4^2-⇔H++PO4^3- Ka3 = 4.8×10^-13 pKa3=12.32

618 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 21:42:09
天然物から抽出し、精製したある油脂Aの構造を明らかにするために以下の実験を行った
実験1:油脂A44.1gを水酸化ナトリウム水溶液で加水分解すると、4.60gのグリセリンとともに、直鎖不飽和脂肪酸Bと直鎖飽和脂肪酸Cのそれぞれのナトリウム塩が得られた
実験2:油脂A3.00gに白金触媒存在下で気体水素を反応させると、305mlの水素が消費され、油脂Dが得られた
油脂Aは不斉炭素原子を含んでいたが油脂Dは不斉炭素原子を含んでいなかった
実験3:二重結合を含む化合物R−CH=CH−R'をオゾン分解すると、二重結合が開裂し、2種類のアルデヒドが生成する
脂肪酸Bをメタノールと反応させてエステル化した後に、オゾン分解すると3種類のアルデヒドが1:1:1の物質量の比で得られた
(1)油脂Aの分子量を求めよ
(2)油脂Aの1分子に含まれる二重結合の数を求めよ
(3)脂肪酸Bの示性式を示せ
(4)脂肪酸BおよびCをそれぞれR1COOH、R2COOHと略記する
R1、R2を用いて油脂AおよびDの示性式を示せ

よろしくお願いしますm(__)m

619 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 21:54:29
>>617
(1) 第1当量点:pH=(pK1+pK2)/2=4.54
(2) 中間点:pH=pK2=7.12
(3) 第2当量点:pH=(pK2+pK3)/2=9.72


620 :ケミスト:2006/07/24(月) 21:54:53
次の物質を水に溶かしたとき、酸性を示すもの、塩基性を示すもの、中性を示すものに分類しなさい。
NaCl、HNO3、Ca(OH)2、NaHCo3、CaCl2、クエン酸、シュウ酸、酸素、水素

よろしくお願いいたします。

621 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 22:00:48
酸性:HNO3、クエン酸、シュウ酸
塩基性:Ca(OH)2、NaHCO3
中性:NaCl、CaCl2、酸素、水素

622 :ケミスト:2006/07/24(月) 22:03:16
ありがとうございました。

623 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 22:04:09
>>619
大変助かりました。お手数かけました、ありがとうございます。

624 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 22:26:43
0.1NのHCl水溶液250mlをつくるのに濃塩酸と脱イオン水それぞれ何ml必要か?
ただし市販の濃塩酸の規定度を12Nとする。

N=規定度





お願いします。

625 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 23:14:03
0.1*(250/1000)=12*(x/1000)、x=2.08ml、250-2.08=247.9ml

626 :あるケミストさん:2006/07/24(月) 23:51:23
風呂を沸かして入ることにする。
給水温度は20℃で浴温は40℃にしたい。
ベンゼンを燃料として用い(そんな燃料は使わないけれど)、釜(優れた釜で、効率100%)を用い、
風呂桶の容量は200Lである。いま、ベンゼンの燃焼温度は298Kと考えてよい

1、用いられるバーナーではベンゼンをまず水素化してシクロヘキサンにし、これを燃焼させる。これらの反応を反応式でで示せ。
2、このときのベンゼンの水素化エンタルピーをその燃焼エンタルピーとシクロヘキサンの燃焼エンタルピーから計算せよ。
3、用いるベンゼンの質量をmkgとし、燃焼反応で得られるエネルギーを求めよ。生成するH2Oは気体である。
4、加熱に必要なエネルギーを求めよ。風呂桶から熱は放出されないと考えてよい。
5、加熱に必要なベンゼンの質量を求めよ。

多いですが、よろしくお願いします!

627 :あるケミストさん:2006/07/25(火) 00:05:22
>>618
(1) M=44.1*92.0/4.60=882
(2) A中の2重結合数をnとすると、(3.00/882)*n=0.305/22.4、n=4
(3) 3種類のアルデヒドを生成したからB中の2重結合は2つ。
よってA中にはBの2分子、Cの1分子がそれぞれエステル化している。またDは不斉炭素原子を含んでいなかったから
BとCの炭素数は同じ。炭素数をnとして、41+(44+12n+2n-3)*2+(44+12n+2n+1)=882、
n=17から、B:C17H31COOH (リノール酸)
(4) A:CH2(OCOR1)-CH(OCOR1)-CH2(OCOR2)、D:C3H5(OCOR2)3

628 :あるケミストさん:2006/07/25(火) 00:09:41
>>611
遅くなってすみません。
大変助かりました。ありがとうございました。

629 :あるケミストさん:2006/07/25(火) 00:11:44
計算過程はイラネ、値、最後の式だけ書け

あと、質問スレや宿題スレにここと同じノリでレスすんな

630 :あるケミストさん :2006/07/25(火) 03:30:51
Q2.窒素2原子分子の結合次数を求めよ。ただし求めた(考えた)過程がわかるように記すこと。

Q3.窒素2原子分子陽イオンN2+の結合の強度は、窒素2原子分子のものと比べて
   どのようになっていることが予想されるか。両者の結合次数の比較に基づいて述べよ。

こんな時間ですが、よろしくお願いします。

631 :あるケミストさん:2006/07/25(火) 09:35:27
>>630
解るけどマルチには教えない

632 :あるケミストさん:2006/07/25(火) 09:38:08
水素原子の電子の動径分布関数P(r)と陽子から電子までの
距離rのプロットから水素分子の平衡核間距離が分かるそうなのですが
どうやればそれが分かるのかが分かりません。
水素原子の電子のP(r)の極大値は0.529Å(ボーア半径)、
水素分子の平衡核間距離は0.741Åです。
まったくこれらの相関関係が分かりません。
自分でも考えたり本で調べたりしてみましたが
どうしても分かりませんでした。
どうかよろしくお願い致します。

633 :あるケミストさん:2006/07/25(火) 12:21:38
>>632
>>1

634 :あるケミストさん :2006/07/25(火) 18:08:52
>631

バカだからわかんな〜いwww

635 :あるケミストさん:2006/07/25(火) 18:19:24
ハァ?

636 :あるケミストさん:2006/07/25(火) 18:31:34
>>630がリアルに分からないやつなんているのか?

637 :あるケミストさん :2006/07/25(火) 20:25:28
いるから書き込みがあるんでないのか?ww


638 :あるケミストさん:2006/07/25(火) 20:43:20
>>630
Q2. log2
Q3. 4:3


639 :あるケミストさん:2006/07/25(火) 21:19:34
>>630
ζ(2)
ζ(3)

640 :あるケミストさん:2006/07/25(火) 21:43:20
チーグラー・ナッタ触媒を用いたポリプロピレンの工業的製法と
反応機構について一つ述べよ。
東工大1年ですが分かりません。どなたか教えて頂けませんか?

641 :あるケミストさん :2006/07/25(火) 23:06:40
ブタジエンのπ電子エネルギーは4α+4.4472β・・・A
エチレン2個分のπ電子エネルギーは4(α+β)・・・B
1.非局在化エネルギーを求めよ
2.非局在化エネルギーの大きさを求めよ
1.2.はそれぞれA-B、B-Aのどちらですか
答えと簡単な説明をお願いします。



642 :あるケミストさん:2006/07/25(火) 23:34:55
pHが7の純水(H2O)において、どのくらいの割合のHがH+になっているか?
(1)水全体に対するH+の重量%、
(2)水素原子全体に対するH+の個数の割合(%)を求めよ。
H=1、O=16、水のイオン積を10^−14mol^2/l^2、水の密度を1g/cm^3とする。

よろしくお願いします。

643 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 00:12:28
>>641
↓で同じ質問してる人がいるから参考にするといいおー
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1153206974/227

644 :あるケミストさん :2006/07/26(水) 00:26:32
>>643
こっちで聞け と言われてきました

645 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 02:56:40
>>641
マルチ死ね

646 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 09:23:44
水のイオン積の値は温度が上昇するとどうなるか。
理由とともに60字以内ど述べよ

647 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 10:52:40
>>642
(1) 水1L=1000gの場合を考えると、1*10^(-7)*100/1000=10^(-8)%
(2) 10^(-7)*100/(2*1000/18)=9*10^(-8)%

648 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 11:15:00
理科です!わかるやつだけでもいいのでお願いします。

(1) 1Vの電圧で1Aの電流が流れているときの電力は何Wか。
(2) 1Wの電力で1秒間に発生する熱量は何Jか。
(3) 60Wの電球に100Vの電圧をかけたときに流れる電流は何Aか。
(4) 電熱線に5Vの電圧をかけたところ4Aの電流が流れた。
 この状態で1分間たつと何Jの熱量が発生するか。
(5) 抵抗が2Ωの電熱線に5Aの電流を流した。
 この状態で2分間立つと何Jの熱量が発生するか。
(6) 抵抗が3Ωの電熱線に10Vの電圧をかけた。
 この状態で5分間立つと何calの熱量が発生するか。(ただし1J=0.24cal)
(7) 有る電熱線に100Vの電圧をかけたら2Aの電流が流れた。
 このとき消費する電力は何Wか。
(8) 消費電力が1200Wの電気ポットを5分間使った。
 このとき発生した熱量は何Jか。



649 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 11:18:40
>>648
ここは化学板だが・・・

650 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 12:21:04
>>646
過去に東大に出てる

651 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 12:26:14
電離は灸熱反応。

652 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 12:59:56
>>648
ナイスボケwww

653 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 13:04:28
(1) 1W、(2) 1J、(3) 0.6A、(4) 1200J、(5) 6000J、(6) 240cal、(7) 200W、(8) 360000J

654 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 13:55:04
>>647
ありがとうございました。

655 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 15:49:52
BH3は二量体を作るのに
BX3(Xはハロゲン原子)は単量体を
作る理由を述べよ。

どうかよろしくお願い致します。

656 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 15:56:36
実は今化学を独学で学んでるんですが、この問題がわかりません。解き方、解答お願いします。


標準状態で2.0リットルを占める分子式C3H8の気体を燃焼させたところ、
水と二酸化炭素だけが生成した。燃焼に使われた酸素の体積は、
標準状態で何リットルか。適当な数字で答えよ。

657 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 16:03:40
オキシンのマグネシウム錯体とアルミニウム錯体とでは
どちらが水/クロロホルム2相系で抽出されやすいか
その理由とともに説明せよ。

宜しくお願いします。

658 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 16:15:32
次の現象を化学反応式で記せ。

(a)金属ナトリウムをメタノールに入れたら、激しく反応して溶けた。
(b)ジボランをメタノールに通すと、気体が発生した。
(c)塩化コバルト(叫を無水エタノールに溶かしたら青色になった。この溶液に水
を加えたら桃色に変わった。
(d)硫酸ニッケル(U)水溶液にシアン化カリウム水溶液を少しずつ加えると、沈殿
が生成した。さらにシアン化カリウム水溶液を加えるとその沈殿は溶解し、
この溶液を濃縮すると反磁性の橙赤色結晶が得られた。

どうかどうかよろしくお願い致します。

659 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 16:16:30
すんません、変な文字が入りました。
次の現象を化学反応式で記せ。

(a)金属ナトリウムをメタノールに入れたら、激しく反応して溶けた。
(b)ジボランをメタノールに通すと、気体が発生した。
(c)塩化コバルト(U)を無水エタノールに溶かしたら青色になった。この溶液に水
を加えたら桃色に変わった。
(d)硫酸ニッケル(U)水溶液にシアン化カリウム水溶液を少しずつ加えると、沈殿
が生成した。さらにシアン化カリウム水溶液を加えるとその沈殿は溶解し、
この溶液を濃縮すると反磁性の橙赤色結晶が得られた。

どうかどうかよろしくお願い致します。

660 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 16:31:01
>>656
C3H8+5O2→3CO2+4H2O から、2.0*5=10L

661 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 18:04:03
鉄錯体には高スピン状態と
低スピン状態の可能性があるが
これらを区別する実験を2つ提案し
それらの実験で2つを区別できる理由を述べよ。

662 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 19:14:10
a) 2CH3OH + 2Na → 2CH3ONa + H2↑
b) B2H6 + 4CH3OH → 2HB(OCH3)2 + 4H2↑
c) CoCl2 → Co^2+ + 2Cl^-、Co^2+ + 6H2O → [Co(OH2)6]^2+
d) Ni^2+ + 2OH^- → Ni(OH)2↓、Ni(OH)2 + 4CN^- → [Ni(CN)4]^2- + 2OH^-、2K^+ + [Ni(CN)4]^2- → K2[Ni(CN)4]

663 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 19:42:02
HB(OCH3)2 の名称って何なんでしょうか?



664 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 19:47:26
ジメトキシボランかな

665 :あるケミストさん:2006/07/26(水) 21:52:38
酸化水銀(ll)を加熱すると次のように分解する
2HgO(固)⇔2Hg(気)+O2(気)
この式の酸化水銀(ll)の解離平衡で、平衡状態にある水銀蒸気の分圧をpHg、酸素の分圧をpO2とすると
この反応の圧平衡定数はKp=pHg^2*pO2
と表される
(1)ある量の酸化水銀(ll)を真空密閉容器に封入し、一定温度に保って放置したところ、上記の平衡状態に達し、混合気体の全圧がPatmになった
この温度における上記の反応の圧平衡定数KpをPを用いた式で示せ
(2)0.1molの酸化水銀(ll)を容積1,0lの真空密閉容器に封入し、温度を447度に保って放置したところ
上記の平衡状態に達し、混合気体の全圧が810mmHgになった
このとき液体の水銀は存在しない理由を記せ
また、このとき解離した酸化水銀(ll)の割合は何%か
(3)0.30molの水銀と0.10molの酸素を容積1.0lの真空密閉容器に封入し、温度を357度に保って放置したところ平衡状態に達した
このとき水銀蒸気の分圧と酸素の分圧を求めよ
ただし、357度における上記の反応の圧平衡定数Kpの値は2.19*10^(-4)atm^3とする

よろしくお願いしますm(__)m

666 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 00:14:25
(1) mol比が Hg:O2=2:1だから、pHg=(2/3)*P、pO2=(1/3)*P、Kp=(pHg^2)*(pO2)=4P^3/27
(2) (810/760)*1=n*0.0821*(273+447)、n=0.0180molの混合気体が存在するから、
Hg(気)=(2/3)*0.0180=0.012mol存在している。0.1α=0.012、α=0.12=12%
(3) (0.30-2x)^2*(0.10-x)*(RT)^3=2.19*10^(-4)、これを解いて、pHg=(0.30-2x)RT、pO2=(0.10-x)RT

667 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 06:30:20
>>666
ありがとうございましたm(__)m

668 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 07:00:04
アルケンの三種類の合成法
1アルキンの水素付加による合成
2witting反応による合成
3脱離反応による合成
についてそれぞれの概要と利点欠点について述べよ。
 
教えてください、お願いします。

669 :655:2006/07/27(木) 09:26:52
どうかどうかよろしくお願い致します_| ̄|○

670 :657:2006/07/27(木) 11:39:20
お願いしますよー。
せめてヒントだけでもー

671 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 11:47:40
ウィリアムソンのエーテル合成法を用いてオキソランを合成せよ。


教えてくださいお願いします><

672 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 13:13:22
>>656
C3H8+5O2→3CO2+4H2O

22.4:22.4*5=2.0:χ
(22.4*5*2.0)/22.4=χ
χ=10.0L

673 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 13:19:37
100Wの黄色(550nm)の電球から放射される光子1個のエネルギーが
3.61*10^-19で
この電球は毎秒2.00*10^18個の光子を放出した。これらの光子は電球が
放出するエネルギーの何%を運ぶか?
(2.00*10^18)/(3.61*10^-19)やっても答えが間違ってるのですが
どうやって解けばよいのでしょうか?

674 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 14:41:47
お願いします(ーー;)
光通信用ガラスファイバーにおいて、光損失を引き起こす原因を4つにわけて説明せよ。
またこの損失を低減させるためにはどのようなことに留意する必要があるか?
それsぞれについて具体例をあげて説明せよ。。。。

675 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 15:16:24
レイリー、ブリルアン、ラマン、
あとなんだっけ??

676 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 15:23:14
ラングミュラー

677 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 16:49:18
水和物って潮解しやすいのでしょうか?

お願いします。

678 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 16:55:53
>>677
http://www.adult-info.jp/toukou/050movie/img/017.jpg

ここで聞くと絶対に答えが返ってくるよ。

679 :みゃこ:2006/07/27(木) 18:59:32
|д゚)久しぶりです。
|д゚)見事に基礎科学と分析化学単位落としました(ノД`)シクシク
|д゚)来年受けなおすのやだな(ノД`)シクシク
|д゚)でも、再試でがんばる!
|д゚)例題は貰ったんだけど解けない(ノД`)シクシク
|д゚)頭いい人教えてね+。゚d(゚д゚o)゚。+

問1 アンモニア(HN3 aq)は、1Mで解離度0,004である。次の問いに答えなさい。
 (1)NH3の解離定数を求めよ。
 (2)0.05Mのアンモニアの解離度を求めよ。
 (3)PH10のアンモニア水の濃度を求めよ。
ヒント NH3 + H2O = NH4プラス + OHマイナス 

解離定数 Kd =[NH4プラス][OHマイナス] / [NH3][H2O]       /は分数ということ  

問2 1mMのジプロトン酸(H2A)溶液がある。この酸の第一、第二解離定数はそれぞれ6.2×10マイナス5乗、2.3×10マイナス6乗である。次の問いに答えなさい。
(1)溶液中に存在する水以外の化学種を挙げよ。
(2)A2マイナスの生成と、その濃度を無視でき[OHマイナス]<<[Hプラス]であるとして、溶液のPHを求めよ。

ヒント H3PO4溶液に存在する化学種とはH3PO4、H2PO4マイナス、HPO42マイナス、PO43マイナス、Hプラス、OHマイナスです。
この問題の場合は、具体的な酸ではないので注意を。

問3 酢酸、酢酸ナトリウムについてそれぞれ0.1Mの緩衝溶液がある。
(1)この緩衝溶液1Lの緩衝液のPHを求めよ。
(2)この緩衝溶液に1MNAOHを10mL加えたときのPHを求めよ。なお、酢酸の解離定数Ka=1.8×10マイナス5乗とする。また、NAOH添加による溶液の推積は変化しないものとする。

問4
(1)CUSO4・5H2Oの結晶を用いて5ppmのCU2プラス水溶液を500mL作るには何グラム量りとればいいか。
(2)炭酸カルシウムを用いて、10ppmのCa2プラス水溶液を500mL作るにはどうしたらよいか。
ヒント (2) PPbは非常に小さい値なので、秤量して水に溶かすだけではできない。

680 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 19:22:01
マルチは単位落とした上氏ね

681 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 20:06:26
>>679
[1]
(1) Kb=0.004^2/(1-0.004)=1.60642570281124*10^(-5)
(2) (0.05α)^2/{0.05(1-α)}≒(0.05α)^2/0.05=Kb、α=√(Kb/0.05)=0.0179244285979288
(3) [OH^-]^2/(C-[OH^-])=10^(-8)/{C-10^(-4)}=Kb、C={10^(-8)/Kb}+10^(-4)=0.000722500000000002(M)
[2]
(1) H2A、HA^-、A^2-、H^+、OH^-
(2) A^2- の生成を無視するのであれば、2段階目の解離を無視することになるので、
[H^+]^2/(10^(-3)-[H^+])=K1、[H^+]^2+K1[H^+]-K1*10^(-3)=0、pH=-log[H^+]=3.65773466873605
[3]
(1) [H^+](0.1+[H^+])/(0.1-[H^+])≒[H^+]=Ka=1.8*10^(-5)M、pH=4.74472749489669
(2) [CH3COOH]=0.1-0.01=0.09M、[CH3COO^-]=0.1+0.01=0.11M から、
[H^+](0.11+[H^+])/(0.09-[H^+])≒[H^+](11/9)=Ka、[H^+]=(9/11)*Ka、pH=4.83187767061559
[4]
(1) 5ppm=5mg/L が500mlだから、Cu^2+=2.5mgを要するので、63.5x/(159.5+5*18)=2.5*10^(-3)
x=0.00982283464566929g
(2) 不明

682 :みゃこ:2006/07/27(木) 20:14:02
|д゚)ありがとうございます。
|д゚)とっても感謝です。


683 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 20:51:28
>>681-682
マルチ厨とマルチに解答厨はくランプにティンコ挟まれて氏ね

684 :あるケミストさん:2006/07/27(木) 20:52:09
[4]
(2) 10ppmを10ppbの誤りと見なす。[Ca^2+][CO3^2-]=Ksp=5*10^(-9) より、
CaCO3の飽和溶液の濃度は、√{5*10^(-9)}=7.1*10^(-5)M 程度になる。
10ppb=10μg/L=10^(-5)/40.08(M)=2.5*10^(-7)(M)=[Ca^2+] にすればよいから、
2.5*10^(-7)*100.087/2=1.2510875*10^(-5)g のCaCO3を水に溶かして500mlとすればよい。

685 :みゃこ:2006/07/27(木) 21:04:20
|д゚)ありがとぅ
|д゚)助かります。

686 :あるケミストさん:2006/07/28(金) 10:56:40
>>683
ティンコないから痛みがわからんのだよww

687 :655:2006/07/28(金) 12:15:54
どうかどうかよろしくお願い致します。



688 :あるケミストさん:2006/07/28(金) 15:35:04
NaOHの中和滴定を行う時にシュウ酸、塩酸、硝酸を使用しない理由はなぜか。
よろしくお願いします。

689 :あるケミストさん:2006/07/28(金) 16:40:51
酸化剤・還元剤は面倒だから

690 :あるケミストさん:2006/07/28(金) 17:43:55
>>655
ハロゲンの最外殻軌道のエネルギーはボロンや水素のそれよりかけ離れてるから。

691 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 12:27:16
最外殻軌道のエネルギーがかけ離れてるというのは
ボロンや水素と比べてエネルギーが大きすぎるということでしょうか?

692 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 12:55:52
化合物Bは分子式C8H9NOでベンゼン環をもつ。
Bに希硫酸を加えて煮沸したときの生成物の1つは酢酸だった。
この反応液な亜硝酸ナトリウム、次にフェノールの水酸化ナトリウム水溶液を加えたところ
橙赤色の化合物Cが生じた。B、Cの構造式をかけ。
お願いします。


693 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 13:06:19
B:C6H5-NH-CO-CH3/アセトアニリド、C:C6H5-N=N-C6H4-OH/p-ヒドロキシアゾベンゼン

694 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 13:13:05
>>692
B: acetanilide
C: 4-phenylazophenol

695 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 15:39:19
(1)室温でpH7における水分子の電離度を求めよ。また、0.01MHClにおける水分子の電離度を求めよ。
(2)0.015Mリン酸のpHを求めよ。K1=7.5*10^-3mol/l K2=6.6*10^-8mol/l K3=9.4*10^-13mol/lとする。
(3)0.1M硫酸ナトリウムのpHを求めよ。硫酸の第一解離を100%、第二解離を1.0*10^-2とする。
(4)4*10^-5Mの酢酸のpHを求めよ。酢酸のイオン解離定数を2*10^-5とする。
(5)0.1M酢酸ナトリウムのpHを求めよ。
(6)0.1M酢酸に0.1MNaOHを加え、pH4.7に調整した。このときの酢酸の電離度を求めよ。
(7)pH3.0の酢酸に水を加えてpH3.5にした。加えた水の量を求めよ。酢酸のイオン解離定数を2*10^-5とする。
(8)10^-3M,10^-8MのHClのpHを求めよ。

よろしくお願いします。

696 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 17:41:58
次の反応で生成する遷移金属錯体を描け.

(a) Fe(CO)5 と NaOH
(b) Fe(η5-C5H5)2 とn-C4H9Li
(c) Cr(CO)6とCH3Li を反応させ,さらに(CH3)3OBF4を反応させる.
(d) TiCl4 と Na(C5H5)

どうかどうかよろしくお願い致します。

697 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 17:56:01
(1) [H2O]=1000/18=55.6Mより、55.6α=[H^+]=10^(-7)、α=1.8*10^(-9)、
[HCl]=[H^+]=10^(-2)Mから、55.6α(10^(-2)+55.6α)/{55.6(1-α)}≒10^(-2)α=Kw/[H2O]、α=1.8*10^(-14)
(2) K1>>K2から、[H^+]^2/(0.015-[H^+])=K1、[H^+]^2+K1[H^+]-K1*0.015=0、[H^+]=7.5*10^(-3)、pH=2.1
(3) SO4^2- + H2O ⇔ HSO4^- + OH^-; Kh=Kw/K2=10^(-12) より、[OH^-]^2/(0.1-[OH^-])≒10[OH^-]^2=Kh、pH=7.5
(4) [H^+]^2/(4*10^(-5)-[H^+])=Ka、[H^+]^2+Ka[H^+]-4*10^(-5)*Ka=0、[H^+]=2.0*10^(-5)、pH=4.7
(5) [OH^-]^2/(0.1-[OH^-])≒10[OH^-]^2=Kh=Kw/Ka、[H^+]=√(10KwKa)、pH=8.8
(6) NaOHを加えることで [CH3COO^-]=x(M)になったとすると、[CH3COOH]=0.1-2x から、
10^(-4.7)(10^(-4.7)+x)/{(0.1-2x)-10^(-4.7)}≒10^(-4.7)x/(0.1-2x)=Ka、x=1/30、
0.1-2x=0.033M、[H^+]=0.033α=10^(-4.7)、α=6.0*10^(-4)
(7) 10^(-6)/{C-10^(-3)}≒10^(-6)/C=Ka、C=10^(-6)/Ka=0.05M、元の酢酸をV(L)とし水をx(L)加えるとすると、
10^(-7)/{CV/(V+x)-10^(-3.5)}=Ka、x=8.4V(L)
(8) [HCl]=10^(-3)Mは、pH=-log(10^(-3))=3
[HCl]=10^(-8)Mは、[H^+]{[H^+]-10^(-8)}=Kw、[H^+]^2-10^(-8)[H^+]-Kw=0、[H^+]=1.05*10^(-7)、pH=6.98

698 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 18:16:13
次の反応の化学反応式を記せ.ただし、それぞれは反応が進行する条件下に
あり、酸素および水素は過剰にあるものとする,
(1)ジボランと酸素
(2)カルシウムと水素
(3)三塩化リンと酸素
(4)デカカルポニル二マンガン(0)と水素

更に上記(2)と(3)の生成物が,それぞれ水と反応するときの化学反応式を記せ.

宜しくお願いします。

699 :657:2006/07/29(土) 18:24:37
お願いします。
どうか宜しくお願いします。

700 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 18:36:37
>>697
ありがとうございます!

701 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 21:43:59
Ca2+イオンの方がNi2+より
半径が大きいのはなぜか?

702 :あるケミストさん:2006/07/29(土) 22:33:35
>671
お願いします><

703 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 01:33:12
CO2は温室効果ガスとして保温効果を持つため、環境への影響が
心配されている。これは、CO2の分子としてのどのような性質によるものか?

どうかどうかよろしくお願い致します。

704 :661:2006/07/30(日) 03:47:50
お願いするであります。

705 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 07:06:01
>>693
ありがとうございました!

706 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 09:27:40
化合物Bは分子式がC9H8O2のベンゼン誘導体どある
Bに1molの水素を付加すると分子式がC9H10O2で示される化合物Cを生じる。
Cを水酸化ナトリウムの水溶液と加熱したあと
酸性にするとフェノールとカルボン酸Dを生じる。
BおよびDの構造式を書きなさい。

お願いします

707 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 09:32:26
>>703
C-O二重結合を持つ

708 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 09:42:51
>>703
地球放射が最大となる波長8〜13μmの赤外付近に吸収効率が低い窓領域がある。
ここでは、オゾンの9.6μmの吸収以外の効果は少ないため、
この付近に吸収構造を持つ温室効果気体の増加は、気温の上昇に大きく寄与する。
一方、赤外線を吸収する原因は、多原子分子の分子振動であり、
吸収される赤外線の振動数は分子の振動数と一致したものに限られる。
また、分子がその特定の赤外線を吸収する効率は、
分子振動に伴う電気双極子モーメントの変化量の2乗に比例する。
すなわち、二酸化炭素の二重縮重した変角振動が分子振動に伴い、
双極子モーメントが変化するモードであることから赤外線を吸収することが可能となり、
結果、二酸化炭素は地球放射を阻害することにより温室効果ガスとしてうんこちんちん。




709 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 10:36:11
>>706
B:C6H5-OCO-CH=CH2、D:C2H5-COOH

710 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 10:58:11
>>708
分かりやすい解答ありがとうございます。
つまりオゾンの吸収出来ない、つまり穴の空いた
波長の赤外線が地球に降り注いでいるわけですよね?
そして二酸化炭素の変角モードの振動数はちょうど
その赤外光の振動数と一致しているために
それを吸収してしまう。
こういうことでよろしいのでしょうか?

もし仮に二酸化炭素が地球上に
全く存在しなければ地球に降り注ぐ赤外線は
地面に反射され、また地球外に出て行くため
温暖化が起こることはないということですよね?



711 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 12:20:55
>>706
ありがとうございます

712 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 12:21:59
706×、709○

713 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 13:57:33
>>710
>1の1-5

714 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 14:12:24
気相で水素結合をもつ分子(二量体を含む)を
1つあげ、その名称を述べよ。


これって何なんでしょうか?
液体ならいくらでもありますが
気体状態で水素結合を作るものってありますか?

715 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 14:17:27
ベンゼン分子の主軸(6回軸)まわりの慣性モーメントを式で表せ。
ただし、炭素原子と水素原子の質量をそれぞれmc、mh、炭素間の結合距離をR
炭素原子と水素原子間の距離をrとせよ。


716 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 15:02:17
強電解質(HCl,NaCl,CH3COONa)の電気伝導度Λが電解質濃度cの平方根に対し
て直線的に減少する関係を,コールラウシュの平方根則と呼ぶ.これは,
イオン間の静電的な相互作用に基づいて説明されるが,その相互作用とは
どのようなものか,模式図を描いて説明しなさい.


717 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 15:18:24
お願いします。

ある化合物の分子量は100であり、
完全燃焼させると二酸化炭素と水のみがモル比5:4で生成した。
この化合物の分子式を示せ



718 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 15:24:31
>>717
C5H8 + 7 O2 = 5 CO2 + 4 H2O

719 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 15:33:53
>>718
どうもありがとうございます

720 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 15:36:15
久々に笑った

721 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 15:36:17
>>717
C,H からなるとすると、モル比がC:H=5:8で、(C5H8)n=100、68n=100、n≒1.5で不適。
C,H,O からなるとすると、(C5H8Om)n=100、(17+4m)n=25、17+4m=25、m=2,n=1で、C5H8O2

722 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 15:53:48
1、15W%の希硫酸(H2SO4)密度1.10g/mlのモル濃度はいくらか
 
2、次の科学反応式を完成させ、NaCl 5.85gから23℃でClガス何ml生成するか計算せよ
        NaCl+H2SO4→Na2SO4+HClガス
3、36.5%NCl 100mlから2N-Haを作るには水何mlで希釈すればよいか

4、5.0×10[-4]MKOH電離度α=1.0a水溶液のPH、PHOを求めよ ([-4]は−4乗)

お願いします

723 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 16:15:39
>>722
(1) (1.10*1000)*0.15/98=1.68M
(2) 2NaCl+H2SO4→Na2SO4+2HCl、1atmでHCl=(5.85/58.4)*R*296*1000=2434ml
(3) よく分からんが勘で、「36.5%HCl 100mlから2NのHClを作るには水何mlで希釈すればよいか 」と解釈すると
比重を1と見なせば、(36.5/36.5)*{1000/(100+x)}=2N、x=400ml
(4) [OH^-]=5.0*10^(-4)、pOH=3.3、pH=14-pOH=10.7

724 :714:2006/07/30(日) 16:39:23
どうかどうかよろしくお願い致します。


725 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 16:59:34
>>724
HF

726 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 17:30:16
@ 0.1N NaOH溶液(F=1.000)1mLに相当するクエン酸量は何gか。小数第4位までとする。
A メタノールに関して次の問いに答えよ。必要なら次の熱化学方程式を用いよ。
  なお、ここで、Cは黒鉛をあらわし、黒鉛以外の物質はすべて気体である。
   C+(1/2)O2=CO+110kJ
   C+O2=CO2+394kJ
   C+2H2+(1/2)O2=CH3OH+239kJ
   H2+(1/2)O2=H2O+242kJ
  (1)メタノールは、工業的には同を含む触媒と用い、一酸化炭素と自ら合成される
    CO+2H2→CH3OH
         ←
    この反応の反応熱は何kJ/molか。
  (2)メタノールが燃焼するときの熱化学反応式を書け。
  (3)メタノール10.0gを完全に燃焼させると何kJの熱が発生するか

お願いしますm(__)m

727 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 17:31:34
>>726
問題文は正確に

728 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 17:59:41
@ 0.1N NaOH溶液(F=1.000)1mLに相当するクエン酸量は何gか。小数第4位までとする。
A メタノールに関して次の問いに答えよ。必要なら次の熱化学方程式を用いよ。
  なお、ここで、Cは黒鉛をあらわし、黒鉛以外の物質はすべて気体である。
   C+(1/2)O2=CO+110kJ
   C+O2=CO2+394kJ
   C+2H2+(1/2)O2=CH3OH+239kJ
   H2+(1/2)O2=H2O+242kJ
  (1)メタノールは、工業的には銅を含む触媒を用い、一酸化炭素と水から合成される
    CO+2H2→CH3OH
         ←
    この反応の反応熱は何kJ/molか。
  (2)メタノールが燃焼するときの熱化学反応式を書け。
  (3)メタノール10.0gを完全に燃焼させると何kJの熱が発生するか

お願いしますm(__)m


729 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 18:15:21
1.ニュートンの力学におけるデカルト座標の役割について述べよ。

2.真上に投げ上げられた質量がmの質点に、速度の2乗に比例する空気抵抗が働くものとする。
(a)ニュートンの運動方程式を書け。
(b)エネルギーの散逸を求めよ。

3.質量がそれぞれm1、m2、・・・・mNの質点からなるN個の質点系を、いくつかの個数の質点系、
例えば(N1、N2、N3)、(N=N1+N2+N3)の集まりであるとしても、
これらの質量中心(重心)をそれぞれの系を質点と見なす点としたときの全体の質量中心は
N個の質点系の質量中心と同じであることを証明せよ。
(注:問題文にある質点系の分割ではなく、もっと一般的にしても構わない)

よろしくお願いします。

730 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 18:15:48
>>728
1. 丸投げ側
 2. 機種依存文字禁止

に反しているため大却下です

731 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 18:18:24
729ですが書き込むところ間違えました。
すいません

732 :698:2006/07/30(日) 18:19:13
本当に困っています。
どうかどうかよろしくお願い致します。

733 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 18:21:09
>>728
(日) (0.1/3000)*192.1253=0.0064g
(月) (1) CO+2H2=CH3OH+129kj、(2) CH3OH+(3/2)O2=CO2+2H2O+639kj、(3) (10.0/32)*639=200kj

734 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 18:22:37
電気伝導率は,地下水,河川水,雨水などの環境水の汚染の一つの指標と
して用いられるが,環境水の汚染に対する別の指標を一つ挙げ,その測定
法を説明しなさい.

宜しくお願いします。

735 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 18:24:11
すみません。機種依存文字を使用していることに気づいていませんでした。

一、 0.1N NaOH溶液(F=1.000)1mLに相当するクエン酸量は何gか。小数第4位までとする。
二、 メタノールに関して次の問いに答えよ。必要なら次の熱化学方程式を用いよ。
  なお、ここで、Cは黒鉛をあらわし、黒鉛以外の物質はすべて気体である。
   C+(1/2)O2=CO+110kJ
   C+O2=CO2+394kJ
   C+2H2+(1/2)O2=CH3OH+239kJ
   H2+(1/2)O2=H2O+242kJ
  (1)メタノールは、工業的には銅を含む触媒を用い、一酸化炭素と水から合成される
    CO+2H2→CH3OH
         ←
    この反応の反応熱は何kJ/molか。
  (2)メタノールが燃焼するときの熱化学反応式を書け。
  (3)メタノール10.0gを完全に燃焼させると何kJの熱が発生するか

本当に困ってるんです(>_<)何回も書いてしまってすみませんが、どうかお願いしますm(__)m



736 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 18:28:10
水溶液中でV(V)-EDTA錆体を酸化してX(IV)-EDTA錯体,さらにV(X)-EDTA
錯体にすると,各バナジウムEDTA錨体のEDTAとの安定度定数にはどのよ
うな違いがあるか説明せよ。EDTAはエチレンジアミンN,N,N,N-鮮四酢酸である。


お願いしますm(_ _)m

737 :696:2006/07/30(日) 18:32:36
よろしくおねがいします。

738 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 18:39:55
1. 現代のガスレンジは燃料として(CH4)を使っている。メタン1モルの燃焼の際のエンタルピー(僣)を計算せよ。
2. メタンの燃焼でかなりのエネルギーが得られる。
  このエネルギーと1モルのオクタン、C8H18を燃やしたときに発生するエネルギーとを比較せよ。
  C8H18(リットル)+12(1/2)O2→8CO2(g)+9H2O(リットル)

739 :738:2006/07/30(日) 18:41:07
わわっ!問題だけ書いて投稿してしまいました(>_<)

どうぞよろしくお願いしますm(__)m

740 :738:2006/07/30(日) 18:51:39
たびたび申し訳ございません。問題を写し間違えてました・・・。
誤:C8H18(リットル)+12(1/2)O2→8CO2(g)+9H2O(リットル)
正:C8H18(liquid)+12(1/2)O2→8CO2(gas)+9H2O(liquid)
です。本当に申し訳ございませんm(__)m
どうぞよろしくお願いします。。

741 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 19:07:10
水道水には微量の塩素が添加されている。,塩素を加える理由について化学反
応式を用いて説明せよ。

どうぞよろしくおねがいします。

742 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 19:18:37
>>735
>>733

743 :735:2006/07/30(日) 19:22:12
>>733 
ありがとうございました〜(≧∇≦)
本当に助かりました(>_<)

744 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 21:50:34
>>741
Cl2+H2O→HCl+HClOで生じる次亜塩素酸に殺菌作用があるから。

745 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 21:55:57
1.標準電極電位 E゜(V)
Fe(2+) +2e- →Fe −0.44V
Zn→Zn(2+) +0.76V
Cu(2+) +2e- →Cu +0.35V

1)Cu(2+)、Zn(2+)の存在する水溶液に、銅板と亜鉛板を電極として設置した。
このとき、陽極側、陰極側でおこる化学的変化を記せ。(電荷の変化、酸化・還元、化学反応式など)

2)このとき発生する電位をもとめよ

お願いします

746 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 22:53:12
(1)空気の平均組成[容量%]は窒素78.09,酸素20.95,アルゴン0.93,二酸化炭素
0.03,ネオン0.0018,ヘリウム0.00052,メタン0.00014,クリプトン0.00011,
一酸化二窒素0.00005,水素0.00005,オゾン0.000002である。このうち,温暖化
ガスとなりえるものを全て化学式で列挙せよ。
(2)窒素,アルゴン,二酸化炭素を例にして,地球の温暖化現象を分子の構造と性質に
基づいて説明せよ。


お願いするであります。



747 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 23:03:30
@12mol/Lの濃塩酸の質量パーセント濃度はいくらになるか。
ただし、密度は1,2g/cm^3とする
 
A12mol/Lの濃塩酸を希釈して、0,20mol/Lの希塩酸をつくるには
何mlの濃塩酸が必要か。 
 
できれば、式もお願いorz

748 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 23:07:37
条件不足。

749 :736:2006/07/30(日) 23:14:58
お願いします…(つд;)

750 :あるケミストさん:2006/07/30(日) 23:19:24
ベンゼンとn-プロパン
どちらの方が酸性度が強いか述べよ

宜しくお願いします。

751 :みゃー:2006/07/30(日) 23:54:43
お願いします(T□T;)

問題1
H-C≡CHはどのような種類の原子軌道を使った結合か。またそれは
パイ結合であるかシグマ結合か。結合が2本以上ある場合は、
そのそれぞれについて答えよ。
問題2
高分子結晶の構造について、図示して説明せよ。
問題3
ネオンサインのようはきれいな色を発している。
では、なぜ希ガスの種類によって色が異なるのか。

752 :あるケミストさん:2006/07/31(月) 00:15:40
>>734
COD
酸化滴定

753 :あるケミストさん:2006/07/31(月) 00:34:34
>>746
(1)CO2, CH4, N2O, O3
(2)大気の成分の大部分を占める2原子分子と単原子分子は赤外線を吸収せず温暖化に
 寄与しないため、大気の組成としては微量のCO2が地球の温度収支に大きな影響を与える。

754 :あるケミストさん:2006/07/31(月) 03:12:24
ヨウ素は水にはほとんど溶けないが、
ヨウ化カリウムが共存するとよく溶ける。
その理由を述べよ。

宜しくお願いします。

755 :あるケミストさん:2006/07/31(月) 03:26:07
結合電子対を1組しかもたない
LiH2^+は屈曲(V字型)構造を持つ。
この事実を説明せよ。


どうか宜しくお願いします。

756 :あるケミストさん:2006/07/31(月) 03:40:13
[Cr(H20)6]3+と[Fe(H20)6]3+その配位水の交換は,後者が圧倒的に速い。この交
換反応が四角錐構造の中間体を経て進行すると仮定し,上記の僚向を結晶場安
定化の立場で説明せよ。


どうかどうかよろしくお願い致します。

757 :750:2006/07/31(月) 04:35:11
ベンゼンの酸性度がどの本を見ても
載っていないんですよ。
どうかよろしくお願い致します。
本気で困っていますつД`)・゚・。・゚゚・*:.

758 :あるケミストさん:2006/07/31(月) 09:47:59
>>757
>>1嫁。読んだら己の罪を自覚して去れ

759 :あるケミストさん:2006/07/31(月) 19:36:41
海水中の微量元素の分布や挙動を知ることは海洋環境を理解する上で不可欠である.海水中
の微量金属は,通常 ICP-MS(誘導結合プラズマ質量分析法)などの高感度な機器分析法により定量される.


採水・濾過した海水を,直接ICP.MS に導入しても,有効な分析は行えない.その理由を述べよ.

上記の問題点を解消するための前処理法を一つあげ,その原理と特徴を述べよ.


どうかよろしくお願い致します。

760 :あるケミストさん:2006/07/31(月) 22:50:21
>>454
I2+I-⇔I3^-

761 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 00:05:20
よろしくお願いします

エタンの生成熱を求めよ
2C+3H=2C2H6+x

表記できね

762 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 00:13:06
以下の式量を求めよ。
Cu SiO2 MgCl2 Al2(SO4)3 CuSO4・5H2 O
どなたかお願いします。

763 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 00:23:42
もういやだー 誰かお願いしますorz
http://p.pita.st/?m=uqkdxusg

764 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 00:32:21
夏休みとはいえ、このところの池沼っぷりはひどくネ?

765 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 02:13:46
>>759
高濃度のマトリックスによる干渉があるから。
キレート樹脂カラムによる主成分の除去及び測定対象イオンの濃縮。
基質認識能の高いキレーターにより競合するイオンを除去、
もしくは対象となるイオンを抽出する。
分子量を認識するのではなく、分子の形や結合力に選択性が依存しているため、
特定のイオンだけについて処理しやすい。
また、適当なキレーターの選択による対象イオンの多様性がうんこちんちん。

766 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 07:00:15
無水フタル酸にメタノールを作用させて生じる化合物は何か。

767 :755:2006/08/01(火) 08:25:40
お願いします。

LiH2^+なんて化合物、本当にあるんですか?
VSEPR則にも従いませんし、どうすればよいんでしょうか?

768 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 09:47:20
液体クロマトグラフィーは,カラムに溶離液を通して試料成分を溶出することにより,これ
を分離する手法である.以下の操作において,どのような相互作用に基づいて試料成分を分
離しているか簡潔に説明せよ.
1) 高速液体クロマトグラフィーにおいてアルミナを固定相,ヘキサンを溶離液とし
   て芳香族炭化水素類の分離を行った.
2) 高速液体クロマトグラフィーにおいてオクタデシル基をシリカゲル表面に化学結
   合させた充てん剤を用い,メタノール. 水混合溶媒を溶離液としてアルカン類の
   分離を行った.
3) 陰イオン交換樹脂のカラムを用い,溶離液の塩酸濃度を次第に薄くすることによ
   り,Ni2+,Co2+,Fe3+ の分離を行った.
4) デキストランゲルのカラムを用い,酢酸緩衝液を溶離液としてタンパク質の脱塩
   を行った.

どうかどうかよろしくお願い致します_| ̄|○

769 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 10:38:48
>>762
Cu = 63.546、SiO2 = 60.0843、MgCl2=95.211、Al2(SO4)3=342.15388、CuSO4・5H2O=249.686 (IUPAC/1985)

770 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 11:02:45
>>763
63. (1) 1.5*10^24/(6.0*10^23)=2.5mol、(2) 270/18=15mol、(3) 5.6/22.4=0.25mol
64. (1) 0.02*44=0.88g、(2) 4.0*6.0*10^23=2.4*10^24個、(3) 2.5*22.4=56L
65. (1) 3.0*10^23*18/(6.0*10^23)=9.0g、(2) (11/44)*22.4=5.6L、(3) (2.24/22.4)*6.0*10^23=6.0*10^22個
66. (1) M=0.50*32=16、(2) M=1.25*22.4=28
67. H=3.0*6/30=0.6mol、0.6*6.0*10^23=3.6*10^23個
68. 4.5*10^(-23)*6.0*10^23=27

771 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 12:15:30
(1)プロペンおよびシクロヘキセンをエポキシ化した
このとき生成物には何種類の立体構造が考えられるか。それぞれについて、その数を記せ
(2)1-ペンテンをエポキシ化し、得られた生成物を加水分解してジオールを得た
このジオールを十分な量の金属ナトリウムと反応させたところ標準状態で1.12lの気体が発生した
反応に用いた1-ペンテンは何gか。ただし、反応は完全に進行するものとする
(3)4個の炭素原子のうち、1個だけが13に置き換えられたトランス-2-ブテンと12Cのみからなるシス-2-ブテンの混合物がある
この混合物にエポキシ化、加水分解を同時に行ってジオールに変換した
得られたジオールの分離を行ったところ、3種の立体異性体X、Y、Zが得られた
XとYの物質量の比はX:Y=2:3で、得られたXの分子量は90、Yの分子量は91であった
また、Xは施光性を示したがYは示さなかった
以上のことから、反応に用いたトランス-2-ブテンとシス-2-ブテンの物質量の比を最も簡単な整数比で記せ
ただし、13Cの相対原子質量は13とする

よろしくお願いしますm(__)m

772 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 14:19:50

質問があります。
(1)酢酸滴定の際指示薬フェノールフタレインやメチルレッドを使い分ける必要がある。なぜかを説明せよ

(2)金属指示薬NANA試薬はどのようなときに色が変色するか?

この二つがわかりませんよろしくお願いします

(1)は受験のときに勉強したのですが、大学の宿題ではどのように記述すればいいのかわかりません

773 :772:2006/08/01(火) 14:21:16
(1)は酸塩基滴定の間違いでした

774 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 15:05:07
脂質や界面活性剤などの両親媒性分子が生体膜やミセルを形成するのはどのような相互作用によるものか。
希ガスや窒素分子などの無極性分子が低温で液化するのはどのような相互作用によるものか。

775 :716:2006/08/01(火) 15:08:52
どうかどうかよろしくお願い致します。


776 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 15:15:09
水質汚濁の指標の一つとして化学的酸素要求量(COD)がある。CODを求めるには,試
料水に一定量の酸化剤を加えて水中の有機物などを酸化する。酸化に必要な酸化剤の
量を,それに相当する酸素量に換算したものがCODである。実験操作は,下記の@〜
Cに従って行う。

@三角フラスコに試料水Vmlをとり,水を加えて100mlとし,一定量の硝酸銀水溶
液注)および硫酸水溶液を加えた後,5.0×10^-3moldm^-3過マンガン酸カリウム標準溶
液10mlを加えて沸騰水浴中で一定時間加熱する。
A沸騰水浴からとり出した三角フラスコに,0.0125moldm^3シュウ酸ナトリウム
(Na2C204)標準溶液10mlを加えて残存する過マンガン酸イオンを還元する。この溶液
を溶液]とする。
B溶液]を5.0×10^-3moldm^3過マンガン酸カリウム標準溶液で滴定し,溶液が淡紅色
を呈する(終点)までの滴定量(4ml)を求める。
C試料水が入っていない水100mlについて,@〜Bと同様の操作を行ない,過マンガ
ン酸カリウム標準溶液による滴定量(βml)をブランクとして求める。

@〜Bで行われる反応式を書け。


宜しくお願いします。

777 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 15:24:04
>>776

>>1の1-2に抵触しているため回答は却下。

778 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 15:39:06
>>772
(1)フェノールフタレインはアルカリ領域で変色。メチルレッドやメチルオレンジは酸性領域で変色。
  変色域のpHとか論述すりゃいーんじゃね?
(2)金属イオンとキレート作って変色・・・だったはず。NNよりEDTAのが強い

779 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 15:40:46
>>775
ここで模式図はかけん

780 :716:2006/08/01(火) 15:44:14
>>779
アップローダとかあるじゃないですか。おねがいします。

781 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 16:13:55
過リン酸石灰と硫安のみを含む複合肥料中の硫安の含有量を求める実験を行った
実験1
複合肥料1.0gに濃厚な水酸化ナトリウム水溶液を加えて加熱したところ気体が発生した
実験2
発生した気体を全て0.1mol/lの希塩酸100mlに吸収させた
この水溶液からホールピペットで20ml採取し、コニカルビーカーに入れた
実験3
コニカルビーカーにメチルレッド水溶液を数滴加え、ビュレットに入れた0.1mol/lの水酸化ナトリウム水溶液で滴定したところ、終点に達するまでに12mlを要した
(1)実験1部分の反応を化学反応式で記せ
(2)複合肥料中の硫安の質量百分率を求めよ
(3)実験3の中和滴定でフェノールフタレインを指示薬として用いることは不適当である
その理由をイオン反応式を含め説明せよ

お願いしますm(__)m

782 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 16:47:23
>>781
(1) (NH4)2SO4 + 2NaOH → 2NH3↑ + 2H2O + Na2SO4
(2) 0.1*(12/1000)={0.1*(100/1000)-x}/5、x=NH3=0.004molより (NH4)2SO4=0.004*132*100/2=26.4%
(3) 中和点において NH4^+ ⇔ NH3 + H^+ の反応を起こすため溶液は弱酸性になる。
フェノールフタレインは、pH10以上で赤紫色を示しpH8.3以下で無色になるため中和点の検出が困難。

783 :736:2006/08/01(火) 17:07:47
お願いします。
お願いします。
本当に困っているんです。

784 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 17:17:07
H3As03のpKaは9.4でPauling則にほぼ従っている。これに対し、
H3P03の組成で表されるP(III)の酸のpKaは2.0である。
このH3P03における酸性度のずれの原因を説明せよ。

どうかどうかよろしくお願い致します。

785 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 17:18:44
Csの単体より融点の低い単体金属がある。その単体金属をあげ、
およその融点を示せ。また、その金属の融点が低い理由を述べよ。

宜しくお願いします。

786 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 17:26:14
アンモニアの300Kにおける標準生成自由エネルギーと標準生成エンタル
ピーは、各々-16.62 kJ/molと-46.1 kJ/molである。 300Kおよび700Kにおける
次の反応の平衡定数を求めよ(有効数字2桁。 10のべき乗の形で示すこと)

N2 + 3H2  2NH3

但し標準生成エンタルピーの温度依存性は無視出来るものとする。

どうやって計算したら良いのか検討もつきません。
お願い致します。

787 :772:2006/08/01(火) 17:45:17
>>778
ありがとうございました

788 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 18:11:15
>>785
Fr(フランシウム); 融点27℃
Csと同じ1族の金属であるが価電子がより外側の原子軌道にあるため原子間の結合力
が弱くなり、より低温でも結合が切れるから。

789 :質問:2006/08/01(火) 18:24:38
酢酸クロム(V)の水溶液濃度を調べる。

操作1
KOHを十分加えて塩基性にした過産科水素水を調整した

操作2
酢酸クロム(V)を10mlとり、操作1の過酸化水素水をを十分加えて加熱した。
このとき水溶液は黄色に変化した。しばらく加熱を続けたところ残っていた過
酸化水素水はすべて分解し、液中に沈殿は生じなかった。

操作3
操作2づ得た水溶液のpHを8付近に調節したあと硝酸銀水溶液を加えたところ赤
褐色沈殿を生じた。沈殿を濾過し乾燥後に質量をはかると4,65グラムだった。た
だしこの条件下では酸化銀の沈殿は生じないとする。

(1)操作2で水溶液を酸性にするとうまくいかない理由を50字以内で書け
(2)酢酸クロム(V)のモル濃度を有効数字2桁で求めよ。

よろしくお願いします。

790 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 18:26:40
>>782
ありがとうございましたm(__)m

791 :魔導師ミンウ ◆FF2/./eQuA :2006/08/01(火) 18:32:53
>>789
(1)水溶液を酸性にすると二クロム酸イオンを生じて過酸化水素水を酸化する反応が起こるから。


(2)最後の式と答え↓
4,65/332 * 1/0,010=1,4(mol/l)

おそらくというか間違いなくクロムの原子量は与えてあるだろうが。

792 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 18:39:09
ヒスチジンの解離型をすべて書き、溶液中での電荷数を示しなさい。
この問題、教科書に書いてなくて困ってます。
解ける人がいたらよろしくお願いします

793 :789:2006/08/01(火) 18:39:59
>>791
ちょwwwはええwwwありがとうございますw

794 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 18:54:53
アルカリ金属の臭化物に濃硫酸を作用させると、臭化水素が発生する
しかし、この場合はじめは無色の臭化水素が発生するが、しばらくすると気体の色が褐色を帯びるようになる
このことから、反応によって生じた臭化水素と硫酸との酸化還元反応が起こっていることがわかる
(1)「反応によって生じた臭化水素と硫酸との酸化還元反応が起こっている」
この反応を化学反応式で記せ
(2)臭化水素酸に塩素を通じたときどのような反応が起こると考えられるか
この反応の化学反応式を記せ
また、このとき観察される色の変化を記せ
(3)通常、光化学反応においては1個の光子を吸収した1個の分子のみが化学変化を起こすが
塩素と水素の混合気体に紫外線を照射した場合は、光子1個あたり数十万個の塩化水素分子が生じることがわかっている
このようになる理由を答えよ

お願いしますm(__)m

795 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 19:16:27
>>792
ここにも同じ問題で悩んでいる人がいるので協力してみたら?

■■■質問スレッド@化学板57■■■
ttp://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1153206974/567

796 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 19:17:35
>>788
真っ先に水銀を思い浮かべないか?

797 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 20:37:53
>>796
水銀の融点はなぜ異常に低いのですか?
この疑問は今まで誰に聞いてもごまかされてきました。
一体なぜなのでしょうか?

798 :796:2006/08/01(火) 21:05:34
>>788には適当に突っ込んだだけなので。
>>797
ここで聞いても誰も答えられないと思うよ。
ただその問題を出した先生の「解答」知りたいな

799 :ぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼ:2006/08/01(火) 21:59:05
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
燃えてきたあああああああああああああああああああああああ

ぐおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

800 :ぷるりんぷるりんぷるりんぷるりんぷるりん:2006/08/01(火) 22:20:18
ぐへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへへ
えええええええええええええええええええええええええええええええ
うげええええええええええええええええええええ
うぶげぼぼぼおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ

801 :788:2006/08/01(火) 22:34:16
>>796
思い浮かぶから敢えてハズした答えを書いたのだが…

802 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 02:47:23
それぞれ0.1moldm-3のPbNO3、 Na2Sを含む二つの水溶液を短時間で混合すると、
生じるPbSの沈殿は微粒子状になり易い。この理由を説明し、比較的大きな結晶を
得るための方法を考えよ。

お願い致します。
本当に困り果てております。

803 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 02:54:36
>>797
一般に、金属結合はd軌道の自由電子による寄与が大きい。
水銀をはじめ亜鉛族はd軌道が電子で埋まっているために原子同士の結合力が弱く、
従って融点が低い。さらに、水銀は亜鉛族の中でも一番原子番号が大きく、
原子核と自由電子間の静電相互作用が大きい。そのため、さらに結合力が弱められる。
ちなみに、ガリウムやフランシウムなども水銀の次に融点が低く、上述の説明に従う。

804 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 04:53:13
(1) 硫酸酸性溶液中での過マンガン酸イオンと鉄(U)イオンの反応をイオン反応式で示せ。
また、Mn原子の酸化数の変化を示せ。
(2) 硫酸酸性下で硫酸鉄(U)水溶液10mlを滴定すると、
0.020mol/mlの過マンガン酸カリウム水溶液15mlを要した。
硫酸鉄(U)水溶液のモル濃度を求めよ。
(3) (2)の滴定の終点はどのように決めるか述べよ。

お願いします。困っています。

805 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 08:08:49
>>794お願いしますm(__)m

806 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 08:49:16
同体積の水とベンゼンの混合液に少量のアニリンを加えてよく振り混ぜて静置した。
その後ベンゼン層と水層に溶解しついるアニリン量を分析したところモル比で10:1だった。
次に1000mlの水と100mlのベンゼンとの混合液にアニリン塩酸塩15,54gを加え同様の操作を行なったあと、ベンゼン層を分析したところ0,465gのアニリンが検出された。
アニリン塩酸塩の加水分解の平衡定数を求めよ。ただしアニリンはベンゼン層には溶けない。

よろしくお願いします

807 :魔導師ミンウ ◆FF2/./eQuA :2006/08/02(水) 09:25:43
>>806
C6H5ーNH3+ 0,12molのxmolが電離をし、生じたxmolC6H5ーNH2中のymolがベンゼン層へ移動して平衡になったとする。

Ka={(x−y)/1}(x/1)*(0,12−x)=4,5×10^ー3(mol/l)

808 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 09:26:52
化合物Aは分子式C11H12O4で示されるエステルである。
これをアルカリで加水分解したのち酸性にすると安息香酸とメタノールと化合物Bが生じる。
Bは分子式がC3H6O3で示されるカルボン酸であし、一個の不斉炭素原子がある。
A、Bの構造式をかけ。

お願いします。

809 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 09:33:03
>>804
(1)MnO4- + 5Fe2+ + 8H+ = Mn2+ + 5Fe3+ 4H2O
Mn ; +7→+2

(2) (5*0.020*15*10^-3) / (10*10^-3) = 0.15mol/l

(3)赤→無色

810 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 09:57:35
>>808
A;C6H5COOCH(CH3)COOCH3
B;乳酸

811 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 10:06:47
下記の表には4種の結晶@〜Cを25℃で水に溶解したときの熱力学パラメータがkJ/molの
単位で与えてある.これらはAgCl, NH4NO3, CaCl2, CaCO3のいずれかに帰属できる。根拠を
示してそれぞれを帰属せよ。
結晶  ΔG    ΔH      TΔS
@   - 6 7 .9   - 8 1 .3    - 1 3 .4
A   - 6 .7    + 2 5 .7    + 3 2 .4
B   + 4 7 .4   - 1 3 .1    -6 0 .5
C   + 5 5 .7   + 6 5 .5    + 9 .8

また、CaCl2・6H2Oの結晶を25℃で水に溶解したときの熱力学パラメータは表の@〜Cのうちの
どのパターンに近いと予想されるか.根拠とともに答えよ.

どうかどうかよろしくお願い致します。

812 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 10:20:01
>>771どなたかお願いします!!

813 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 10:38:32
ある種の果実中に含まれる分子量150以下の有機化合物Aの構造を決定するためにある実験を行った
Aの元素組成は質量百分率で炭素35.8%、水素4.5%、酸素59.7%であった
また、Aの水溶液は酸性を示し、炭酸水素ナトリウムを加えると気泡を生じた
A5.0gを純水に溶かして正確に100mlとし、ここから5.0mlをはかりとって0.1mol/lの水酸化ナトリウム水溶液で滴定したところ、終点までに37.3ml要した
Aの水溶液に平面偏光を通すと、その偏光面が回転した
Aを硫酸酸性の二クロム酸カリウム水溶液で酸化するとBが生成し、これをアンモニア存在下で水素と反応させると、タンパク質の構成成分である酸性アミノ酸Cが得られた
(1)化合物Aの分子式を記せ
(2)化合物Aの示性式を記せ
(3)化合物Bの示性式3種を記せ
(4)化合物Bのトランスのエノール形の結晶を水に溶かし、この水溶液を調べたところ、シスのエノール形の存在が確認された
水溶液中にシスのエノール形が存在する理由を記せ
(5)化合物Cの示性式を記せ

よろしくお願いしますm(__)m

814 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 11:39:16
(1) C:H:O=35.8/12:4.5:59.7/16=4:6:5、A=(C4H6O5)n、134n≦150、n=1でA=C4H6O5
(2) Aがn価の酸とすると、(5.0n/134)*(5.0/100)=0.1*(37.3/1000)、n=2より-COOHを2つ持ち光学活性なので、
A:HOOC-CH2-CH(OH)-COOH
(3) B:HOOC-CH2-CO-COOH、HOOC-C(OH)=CH-COOH (シス/トランス)、
(4) ケト⇔エノール型の互変異性時にシス型が生成した鴨だ。
(5) C:HOOC-CH2-CH(NH2)-COOH

815 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 11:58:49
>>814
ありがとうございましたm(__)m

816 :804:2006/08/02(水) 12:55:45
>>809
ありがとうございました。


817 :魔導師ミンウ ◆FF2/./eQuA :2006/08/02(水) 13:14:36
>>806
>>807の訂正
答え、10の指数ー3じゃなくー4だ。スマン

818 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 13:46:58
>>807
未知数が2つな件

819 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 14:05:46
C6H5NH3^+ ⇔ C6H5NH2 + H^+; Kh=[C6H5NH2][H^+]/[C6H5NH3^+] を求めるが、
C6H5NH3^+の初濃度が0.12M、平衡時の[C6H5NH2]=[H^+]=0.005*2=0.01Mより、
Kh=0.01^2/{0.12-0.01)=9.1*10^(-4)

820 :魔導師ミンウ ◆FF2/./eQuA :2006/08/02(水) 15:28:18
>>818
このスレは丸投げスレなので、規定に従い最後の式を書いたまで。

ヒント:途中でx=2y=0,01が出る。

821 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 15:31:52
訂正;C6H5NH3^+ ⇔ C6H5NH2 + H^+; Kh=[C6H5NH2][H^+]/[C6H5NH3^+] を求めるが、
C6H5NH3^+の初濃度が0.12M、平衡時の[C6H5NH2]=0.005、[H^+]=0.005*2=0.01Mより、
Kh=0.005*0.01/{0.12-0.01)=4.5*10^(-4)

822 :811:2006/08/02(水) 17:20:35
どうかどうかよろしくお願い致します。
助けてください。


823 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 18:23:04
>>822
催促するとますます嫌われるぞ。

>>1の1-2

824 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 18:36:54
次の化学反応式をお願いします。
・石灰水に二酸化炭素を加えると白濁する
・さらに二酸化炭素を加えると炭酸水素カルシウムになり、白濁が解ける。

お願いします。

825 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 18:38:35
>>824
最近の中学校は問題に「お願いします」とか書いてるんだな。
ゆとり教育もほどほどにしろよ。
生徒に媚びてどうするんだ?

826 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 18:42:00
>>>>>>825

なんだとーーー
おまえなんか
ちんこ噛んで死んじまえーーー

827 : ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2006/08/02(水) 18:57:30

      / ̄ ̄ ̄ ̄\
     (  人____)
      |ミ/  ー◎-◎-)
     (6     (_ _) )
      |/ ∴ ノ  3 ノ
      \_____ノ,,    ∩_
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ
      / ヽ| |  バ  | '、/\ / /
     / `./| |  カ  |  |\   /
     \ ヽ| lゝ    |  |  \__/
     \ |  ̄ ̄ ̄   |
      ⊂|______|
       |l_l i l_l |
       |   ┬    |

828 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 19:14:52
メコを見上げて スジを見つめる
過ぎ去りし風に舞う スカートの行方は
ピンクの華麗な パン■の中には
僕らが夢見ているメコスジがある
何にも恐いものなんてなかった 目に写る全てがメコスジに見えた
道を外し 途方に暮れる 僕らの僅かな希望があった
メコの声よ遥か遠くに 僕らの希望のスジが近いぞ

829 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 20:04:43
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
どたま来たぞ
おめら全員殺してやるうううううううううううううううううううう
うごおおおおおおおおおおおおおお

830 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄:2006/08/02(水) 20:09:51
                  ○
                  ο
  ./   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
 .iイ . | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i
  .i  .i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、
 丿. `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi
/    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ
'ノ    i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
      Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
     ノヽ、       ノノ  _/   i     \

831 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 20:52:12
塩素と亜鉛から塩化亜鉛を生成するときの生成熱は99.4kcal/mol
塩化亜鉛の水への溶解熱は17.0kcal/molである
塩素と水素から塩化水素を生成するときの生成熱は22.1kcal/mol
塩化水素の水への溶解熱は18.0kcal/molである
1cal=4.184Jとして、亜鉛を塩酸に溶解した反応の熱化学方程式を記せ
反応熱はkJ単位で表せ

お願いしますm(__)m

832 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 22:03:27
Zn+2HCl(aq)=ZnCl2(aq)+H2+151.5kj

833 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 22:43:37
穴埋めです。

動画は(1)を連続的に表示したものである。紙に少しずつ動きが変化していくような漫画
を描き、パラパラとめくりなが眺めてみると、(2)により連続的に動いてみえる。
このようなパラパラめくりの漫画が動画の基本である。動画における、1枚1枚の連続した画像を
(3)とよぶ。1秒あたりに再生する(3)数を(3)レートとよび、(4)であらわす。

3DCGで立体図形を描くには、まず、(5)とよばれる図形の輪郭をつくる。次に、
これらを並べたり、曲面をつくったり、表面の材質を決めたりして3次元の立体モデルをつくるための
(6)を行う。さらに、そのモデルに陰影をつけたり、光を当てたりして、最終的に(7)を行う。

834 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 23:30:28
>>833
化学じゃねぇなw

835 :あるケミストさん:2006/08/02(水) 23:41:50
しまった・・・すれ違いスマソ

836 :あるケミストさん:2006/08/03(木) 00:44:15
一体何処の誤爆だ?

837 :あるケミストさん:2006/08/03(木) 01:33:30
>>833
1 静止画 2 錯覚 3 フレーム 4 fps
5 フレーム 6 マッピング 7 レンダリング

838 :あるケミストさん:2006/08/03(木) 18:06:50
情報…?

839 :あるケミストさん:2006/08/03(木) 18:30:22
>>769-770
ありがとうございました!

840 :あるケミストさん:2006/08/03(木) 18:48:54
アセチレンと以下の気体のの燃焼熱を求めよ
1・アセチレンの燃焼熱
H2+1/2O2=H2O+286kj
C+O2=CO2+394kj
2C+H2=C2H2-228kjである。
アセチレン13.0gを燃焼させたとき、生じる熱量は何kjか。
2・以下の混合気体の発熱量はいくらか。
メタンCH4、エタンC2H6、二酸化炭素、水、
それぞれの生成熱は75、85、394、286kj/molである。
標準状態のメタン5.6lと6.0gの混合気体を燃焼させると
何kjの熱量が発生するか。

ただし、1、2とも物質は水H2Oが
液体である以外は気体とする。

お願いします

841 :あるケミストさん:2006/08/03(木) 19:28:17
>>840
(1) C2H2+(5/2)O2=2CO2+H2O+1302kj より、(13.0/26)*1302=651kj
(2) 問題を「標準状態のメタン5.6Lと6.0gのエタンの混合気体を燃焼させる」と見なすと、
C+2H2=CH4+75、2C+3H2=C2H6+85、C+O2=CO2+394、H2+(1/2)O2=H2O+286 から、
CH4+2O2=CO2+2H2O+891kj、C2H6+(7/2)O2=2CO2+3H2O+1561kj
よって、(5.6/22.4)*891+(6.0/30)*1561=535kj

842 :あるケミストさん:2006/08/03(木) 19:59:57
ありがとうございました!

843 :あるケミストさん:2006/08/04(金) 00:50:20
トリス(1,10−フェナントロリン)鉄(II)イオンを含む、0.1M 塩化ナトリウム、
0.1M 硫酸ナトリウム、および0.1M 過塩素酸ナトリウムの3種類の水溶液から、こ
の鉄(II)錯イオンをニトロベンゼンに抽出した。抽出率の大きい順に3種の水溶液を
ならべ、その理由を述べよ。

本当にどう考えても分かりません。
どうか宜しくお願いします。

844 :あるケミストさん:2006/08/04(金) 05:44:15
(1)He2分子が存在しない理由について分子軌道を用いて説明せよ
(2)CO2分子は永久双極子モーメントを持たないのに赤外線を吸収する理由を述べよ
(3)CH4,NH3,H2O分子はいずれもsp3混成軌道により形成されているが、それらの結合角は
 それぞれ,109.5,107.5,104.5と異なる理由を説明せよ
(4)pπ軌道とs軌道およびpπ軌道とpσ軌道はそれぞれ相互作用しない理由を説明せよ
(5)水素分子を例にとり、原子軌道の位相と分子軌道の性質について知るところを述べよ
(6)水素原子の原子軌道エネルギーは主量子数のみに依存するのに対して、多原子分子のそれは、主量子数以外に
 以外に方位量子数にも依存するのはなぜか

845 :あるケミストさん:2006/08/04(金) 19:39:34
正誤問題
pHがともに3の希塩酸と酢酸水溶液を同体積ずつ調整するには塩化水素より酢酸の物質量の方が多く必要である。

846 :あるケミストさん:2006/08/04(金) 20:02:35
>>845
×

847 :あるケミストさん:2006/08/04(金) 20:18:59
pH=3から[H^+]=10^(-3)M、調整する体積を1Lとすると、H^+=10^(-3)mol
HClが完全に電離度するとすれば、HCl=10^(-3)mol 必要。
酢酸の濃度をC(M)とすれば、10^(-6)/{C-10^(-3)}=Ka≒2*10^(-5)、C=0.051M から0.051mol 必要。
0.051mol>10^(-3)mol より正しい。

848 :あるケミストさん:2006/08/05(土) 11:48:49
塩素の実験室的製法では
水の入った洗気瓶は塩化水素の除去、濃硫酸の入った洗気瓶は水蒸気の除去の役割をする
このとき、順序を入れ替えてはいけない理由を記述せよ

お願いしますm(__)m

849 :あるケミストさん:2006/08/05(土) 13:56:24
>>848
入れ替えたら濃硫酸のトラップを通す意味がなくなるから。

850 :あるケミストさん:2006/08/05(土) 20:03:02
1-ブタノールを臭化ナトリウムおよび硫酸で処理して1-ブロモブタンに変換する反応は
SN1機構とSN2機構のどちらで進行するか。
但し、この反応では中間体として硫酸水素n-ブチルを含むものとする。

お願いします。

851 :あるケミストさん:2006/08/05(土) 21:07:14
多数の高校化学問題集が誤って解釈していることで非常に有名な問題に、
「温度が同じであれば物質の状態が違っても熱運動の激しさは
変わらない」というものがありますが、これが嘘であるならば、
「温度が同じであっても物質の状態が違うと熱運動の激しさは
異なる」という解釈でよろしいのでしょうか?

つまり、80℃の液体の水と気体の水とでは後者の方が激しく熱運動しますか?

852 :851:2006/08/05(土) 21:09:12
「100℃の〜」にしておいてください。
なんで80℃にしたんだろう(笑

853 :あるケミストさん:2006/08/05(土) 23:07:02
>>851
その通り

854 :あるケミストさん:2006/08/05(土) 23:15:52
>>851
>>953
シネヨカス

855 :851:2006/08/05(土) 23:33:26
>>853
ありがとうございました!

856 :あるケミストさん:2006/08/05(土) 23:54:29
次の本質を考え、その答えを簡単に答えよ。
(1)ある飛行機が真北に300km/hで飛び、別の飛行機が真南に300km/hで飛んでいる。それらの速さは同じか?速度は同じか?
(2)Aが等速度で町の一角を車で回ったと自慢した。本当かうそか?
(3)等速で働いていながら加速度を持っているような例を挙げよ。また、一定の速度で運動していながらも加速度がゼロでない例はあるか?
(4)加速度が速度と逆方向である例を挙げよ。また、実際に自分でそれをやってみなさい。
(5)次の坂のうち、加速度が増加する例と減少する例を記号で示し、理由を簡単に示しなさい。
 (a)\  (b)\_(なめらかな曲線)  (c) ̄\(なめらかな曲線)
(6)ビルの屋上からAはある速さで真上にボールを投げ上げた。Bは同じ速さで真下にボールを投げつけた。空気の抵抗が無視できるなら、地上に達したとき、どちらのボールが早いか?
(7)空気抵抗が無ければ、雨降りのときの外出は危険だ。なぜか?
(8)空の(何も無い)手を壁にぶつけてもそれほど怪我をしないが、重いものを持っている手をぶつけると怪我するのはなぜか?ニュートンの法則を使って説明してみなさい。
(9)ガリレオ、ニュートンの時代より前には、多くの学者らは、動く船の高いマストのてっぺんから石を落とすと垂直に落下して、その落下時間の間に船が進むので、マストの
後方の甲板に落ちると考えていた。ニュートンの法則を理解しているあなたは、これをどのように考えるか?
(10)月での重力は地球上のたった1/6である。60kgの質量の人の体重(=重さ=重力の大きさ)は、地球と月では同じか?それぞれいくらか?また、質量は地球と月では同じか?
(11)物体の加速度はいつも合力の方向である、といえる。では物体の速度もいつも合力の方向に向いている、ということを意味するのか?


857 :あるケミストさん:2006/08/06(日) 00:01:18
スレ違い乙

858 :あるケミストさん:2006/08/06(日) 00:52:03
最近スレ違いのボケが多くておもしろいなwww

859 :あるケミストさん:2006/08/06(日) 09:13:09
宿題をあっちこっちの板にまるなげしてるから間違えるんだろな。

860 :あるケミストさん:2006/08/06(日) 11:00:35
>>856
1)速さは同じ。速度は違う
2)嘘
3)「等速度」でなくて「等速」で「動いている」なら等速円運動。後者の例はない。
4)地球上で物が鉛直方向に動くとき。跳べ。
5)増加→c、減少→b。加速度は力の大きさに比例、つまり坂の傾斜が大きいほど加速度は大きい。
6)同じ
7)雨の落ちてくる速さが大きいから。
8)F=m*a。つまりmが大きい(重い)ほど手にかかる力は大きくなるから。
9)慣性の法則によりマストの根本に落ちる。
10)重さは地球では588kgw、月では98kgw。質量は共に60kg。
11)しない


ニュートンの法則ってなに?
ってな俺みたいな奴がいるから次からは物理板で聞こうな。

861 :あるケミストさん:2006/08/06(日) 23:56:19
0.6mol/l硝酸銀水溶液100mlに13.86gの銅版を浸しておいたところ質量は15.08gになった
このとき硝酸銀水溶液のモル濃度は何mol/lになっているか

お願いしますm(__)m

862 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 00:09:35
2Ag^+ + Cu → 2Ag + Cu^2+ より、Ag^+ がx(mol)反応したとすると、108x-(63.5x/2)=15.08-13.86=1.22g
x=0.016mol、よって 10*{0.6*(100/1000)-0.016}=0.44M

863 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 11:56:39
The magnet must be
very large, with about a 25-cm-diameter gap to accommodate a human head, and an even
larger one for whole-body work.


どうかどうかよろしくお願い致します。

どうしてもうまく訳すことが出来ません。


864 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 12:13:49
>>863
磁鉄肯定是那木羊。
由于收容有関25cm的直径的人的頭的間隙,波及的更加大的東西對于全
身工作非常大。

865 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 12:18:08
>>863
Der Magnet muss sehr gross sein, mit uber einer 25 cm-Durchmesser-Lucke,
um einen menschlichen Kopf, und ein noch grosseres fur die ganze-Korper-Arbeit,
unterzubringen.


L'aimant doit etre tres grand, avec au sujet d'un diametre intervalle de 25 centimetres
accommoder une tete humaine, et un meme plus grand pour travail de corps entier.


Il magnete deve essere molto grande, con su un'apertura di 25-cm-diametro per
accomodare una testa umana, ed un anche il piu grande per lavoro di intero-corpo.


El iman debe ser muy grande, con sobre un hueco del 25-centimetro-diametro para
acomodar una cabeza humana, y uno aun mas grande para el trabajo del entero-cuerpo.

866 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 14:17:46
その磁石は、人間の頭が通るほどの直径25センチの穴が開いていて
さらに体を最大限に動かした場合の径より大きくなければならない。


867 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 15:29:45
CTスキャンかなんかかな?

868 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 15:40:09
でも25センチじゃ体は入れたとしてもかなりキツイよね。手をおもいっきり
広げたときの幅って訳でいいんじゃない?用途は判らないけど。

869 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 18:29:06
>>867
ああ、イメージ出来た。

「その磁石はとても大きく、人間の頭が通るほどの直径25cmの穴と、
さらに体を最大限に動かした場合の径よりも大きなもの(=穴)を備えている必要がある」

870 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 22:49:04
Organic substances present in minute quantities in natural foods that are
essential for health, classified as either water soluble or fat soluble. ..When absent
from the diet or present in insufficient amounts, they result in specific abnormalities,
due to the derangement of particular metabolic processes.

これって何の説明か分かりますか?
acetic acid??


871 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 23:02:11
A state midway between a suspension and a true solution... It is classified
in various ways, particularly into sols (e.g. milk), in which liquid properties
predominate, and gels (e.g. gelatine), which are most like solids.


これも何か分かりません。
分かった方がいらっしゃったら教えて下さい。

872 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 23:15:47
>>870,871
>1を読みなおせ。

873 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 23:23:47
>>871
emulsionのことかな?

874 :あるケミストさん:2006/08/08(火) 13:32:03
>>870
自信ないけど、Vitaminが一番しっくりくるような

875 :あるケミストさん:2006/08/08(火) 16:39:36
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

やるぞやるぞおおおおおおおおおおおおおおお

gぬううおおおおおおおおおおおおおお






ぶうひゅううううううううううううううううううううおおおおおおおおおおお


876 :あるケミストさん:2006/08/08(火) 16:45:38
>>870
なんで酢酸になった過疎の思考の過程に興味津々

訳ぐらい自分でやれ。

877 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 01:57:04
http://www.amazon.co.jp/gp/product/0194229661/503-2401074-8665560?v=glance&n=52033011
夏休みの課題で
「これ(上のリンク先のThe Canterville Ghost)を読み、内容と感想を指定の用紙に書いて提出しなさい。」
という宿題が出ました。

内容は結末までお願いします。感想も出来たらお願いします。

878 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 07:45:21
世も末だな

879 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 07:49:41
こういう丸投げ厨は初めて見た

880 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 09:45:34
お願いします。

次式で表される可逆反応がある
2A⇔B+2C
この反応の平衡状態とはどのような状態のことか。次ねアからキのうち正しいものをすべて選べ。
ア Aの濃度が一定になった状態
イ A、B、Cの濃度が2:1:2になった状態
ウ Aが分解しなくなり、BとCも反応しなくなった状態
エ BとCが反応しはじめた状態
オ 反応式の左辺と右辺の分子数が等しくなった状態
カ Aの分解速度とBとCが反応してAが生成する速度が等しくなった状態
キ 反応により活性化エネルギーより高いエネルギーの分子Aがなくなった状態

881 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 15:15:28
>>890


882 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 16:03:53
>>881
まさか

883 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 16:39:00
>>882
>>1の1−5

答が間違ってても聞き返しちゃ駄目なんだったよなw

884 :882:2006/08/09(水) 16:54:45
>>883
俺は質問者じゃないよ
…まぁいいや。

885 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 17:09:54
>>883
まあ、答が間違っていたとしても、質問者は理解してないだろうて。
宿題のプリントにそのまんま手コピーするだけだろw

886 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 17:10:56
というか、>>890ってwww

>>881>>880に答えてる訳じゃないんかいな('・ω・`)

887 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 17:52:01
>>878-879
やっぱこれはまずいですよね・・・。
すいませんでした。
この宿題は自分で終わらせました。

888 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 18:56:51
お願いします。

次の( )のあてはまる化学反応式の係数を答えよ。

T(1)CH3OH + (2)O2 → (3)CO2 + (4)H2O
U(1)CH4 + O2 → (2)CO2 + (3)H2O 

889 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 18:59:15
>>888
>>1 1-2

890 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 19:03:22
2CH3OH + 3O2 → 2CO2 + 4H2O
CH4 + 2O2 → CO2 + 2H2O 

891 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 19:09:39
y=x^x^x^x^x^x の導関数を求めよ。

892 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 19:11:09
>>889
すいませんどこかおかしかったんでしょうか・・・

>>890
ありがとうございます。
UはO2の前に( )ついてないんです。
もう一度自分で考えて見ます。

893 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 19:20:17
>>892
普通に誤植やミスプリってあるよ。
出版社の問題集なら報告すれば図書券貰えるかもよ。

894 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 19:23:35
>>893
普通のプリントなんですがやっぱりミスですかね?
ありがとうございました

895 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 19:25:44
(1/2)CH4 + O2 → (1/2)CO2 + 1H2O 

896 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 20:28:33
>>888
とりあえず、プリントには「(特)」とか「(監)」とかいう番号が
振ってあるのかどうか確認してきてくれ。

897 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 20:41:06
よろしくお願いします。

分子式がC5H12OであるアルコールAにNaOH水溶液とヨウ素を加えて加熱したら,特異臭のある黄色沈殿が生成した。
Aに濃硫酸を加えて加熱するとアルケンBが得られるが,Bを硫酸酸性の過マンガン酸カリウム水溶液と加熱すると二種の酸化生成物C,Dが得られた。
C,Dに炭酸水素ナトリウム水溶液を加えると,Cからは気体が発生したが,Dでは変化が見られなかった。
A,B,C,Dの構造式はどのようになるか?

898 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 20:43:59
お願いします。

尿素5.0gを水45gに溶かした水溶液の質量パーセント濃度は何%か。

899 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 21:41:43
>>897
A:CH3-CH(OH)-CH(CH3)2、B:CH3-CH=C(CH3)2、C:CH3-COOH、D:O=C(CH3)2

900 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 21:53:29
よろしくお願いします

(1)酸化カルシウムCaOの1.4gを中和するのに必要な2.0mol/lの塩酸は何mlか。
(2)標準状態で5.6lのアンモニアを水に溶かして250mlとした。この水溶液の10mlを中和するのに必要な0.10mol/lの塩酸は何mlか。

901 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 22:04:13
>>899
どうもありがとうございました。非常に助かりました。

902 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 22:18:29
かなり長文の問題ですが,よろしくお願いします。

過マンガン酸カリウムをエタノールに作用させるとカルボン酸Aが生じ,トルエンを作用させるとカルボン酸Bが生成する。
また,過マンガン酸カリウムを用いて1molの2-ブテンを酸化すると炭素原子間二重結合が切断され,Aが2mol生成する。
これらの性質を利用して炭素,水素,酸素から成る未知化合物Cの構造決定を試みた。
化合物Cの元素分析値は,重量百分率で炭素79.12%及び水素12.09%であった。
化合物Cに白金を触媒として水素を付加したところ,1-ドデカノールが生成した。
化合物CにBの酸無水物であるD{分子式C(14)H(10)O(3)}を作用させると,エステルE{分子式C(19)H(26)O(2)}とBが生成した。
Eを過マンガン酸カリウムで酸化すると炭素原子間二重結合部位のみで切断され,3種類の酸性化合物A,F,Gが生成した。
F及びGの分子式はそれぞれC(11)H(12)O(4),C(6)H(10)O(4)であった。

化合物C,D,Gの構造式はどのようになるか。また,化合物Cには何種類の幾何異性体が存在するか。

903 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 22:30:23
>>900

(1) 25 mL
(2) 100 mL

904 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 22:33:16
>>903
本当にありがとうございます。助かりました

905 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 22:58:20
C. CC=CCCCCC=CCCC-OH  (見にくいから水素省いた) 異性体は4種類 

D. Ph-(C=O)-O-(C=O)-Ph   (構造式に直してね)

G. HOOC-CH2CH2CH2CH2-COOH


906 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 23:01:07
>>905
素早い解答ありがとうございました!

907 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 23:21:28
特監

908 :あるケミストさん:2006/08/10(木) 17:28:35
>>871

どうかどうかよろしくお願い致します。

909 :あるケミストさん:2006/08/10(木) 23:00:24
>>908
だから>1読めって。

910 :あるケミストさん:2006/08/11(金) 17:35:14
炭素分子C2の基底状態のスペクトル項は?


911 :あるケミストさん:2006/08/11(金) 17:52:06
>>910
そもそもそんな分子存在しない。
存在しない物はスペクトル持たない。

912 :あるケミストさん:2006/08/11(金) 18:15:38
>911
単体は存在しないですが、結合次数は(8−4)/2=2ということは・・・

913 :あるケミストさん:2006/08/13(日) 13:55:41
水酸化鉄(V)の三段階電離の電離式お願いします。

914 :あるケミストさん:2006/08/13(日) 14:09:05
三段階に電離するか?

915 :あるケミストさん:2006/08/13(日) 14:16:23
Fe(OH)_3 → Fe(OH)_2^+ + OH^-
Fe(OH)_2^- → Fe(OH)^{2+} + OH^-
Fe(OH)^{2+} → Fe^{3+} + OH^-

ってことか
現実味のない式だ

916 :あるケミストさん:2006/08/13(日) 14:29:32
>>910
それ星間物質っていうあたりの話じゃねー?

917 :あるケミストさん:2006/08/13(日) 14:32:31
http://wiki.livedoor.jp/fukuoka_bengoshi/d/

http://plus-1.hopto.org/soc/

918 :あるケミストさん:2006/08/13(日) 14:53:38
>914
はい。
>915
ありがとうございます。すいませんが式の途中の ^ とかの意味がわかりません。汗 

919 :あるケミストさん:2006/08/13(日) 15:28:06
十分な空気を供給してリンを完全燃焼させ、生成物Xをすべて水1000mlに溶解させて加熱した。
このとき生成する酸は完全に電離しているものとして、次の各問いに答えよ。
なお、溶解や加熱による体積変化は無視できるものとする。

(1)この水溶液100mlをとり、1.0mol/l水酸化ナトリウム水溶液で滴定したところ
滴定値はamlであった。生成物Xは何gか。
(2)この水溶液100mlをとり、1.0mol/l水酸化ナトリウム水溶液を加えて発生する
総熱量を測定したところbKJであった。次式のxをaとbで表せ。
H(+)+OH(−)=H2O+xKJ

お願いします。


920 :あるケミストさん:2006/08/13(日) 17:15:21
4P+5O2→P4O10、P4O10+6H2O→4H3PO4 から、
(1) (4*3*X/284)*(100/1000)=1.0*(a/1000)、X=71a/300=0.24a(g)
(2) 100mlのH3PO4=a/3000(mol)だから、(1/3)H3PO4+NaOH=(1/3)Na3PO4+H2O+x(kj) より、
a/3000:1/3=b:x、x=1000b/a(kj)

921 :あるケミストさん:2006/08/13(日) 17:45:26
>>920
助かりました。ありがとうございます。

922 :あるケミストさん:2006/08/13(日) 22:34:25
>>918
^{〜}は電荷

923 :あるケミストさん:2006/08/13(日) 23:20:33
{^@

924 :あるケミストさん:2006/08/15(火) 00:02:37
★★★メコスジをまる舐めするスレ69★★★

925 :あるケミストさん:2006/08/17(木) 07:32:40
CaCO+HCl→CaCl2+CO2+H2O
の係数がわかりません
まともな整数になるとは思えないのですが…

926 :あるケミストさん:2006/08/17(木) 08:32:35
>>925
式間違ってるから係数付かない
CaCO3だろ

927 :あるケミストさん:2006/08/17(木) 08:51:31
>926
すみません確かにCaCO3でした(^-^;
ありがとうございます

928 :あるケミストさん:2006/08/19(土) 16:03:45
どうかよろしくお願い致します

(1)次の1,2式から3式のQを求めよ
  2Fe + 3/2 O2 = Fe2O3 + 802KJ ---1
2Al + 3/2 O2 = Al2O3 + 1638KJ --2
Fe2O3 +2Al =Al2O3 + 2fe + QKJ --3

(2)次の1,2,3式から4式のQを求めよ
C + O2 = CO2 + 394KJ ---1
H2 + 1/2 O2 = H2O + 286KJ ---2
CO + 1/2 O2 = CO2 + 283KJ ---3
C + H2O = CO + H2 + QKJ ---4

929 :あるケミストさん:2006/08/19(土) 17:16:48
(1) Fe2O3 +2Al = Al2O3 + 2Fe + (1638-802)KJ
(2) C + H2O = CO + H2 + (394-286-283)KJ

930 :あるケミストさん:2006/08/19(土) 17:28:17
有難うございました!

931 :あるケミストさん:2006/08/20(日) 20:08:11
どなたかお願いします。


以下の2点について勉強し,自分の考えをまとめたものを,
レポートに記述してください.

・高校では,多電子原子内の電子は,内側の電子殻から順に収容されると習う.
しかし,原子番号19のカリウムでは,M殻(最大収容電子数18)が
完全に満たされる前に,N殻に電子が収容される.この理由を説明しなさい.

・水素原子の場合,2s軌道と2p軌道のエネルギーは等しいが,
多電子原子の2s軌道と2p軌道のエネルギーは異なる.この理由を説明しなさい.

レポートは,A4の紙に最低2枚以上.空白部分が多い場合は不可.
このレポート課題を課された後に自分で勉強し,
理解したことをおりまぜて,上記の問いについて,丁寧に説明すること。

932 :あるケミストさん:2006/08/21(月) 00:55:17
>>931
“勉強すること”が課題なんだから、教科書読みなさい。君のためだよ

933 :あるケミストさん:2006/08/21(月) 01:00:17
俺らが勉強しても>>931の宿題内容は満たされないらしいな

934 :あるケミストさん:2006/08/21(月) 01:02:15
記述式の問題すらまるなげするとは
最近の池沼は酷いね

935 :あるケミストさん:2006/08/21(月) 01:07:40
次からテンプレに
8 記述レポートは自分でヤレ
を追加すべきか

936 :あるケミストさん:2006/08/21(月) 01:36:06
お願いします。

ABCDEFGの7人がいる。

(1)この中から3人の委員を選ぶ方法は何通りか?
  7C3=35通り

(2)この7人を1列に並べる時、必ずAはBとCより左側に並ぶ方法は何通りか?

(3)この7人を2,2,3人の3組に分ける方法は何通りか?

937 :あるケミストさん:2006/08/21(月) 01:38:58
936です。

ごめんなさい。書き込む場所間違えました。

938 :あるケミストさん:2006/08/21(月) 09:04:26
もうなんか笑ってしまった。

939 :あるケミストさん:2006/08/21(月) 11:02:39
(2) (7C3)*2*4!
(3) (7C3)*(4C2)/2!

940 :あるケミストさん:2006/08/21(月) 22:01:06
お願いします。
6分間の基礎代謝の測定で、20度の水上で計って患者の呼気量が52.5Lであった。
水の蒸気圧は20度で17mmHgである。このとき気圧は750mmHgであった。感想状態で、呼気した空気中の
酸素の容積%は20.32%であり、呼気した空気中の酸素の容積%は16,75%であった。
気体の水への溶解度と吸収した空気の体積と呼気した空気の体積差を無視して、患者の
酸素消費の速度を1分当たりのcm3(標準状態)で求めよ。有効数字3桁。答えの前の式も書いてくれるとありがたいです。
(スレの考えには反するかもしれませんが)
よろしくお願いします。

941 :あるケミストさん:2006/08/21(月) 22:18:01
age忘れ。

942 :あるケミストさん:2006/08/21(月) 23:34:52
>>940
吸気した空気の体積と、呼気した空気の体積の差を無視できるから、言い換えると、
人が吸った空気と、吐いた空気の物質量は同じであると見なせる。すると空気に含まれる酸素のモル分率が
20.32/100 から16.75/100 へと変化したことになる。条件下における体積からその物質量nを求めると
状態方程式から、{(750-17.5)/760}*52.5=n*0.0821*(273+20) ⇔ n=2.104mol より、
2.104*(20.32-16.75)/(100*6) mol が1分間で消費された酸素の物質量になる。
これを標準状態における体積(cm^3)に換算すれば、{2.104*(20.32-16.75)/(100*6)}*22.4*1000=280cm^3

943 :あるケミストさん:2006/08/21(月) 23:41:46
↑水の蒸気圧を20℃で17.5mmHgとして計算したよ。17mmHgなら再計算を。

944 :あるケミストさん:2006/08/22(火) 10:14:04
>>940>>942
答の計算過程を書くことも要求する事もルール違反だろうが。
守れないならここに来るなよ。

945 :940:2006/08/22(火) 11:29:52
>>942
わかりやすい説明ありがとうございました。
本当に助かります。

>>944
そうですよね、申し訳ありませんでした。

946 :あるケミストさん:2006/08/22(火) 12:58:00
お願いします。

65wt%の水酸化ナトリウム水溶液6、0sに、80wt%の硫酸10sを加えて硫酸ナトリウムをつくった。過剰反応物質はどれか。また、過剰率はいくらか。
つぎに反応完結度を100%として得られる硫酸ナトリウムの量を求めよ。

947 :あるケミストさん:2006/08/22(火) 13:15:13
>>946
過剰物質H2SO4、過剰率67%
Na2SO4 6.9kg

948 :あるケミストさん:2006/08/22(火) 23:39:48
純水の電離度って7.0ぢゃなかった気がするんですけど・・どうでしたっけ?
だれか教えてください


949 :あるケミストさん:2006/08/22(火) 23:40:50
>>948
ならどんな理由でどんな値になってると思ったの?

950 :あるケミストさん:2006/08/22(火) 23:51:10
>>948
純水の濃度は?水のイオン積とは?電離度の定義は?

951 :あるケミストさん:2006/08/23(水) 00:12:13
>>948-950
>>1読んで死んで来い。亀田に殴られて。

952 :あるケミストさん:2006/08/23(水) 03:34:45
>>951
いっつも思ってたけどお前仕切りすぎじゃね?
少しは大目に考えれよ。

953 :あるケミストさん:2006/08/23(水) 09:58:16
>>952
馬鹿?いつも同じ奴だと思ってるの?
そう言うこといってるのは一人じゃないよ。
スレルールを守れという人間は結構いる。
お前基準でやりたいなら好きなようにスレ立てて来い。


954 :あるケミストさん:2006/08/23(水) 14:48:58
C4H10Oの異性体の名称を教えてください。
1−ブタノール、2−ブタノール、2-メチルー1−プロパノール、
2−メチルー2−プロパノール、ジエチルエーテルまではわかりました。
残り二つの名称をお願いします!


955 :952:2006/08/23(水) 14:54:27
>>954
>>1は読んだのかね?
さすがの俺も、まったくのルール無視は大目に考えられないぞw

956 :あるケミストさん:2006/08/23(水) 15:01:36
>>955
今見ました。
すみませんでした。

957 :あるケミストさん:2006/08/23(水) 15:46:59
さすがの俺って何だよ。

958 :あるケミストさん:2006/08/23(水) 15:49:32
さすがのは猿飛だろ!

959 :あるケミストさん:2006/08/23(水) 15:57:20
夏休みの宿題の追い込みに使ってくれ。

次スレ
★★★宿題をまるなげするスレ5★★★
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1156315979/

960 :あるケミストさん:2006/08/23(水) 16:30:12
>>954
ほれ。

っ【メチルプロピルエーテル】
っ【メチル(1-メチルエチル)エーテル】

961 :あるケミストさん:2006/08/24(木) 16:21:41
>>960
ありがとうございます!

962 :あるケミストさん:2006/08/25(金) 12:07:30
次の反応式に係数を記入して反応式を完成させなさい。と、言う問題なんですが教えて下さい、
宜しくお願いします。
(1)H2O2→H2O+O2
(2)Al+O2→Al2O3
(3)H2+SO4+NaOH→Na2SO4+H2O

963 :あるケミストさん:2006/08/25(金) 12:17:15
(1) 2H2O2→2H2O+O2
(2) 4Al+3O2→2Al2O3
(3) H2+SO4+2NaOH→Na2SO4+2H2O

964 :あるケミストさん:2006/08/25(金) 12:23:41

>>963様ありがとうございました。

965 :あるケミストさん:2006/08/25(金) 12:38:23
>>692です。
すみません;(3)の問題の式を間違えました。

(3)H2SO4+NaOH→Na2SO4+H2O
申し訳ありません、もう1度宜しくお願いします。

966 :あるケミストさん:2006/08/25(金) 13:22:43
>>965
順に1,2,1,2
ないとは思うが係数に1書くなよ

967 :あるケミストさん:2006/08/25(金) 14:52:11
>>966様お手数おかけしました。
本当に有難うございました!!

968 :あるケミストさん:2006/08/25(金) 17:34:12
硫酸と水酸化カリウムが完全に中和するときの
化学反応式と、生成する塩の名称を答えよ。

同様に、硝酸と水酸化カルシウムもわかりません…

教えてもらえると非常に助かります。
よろしくお願いします。

969 :あるケミストさん:2006/08/25(金) 18:35:35
硫酸カリウム
硝酸カルシウム

970 :あるケミストさん:2006/08/25(金) 20:28:27
●帯電 
エボナイト棒わお毛皮でこすったら、棒は-8.0*10^-10C
に帯電した。電子の電気量は-1.6*10^-19Cとする。
(1)電子はどちらからどちらへ移動したか。
(2)このとき移動した電子の数はいくつか。
よろしくお願いします!

971 :あるケミストさん:2006/08/25(金) 20:37:49
>>970
>>1 1.1.

972 :あるケミストさん:2006/08/25(金) 20:50:32
すいません。 
エボナイト棒を毛皮でこすったら、棒は-8.0*10^-19C
に帯電した。電子の電気量は-1.6*10^-19Cとする。
お願いします

973 :あるケミストさん:2006/08/25(金) 21:16:52
君に感電した。

974 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 01:00:31
マグネシウムに硫酸を加えたところ、完全に溶解して硫酸マグネシウムMgSO4と水素が生成した。
次の問に答えなさい。
@ この化学変化を化学反応式で書きなさい
A @の化学変化にマグネシウムを1.05g用いるとき、生成する硫酸マグネシウムの重さを求めなさい。
B Aで求めた硫酸マグネシウムに存在する酸素原子の個数を求めなさい
C @の化学変化にマグネシウムを1.05g用いるとき、生成する水素ガスが標準状態で占める体積を求めなさい
D Cの水素ガスが25℃、2.45atmの下で占める体積を求めなさい
E Cの水素ガスの重さを状態方程式より求めなさい
F @の化学変化にマグネシウムを1.05g用いるとき、必要となる純硫酸の重さを求めなさい
G Fで求めた純硫酸を濃硫酸(密度1.84g/cm3、96wt%、18.0mol/l)から用いるとき、必要となる濃硫酸の容量を求めなさい
H 250.0gの水にGの濃硫酸を加えたときの質量パーセント濃度を求めなさい
I Hの硫酸の容量モル濃度を求めなさい。但し、密度を1.20g/cm3とする。

よろしくお願いします

975 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 01:01:44
>>974
>>1の1-2に抵触。
スルーします。

976 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 01:12:32
>>970
(1)毛皮から棒
(2)5.0*10^9個

977 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 01:35:12
次の単位系において、気体定数を求めなさい
@ 体積:l、圧力:Pa、絶対温度:K
A 体積:l、圧力:atm、絶対温度:K
B 体積:m^3、圧力:mmHg、絶対温度:K
C 体積:m^3、圧力:Pa、絶対温度:K
よろしくお願いします

978 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 01:45:18
>>977
>>1の1-2に抵触。
スルーします。

979 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 02:46:17
>>976
ありがとうございます。

980 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 03:31:39
1電場と静電気力
電場が右向きに1.0*10^2N/Cの場所で、電子がうける力の向きと大きさF[N]
を求めよ。ただし、電子の電荷は-1.6*10^-19Cとする。
2電場の向きと強さ
X軸上のP点に-5.0*10^-8Cの点電荷Aをおいたところ、この点電荷Aは
X軸の正の向きに8.0*10^-3Nの力を受けた。
(1)P点の電場の強さE[N/C]と向きを求めよ。
(2)点電荷Aを取り除き、P点に4.0*10^-9Cの点電荷Bをおいた。
点電荷Bの受ける力の大きさF[N]と向きを求めよ。
よろしくお願いします。  

981 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 08:53:12
>>980
物理板へどうぞ

982 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 08:53:29
>977
産業技術高専生乙wwwwwwwwwwwwwwwwwww

983 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 11:25:22
(1) R=101325*22.4/273 (P*L)/(mol*K)
(2) R=1*22.4/273 (atm*L)/(mol*K)
(3) R=760*22.4*10^(-3)/273 (mmHg*m^3)/(mol*K)
(4) R=101325*22.4*10^(-3)/273 (Pa*m^3)/(mol*K)

984 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 13:41:09
熱化学方程式
(1)水に溶けたアンモニアが水と反応して、NH4+が生じるとき5KJの吸熱反応
(2)水に溶解しているアンモニアと硝酸の反応熱521KJ
(3)アンモニアイオンと硝酸との反応熱57KJ
お願いします!!!

985 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 15:29:49
>>983
ありがとうございました

986 :あるケミストさん:2006/08/26(土) 15:30:00
>>984
>>1 1.1によりスルー

987 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 02:45:02
神様、どうかお願いします。
http://p.pita.st/?m=qdk3p0f7

988 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 02:47:14
>>987
>>1の1-1に抵触
スルーします。

989 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 09:09:30
>>988
お前とけねぇからスルーしてんのwwww

990 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 09:16:03
>>987
問題が見れないんだが。

991 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 09:17:53
>>989
おまえが解けよ。
あっ本人かwwww

992 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 10:45:16
二塩化エチレン(C2H4Cl2)が分解して塩化ビニルモノマー(CH2=CHCL)を生じる
反応の化学反応式を教えてください。(発生する塩化水素(HCl)も記入しなければいけません)

993 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 12:03:26
>>987
86. (1) (2.4/24)*40=4g、(2) (2.4/24)*(1/2)*(1/0.2)*22.4=5.6L
87. (1) C2H4+3O2→2CO2+2H2O より、2*5=10LのCO2が発生、O2が20-3*5=5L余る。
88. CH4+2O2→CO2+2H2O、C3H8+5O2→3CO2+4H2O より、CO2=11.2L, H2O=14.4g が生じたから、
混合気体が CH4=x, C3H8=y(L)とすると、x+3y=11.2L、(2x+4y)/22.4=14.4/18mol、x=4.48L, y=2.24L
89. 問題が読めない。


994 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 12:27:00
89. (1) 略、
(2) Mg+2HCl→MgCl2+H2↑、表の3回目から物質量について Mg=0.73/24≒0.03>0.025=0.560/22.4=H2
よって、HCl=2*0.025=0.05 mol

995 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 15:59:56
>>992
>>1読めよクソガキ

>>993-994
解説スンなボケ、シネ、うんこたれ

996 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 21:57:59
>>995
死ねチンカス厨房

997 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 21:59:00
>>995
死ねチンカス厨房

998 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 21:59:55
>>995
死ねチンカス厨房

999 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 22:00:47
>>995
死ねチンカス厨房

1000 :あるケミストさん:2006/08/27(日) 22:00:52
1000なら次スレ不要。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

256 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)